[PR]

日別キーワード

第57位  百人一首 - 2017年12月26日


関連するイメージは見つかりませんでした



百人一首
百人一首(ひゃくにん いっしゅ、ひゃくにんしゅ)とは、100人の歌人の和歌を、一人一首ずつ選んでつくった秀歌撰(詞華集)。 中でも、藤原定家が京都・小倉山の山荘で選んだとされる小倉百人一首(おぐら ひゃくにん いっしゅ)は歌がるたとして広く用いられ、通常、百人一首といえば小倉百人一首を指すまでになった。本記事では、この小倉百人一首について解説する。 小倉百人一首は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活動した公家・藤原定家が選んだ秀歌撰である。その原型は、鎌倉幕府の御家人で歌人でもある宇都宮蓮生(宇都宮頼綱)の求めに応じて、定家が作成した色紙である。蓮生は、京都嵯峨野(現・京都府京都市右京区嵯峨)に建築した別荘・小倉山荘の襖の装飾のため、定家に色紙の作成を依頼した。定家は、飛鳥時代の天智天皇から鎌倉時代の順徳院まで、100人の歌人の優れた和歌を一首ずつ選び、年代順に色紙にしたためた。小倉百人一首が成立した年代は確定されていないが、13世紀の前半と推定される。成立当時には、この百人一首に一定の呼び名はなく、「小倉山荘色紙和歌」「嵯峨山荘色紙和歌」「小倉色紙」などと呼ばれた。 (Wikipedia:百人一首)

百人一首の呪
『QED 百人一首の呪』(キューイーディー ひゃくにんいっしゅのしゅ)は、高田崇史による推理小説。第9回メフィスト賞受賞作品。QEDシリーズの第1作である。 出版履歴 1998年:講談社ノベルス、ISBN 4-06-182044-3 2002年:講談社文庫、ISBN 4-06-273607-1 あらすじ 平成4年1月、サカキ・トレーディング社長にして、百人一首コレクターの真榊大陸が百人一首の札を握りしめたまま殺害された。ジャーナリストの小松崎は友人・桑原に事件解決を持ちかけ、桑原は百人一首に秘められた謎とともに事件を解き明かす。 登場人物 桑原 崇(くわばら たかし) 通称、タタル。萬冶漢方(漢方薬局)勤務の薬剤師。 棚旗 奈々(たなはた なな) ホワイト薬局勤務の薬剤師。 小松崎 良平(こまつざき りょうへい) 熊に似た佇まいから通称は、熊つ崎。この当時は、下っぱジャーナリスト。 警視庁 岩築 竹松(がんちく たけまつ) 警部。 (Wikipedia:百人一首の呪)

百人一首一夕話
百人一首一夕話(ひゃくにんいっしゅひとよがたり)は、江戸時代に学者である尾崎雅嘉(おざき まさよし)によって書かれた百人一首の解説書である。 百人一首を順番に並べ、歌の簡単な解釈と、作者をめぐる話題とで構成されている。話題は、江戸時代に通行した説話集などから編成したもので、当時の町人階級が身につけるべきとされていた教養のありどころをコンパクトにまとめたものである。 翻刻が岩波文庫におさめられている。 (Wikipedia:百人一首一夕話)

百人一首夕話
『百人一首一夕話』より : 百人一首一夕話(ひゃくにんいっしゅひとよがたり)は、江戸時代に学者である尾崎雅嘉(おざき まさよし)によって書かれた百人一首の解説書である。 百人一首を順番に並べ、歌の簡単な解釈と、作者をめぐる話題とで構成されている。話題は、江戸時代に通行した説話集などから編成したもので、当時の町人階級が身につけるべきとされていた教養のありどころをコンパクトにまとめたものである。 翻刻が岩波文庫におさめられている。 (Wikipedia:百人一首夕話)


百人一首 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

百人一首 - アマゾン検索


「百人一首」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す