[PR]

日別キーワード

第1位  有馬記念 - 2017年12月22日


関連するイメージは見つかりませんでした



有馬記念
有馬記念(ありまきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。 正賞は日本馬主協会連合会会長賞、中山馬主協会賞。 1955年(昭和30年)まで、暮れの中山競馬場では中山大障害が最大の呼び物であったが、東京優駿(日本ダービー)などと比べ華やかさに欠けていたことから、当時の日本中央競馬会理事長であった有馬頼寧が中山競馬場の新スタンド竣工を機に「暮れの中山競馬場で日本ダービーに匹敵する大レースを」と提案。当時としては他に類を見ないファン投票で出走馬を選出する方式が採用され、1956年(昭和31年)に「中山グランプリ(なかやまグランプリ)」の名称で創設された。 しかし、第1回中山グランプリの興奮も冷めやらぬ1957年(昭和32年)1月9日に創設者の有馬理事長が急逝したため、有馬の功績を称えて第2回から「有馬記念」に改称。以来、中央競馬の一年を締めくくるレースとして定着した。施行場は創設時より中山競馬場で変わっておらず、施行時期も12月下旬で定着している。 (Wikipedia:有馬記念)

有馬記念フェスティバル
『有馬記念』より : 有馬記念(ありまきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。 正賞は日本馬主協会連合会会長賞、中山馬主協会賞。 1955年(昭和30年)まで、暮れの中山競馬場では中山大障害が最大の呼び物であったが、東京優駿(日本ダービー)などと比べ華やかさに欠けていたことから、当時の日本中央競馬会理事長であった有馬頼寧が中山競馬場の新スタンド竣工を機に「暮れの中山競馬場で日本ダービーに匹敵する大レースを」と提案。当時としては他に類を見ないファン投票で出走馬を選出する方式が採用され、1956年(昭和31年)に「中山グランプリ(なかやまグランプリ)」の名称で創設された。 しかし、第1回中山グランプリの興奮も冷めやらぬ1957年(昭和32年)1月9日に創設者の有馬理事長が急逝したため、有馬の功績を称えて第2回から「有馬記念」に改称。以来、中央競馬の一年を締めくくるレースとして定着した。施行場は創設時より中山競馬場で変わっておらず、施行時期も12月下旬で定着している。 (Wikipedia:有馬記念フェスティバル)


有馬記念 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  キタサンブラック - 2017年12月24日


関連するイメージは見つかりませんでした



キタサンブラック
キタサンブラックは、日本の競走馬。主な勝ち鞍は2015年菊花賞2016年天皇賞。馬主は歌手の北島三郎が代表を務める有限会社大野商事である。 = デビュー前 = 2012年3月10日、北海道日高町・ヤナガワ牧場にて誕生。ヤナガワ牧場とは約半世紀つきあいがあるという北島三郎自身が、「顔が二枚目。僕とよく似ている」「目も顔も男前で惚れた」という理由で購買したが、幼駒時代は馬体が細めであった。栗東トレーニングセンター所属の清水久詞厩舎に入厩。細身の馬体重も、デビューのころには510キロに成長していた。 = 3歳 = 2015年1月31日、第1回東京競馬初日第5競走のメイクデビュー東京・3歳新馬戦(芝1800m)にて後藤浩輝騎乗でデビューし、1着となる。その後2月22日の第1回東京競馬8日目の3歳500万下(芝2000m)から北村宏司が騎乗、このレースを勝って、3月22日の第1回中山競馬8日目の皐月賞トライアル・スプリングステークスで重賞に初挑戦、前年の朝日杯フューチュリティステークス優勝のダノンプラチナらを退けて3連勝を飾り、皐月賞への優先出走権を得た。 (Wikipedia:キタサンブラック)


キタサンブラック - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  グランブルーファンタジー - 2017年12月24日


関連するイメージは見つかりませんでした



グランブルーファンタジー
『グランブルーファンタジー』(GRANBLUE FANTASY)は、Cygamesが開発し、Mobage上で提供しているソーシャルゲーム。 ファンタジーの世界観を持つスマートフォン向けブラウザRPG。プレイヤーは「騎空士」(きくうし)となり、星の民の住む国「イスタルシア」を目指し仲間と共に冒険の旅に出る。略称・愛称は「グラブル」、キャッチフレーズは「君と紡ぐ、空の物語」。 キャラクターデザインは皆葉英夫、サウンドディレクターは植松伸夫が担当している。なお一部のキャラクターは同じくCygamesが開発・運営を手がけるソーシャルゲーム『神撃のバハムート』とリンクしている。 沿革 2013年 11月8日 - 東京・六本木のニコファーレにてスタッフとキャストが出演し、制作発表会が行われた。 12月17日 - ゲーム配信日が当初予定されていた12月17日から2014年3月10日へと延期された。 2014年 3月10日 - ブラウザ版が配信開始。 5月1日 - アプリ版(Google Play版/iOS版)、Google Chrome版が配信開始。 (Wikipedia:グランブルーファンタジー)


グランブルーファンタジー - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  村上春樹 - 2017年12月24日


関連するイメージは見つかりませんでした



村上春樹
村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 - )は、日本の小説家、アメリカ文学翻訳家。京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市に育つ。 早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開く。1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。1987年発表の『ノルウェイの森』は上下430万部を売るベストセラーとなり、これをきっかけに村上春樹ブームが起きる。その他の主な作品に『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』などがある。 日本国外でも人気が高く、柴田元幸は村上を現代アメリカでも大きな影響力をもつ作家の一人と評している。2006年、フランツ・カフカ賞をアジア圏で初めて受賞し、以後日本の作家の中でノーベル文学賞の最有力候補と見なされている。 デビュー以来、翻訳も精力的に行い、スコット・フィッツジェラルド、レイモンド・カーヴァー、トルーマン・カポーティー、レイモンド・チャンドラーほか多数の作家の作品を訳している。 (Wikipedia:村上春樹)

村上春樹 (研究者)
村上 春樹(むらかみ はるき、1937年 - )は、日本文学、特に平将門伝説の研究者。
早稲田大学教育学部国語国文学科国語学専攻卒業。横浜市立戸塚高等学校国語科教諭、横浜市立桜丘高等学校副校長を経て停年退職。横浜市立図書館嘱託となり、任期終了後は各地の文化講座などで講師を務める。元千葉県立関宿城博物館客員研究員。東洋史家宮澤正順とは、戸塚高校在職時の同僚。神奈川県在住。
『平将門伝説一覧』私家版、1993年
『平将門伝説』汲古書院、2001年
『将門記新解』汲古書院、2004年
『平将門伝説ハンドブック』公孫樹舎、2005年
「『将門記』の文章」和漢比較文学会編『軍記と漢文学』汲古書院、1993年
(Wikipedia:村上春樹 (研究者))


村上春樹 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  このはな綺譚 - 2017年12月24日


関連するイメージは見つかりませんでした




このはな綺譚 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す