[PR]

日別キーワード

第1位  スター・ウォーズ - 2017年12月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



スター・ウォーズ
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(スター・ウォーズ エピソードフォー/あたらなるきぼう、原題:STAR WARS EPISODE IV A NEW HOPE)は、1977年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第1作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第1章『エピソード4』に当たる。 公開当初、タイトルは主題の『スター・ウォーズ』のみで、副題の『エピソード4/新たなる希望』は付いていなかった。だが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから、現在のタイトルに変更された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 当初のタイトルは『スター・ウォーズ』のみだった。「新たなる希望」という副題は1976年の脚本の最終稿に見えていたが、公式に付けられたのは1980年の『帝国の逆襲』公開前のリバイバル上映からで、オープニング・クロールに加えられるようになったのはVHS版からであった。 (Wikipedia:スター・ウォーズ)

スター・ウォーズ クローン大戦
『クローン大戦』より : 『スター・ウォーズ クローン大戦』(スター・ウォーズ クローンたいせん、原題:STAR WARS: CLONE WARS )は、米国カートゥーンネットワークスタジオとルーカスフィルムが製作したアメリカの2Dテレビアニメ。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ(外伝)作品で、実写映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』と『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の間の出来事を描く。第56回及び第57回エミー賞アニメーション番組部門受賞。 『エピソード3/シスの復讐』の公開時期に併せて、本シリーズの製作総指揮を務めるジョージ・ルーカスの指揮下で、彼によるストーリー原案を元に脚本が書き上げられたこともあり、スピンオフ(外伝)作品ながらも『エピソード3/シスの復讐』本編に繋がる多くの伏線を描いた重要なエピソードがクローン大戦を中心に描かれる。 (Wikipedia:スター・ウォーズ クローン大戦)

スター・ウォーズのスピンオフ一覧
スター・ウォーズのスピンオフ一覧(スター・ウォーズのスピンオフいちらん)は、『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ(外伝)作品として展開される映画、アニメ、小説、コミック、ゲーム等をまとめたものである。 『スター・ウォーズ』シリーズの時代は、大きく分けると「古代共和国」⇒「旧共和国」⇒「帝国」⇒「新共和国」⇒「ニュー・ジェダイ・オーダー」の5つの時代に分けられる。それぞれに象徴的なロゴが存在する。 分類 映画やアニメなどの映像作品以外でも、小説、コミック、ゲームなどの多種多様な媒介を通じて、『スター・ウォーズ』シリーズの数多くのスピンオフ(外伝)作品が発表されてきた。 スピンオフ作品群には、映画で描かれなかった空白期間を補完する、主要実写映画シリーズとの整合性の下で制作された作品も数多くあるものの、『スター・ウォーズ』シリーズの製作総指揮であったジョージ・ルーカス自身、他の作家によるスピンオフ作品の制作に寛容であったこともあり、中には主要実写映画シリーズ、及びスピンオフ作品間でも整合性が取られていない独創性の高い作品も多かった。 (Wikipedia:スター・ウォーズのスピンオフ一覧)

スター・ウォーズ バトルフロント
Dev パンデミックスタジオルーカスアーツ
Pub エレクトロニック・アーツ
Date 【北米】2004年9月21日【日本】2004年10月7日2005年10月13日(BEST版)
Genre アクション・シューティング
Play 1-2人(ネットワーク時最大16人)
Plat PS2、Xbox、Win
Media DVD-ROM
Rating コンピュータエンターテインメントレーティング機構 CERO: 12歳以上対象
Device BBユニット対応、USBヘッドセット対応
『スター・ウォーズ バトルフロント』 (STAR WARS BATTLEFRONT)は北アメリカで制作されたコンピューターゲーム。「バトルフロント」つまり最前線で敵に立ち向かう勇敢な兵士たちをリアルに再現するという崇高な理念のもとで開発された。翻訳され日本でも販売されている。開発はパンデミックスタジオとルーカスアーツ、販売はエレクトロニック・アーツ。映画スター・ウォーズシリーズを題材にした3人称視点のアクション・シューティング(TPS/FPS、デフォルトは3人称視点だが、ゲーム・オプションで1人称視点への切り替えも可能)。
(Wikipedia:スター・ウォーズ バトルフロント)

