[PR]

日別キーワード

第10位  京都大学 - 2017年12月26日


関連するイメージは見つかりませんでした



京都大学
京都大学(きょうとだいがく、英語: Kyoto University)は、京都府京都市左京区吉田本町36番地1に本部を置く日本の国立大学である。1897年に設置された。大学の略称は京大(きょうだい)。 大学全体 京都大学は日本で2番目に創設された帝国大学の流れを汲んでいる国立大学で、東京大学に次ぐ国内二位の難関大学である。精神的な基盤として京都大学では「自由の学風」を謳っている。また、西部講堂のロックコンサートなどに代表される京都地区における文化発信地としての役割も担ってきた。 建学の精神(理念・学是) 創立以来「自由の学風」を建学の精神としている。国立大学法人となったのちに制定された京都大学の基本理念でも「自由の学風」が謳われている。 教育および研究 = 研究所・研究センター = 京都大学は学部・研究科以外に14の研究所、17の研究センターを設置している。 (Wikipedia:京都大学)

京都大学の役員
『京都大学の人物一覧』より : 京都大学の人物一覧(きょうとだいがくのじんぶついちらん)は、京都大学に関係する人物の一覧記事。(※数多くの卒業生・関係者が存在するためウィキペディア日本語版内に既に記事が存在する人物のみを記載する(創立者・役員・名誉教授・公職者等は除く)。 役員 法人化以後 = 理事 = = 監事 = 現教員 文学部・文学研究科 大谷雅夫  文献文化学専攻、国語学国文学専修、万葉集、江戸漢詩、和漢比較文学 川合康三  文献文化学専攻、中国学中国文学専修、中国古典文学 赤松明彦  文献文化学専攻、インド古典学専修 高橋宏幸  文献文化学専攻、西洋古典学専修、ラテン文学 若島正    文献文化学専攻、英語学英米文学専修、現代アメリカ小説、翻訳家、日本人初の(詰めチェス)プロブレム解答国際マスター 吉川一義  文献文化学専攻、フランス語学フランス文学専修、プルースト研究 天野恵    文献文化学専攻、イタリア語学イタリア文学専修、イタリア学会会長、財団法人日本イタリア京都会館理事長 伊藤邦武  思想文化学専攻、哲学専修、分析哲学、アメリカ哲学、パースの研究 出口康夫  思想文化学専攻、哲学専修、認識論、数理哲学、科学哲学 中畑正志  思想文化学専攻、西洋哲学史専修、西洋古代哲学 川添信介  思想文化学専攻、西洋哲学史専修、西洋中世哲学 藤田正勝  思想文化学専攻、日本哲学史専修、日本哲学史、日本哲学史フォーラム代表、日本シェリング協会会長 児玉聡    思想文化学専攻、倫理学専修、倫理学、功利主義、和辻賞受賞 氣多雅子  思想文化学専攻、宗教学専修、哲学、宗教哲学、日本宗教学会賞受賞、宗教哲学会会長 杉村靖彦  思想文化学専攻、宗教学専修、哲学、宗教哲学、日本宗教学会賞受賞 芦名定道  思想文化学専攻、キリスト教学専修 根立研介  思想文化学専攻、美学美術史学専修、日本仏教美術、鹿島美術財団賞受賞 吉川真司  歴史文化学専攻、日本史学専修、日本古代史 夫馬進    歴史文化学専攻、東洋史学専修、中国社会史、中国近世・朝鮮史、日本学士院恩賜賞受賞 杉山正明  歴史文化学専攻、東洋史学専修、内陸アジア史、司馬遼太郎賞受賞、紫綬褒章受章、日本学士院賞受賞 南川高志  歴史文化学専攻、西洋史学専修、古代ローマ史 小山哲    歴史文化学専攻、西洋史学専修、ヨーロッパ近世史、ポーランド史 上原真人  歴史文化学専攻、考古学専修、歴史考古学、浜田青陵賞受賞 泉拓良    歴史文化学専攻、考古学専修、縄文考古学、レバノン考古学、奈良大学名誉教授 吉井秀夫  歴史文化学専攻、考古学専修、朝鮮考古学 田窪行則  行動分科学専攻、言語学専修、理論言語学、韓国語、琉球語、日本認知科学会論文賞受賞 吉田豊  行動分科学専攻、言語学専修、文献言語学、イラン語史 落合恵美子 行動分科学専攻、社会学専修、家族社会学、ジェンダー論、歴史社会学、山川菊栄婦人問題研究奨励賞受賞 伊藤公雄  行動分科学専攻、社会学専修、文化社会学、メディア研究、ジェンダー論、日本で初めて男性学を提唱 太郎丸博  行動分科学専攻、社会学専修、社会階層論、数理社会学、社会学方法論、 伊勢田哲治 現代文化学専攻、科学哲学科学史専修、科学哲学、倫理学、科学基礎論学会賞受賞 杉本淑彦  現代文化学専攻、二十世紀学専修、フランス史、地中海現代史 永井和    現代文化学専攻、現代史学専修、日本現代史、 教育学部・教育学研究科 飯吉透   高等教育開発論講座、教育イノベーション、高等教育システム 駒込武   教育学講座、教育史、日本の植民地教育政策論 岩井八郎  教育社会学講座、家族社会学、社会調査法 子安増生  教育認知心理学講座、発達心理学、視点理解、心の理論、創発的思考 佐藤卓己  生涯教育学講座、メディア学、広報学、サントリー学芸賞、日本出版学会学会賞、吉田茂賞受賞 溝上慎一  高等教育開発論講座、青年心理学、自己論、大学生研究 西平直   臨床教育学講座、教育人間学、宗教心理学、人間形成、東洋哲学 松木邦裕  臨床心理実践学講座、精神分析家、精神科医 岡野憲一郎  臨床心理実践学講座、精神分析家、精神科医 皆藤章   臨床実践指導学講座、臨床心理学、臨床心理士 桑原知子  臨理臨床学講座、臨床心理学、臨床心理士 川崎良孝  生涯教育学講座、図書館情報学 渡邊洋子  生涯教育学講座、教育社会学、社会教育史、ジェンダー論 法学部・法学研究科 秋月謙吾  政治学、行政学、地方自治 伊藤孝夫  基礎法、日本法制史 伊藤之雄  政治学、歴史学、日本政治外交史 小野紀明  政治学、西洋政治思想史、ハイデガーの政治思想 唐渡晃弘  政治学、ヨーロッパ政治史 島田幸典  政治学、比較政治学、比較国政史、歌人としても活躍 新川敏光  政治学、政治過程論、比較福祉国家研究 鈴木基史  政治学、国際関係論、国際政治経済学 建林正彦  政治学、行政学、現代日本政治分析 中西寛    政治学、国際政治学、師に高坂正堯 奈良岡聰智 政治学、日本政治外交史、師に伊藤之雄、第36回吉田茂賞受賞 待鳥聡史  政治学、アメリカ政治 真渕勝    政治学、行政学、公共政策分析、サントリー学芸賞(政治・経済部門)受賞 大石眞    公法、憲法学、議会法、宗教法、憲法史 岡村周一  公法、行政法 高木光    公法、行政法、行政訴訟、行政手続、政策法務、地方自治 毛利透    公法、民主政論、行政機構論、表現の自由、憲法訴訟論 酒巻匡    民刑事法、刑事訴訟法 佐久間毅  民刑事法、民法、財産管理論、信頼保護法理 塩見淳    民刑事法、刑法、刑法における「不法」概念の再構成 潮見佳男  民刑事法、民法、旧司法試験第二次試験考査委員(民法) 高山佳奈子 民刑事法、刑法 橋本佳幸  民刑事法、民法、不法行為法 山本克己  民刑事法、民事執行法、民事保全法、倒産法、仲裁法、渉外民事手続法 山本敬三  民刑事法、民法 大山隆司  法科大学院専任実務家教員、刑事訴訟実務、刑事法、刑事手続法 中田昭孝  法科大学院専任実務家教員、民事裁判実務 経済学部・経済学研究科 今久保幸生 経済政策、比較経済政策システム 岩城秀樹  ファイナンス工学 岩本武和  国際経済学、国際金融論、国際通貨システム 植田和弘  環境経済学、環境経済・政策学会会長 岡田知弘  地域経済学、社会経済学、日本地域経済学会会長 塩地洋    日本経済論、京都大学上海センター運営委員 島本哲朗  マクロ経済学、中央銀行の研究 武石彰    技術経営(MOT)、企業間システム論 田中秀夫  経済思想史、共和主義思想、研究科長 徳賀芳弘  財務会計、国際会計、企業分析 根井雅弘  経済思想、社会思想史 久本憲夫  社会政策論、労使関係論、労働経済学 