[PR]

日別キーワード

第1位  全日本実業団対抗駅伝競走大会 - 2018年01月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



全日本実業団対抗駅伝競走大会
『全日本実業団対抗駅伝大会』より : 全日本実業団対抗駅伝競走大会(ぜんにほんじつぎょうだんたいこうえきでんきょうそうたいかい)とは日本実業団陸上競技連合が主催する日本の駅伝大会である。通称はニューイヤー駅伝(ニューイヤーえきでん)である。ただし、実施日が1月1日に変更になったのは、第32回(1988年)からである。 日本における実業団駅伝日本一を決定する競技大会である。ただし、クラブチームはこの大会に出場することができない(予選はこの限りではない)。箱根駅伝とともに正月の二大駅伝競走の1つとして親しまれている。 前年秋に各地区で予選が行われる。第52回(2008年(平成20年))までは、本大会上位15位までに入ることができれば次回は予選の順位に関係なく出場することができたが(シード権、競技要項より)、第53回(2009年(平成21年))からはシード制が廃止され、各予選での上位入賞チームが出場権を獲得する方式となった。 (Wikipedia:全日本実業団対抗駅伝競走大会)


全日本実業団対抗駅伝競走大会 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  ニューイヤーコンサート - 2018年01月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



ニューイヤーコンサート
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサート(独: Das Neujahrskonzert)は、毎年1月1日にウィーン楽友協会の大ホール(黄金のホール)で行なわれるマチネのコンサートである。ヨハン・シュトラウス2世を中心とするシュトラウス家の楽曲が主に演奏される。映像はライブで世界各国に中継され、世界中の人々がこのコンサートを楽しむ。 1939年12月31日にクレメンス・クラウスの指揮により初めて開催され、1941年の第2回からはオーストリア初代大統領カール・レンナーが1950年12月31日に死去した影響で1月14日に延期となった1951年を除いて、1月1日の正午(CET)に開催されるようになった。 1955年以降ヴィリー・ボスコフスキーが指揮をし、1959年各国に中継され始めた頃から人気が高まり、現在は全世界の40カ国以上に生中継されている。2002年には小澤征爾が、アジア人ではズービン・メータに続き2人目の指揮者となった。 歴代指揮者(年) 1986年までに登場した指揮者はクラウス、クリップス、ボスコフスキー、マゼールの全部で4人に過ぎないが、1987年のカラヤン以降は、同じ指揮者が2年連続して指揮することはなくなった。 (Wikipedia:ニューイヤーコンサート)


ニューイヤーコンサート - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ドナルド・トランプ - 2018年01月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



ドナルド・トランプ
ドナルド・ジョン・トランプ(Donald John Trump、1946年6月14日 - )は、アメリカの著名な実業家、2016年アメリカ合衆国大統領選挙候補者。 不動産会社トランプ・オーガナイゼーションの会長兼社長で、カジノ・ホテル運営会社トランプ・エンターテイメント・リゾーツの設立者である。アメリカのビジネスシーンでの有名人であり、メディアへの露出機会も際立って多い。その経歴、ブランディングの努力、私生活、豊かな財産、歯に衣着せぬコメントによって、セレブリティとして知られる。 生粋のニューヨーカーであり、父のフレッド・トランプもニューヨーク市の不動産開発業者。 父フレッドは不動産開発事業に対するトランプの関心を育て、トランプはペンシルベニア大学ウォートン・スクール在学中から父の会社を手伝い、1968年に入社した。1971年には経営権を与えられ、社名を「エリザベス・トランプ・アンド・サン」から「トランプ・オーガナイゼーション」に改めた。以来トランプは、ホテル、カジノ、ゴルフコースその他の不動産を建設し、その多くに自らの名前を冠している。 (Wikipedia:ドナルド・トランプ)


ドナルド・トランプ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  笑点 - 2018年01月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



笑点
『笑点』(しょうてん)は、日本テレビ系列で1966年5月15日から毎週日曜日夕方に放送されている演芸バラエティ番組である。 1966年(昭和41年)5月15日に『金曜夜席』を受け継ぐ形で放送がスタート。 放送開始当時はまだカラーテレビの普及率が1%にも満たない時代であったが、第1回から一貫してカラーで放送されている。 収録は後楽園ホールで隔週土曜日の昼間に行われる(1回で2 - 3週分収録する)。また年に数回(基本的には4回)、ネット局の開局記念イベントなどで地方収録が行われる。なお番組で放送されるのは、収録から8日後と15日後の日曜日となることが主である(年末進行や地方収録などのスケジュールの関係で貯め撮り収録し、それが翌日から1か月以上先の放送になることもある)。 視聴率は、基本的には18%以上、時には22%以上(関東地区)を記録する人気番組で、週間バラエティ番組部門における視聴率も1位を記録することがある。年配の視聴者が多いため、かつては大相撲中継がある場合には視聴率が15%程度まで落ちこむ場合も多かったが、近年はあまり影響を受けていない。 (Wikipedia:笑点)