スター・ウォーズ バトルフロントII
Title スター・ウォーズ バトルフロントII
Dev ルーカスアーツ
Pub エレクトロニック・アーツ
Genre アクション・シューティング
Play PS21~2人(ネットワーク時最大24人)PSP1~4人(アドホック)
Plat プレイステーション2 PS2、プレイステーション・ポータブル PSP
Media PS2DVD-ROMPSPUMD
Rating コンピュータエンターテインメントレーティング機構 CERO: 12歳以上対象ESRB: Teen (T)PEGI: 12+
Device PS2版ネットワークアダプタまたはBBユニット対応、USBヘッドセット対応
『スター・ウォーズ バトルフロントII』 (”STAR WARS BATTLEFRONT II”)はアメリカで制作されたコンピューターゲームで日本でも販売されている。開発はルーカスアーツ、販売はエレクトロニック・アーツ。スター・ウォーズを題材にした3人称視点のアクション・シューティング(TPS)。スター・ウォーズ バトルフロントの続編。
(Wikipedia:スター・ウォーズ バトルフロントII)

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(スター・ウォーズ エピソードフォー/あたらなるきぼう、原題:STAR WARS EPISODE IV A NEW HOPE)は、1977年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第1作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第1章『エピソード4』に当たる。 公開当初、タイトルは主題の『スター・ウォーズ』のみで、副題の『エピソード4/新たなる希望』は付いていなかった。だが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから、現在のタイトルに変更された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 当初のタイトルは『スター・ウォーズ』のみだった。「新たなる希望」という副題は1976年の脚本の最終稿に見えていたが、公式に付けられたのは1980年の『帝国の逆襲』公開前のリバイバル上映からで、オープニング・クロールに加えられるようになったのはVHS版からであった。 (Wikipedia:スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望)

スター・ウォーズ/新たなる希望
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』より : 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(スター・ウォーズ エピソードフォー/あたらなるきぼう、原題:STAR WARS EPISODE IV A NEW HOPE)は、1977年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第1作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第1章『エピソード4』に当たる。 公開当初、タイトルは主題の『スター・ウォーズ』のみで、副題の『エピソード4/新たなる希望』は付いていなかった。だが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから、現在のタイトルに変更された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 当初のタイトルは『スター・ウォーズ』のみだった。「新たなる希望」という副題は1976年の脚本の最終稿に見えていたが、公式に付けられたのは1980年の『帝国の逆襲』公開前のリバイバル上映からで、オープニング・クロールに加えられるようになったのはVHS版からであった。 (Wikipedia:スター・ウォーズ/新たなる希望)

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(スター・ウォーズ エピソードシックス/ジェダイのきかん、原題:STAR WARS EPISODE VI RETURN OF THE JEDI)は、1983年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第3作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の最終章『エピソード6』に当たる。 公開当初、日本では副題が『ジェダイの復讐』(ジェダイのふくしゅう)で、1997年の《特別篇》公開時にもそれが踏襲されていたが、2004年のDVD版の発売に合わせて原題の正しい訳である『ジェダイの帰還』に訂正された。また『エピソード6』もタイトルに付いていなかったが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから副題として追加された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 (Wikipedia:スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還)

スター・ウォーズ/ジェダイの帰還
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』より : 『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(スター・ウォーズ エピソードシックス/ジェダイのきかん、原題:STAR WARS EPISODE VI RETURN OF THE JEDI)は、1983年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第3作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の最終章『エピソード6』に当たる。 公開当初、日本では副題が『ジェダイの復讐』(ジェダイのふくしゅう)で、1997年の《特別篇》公開時にもそれが踏襲されていたが、2004年のDVD版の発売に合わせて原題の正しい訳である『ジェダイの帰還』に訂正された。また『エピソード6』もタイトルに付いていなかったが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから副題として追加された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 (Wikipedia:スター・ウォーズ/ジェダイの帰還)

スター・ウォーズ ジェダイの復讐
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』より : 『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(スター・ウォーズ エピソードシックス/ジェダイのきかん、原題:STAR WARS EPISODE VI RETURN OF THE JEDI)は、1983年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第3作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の最終章『エピソード6』に当たる。 公開当初、日本では副題が『ジェダイの復讐』(ジェダイのふくしゅう)で、1997年の《特別篇》公開時にもそれが踏襲されていたが、2004年のDVD版の発売に合わせて原題の正しい訳である『ジェダイの帰還』に訂正された。また『エピソード6』もタイトルに付いていなかったが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから副題として追加された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 (Wikipedia:スター・ウォーズ ジェダイの復讐)