文世一    都市経済学、交通経済 諸富徹    財政学、環境経済 吉田和男  数理経済学、非線形経済学、財政学 劉徳強    上海センター長、日経・経済図書文化賞受賞 若林直樹  経営組織論、日本社会情報学会・優秀文献賞 遊喜一洋  マクロ経済学、師に、吉田和男 理学部・理学研究科 熊谷隆    数学・数理解析専攻、確率論、日本数学会春季賞受賞 重川一郎  数学・数理解析専攻、確率論、マリアヴァン解析の研究 宍倉光広  数学・数理解析専攻、フラクタルの研究、サレム賞受賞(日本人で唯一)、日本数学会春季賞受賞 深谷賢治  数学・数理解析専攻、幾何学、日本学士院会員、受賞多数 前野悦輝  物理学・宇宙物理学専攻、固体物理学、エレメンタッチの考案、スピン三重項超伝導の発見、Thomson Scientific Research Front Award 受賞 吉川研一  物理学・宇宙物理学専攻、非線形物理学、ソフトマター物理学の実験的研究、日本IBM科学賞受賞 川上則雄  物理学・宇宙物理学専攻、凝縮系物性理論、日本IBM科学賞、仁科記念賞受賞 小貫明    物理学・宇宙物理学専攻、相転移動力学 青山秀明  物理学・宇宙物理学専攻、素粒子論、経済物理学、数理物理学 中村卓史  物理学・宇宙物理学専攻、宇宙物理学、西宮湯川記念賞、日本学士院賞受賞 嶺重慎    物理学・宇宙物理学専攻、宇宙物理学、ブラックホールの研究 谷村吉隆  化学専攻、物性II、数理物理・物性基礎、物理化学 林民生    化学専攻、有機化学、日本IBM科学賞、Thomson Scientific Research Front Award 受賞、紫綬褒章受章 丸岡啓二  化学専攻、有機化学、キラル相間移動触媒、キラル有機分子触媒、キラルルイス酸の研究 山極寿一  生物科学専攻、人類学、霊長類学、師に伊谷純一郎 森和俊    生物科学専攻、生物物理学、大阪科学賞、ガードナー国際賞受賞、紫綬褒章受章 藤吉好則  生物科学専攻、生物物理学、構造生理学、日本学士院賞受賞 医学部・医学研究科 長田重一  医学専攻・医科学専攻、医化学、分子生物学、アポトーシス研究、受賞歴多数 本庶佑    医学専攻・医科学専攻、免疫ゲノム医学、客員教授、元医学部長、文化功労者、受賞歴多数 十一元三  人間健康科学系専攻、作業療法学、児童・青年精神医学 山根寛    人間健康科学系専攻、作業療法学、作業機能適応学 薬学部・薬学研究科 掛谷秀昭  医薬創成情報科学専攻、システムケモセラピー・制御分子学 奥野恭史  システム創薬科学 工学部・工学研究科 寶馨    地球系・社会基盤工学専攻、防災研究所,土木、水文学、土木学会論文賞ほか受賞 藤井聡    地球系・都市社会工学専攻、土木、交通、都市計画、土木学会論文賞・日本学術振興会賞ほか受賞 中野剛志  地球系・都市社会工学専攻、国際関係論、政治思想、交通行動システム 山岸常人  建築系・建築史学専攻、日本建築史、寺院史 高松伸    建築系・建築学専攻、建築設計学、建築家、 岸和郎    建築系・建築学専攻、生活空間設計学、建築家、日本建築学会賞受賞 宗本順三  建築系・建築学専攻、建築学者、マーブル芸術賞受賞 伊藤秋男  物理系・原子核工学専攻、原子・分子衝突、原子力学 辻伸泰    物理系・材料工学専攻、社会基盤材料学、金属組織学、材料強度学、塑性加工学、鉄鋼材料学 野田進    電気系・電子工学専攻、光量子電子工学、日本IBM科学賞、江崎玲於奈賞受賞 中條善樹  化学系・高分子化学専攻、重合化学分野、高分子学会賞、日本化学会学術賞受賞 吉田潤一  化学系・合成・生物化学専攻、有機合成化学、日本化学会学術賞、フンボルト賞受賞 杉野目道紀 化学系・合成・生物化学専攻、有機合成化学、日本化学会進歩賞、日本学術振興会賞 北川進    化学系・合成・生物化学専攻、無機化学、日本化学会賞、フンボルト賞受賞 農学部・農学研究科 栗山浩一  生物資源経済学専攻、環境経済学、環境経済評価、日本林学会賞受賞 総合人間学部・人間環境学研究科 新宮一成  人間社会論講座、精神分析学、サントリー学芸賞(思想・歴史部門)受賞 高橋由典  人間社会論講座、社会行動論、社会学 加藤幹郎  人間社会論講座、映画批評家、映画学者、吉田秀和賞受賞、日本映画学会会長 小倉紀蔵  人間社会論講座、韓国哲学、韓国文化社会論 小山静子  人間社会論講座、日本教育史、ジェンダー史 松本卓也  人間社会論講座、精神医学、精神分析学、精神病理学、現代思想 篠原資明  思想文化論講座、哲学、美学、あいだ哲学と交通論 岡田温司  思想文化論講座、西洋美術史、ピーコ・デッラ・ミランドラ賞、吉田秀和賞、読売文学賞受賞 廣野由美子 思想文化論講座、英文学、19世紀イギリス小説 冨田恭彦  思想文化論講座、人間存在論、哲学、認識論 戸田剛文  思想文化論講座、知覚理論、認識論 安部浩  思想文化論講座、存在論、環境倫理学 小田伸午  認知・行動科学講座、運動生理学、バイオメカニクス、行動学 山梨正明  言語科学論講座、認知言語学、意味論、語用論、記号論、日本認知言語学会会長、日本語用論学会会長 東郷雄二  言語科学論講座、フランス語学、言語学、機能的統語論、意味論、談話理論 藤田耕司  言語科学論講座、理論言語学、生成統語論、生物言語学、日本英文学会新人賞受賞 西山教行  外国語教育論講座、フランス語教育学、言語政策 佐伯啓思  現代文明論講座、社会経済学、社会思想史、サントリー学芸賞、東畑記念賞、読売論壇賞、正論大賞受賞 中西輝政  現代文明論講座、国際政治学、文明史学、石橋湛山賞、山本七平賞、毎日出版文化賞、正論大賞受賞 稲垣直樹  比較文明論講座、フランス文学、比較文学、比較文化、日本翻訳文化賞受賞 岡真理    比較文明論講座、現代アラブ文学、第三世界フェミニズム思想 西山良平  歴史文化社会論講座、日本古代・中世社会史、農村社会論・都市平安京史、 元木泰雄  歴史文化社会論講座、日本中世政治史 合田昌史  歴史文化社会論講座、海事史、科学史、スペイン史、ポルトガル史 阿辻哲次  歴史文化社会論講座、東アジア文化論、中国文学、言語学 須田千里  歴史文化社会論講座、日本近代文学 鎌田浩毅  自然環境動態論講座、火山学、地球変動学、科学教育、アウトリーチ 生命科学研究科 佐藤文彦  統合生命科学専攻、全能性統御機構学、 アジア・アフリカ地域研究研究科 杉島敬志  東南アジア地域研究専攻、地域変動論、文化人類学、東南アジア・オセアニアの社会と歴史 玉田芳史  東南アジア地域研究専攻、地域変動論、比較政治学、タイ地域研究 小杉泰    東南アジア地域研究専攻、連環地域論、イスラーム地域研究、サントリー学芸賞受賞 情報学研究科 佐藤雅彦  知能情報学専攻、ソフトウェア基礎論 地球環境学舎 植田和弘  地球益経済論分野、環境経済学、環境経済・政策学会会長 化学研究所 小野輝男  材料機能化学研究系、磁性物理、ナノスピントロニクス、日本IBM科学賞受賞 人文科学研究所 水野直樹  所長、歴史学、朝鮮近代史、東アジア関係史 山室信一  歴史学、政治学、近代日本政治史、法思想史、毎日出版文化賞、吉野作造賞受賞、紫綬褒章 高木博志  歴史学、日本近代史、天皇制度、文化史 高階絵里加 美術史学 岡田暁生  音楽学、サントリー学芸賞受賞 再生医科学研究所 開祐司    生体分子設計学 防災研究所 寶馨     総合防災研究グループ、社会防災研究部門、水文学、水資源工学、防災技術政策 千木良雅弘 地盤研究グループ、地盤災害研究部門、山地災害環境、地質学・応用地質学 基礎物理学研究所 九後太一  所長、素粒子論、仁科記念賞受賞 江口徹    素粒子物理学、恩賜賞、日本学士院賞を受賞。 (Wikipedia:京都大学の役員)