笑点の大喜利
このページでは、日本テレビの『金曜夜席』及び『笑点』の大喜利コーナーについて記載。 本項では、BS日テレの『BS笑点』と日テレプラスの『笑点Jr.』の大喜利コーナーについても記載する。 大喜利は通常、演芸の後に行われるが、時々演芸内でも日本テレビのアナウンサー6名による「アナウンサー大喜利」を行うことがある。その際は大喜利メンバーが司会や座布団運びを務める。最近では司会が6代目三遊亭圓楽と三遊亭小遊三で、座布団運びが春風亭昇太と林家たい平が務める。 初代司会の立川談志から3代目司会の三波伸介まではCMが終わって画面が切り替わった時点で既にメンバー全員が板付きでの挨拶状態だったが、4代目司会の5代目圓楽以降は笑点のオープニング曲に合わせて、上手からメンバーが登場するようになった(現在では、小遊三→好楽→木久扇→昇太→6代目圓楽→たい平→山田隆夫の順に登場する)。 (Wikipedia:笑点の大喜利)

笑点 大博覧会 DVD-BOX
笑点大博覧会DVD-BOX(しょうてんだいはくらんかいでぃーぶいでぃーぼっくす)は、『笑点』40周年記念として2005年(平成17年)11月23日に発売されたDVD。発売元はバップ。 『笑点』40年の歴史を5巻に分けて収録してある。 出演者 進行役 5代目三遊亭圓楽 桂歌丸 林家木久蔵(現:林家木久扇) 三遊亭好楽 三遊亭小遊三 三遊亭楽太郎(現:6代目三遊亭圓楽) 林家たい平 山田隆夫 ナレーター 石塚運昇 各巻概要 収録されている大喜利は大幅な編集がなされているものが多く、一部の答えや挨拶部分等がカットされているものが見受けられる。 (Wikipedia:笑点 大博覧会 DVD-BOX)

笑点Jr.
笑点Jr.(しょうてんじゅにあ)は、CS放送日テレプラスで2007年4月22日から2011年3月13日まで毎月第2日曜日夕方に放送していた寄席風の演芸バラエティ番組。日本テレビの長寿番組『笑点』の兄弟番組である。 2007年(平成19年)4月22日に『BS笑点』を受け継ぐ形で放送がスタート。 テーマ音楽(作曲:中村八大)のアレンジと演奏はスクービードゥーが担当。 収録は横浜にぎわい座で毎月中旬もしくは下旬の夕方に行われていた(1回で1本分収録する。当初は本家『笑点』のように1回で2本分収録していた)。 放送製作著作は日テレで、日テレプラス(正式にはシーエス日本)は制作協力の扱い。 2009年(平成21年)10月から番組内容がリニューアルされ、今までの5コーナーに、新コーナーとして「お題の名人」「落語家への道」「演芸」が追加された。 2010年(平成22年)4月からは月1回、原則第2日曜日(時間帯は同じ)の放送になった(その他の日曜日は単発番組を放送)。 (Wikipedia:笑点Jr.)

笑点 特大号
笑点 特大号(しょうてんとくだいごう)は、BS日テレで毎週水曜日夜に放送されている寄席風の演芸バラエティ番組。日本テレビの長寿番組『笑点』のスピンオフ番組である。 2013年4月3日に放送がスタート。日本テレビで放送されている演芸番組『笑点』から2013年3月24日以降の放送分(『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』での「チャリティー大喜利」、正月特番など通算の放送回数に含まれない回、30分間のスペシャル大喜利を放送した回を除く)の「演芸」と「大喜利」のディレクターズ・カット版を放送するほか、当番組用に撮影された「演芸」、「大喜利」、大喜利メンバーによるロケなどを「完全新作」として放送している。 (Wikipedia:笑点 特大号)


笑点 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  ガンプラ - 2018年01月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



ガンプラ
ガンプラは、「ガンダムのプラモデル」の略称。 アニメ作品の『機動戦士ガンダム』をはじめとする「ガンダムシリーズ」において、主に劇中に登場したモビルスーツやモビルアーマー等と呼ばれるロボットや艦船を立体化したプラモデルのこと。 ガンプラの製造・発売元は、作品制作元のサンライズの関連会社であるバンダイのホビー事業部で、「ガンプラ」という言葉自体は、ガンダムシリーズの版権管理を手がける創通の登録商標になっている。ガンプラは日本のプラモデル史上最大のヒットで、バンダイを模型業界のトップに押し上げた原動力となった。なお、組み立て式プラモデルではないハイコンプロシリーズが「完成済みガンプラ」として宣伝されるなど、厳密な区別はされていない。 キャラクターモデルとしては異例なほど長期シリーズとなったガンプラは時代ごとの要請を取り入れ、色プラ・ポリキャップといった新素材の採用、接着剤不要のスナップキットの登場、関節の可動範囲の拡大等で、現在では組み立てるだけでアニメや設定に近い色分けや作中のポーズに出来る事は当たり前となっている。 (Wikipedia:ガンプラ)


ガンプラ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す