[PR]

日別キーワード

第1位  クイーンズリング - 2017年12月25日


関連するイメージは見つかりませんでした




クイーンズリング - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  陸王 - 2017年12月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



陸王
陸王(りくおう)とは、かつて日本で製造販売されていたオートバイのブランドである。 生産された車両は主としてアメリカのハーレーダビッドソンを源流としていた。陸王の生産に携わった企業は、幾度の買収や倒産を経たため数社に跨っている。 歴史とその背景 日本ハーレーダビッドソン 実用車としてのオートバイは大正時代から日本に輸入され、特に大型で強力なアメリカ製二輪車のハーレーダビッドソンやインディアンなどは、しばしば側車(サイドカー)付きで官公庁・民間に用いられるようになっていた。日本陸軍もこの例に漏れず、偵察・連絡などの用途で機動力のあるオートバイの活用に着目するようになった。 昭和期に入ると、日本でのオートバイやオート三輪の国産化の動きが高まり、日本政府や軍も国産製品の導入を推進した。一方で国内産業保護政策として、輸入されるオートバイには多額の関税が掛けられるようになったため、輸入車の国内販売価格は高騰してしまった。 1933年当時、ハーレーダビッドソンの輸入を行っていたのは、製薬会社の三共(現第一三共)の多角経営策で設立された傘下企業の「日本ハーレーダビッドソンモーターサイクル」だった。 (Wikipedia:陸王)

陸王学
『』より : (Wikipedia:陸王学)


陸王 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ラブライブ!サンシャイン!! - 2017年12月27日


関連するイメージは見つかりませんでした




ラブライブ!サンシャイン!! - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  テイエムオペラオー - 2017年12月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



テイエムオペラオー
テイエムオペラオー(英語表記: TM Opera O、香港表記: 好歌劇、1996年3月13日 - )は日本の競走馬・種牡馬。1999年JRA賞最優秀4歳牡馬、2000年年度代表馬およびJRA賞最優秀5歳以上牡馬(部門名はいずれも当時)。顕彰馬。シンボリルドルフに続いての中央競馬GI最多勝タイ(7勝)、2000年の年間無敗記録を達成し、また2016年現在獲得賞金の世界記録を保持している。 デビュー前 当馬の血統は、姉にCBC賞2着のチャンネルフォーがおり、その他の兄弟の勝ちあがり率も高かったものの、父であるオペラハウスが日本でまだ良績を残していなかったサドラーズウェルズ系種牡馬ということもあり、それほど良血と呼べる血統ではなかった。また、馬体もバランスは取れていたものの、これといった特徴があるものではなかったために、牧場にいるときの同馬の評価はそれほど高いものではなかった。しかし、後にオーナーとなる竹園は牧場で同馬を見たときに「光り輝いて見えた」というぐらい惚れ込み、購入する事を決めた。 (Wikipedia:テイエムオペラオー)


テイエムオペラオー - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  ディープインパクト - 2017年12月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



ディープインパクト
『ディープ・インパクト』より : ディープ・インパクト(Deep Impact) ディープ・インパクト (映画) - 彗星衝突の危機を描いたパニック映画。 ディープ・インパクト (探査機) - アメリカ航空宇宙局の彗星探査機、またはその計画。 ディープインパクト (競走馬) - 日本の元競走馬、種牡馬。 Deep Impact feat. Rappagariya - Dragon Ashの楽曲。 ディープ・インパクト (プロレス技) - プロレス技の一種。金丸義信の得意技。 ⇒ DDT (プロレス技)#派生技。 (Wikipedia:ディープインパクト)

ディープインパクト (競走馬)
ディープインパクト(英: Deep Impact、2002年(平成14年)3月25日 - )は、日本のサラブレッドである。2005年(平成17年)に日本競馬史上6頭目の中央競馬クラシック三冠(無敗での達成は2頭目)を達成、2006年(平成18年)には日本調教馬としては初めて芝部門・長距離部門で世界ランキング1位となった。種牡馬としては2012年から2015年の日本の種牡馬チャンピオンである。 このほか2005年にJRA賞年度代表馬・最優秀3歳牡馬、2006年に年度代表馬・最優秀4歳以上牡馬を受賞し、 2008年(平成20年)には顕彰馬に選出された。 デビュー前 = ノーザンファーム時代 = ディープインパクトは2002年(平成14年)3月25日に北海道勇払郡早来町(現在の安平町)のノーザンファームで生まれた。ノーザンファーム場長の秋田博章は生まれたばかりの同馬を見て、体のバランスは良いと思ったが、ほかの馬と比較して目立って良い点があるとは感じなかったと証言している。 (Wikipedia:ディープインパクト (競走馬))

ディープインパクト禁止薬物検出事件
ディープインパクト禁止薬物検出事件(-きんしやくぶつけんしゅつじけん)とは、フランスのロンシャン競馬場にて2006年に行われた競馬の第85回凱旋門賞において、競走馬ディープインパクト_(競走馬) ディープインパクトの馬体から禁止薬物であるイプラトロピウムが検出され、失格となった事件である。
2006年10月19日に、レース後の理化学検査で「ディープインパクトの体内から禁止薬物イプラトロピウムが検出された」とフランスの競馬統括機関であるフランスギャロが発表した。
この発表を受けて、日本中央競馬会(JRA)の高橋政行理事長は「栄誉ある凱旋門賞に汚点を残す結果となり、誠に残念でなりません」という趣旨の内容の発言をした。この発言はJRAのサイト内にある2006年10月19日のJRAニュースに、平成18年10月19日付けの発表として掲載されている。
(Wikipedia:ディープインパクト禁止薬物検出事件)

ディープインパクト計画
『ディープ・インパクト (探査機)』より : ディープ・インパクト (Deep Impact) は、アメリカ航空宇宙局(NASA)のディスカバリー計画の一環として行われていた彗星探査計画、または探査機の名前である。 ディープ・インパクトは、2005年1月12日の打ち上げ以降、173日をかけて約4億3100万kmを旅したのち、テンペル第1彗星に向けて、重さ約370キログラムの衝突体(インパクター)を発射した。衝突体は、米東部夏時間の7月4日午前1時52分に彗星に衝突した。衝突時のスピードは時速約3万7000kmだった。 2007年以降は、名称をエポキシに変えて運用が続けられ、2010年11月4日にはハートレー第2彗星に接近して観測を行った。その後も延長ミッションが続けられていたが、通信が途絶えて復旧できなくなったため、2013年9月20日に運用が終了したことが発表された 。 この計画は、テンペル第1彗星に重さ370kgの銅・アルミニウム合金製のインパクターを撃ち込み、その衝突によってできるクレーターや飛び散る塵から彗星の内部構造を調査するというものである。 (Wikipedia:ディープインパクト計画)


ディープインパクト - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す