京都大学の人物一覧
京都大学の人物一覧(きょうとだいがくのじんぶついちらん)は、京都大学に関係する人物の一覧記事。(※数多くの卒業生・関係者が存在するためウィキペディア日本語版内に既に記事が存在する人物のみを記載する(創立者・役員・名誉教授・公職者等は除く)。 役員 法人化以後 = 理事 = = 監事 = 現教員 文学部・文学研究科 大谷雅夫  文献文化学専攻、国語学国文学専修、万葉集、江戸漢詩、和漢比較文学 川合康三  文献文化学専攻、中国学中国文学専修、中国古典文学 赤松明彦  文献文化学専攻、インド古典学専修 高橋宏幸  文献文化学専攻、西洋古典学専修、ラテン文学 若島正    文献文化学専攻、英語学英米文学専修、現代アメリカ小説、翻訳家、日本人初の(詰めチェス)プロブレム解答国際マスター 吉川一義  文献文化学専攻、フランス語学フランス文学専修、プルースト研究 天野恵    文献文化学専攻、イタリア語学イタリア文学専修、イタリア学会会長、財団法人日本イタリア京都会館理事長 伊藤邦武  思想文化学専攻、哲学専修、分析哲学、アメリカ哲学、パースの研究 出口康夫  思想文化学専攻、哲学専修、認識論、数理哲学、科学哲学 中畑正志  思想文化学専攻、西洋哲学史専修、西洋古代哲学 川添信介  思想文化学専攻、西洋哲学史専修、西洋中世哲学 藤田正勝  思想文化学専攻、日本哲学史専修、日本哲学史、日本哲学史フォーラム代表、日本シェリング協会会長 児玉聡    思想文化学専攻、倫理学専修、倫理学、功利主義、和辻賞受賞 氣多雅子  思想文化学専攻、宗教学専修、哲学、宗教哲学、日本宗教学会賞受賞、宗教哲学会会長 杉村靖彦  思想文化学専攻、宗教学専修、哲学、宗教哲学、日本宗教学会賞受賞 芦名定道  思想文化学専攻、キリスト教学専修 根立研介  思想文化学専攻、美学美術史学専修、日本仏教美術、鹿島美術財団賞受賞 吉川真司  歴史文化学専攻、日本史学専修、日本古代史 夫馬進    歴史文化学専攻、東洋史学専修、中国社会史、中国近世・朝鮮史、日本学士院恩賜賞受賞 杉山正明  歴史文化学専攻、東洋史学専修、内陸アジア史、司馬遼太郎賞受賞、紫綬褒章受章、日本学士院賞受賞 南川高志  歴史文化学専攻、西洋史学専修、古代ローマ史 小山哲    歴史文化学専攻、西洋史学専修、ヨーロッパ近世史、ポーランド史 上原真人  歴史文化学専攻、考古学専修、歴史考古学、浜田青陵賞受賞 泉拓良    歴史文化学専攻、考古学専修、縄文考古学、レバノン考古学、奈良大学名誉教授 吉井秀夫  歴史文化学専攻、考古学専修、朝鮮考古学 田窪行則  行動分科学専攻、言語学専修、理論言語学、韓国語、琉球語、日本認知科学会論文賞受賞 吉田豊  行動分科学専攻、言語学専修、文献言語学、イラン語史 落合恵美子 行動分科学専攻、社会学専修、家族社会学、ジェンダー論、歴史社会学、山川菊栄婦人問題研究奨励賞受賞 伊藤公雄  行動分科学専攻、社会学専修、文化社会学、メディア研究、ジェンダー論、日本で初めて男性学を提唱 太郎丸博  行動分科学専攻、社会学専修、社会階層論、数理社会学、社会学方法論、 伊勢田哲治 現代文化学専攻、科学哲学科学史専修、科学哲学、倫理学、科学基礎論学会賞受賞 杉本淑彦  現代文化学専攻、二十世紀学専修、フランス史、地中海現代史 永井和    現代文化学専攻、現代史学専修、日本現代史、 教育学部・教育学研究科 飯吉透   高等教育開発論講座、教育イノベーション、高等教育システム 駒込武   教育学講座、教育史、日本の植民地教育政策論 岩井八郎  教育社会学講座、家族社会学、社会調査法 子安増生  教育認知心理学講座、発達心理学、視点理解、心の理論、創発的思考 佐藤卓己  生涯教育学講座、メディア学、広報学、サントリー学芸賞、日本出版学会学会賞、吉田茂賞受賞 溝上慎一  高等教育開発論講座、青年心理学、自己論、大学生研究 西平直   臨床教育学講座、教育人間学、宗教心理学、人間形成、東洋哲学 松木邦裕  臨床心理実践学講座、精神分析家、精神科医 岡野憲一郎  臨床心理実践学講座、精神分析家、精神科医 皆藤章   臨床実践指導学講座、臨床心理学、臨床心理士 桑原知子  臨理臨床学講座、臨床心理学、臨床心理士 川崎良孝  生涯教育学講座、図書館情報学 渡邊洋子  生涯教育学講座、教育社会学、社会教育史、ジェンダー論 法学部・法学研究科 秋月謙吾  政治学、行政学、地方自治 伊藤孝夫  基礎法、日本法制史 伊藤之雄  政治学、歴史学、日本政治外交史 小野紀明  政治学、西洋政治思想史、ハイデガーの政治思想 唐渡晃弘  政治学、ヨーロッパ政治史 島田幸典  政治学、比較政治学、比較国政史、歌人としても活躍 新川敏光  政治学、政治過程論、比較福祉国家研究 鈴木基史  政治学、国際関係論、国際政治経済学 建林正彦  政治学、行政学、現代日本政治分析 中西寛    政治学、国際政治学、師に高坂正堯 奈良岡聰智 政治学、日本政治外交史、師に伊藤之雄、第36回吉田茂賞受賞 待鳥聡史  政治学、アメリカ政治 真渕勝    政治学、行政学、公共政策分析、サントリー学芸賞(政治・経済部門)受賞 大石眞    公法、憲法学、議会法、宗教法、憲法史 岡村周一  公法、行政法 高木光    公法、行政法、行政訴訟、行政手続、政策法務、地方自治 毛利透    公法、民主政論、行政機構論、表現の自由、憲法訴訟論 酒巻匡    民刑事法、刑事訴訟法 佐久間毅  民刑事法、民法、財産管理論、信頼保護法理 塩見淳    民刑事法、刑法、刑法における「不法」概念の再構成 潮見佳男  民刑事法、民法、旧司法試験第二次試験考査委員(民法) 高山佳奈子 民刑事法、刑法 橋本佳幸  民刑事法、民法、不法行為法 山本克己  民刑事法、民事執行法、民事保全法、倒産法、仲裁法、渉外民事手続法 山本敬三  民刑事法、民法 大山隆司  法科大学院専任実務家教員、刑事訴訟実務、刑事法、刑事手続法 中田昭孝  法科大学院専任実務家教員、民事裁判実務 経済学部・経済学研究科 今久保幸生 経済政策、比較経済政策システム 岩城秀樹  ファイナンス工学 岩本武和  国際経済学、国際金融論、国際通貨システム 植田和弘  環境経済学、環境経済・政策学会会長 岡田知弘  地域経済学、社会経済学、日本地域経済学会会長 塩地洋    日本経済論、京都大学上海センター運営委員 島本哲朗  マクロ経済学、中央銀行の研究 武石彰    技術経営(MOT)、企業間システム論 田中秀夫  経済思想史、共和主義思想、研究科長 徳賀芳弘  財務会計、国際会計、企業分析 根井雅弘  経済思想、社会思想史 久本憲夫  社会政策論、労使関係論、労働経済学 文世一    都市経済学、交通経済 諸富徹    財政学、環境経済 吉田和男  数理経済学、非線形経済学、財政学 劉徳強    上海センター長、日経・経済図書文化賞受賞 若林直樹  経営組織論、日本社会情報学会・優秀文献賞 遊喜一洋  マクロ経済学、師に、吉田和男 理学部・理学研究科 熊谷隆    数学・数理解析専攻、確率論、日本数学会春季賞受賞 重川一郎  数学・数理解析専攻、確率論、マリアヴァン解析の研究 宍倉光広  数学・数理解析専攻、フラクタルの研究、サレム賞受賞(日本人で唯一)、日本数学会春季賞受賞 