[PR]

日別キーワード

第77位  IPA - 2017年12月26日


関連するイメージは見つかりませんでした



IPA
IPA IPA 国際音声記号 (International Phonetic Alphabet)。 国際組織 国際音声学会 (International Phonetic Association)。 国際出版連合 (International Publishers Association)。 国際警察協会 (International Police Association)。 国際精神分析協会 (国際精神分析学会) (International Psychoanalytical Association)。 各国の組織 独立行政法人情報処理推進機構 (Information-technology Promotion Agency) - 日本。 IPオーストラリア (IP Australia) - オーストラリア。旧 オーストラリア知的財産庁。 豪州公認会計士協会 (Institute of Public Accountants) - オーストラリア。 (Wikipedia:IPA)

IPAフォント
name IPA フォント
logo
screenshot ファイル:IPA_Gothic.png 360px
caption
collapsible
author
developer 独立行政法人情報処理推進機構
released
latest release version 003.01
latest release date 2009年4月20日
latest preview version
latest preview date
frequently updated
programming language
operating system
platform
size
language 日本語
(Wikipedia:IPAフォント)

IPAQ
iPAQ(アイパック)とは、現在のヒューレットパッカードおよび、同社と合併前のコンパックが開発、販売しているWindows Mobileを搭載したPDAのシリーズ名である。このシリーズはPocket PCの初期から参入しており、長い間製造、販売が続けられていた。2010年、全シリーズの販売を終了。2006年第1四半期の世界Windows OS搭載PDA出荷台数と市場シェアにおいて、世界シェアNo.1である。 コンパックとヒューレットパッカードの合併前後でシリーズ名と型番が少し異なる。なお、合併前のヒューレットパッカードにはjornadaというPDAのシリーズが存在したが、合併後にiPAQブランドを存続させる方針となり、シリーズを打ち切られている。 現在、ビジネス用途を意識した200シリーズ(hx2000シリーズ)、パーソナル用途を意識した廉価版の100シリーズ(hx1000シリーズ)、メディアプレーヤ用途を意識したrx4000シリーズ、GPSナビ用途を意識したrx5000シリーズが販売されている。 (Wikipedia:IPAQ)

IPAD
iPAD(アイパッド)は富士通アメリカ法人が開発・販売していた業務用携帯情報端末。後に、商標はアップル社へ有償譲渡される。 スキャナー、カードリーダー、キーボードや電話機能も備えたオールインワンシステムを採用。小売業者向けの帳簿記入、在庫管理、精算などあらゆる業務を一つの端末で操作できるよう機能を充実させた。また、OSは業務用機器分野に強いMicrosoft Windows CEを採用し操作性も考慮されている。 2010年1月にアップル社がiPadを発表。富士通のiPADは7年前の2003年3月に商標の出願を行ったが、登録されていなかったことがわかった。その後、アップルに譲渡することで合意したと報道され、富士通も報道内容を認める。譲渡金額等の譲渡条件については明かされなかった。 商標に関する沿革 上記の流れを記した沿革を以下に示す。 2003年3月7日 - 富士通が「iPAD」の商標出願を行う。 2008年9月 - 米国特許商標庁が既存の商標との差異を明らかにする追加情報を6ヶ月以内に提出するよう富士通に求める。 (Wikipedia:IPAD)


IPA - 関連ブログ

データが取得できませんでした

IPA - アマゾン検索


「IPA」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す