スター・ウォーズ/ジェダイの復讐
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』より : 『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(スター・ウォーズ エピソードシックス/ジェダイのきかん、原題:STAR WARS EPISODE VI RETURN OF THE JEDI)は、1983年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第3作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の最終章『エピソード6』に当たる。 公開当初、日本では副題が『ジェダイの復讐』(ジェダイのふくしゅう)で、1997年の《特別篇》公開時にもそれが踏襲されていたが、2004年のDVD版の発売に合わせて原題の正しい訳である『ジェダイの帰還』に訂正された。また『エピソード6』もタイトルに付いていなかったが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから副題として追加された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 (Wikipedia:スター・ウォーズ/ジェダイの復讐)

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(スター・ウォーズ エピソードスリー/シスのふくしゅう、原題:STAR WARS EPISODE III: REVENGE OF THE SITH)は、2005年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第6作品目。シリーズ主要9部作の中では、アナキン・スカイウォーカーを主人公とする3部作の最終章『エピソード3』に当たる。 アナキンがダークサイドに堕ちてしまう悲劇を描き、ダース・ベイダーと銀河帝国の誕生が主要なテーマとなっている。またアナキン三部作(『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』、『本作』)とルーク・スカイウォーカー三部作(『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』)を繋ぐ重要な物語でもある。 (Wikipedia:スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐)

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(スター・ウォーズ エピソードファイブ/ていこくのぎゃくしゅう、原題:STAR WARS EPISODE V:THE EMPIRE STRIKES BACK)は、1980年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズの、主要実写映画第2作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第2章『エピソード5』に当たる。 公開当初、タイトルは『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』で、『エピソード5』は付いていなかった。だが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから、現在のタイトルに変更された。1997年には最新CG技術などを使ってシーンの差し替えなどが施された『スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇』が公開された。2012年現在発売されているDVDでは、さらに変更が加えられている。 1980年公開時の世界共通ポスターのイラストは、日本人の生頼範義が担当した。 ストーリー 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。 (Wikipedia:スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲)

スター・ウォーズ 帝国の逆襲
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』より : 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(スター・ウォーズ エピソードファイブ/ていこくのぎゃくしゅう、原題:STAR WARS EPISODE V:THE EMPIRE STRIKES BACK)は、1980年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズの、主要実写映画第2作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第2章『エピソード5』に当たる。 公開当初、タイトルは『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』で、『エピソード5』は付いていなかった。だが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから、現在のタイトルに変更された。1997年には最新CG技術などを使ってシーンの差し替えなどが施された『スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇』が公開された。2012年現在発売されているDVDでは、さらに変更が加えられている。 1980年公開時の世界共通ポスターのイラストは、日本人の生頼範義が担当した。 ストーリー 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。 (Wikipedia:スター・ウォーズ 帝国の逆襲)

スター・ウォーズ/帝国の逆襲
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』より : 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(スター・ウォーズ エピソードファイブ/ていこくのぎゃくしゅう、原題:STAR WARS EPISODE V:THE EMPIRE STRIKES BACK)は、1980年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズの、主要実写映画第2作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第2章『エピソード5』に当たる。 公開当初、タイトルは『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』で、『エピソード5』は付いていなかった。だが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから、現在のタイトルに変更された。1997年には最新CG技術などを使ってシーンの差し替えなどが施された『スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇』が公開された。2012年現在発売されているDVDでは、さらに変更が加えられている。 1980年公開時の世界共通ポスターのイラストは、日本人の生頼範義が担当した。 ストーリー 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。 (Wikipedia:スター・ウォーズ/帝国の逆襲)

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(スター・ウォーズ エピソードワン/ファントム・メナス、原題:STAR WARS EPISODE I: THE PHANTOM MENACE)は、1999年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第4作品目。シリーズ主要9部作の中では、アナキン・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第1章『エピソード1』に当たる。 副題の『ファントム・メナス』は日本語に訳すると「見えざる脅威」を意味し、歴史の裏で暗躍するシスの暗黒卿ダース・シディアスのことを指している。 2012年にはデジタル3D版が公開された。 前作『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』から16年振りに製作された。 本シリーズの劇中の時系列では第1章であり、ルーク・スカイウォーカー3部作(『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』、『エピソード6/ジェダイの帰還』)で主要な敵役となるダース・ベイダーことアナキン・スカイウォーカーの少年時代を中心に描いた内容となっている。 (Wikipedia:スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス)