深谷賢治  数学・数理解析専攻、幾何学、日本学士院会員、受賞多数 前野悦輝  物理学・宇宙物理学専攻、固体物理学、エレメンタッチの考案、スピン三重項超伝導の発見、Thomson Scientific Research Front Award 受賞 吉川研一  物理学・宇宙物理学専攻、非線形物理学、ソフトマター物理学の実験的研究、日本IBM科学賞受賞 川上則雄  物理学・宇宙物理学専攻、凝縮系物性理論、日本IBM科学賞、仁科記念賞受賞 小貫明    物理学・宇宙物理学専攻、相転移動力学 青山秀明  物理学・宇宙物理学専攻、素粒子論、経済物理学、数理物理学 中村卓史  物理学・宇宙物理学専攻、宇宙物理学、西宮湯川記念賞、日本学士院賞受賞 嶺重慎    物理学・宇宙物理学専攻、宇宙物理学、ブラックホールの研究 谷村吉隆  化学専攻、物性II、数理物理・物性基礎、物理化学 林民生    化学専攻、有機化学、日本IBM科学賞、Thomson Scientific Research Front Award 受賞、紫綬褒章受章 丸岡啓二  化学専攻、有機化学、キラル相間移動触媒、キラル有機分子触媒、キラルルイス酸の研究 山極寿一  生物科学専攻、人類学、霊長類学、師に伊谷純一郎 森和俊    生物科学専攻、生物物理学、大阪科学賞、ガードナー国際賞受賞、紫綬褒章受章 藤吉好則  生物科学専攻、生物物理学、構造生理学、日本学士院賞受賞 医学部・医学研究科 長田重一  医学専攻・医科学専攻、医化学、分子生物学、アポトーシス研究、受賞歴多数 本庶佑    医学専攻・医科学専攻、免疫ゲノム医学、客員教授、元医学部長、文化功労者、受賞歴多数 十一元三  人間健康科学系専攻、作業療法学、児童・青年精神医学 山根寛    人間健康科学系専攻、作業療法学、作業機能適応学 薬学部・薬学研究科 掛谷秀昭  医薬創成情報科学専攻、システムケモセラピー・制御分子学 奥野恭史  システム創薬科学 工学部・工学研究科 寶馨    地球系・社会基盤工学専攻、防災研究所,土木、水文学、土木学会論文賞ほか受賞 藤井聡    地球系・都市社会工学専攻、土木、交通、都市計画、土木学会論文賞・日本学術振興会賞ほか受賞 中野剛志  地球系・都市社会工学専攻、国際関係論、政治思想、交通行動システム 山岸常人  建築系・建築史学専攻、日本建築史、寺院史 高松伸    建築系・建築学専攻、建築設計学、建築家、 岸和郎    建築系・建築学専攻、生活空間設計学、建築家、日本建築学会賞受賞 宗本順三  建築系・建築学専攻、建築学者、マーブル芸術賞受賞 伊藤秋男  物理系・原子核工学専攻、原子・分子衝突、原子力学 辻伸泰    物理系・材料工学専攻、社会基盤材料学、金属組織学、材料強度学、塑性加工学、鉄鋼材料学 野田進    電気系・電子工学専攻、光量子電子工学、日本IBM科学賞、江崎玲於奈賞受賞 中條善樹  化学系・高分子化学専攻、重合化学分野、高分子学会賞、日本化学会学術賞受賞 吉田潤一  化学系・合成・生物化学専攻、有機合成化学、日本化学会学術賞、フンボルト賞受賞 杉野目道紀 化学系・合成・生物化学専攻、有機合成化学、日本化学会進歩賞、日本学術振興会賞 北川進    化学系・合成・生物化学専攻、無機化学、日本化学会賞、フンボルト賞受賞 農学部・農学研究科 栗山浩一  生物資源経済学専攻、環境経済学、環境経済評価、日本林学会賞受賞 総合人間学部・人間環境学研究科 新宮一成  人間社会論講座、精神分析学、サントリー学芸賞(思想・歴史部門)受賞 高橋由典  人間社会論講座、社会行動論、社会学 加藤幹郎  人間社会論講座、映画批評家、映画学者、吉田秀和賞受賞、日本映画学会会長 小倉紀蔵  人間社会論講座、韓国哲学、韓国文化社会論 小山静子  人間社会論講座、日本教育史、ジェンダー史 松本卓也  人間社会論講座、精神医学、精神分析学、精神病理学、現代思想 篠原資明  思想文化論講座、哲学、美学、あいだ哲学と交通論 岡田温司  思想文化論講座、西洋美術史、ピーコ・デッラ・ミランドラ賞、吉田秀和賞、読売文学賞受賞 廣野由美子 思想文化論講座、英文学、19世紀イギリス小説 冨田恭彦  思想文化論講座、人間存在論、哲学、認識論 戸田剛文  思想文化論講座、知覚理論、認識論 安部浩  思想文化論講座、存在論、環境倫理学 小田伸午  認知・行動科学講座、運動生理学、バイオメカニクス、行動学 山梨正明  言語科学論講座、認知言語学、意味論、語用論、記号論、日本認知言語学会会長、日本語用論学会会長 東郷雄二  言語科学論講座、フランス語学、言語学、機能的統語論、意味論、談話理論 藤田耕司  言語科学論講座、理論言語学、生成統語論、生物言語学、日本英文学会新人賞受賞 西山教行  外国語教育論講座、フランス語教育学、言語政策 佐伯啓思  現代文明論講座、社会経済学、社会思想史、サントリー学芸賞、東畑記念賞、読売論壇賞、正論大賞受賞 中西輝政  現代文明論講座、国際政治学、文明史学、石橋湛山賞、山本七平賞、毎日出版文化賞、正論大賞受賞 稲垣直樹  比較文明論講座、フランス文学、比較文学、比較文化、日本翻訳文化賞受賞 岡真理    比較文明論講座、現代アラブ文学、第三世界フェミニズム思想 西山良平  歴史文化社会論講座、日本古代・中世社会史、農村社会論・都市平安京史、 元木泰雄  歴史文化社会論講座、日本中世政治史 合田昌史  歴史文化社会論講座、海事史、科学史、スペイン史、ポルトガル史 阿辻哲次  歴史文化社会論講座、東アジア文化論、中国文学、言語学 須田千里  歴史文化社会論講座、日本近代文学 鎌田浩毅  自然環境動態論講座、火山学、地球変動学、科学教育、アウトリーチ 生命科学研究科 佐藤文彦  統合生命科学専攻、全能性統御機構学、 アジア・アフリカ地域研究研究科 杉島敬志  東南アジア地域研究専攻、地域変動論、文化人類学、東南アジア・オセアニアの社会と歴史 玉田芳史  東南アジア地域研究専攻、地域変動論、比較政治学、タイ地域研究 小杉泰    東南アジア地域研究専攻、連環地域論、イスラーム地域研究、サントリー学芸賞受賞 情報学研究科 佐藤雅彦  知能情報学専攻、ソフトウェア基礎論 地球環境学舎 植田和弘  地球益経済論分野、環境経済学、環境経済・政策学会会長 化学研究所 小野輝男  材料機能化学研究系、磁性物理、ナノスピントロニクス、日本IBM科学賞受賞 人文科学研究所 水野直樹  所長、歴史学、朝鮮近代史、東アジア関係史 山室信一  歴史学、政治学、近代日本政治史、法思想史、毎日出版文化賞、吉野作造賞受賞、紫綬褒章 高木博志  歴史学、日本近代史、天皇制度、文化史 高階絵里加 美術史学 岡田暁生  音楽学、サントリー学芸賞受賞 再生医科学研究所 開祐司    生体分子設計学 防災研究所 寶馨     総合防災研究グループ、社会防災研究部門、水文学、水資源工学、防災技術政策 千木良雅弘 地盤研究グループ、地盤災害研究部門、山地災害環境、地質学・応用地質学 基礎物理学研究所 九後太一  所長、素粒子論、仁科記念賞受賞 江口徹    素粒子物理学、恩賜賞、日本学士院賞を受賞。 (Wikipedia:京都大学の人物一覧)

京都大学熊野寮
『京都大学』より : 京都大学(きょうとだいがく、英語: Kyoto University)は、京都府京都市左京区吉田本町36番地1に本部を置く日本の国立大学である。1897年に設置された。大学の略称は京大(きょうだい)。 大学全体 京都大学は日本で2番目に創設された帝国大学の流れを汲んでいる国立大学で、東京大学に次ぐ国内二位の難関大学である。精神的な基盤として京都大学では「自由の学風」を謳っている。また、西部講堂のロックコンサートなどに代表される京都地区における文化発信地としての役割も担ってきた。 建学の精神(理念・学是) 創立以来「自由の学風」を建学の精神としている。国立大学法人となったのちに制定された京都大学の基本理念でも「自由の学風」が謳われている。 教育および研究 = 研究所・研究センター = 京都大学は学部・研究科以外に14の研究所、17の研究センターを設置している。 (Wikipedia:京都大学熊野寮)

京都大学理学部
『京都大学』より : 京都大学(きょうとだいがく、英語: Kyoto University)は、京都府京都市左京区吉田本町36番地1に本部を置く日本の国立大学である。1897年に設置された。大学の略称は京大(きょうだい)。 大学全体 京都大学は日本で2番目に創設された帝国大学の流れを汲んでいる国立大学で、東京大学に次ぐ国内二位の難関大学である。精神的な基盤として京都大学では「自由の学風」を謳っている。また、西部講堂のロックコンサートなどに代表される京都地区における文化発信地としての役割も担ってきた。 建学の精神(理念・学是) 創立以来「自由の学風」を建学の精神としている。国立大学法人となったのちに制定された京都大学の基本理念でも「自由の学風」が謳われている。 教育および研究 = 研究所・研究センター = 京都大学は学部・研究科以外に14の研究所、17の研究センターを設置している。 (Wikipedia:京都大学理学部)