スター・ウォーズ惑星一覧
スター・ウォーズ惑星一覧(スター・ウォーズわくせいいちらん)は、映画『スター・ウォーズ・シリーズ』に登場する架空の惑星及び衛星の一覧である。 作品中、舞台になった天体 映画の舞台になった天体 ナブー(『ファントム・メナス』『クローンの攻撃』『シスの復讐』『ジェダイの帰還(復讐)』) タトゥイーン(『ファントム・メナス』『クローンの攻撃』『シスの復讐』『新たなる希望』『ジェダイの帰還(復讐)』『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』、小説『タトゥイーン・ゴースト』) デス・スター(宇宙ステーション・宇宙要塞) (『シスの復讐』『新たなる希望』) 第2デス・スター(宇宙ステーション・宇宙要塞)(『ジェダイの帰還(復讐)』) コルサント(Coruscant)(『ファントム・メナス』『クローンの攻撃』『シスの復讐』『ジェダイの帰還(復讐)』『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』、小説『偽りの仮面』『闇の狩人』『陥落』『魔都潜入』『反逆者』) スター・ウォーズ世界の銀河系のほぼ中心に位置し、1000世代にわたって銀河の政治的中枢として栄えており、少なくともヤヴィンの戦いの10万年前には都市が築かれていたことが確認されている。 (Wikipedia:スター・ウォーズ惑星一覧)

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(スター・ウォーズ エピソードツー/クローンのこうげき、原題:STAR WARS EPISODE II: ATTACK OF THE CLONES)は、2002年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第5作品目。シリーズ主要9部作の中では、アナキン・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第2章『エピソード2』に当たる。 アナキンの苦悩や、パドメ・アミダラとの禁じられた恋愛、そして『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』でオビ=ワン・ケノービとルーク・スカイウォーカーの会話に登場した「クローン大戦」の開戦の発端が主要なテーマとなっている。 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』と同じく、3部作の中間ということで、物語は途中のまま終了する。 この作品からヨーダも完全CGIで表現されるようになった。また長編映画では初めて、全編HD24Pによるデジタル撮影が行われた。このため、生身の人間が出演するシーンは全て、グリーンバック合成が行われた。 (Wikipedia:スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃)

スター・ウォーズ・キッド
スター・ウォーズ・キッド(Star Wars kid/Ghyslain Raza)は1988年生まれカナダ出身のある少年に付いたあだ名。2003年5月、少年の自分自身を録画したビデオクリップは予期せずオンラインに流出し、インターネット上の様々なコミュニティで「スター・ウォーズ・キッド」ないし「ジェダイ・キッド」として知られるようになった。この件で少年は不登校となったネットいじめの初期ケースである。少年に関するビデオはネット上で通算10億回以上再生されたという。 出来事 2002年11月4日、ゴルフボールの回収に用いる棒をあたかも映画『スター・ウォーズ』のキャラクターであるダース・モールのように振り回す自身の姿を、少年はビデオに撮影・録画した。彼にしてみれば、極めて私的な(おそらく、誰も気にしないだろうと考えての)悪戯だったのである。 ビデオは少年の通う高等学校の撮影室にて録画され、テープは数ヶ月間忘れ去られていた。2003年4月19日前後に、ビデオテープの元の持ち主が少年の録画した行為を発見し、数人の友人にそのことを話した。 (Wikipedia:スター・ウォーズ・キッド)

スター・ウォーズ計画
『戦略防衛構想』より : 戦略防衛構想(せんりゃくぼうえいこうそう、英語: Strategic Defense Initiative, SDI)とは、アメリカ合衆国がかつて構想した軍事計画。通称スターウォーズ計画。 衛星軌道上にミサイル衛星やレーザー衛星、早期警戒衛星などを配備、それらと地上の迎撃システムが連携して敵国の大陸間弾道弾を各飛翔段階で迎撃、撃墜し、アメリカ合衆国本土への被害を最小限に留めることを目的にした。通称は、これらの兵器を用いる事がスペースオペラ張りであるとして、映画『スター・ウォーズ』に擬えられたもの。 経緯 1980年代、核の均衡は相互確証破壊(MAD)に基づいていたが、アメリカ合衆国大統領ロナルド・レーガンはこれをよしとしなかった。レーガンは、1983年3月23日夜の演説で、ソ連の脅威を強調すると共に、「アメリカや同盟国に届く前にミサイルを迎撃」し、「核兵器を時代遅れにする」手段の開発を呼びかけ、翌3月24日に開発を命じた。 (Wikipedia:スター・ウォーズ計画)


スター・ウォーズ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  ポインセチア - 2017年12月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