京都大学ギャングスターズ
京都大学ギャングスターズ(きょうとだいがくギャングスターズ:KYOTO UNIVERSITY GANGSTERS)は京都大学体育会に所属するアメリカンフットボールチームである。1947年に関西学生アメリカンフットボール連盟加盟。 創成期 海軍から復学した澤田久雄らにより、1947年に創部。全国で10番目、関西で4番目、国公立大学としては初めてだった。創部には前年1946年のリーグ戦優勝校同志社大学の伊藤荘造主将(当時、後の同志社大学監督)の協力があった(この創部当時のいきさつにより、秋季リーグの京大×同志社戦の勝利校には「京同釜」が与えられる)。同年関西学生アメリカンフットボール連盟に加盟し、秋のリーグ戦に参加。初代監督には進駐軍京都軍政部に勤務していたジョン・ピンカーマンを迎えた。 創部以来チームは2年間最下位に低迷するが、1949年には関西学院大学と優勝を争う。関学は1948年に関大と両校優勝するもプレーオフに敗れ甲子園ボウル出場を逃がしており、京大、関学とも初の甲子園ボウル出場を目指していた。 (Wikipedia:京都大学ギャングスターズ)

京都大学新聞社
京都大学新聞社(きょうとだいがくしんぶんしゃ)は、京都大学の学生新聞である『京都大学新聞』(通称『京大新聞』)や関連書籍などを発行するサークル・京都大学公認団体。略称は「KUP」(英文名Kyoto University Pressから)。京都大学構内に本拠を置く、唯一の学生新聞団体として活動する。
『京大学生新聞』を発行する京大学生新聞会(原理研究会系)、『京都大学EXPRESS』を発行する京都大学EXPRESS編集部(UNN関西学生報道連盟加盟)とは全く関係ない。
京都帝国大学の全学親睦組織・学友会(会長は総長)の新聞部として1925年結成、4月1日創刊。前年に行なわれた東京帝国大学とのスポーツ交流戦を雑誌部が試験的に報じたことを機に、大学新聞発行の機運が高まったことによる。学友会雑誌部を改組・改廃し、元読売新聞社員の入山雄一を顧問に迎えて組織された。初代部長は佐々木惣一教授(当時)。
(Wikipedia:京都大学新聞社)

京都大学11月祭
京都大学11月祭(きょうとだいがく11がつさい)は京都大学において例年11月下旬に4日間行われる学園祭。英語での名称は直訳である「November Festival」。略して「NF」、あるいはそのまま「11月祭」と呼ばれることが多い。 開催場所は大学キャンパスとしては有数の広さを誇る京都大学吉田キャンパス内吉田南構内および本部構内である。そのため学園祭の規模は「関西最大級」と喧伝(けんでん)されることが多いが、入場者数、模擬店の店舗数等の客観的な数値に基づいているわけではない。 運営に係る経費の大半は京都大学11月祭公式パンフレットに掲載される企業広告の掲載料で賄われており、例年、各企業に広告出稿を依頼している。公式パンフレットに掲載されている広告は、大学周辺にある飲食店のものから京阪神地域や東京等にある大企業のものまで多岐にわたっている。 ちなみに、京都大学11月祭はその理念として「学生の自主的創造的活動の場」であるとされており、京大生が行う個別の企画(後述する一般企画)単位で企業の協賛を受けることは禁止されている。 (Wikipedia:京都大学11月祭)

京都大学アメフト部レイプ事件
京都大学アメフト部レイプ事件(きょうとだいがくアメフトぶレイプじけん)とは2005年12月に京都大学のアメリカンフットボール部京都大学ギャングスターズの部員3名が酒に酔った女性2人を集団強姦したとされる事件である。 加害学生3名は集団準強姦罪で逮捕起訴され、1人は一審で懲役5年6ヶ月の判決、2人はそれぞれ「懲役3年、執行猶予5年」「懲役2年6カ月、執行猶予5年」の有罪判決を受けた。京都大学は加害学生を放学処分とし、ギャングスターズはその年の春の競技会の出場を辞退した。二審で4年6ヶ月の判決が出た。最高裁判所は2007年11月12日までに上告を棄却した。 事件の経緯 2005年12月23日、京都市左京区のマンションの一室で、被告:池口亮・白井淳平・木戸晶裕(以下:甲・乙・丙)の3名と被害者の女子学生(A・B)の2名が「鍋パーティ」と称して会食。被告らは焼酎などを一気飲みさせる「焼酎ルーレット」で酩酊状態となった被害者Aの1名を「みんなでやったらええやん」と、乙丙がわいせつな行為をし、甲が暴行をした疑い。 (Wikipedia:京都大学アメフト部レイプ事件)