ポインセチア
ポインセチア(英名poinsettia、学名 Euphorbia pulcherrima)はトウダイグサ科トウダイグサ属の植物。常緑性低木。標準和名はショウジョウボクであるが、記事名は知名度の高いこの名を取った。日本では11月から12月ごろに茎の上にある葉が赤や桃色や乳白色に美しく色付く。クリスマスが近くなると花屋に鉢物が出回ることから「クリスマスフラワー」とも呼ばれる。そのため日本では仲冬(大雪〔12月8日頃〕から小寒の前日〔1月7日頃〕まで)の季語とされている。 葉は薄く、楕円形。花はいわゆる杯状花序である。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが鑑賞の対象となる。その赤さはキリストの血の色に例えられる。 原産はメキシコと中央アメリカ。原産国とされるメキシコ合衆国では、「ノーチェ・ブエナ(聖夜)」と呼ばれる。メキシコの伝説がアメリカ合衆国の初代メキシコ公使であったJ・R・ポインセットの知れるところになり、また真冬に花を咲かせることから、アメリカに伝わり、彼の名前がつけられた。 (Wikipedia:ポインセチア)


ポインセチア - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  蓮舫 - 2017年12月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



蓮舫
蓮舫(れんほう、Lien-Fang、本名村田 蓮舫(むらた れんほう)、1967年(昭和42年)11月28日 - )は、日本の政治家、マルチタレント。民進党所属の参議院議員(2期)。民進党代表代行。夫はフリージャーナリストの村田信之。 台湾の政治家陳唐山とは遠戚。 内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全、行政刷新担当、「新しい公共」担当、少子化対策担当、男女共同参画担当)公務員改革担当大臣、民主党幹事長代行、参議院東日本大震災復興特別委員会委員長、民主党代表代行を歴任。NPO法人ひまわりの会顧問、日本マザーズ協会特別顧問。 日本の企業との間で貿易業を営んでいた父・謝哲信と、「ミス・シセイドウ」だった日本人の母・斉藤桂子の長女として東京都で生まれた。台湾系日本人。青山学院幼稚園、青山学院初等部、中等部・高等部、青山学院大学法学部公法学科卒業。1995年(平成7年)から1997年(平成9年)にかけては北京大学漢語中心に留学。 Twitterのフォロワーは38万人を超える。 大修館書店が全国の中高生から国語辞典に載せたい言葉を募集する「第6回『もっと明鏡』大賞 みんなで作ろう国語辞典!」で、事務局オススメ傑作選に「レンホートーク」という言葉が選ばれた。 (Wikipedia:蓮舫)


蓮舫 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  Nintendo Switch - 2017年12月29日


関連するイメージは見つかりませんでした




Nintendo Switch - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  PlayStation 4 - 2017年12月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



PlayStation 4
PlayStation 4(プレイステーションフォー)は、ソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE) が発売した家庭用ゲーム機。略称はPS4。 2013年11月15日に北アメリカ地域で、同年11月29日に欧州・中央アメリカ・南アメリカ・オセアニア地域で発売された。その後、同年12月 - 2014年1月にかけてアフリカ・アジア地域(日本は除く)での発売が続き、日本では2014年2月22日に発売された。 PlayStation 3 (PS3) の次世代機となる、第8世代に属する家庭用ゲーム機である。SCEは「次世代コンピュータエンタテインメントシステム」と表現している。2013年2月20日(東部標準時)にニューヨークで行われたイベント「PlayStation Meeting 2013」にて発表された。2013年11月15日より米国とカナダで先行発売され、発売24時間で100万台以上を販売した。 ネットワーク機能を強化しており、プレイ動画を公開したり、フレンド間でゲームプレイ中継を行うといった「シェア」機能を搭載し、PS Vitaとの「リモートプレイ」にシステムレベルで対応する。 (Wikipedia:PlayStation 4)

PlayStation 4のゲームタイトル一覧
PlayStation 4のゲームタイトル一覧(プレイステーションフォーのゲームタイトルいちらん)では、PlayStation 4(PS4)対応として日本で発売中または発売予定のゲームソフトを発売順に列記する。 一覧表について 一覧表に書かれている文字は、以下に対応していることを示す。 「通信機能」に書かれている文字は、以下のPlayStation 4の通信機能を示し、●印はその通信機能に対応していることを示す。 オ:オンラインプレイ対応 P:PSN対応 2014年(全59タイトル) 2015年(全81タイトル) 2016年 配信専用タイトル アーケードアーカイブス 配信アプリ 出典 外部リンク PlayStation4 ソフト一覧。 (Wikipedia:PlayStation 4のゲームタイトル一覧)


PlayStation 4 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す