京都大学人文科学研究所
京都大学人文科学研究所(きょうとだいがくじんぶんかがくけんきゅうしょ)は、京都大学に附置された研究所であり、人文科学分野の研究所である。京都市左京区吉田本町の本館と同京都大学人文科学研究所附属漢字情報研究センター 北白川の分館の2ヶ所に施設がある。略称は、京大人文研(きょうだいじんぶんけん)。
その前身は、1929年4月に、義和団の乱の賠償金を資金とした「東方文化事業」の一環として設立された東方文化学院京都研究所である。初代の所長は狩野直喜。1930年11月に新築された所屋(現在の分館)が開設される(特徴的なスパニッシュ様式の建物は東畑謙三の設計になる)。この当時、体制上は京都大学とは全く無関係の研究所であった。
(Wikipedia:京都大学人文科学研究所)

京都大学吉田寮
座標: 北緯35度01分21秒 東経135度46分48秒 / 北緯35.0224度 東経135.7800度 / 35.0224; 135.7800 京都大学 吉田寮(きょうとだいがく よしだりょう)は京都大学吉田キャンパス吉田南構内にある学生寄宿舎。吉田寮自治会によって運営される自治寮でもある。築103年の吉田寮現棟は日本最古の現役学生寮、築127年の吉田寮食堂は第三高等中学校の遺構にして、京大最古の大学建築物である。 京都大学の規程での名称は「京都大学学生寄宿舎吉田寮」。京都大学に他の学生寮がなかった時代は「学生寄宿舎」「京大寄宿舎」などと呼んでいたが、1952年に宇治寮が(1965年廃止)、1954年に女子寮が設置されてからは、他の寮と区別するために「吉田寮」と呼ぶようになった。 建築 吉田寮はおもに現棟、食堂、西寮の三つの建物からなる。 現棟 現棟は木造2階建ての3棟(南寮・中寮・北寮)が並列し、平屋の管理棟(本館)につながる構造である。 (Wikipedia:京都大学吉田寮)

京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所水族館
名称=京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所水族館
正式名称=
愛称=京都大学白浜水族館
前身=京都帝国大学理学部附属瀬戸臨海研究所水槽室→京都大学理学部附属瀬戸臨海実験所水族館
専門分野=和歌山県白浜町周辺の魚類・無脊椎動物
事業主体=
管理運営=京都大学
開館=1930年
所在地郵便番号=649-2211
所在地=和歌山県西牟婁郡白浜町459
京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所水族館(きょうとだいがくふぃーるどかがくきょういくけんきゅうせんたーせつりんかいじっけんじょすいぞくかん)は和歌山県西牟婁郡白浜町にある水族館。京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所の付属施設。
1922年に開所した京都帝国大学理学部附属瀬戸臨海研究所の水槽室を、京都大学理学部附属瀬戸臨海実験所水族館の名称で1930年から一般公開している。通称、京都大学白浜水族館。日本の国立大学法人のもつ臨海実験所で博物館法による博物館相当施設の指定を受けている唯一の施設である。
(Wikipedia:京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所水族館)

京都大学基礎物理学研究所
京都大学基礎物理学研究所(きょうとだいがくきそぶつりがくけんきゅうしょ、英称:Yukawa Institute for Theoretical Physics、略称:基研・基礎研・YITP)は、京都大学の全国共同利用型附置研究所。「素粒子論その他の基礎物理学に関する研究」を行っている。 非常に多くの研究会を開催しており、日本における理論物理学教育及び研究の中心的存在である。 中間子を予測した湯川秀樹を初め、ニュートリノ振動を予測した牧二郎、一般相対性理論における冨松佐藤解を導いた佐藤文隆、中野西島・ゲルマン則の西島和彦、長岡強磁性の長岡洋介、小林・益川理論の益川敏英、ゲージ場における九後小嶋閉じ込め条件の九後太一などが、所長を務めた。 理論物理学領域における国際研究拠点でもあり、理論物理学の研究を行う研究機関と研究協力協定を締結している。また、科学分野でのプレプリントサーバである、arXiv の国内ミラーを運営している。 沿革 湯川秀樹が日本人としては初めてのノーベル物理学賞を受賞したことを記念して1952年に建てられた湯川記念館が前身である。 (Wikipedia:京都大学基礎物理学研究所)

京都大学数理解析研究所
京都大学数理解析研究所(きょうとだいがくすうりかいせきけんきゅうしょ、英称: Research Institute for Mathematical Sciences)は、京都大学の全国共同利用型附置研究所。「数理解析に関する総合研究」を行っている。略称は数理研、数解研、数研、RIMS。 1963年に設立された日本で唯一の数学の研究所である。設立当初は解析、応用解析などの趣が強かったが、現在は純粋数学の研究のほうが盛んである。 所員は設立以来40-50人。雑用が少なく、講義が義務ではない。 日本における数学研究の中心的存在で、著名な数学者が所属している(していた)。例えばフィールズ賞受賞者の広中平祐・森重文、ウルフ賞・ショック賞受賞者の佐藤幹夫、ガウス賞受賞者の伊藤清、ファルカーソン賞(2003年)受賞者の藤重悟・岩田覚(現東大教授、元京都大学数理解析研究所教授)、ポアンカレ賞受賞者の荒木不二洋(国際数理物理学会会長を務める)などである。 (Wikipedia:京都大学数理解析研究所)

京都大学霊長類研究所
京都大学霊長類研究所(きょうとだいがくれいちょうるいけんきゅうじょ、英称:Primate Research Institute、略称:霊長研)は、霊長類に関する総合的研究を行う目的で、1967年6月1日に全国の研究者の共同利用研究所として京都大学に附置・設立された研究所である。国内に48ある国立大学共同利用機関の一つである。 京都大学に附置された研究所であるが、愛知県犬山市官林にある。キャンパス用地は設立時に名古屋鉄道より寄附を受けた。 沿革 1964年5月 日本学術会議が内閣に対し、「霊長類研究所(仮称)の設立について」勧告 1965年7月 文部省学術奨励審議会学術研究体制分科会が文部大臣に対し、霊長類研究所を京都大学に全国共同利用研究所として附置し、愛知県犬山市の日本モンキーセンター隣接地に設置することを答申 1967年5月 国立学校設置法の一部改正(昭和42年法律第18号) 1967年6月 京都大学霊長類研究所設立、当初は形態基礎研究部門、神経生理研究部門の2研究部門を設置 1967年9月 初代所長に近藤四郎が就任 1968年4月 愛知県犬山市に仮研究棟が完成 1969年4月 心理研究部門、社会研究部門、変異研究部門を設置、幸島野外観察施設、サル類保健飼育管理施設設置 1969年8月 全国共同利用を開始 1970年4月 生活史研究部門設置 1971年4月 生理研究部門設置 1973年4月 生化学研究部門設置 1975年4月 系統研究部門設置 1983年4月 幸島野外観察施設をニホンザル野外観察施設に改組 1993年4月 9研究部門を4大研究部門(10分野)に改組、思考言語分野設置 1995年3月 類人猿行動実験研究棟(新棟)完成 1999年4月 サル類保健飼育管理施設を人類進化モデル研究センターに改組し、3研究領域、1外国人客員研究領域にて設置 2006年10月 寄附研究部門として比較認知発達(ベネッセコーポレーション)研究部門を設置 2007年4月 リサーチリソースステーション (RRS) を設置 2007年8月 寄附研究部門として福祉長寿研究部門を設置 2008年3月 本棟の耐震工事竣工 2008年4月 野生動物研究センター設置に伴い、ニホンザル野外観察施設、福祉長寿研究部門を同センターへ移行 2009年4月 国際共同先端研究センター設置 2010年3月 寄附研究部門としてボノボ(林原)研究部門を設置 2011年8月 京都大学野生動物研究センターの附属施設「熊本サンクチュアリ」発足 飼育サル 2006年10月1日現在、814頭のサルを飼育している。 (Wikipedia:京都大学霊長類研究所)

京都大学人文科学研究所附属漢字情報研究センター
京都大学人文科学研究所附属漢字情報研究センター(きょうとだいがくじんぶんかがくけんきゅうじょ ふぞく かんじじょうほうけんきゅうセンター)は、京都市左京区北白川に所在する京都大学の附属機関であり、所屋は日本の登録有形文化財に登録されている。旧称は、京都大学人文科学研究所附属東洋学文献センター(きょうとだいがくじんぶんかがくけんきゅうじょ ふぞく とうようがくぶんけんセンター)。
京都市左京区北白川東小倉町に設置されている所屋は、1929年4月に義和団の乱の賠償金を資金とした「東方文化事業」の一環として設立された東方文化学院京都研究所として建築された建物である。1930年11月に新築された所屋は武田五一と東畑謙三によって設計され、スパニッシュ様式の建物が特徴となっている。現在は京都大学人文科学研究所の分館として、漢字情報研究センターによって使用されており、文化財としての登録名も前述のようになっている。
(Wikipedia:京都大学人文科学研究所附属漢字情報研究センター)

京都大学医療技術短期大学部
京都大学医療技術短期大学部(きょうとだいがくいりょうぎじゅつたんきだいがくぶ、英語: College of Medical Technology,Kyoto University)は、京都府京都市左京区聖護院川原町53に本部を置いていた日本の国立大学である。1975年に設置された。大学の略称は京大医短または医短。学生募集は2003年度まで。2007年3月31日廃止。現在は京都大学医学部保健学科となっている。 大学全体 京都大学医療技術短期大学部は1975年、京都大学に併設された日本の国立短期大学。当初は看護学科と専攻科のみだったが、順次学科の増設がなされ、最終的には4学科と専攻科1専攻にまで発展した。 建学の精神(校訓・理念・学是) 京都大学の欄を参照 教育および研究 京都大学医療技術短期大学部は医学部の連携の下で教育が行われていた。 (Wikipedia:京都大学医療技術短期大学部)

京都大学西部講堂
西部講堂(せいぶこうどう)は、京都大学吉田キャンパス西部構内にある厚生施設の一つ。京都大学所属のサークルのBOX(部室)等がある他、音楽コンサートを初めとした各種イベントが不定期に開催されている。 沿革 1937年 - 皇太子明仁親王(現在の今上天皇)の生誕を祝して京都帝国大学に建築された。 1963年 - 現在地に移築。 ロック黎明期の西部講堂 1969年、京大全共闘の実質的な指導部の一人であった高瀬泰司(元京都府学連委員長)が、同年、京大教養部で「バリ祭」「反大学」を演出し、時計台の陥落・百万遍カルチェ・今出川解放区の壊滅(9月)のあと、残された拠点である西部講堂で活動を開始したのが、ロックと西部講堂の出会いの始まりだった。西部講堂に関わっていたのは京大生だけでなく、当時、同志社大学学生放送局、京都市芸大サークル、立命館寮連合など、多くの学生が西部講堂に出入りしていた。木村英輝、小松辰男もその中にいた。 1970年12月31日、「FUCK '70」と題したイベントが西部講堂で大音響とともに始まった。 (Wikipedia:京都大学西部講堂)

京都大学硬式野球部
京都大学硬式野球部(きょうとだいがくこうしきやきゅうぶ)は、京都大学体育会の一クラブ。京都帝国大学創設時からの運動部の一つであり、関西六大学野球連盟、京滋大学野球連盟を経て
現在は関西学生野球連盟に所属する。京都大学の学生(ただし、女子マネジャーは他大学所属の学生もいる)によって構成されている。帽子のロゴ「DB」やグラウンドコートの「Dark Blue」は、京都大学体育会のカラー「濃青」に因む。
1898年(明治31年)。
1897年(明治30年6月18日) 京都帝国大学創立。
1898年(明治31年3月) 京都帝国大学運動会仮規則により野球部が大学の公式な部活動として認められる。
1929年 後の関西六大学野球連盟 (旧連盟) 関西六大学リーグの母体になる三大学対校戦(関大、同大、京大)を開始。
(Wikipedia:京都大学硬式野球部)

京都大学白浜水族館
京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所水族館(きょうとだいがくフィールドかがくきょういくけんきゅうセンターせとりんかいじっけんじょすいぞくかん)は和歌山県西牟婁郡白浜町にある水族館。京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所の付属施設。 1922年に開所した京都帝国大学理学部附属瀬戸臨海研究所の水槽室を、京都大学理学部附属瀬戸臨海実験所水族館の名称で1930年から一般公開している。通称、京都大学白浜水族館。日本の国立大学法人のもつ臨海実験所で博物館法による博物館相当施設の指定を受けている唯一の施設である。耐震化を含む改修工事を経て、2014年7月にリニューアルオープンした。 同館が位置する和歌山県白浜町周辺に生息する水族を常時約500種展示しており、中でも無脊椎動物は年間451種6349点(2012年実績)と国内有数である。 施設 第1水槽室 - 水槽数 1(240t) ロウニンアジ、ギンガメアジなどのヒラアジ類やブリ、カンパチなどの回遊魚と、エイラクブカなどのサメ類を展示。 (Wikipedia:京都大学白浜水族館)


京都大学 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

京都大学 - アマゾン検索


「京都大学」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す