[PR]

日別キーワード

第1位  箱根駅伝 - 2018年01月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



箱根駅伝
『東京箱根間往復大学駅伝競走』より : 東京箱根間往復大学駅伝競走(とうきょうはこねかんおうふくだいがくえきでんきょうそう)は、例年1月2日と翌3日の2日間にわたって行われる大学駅伝の競技会(地方大会)である。関東学生陸上競技連盟が主催し読売新聞社が共催する。一般には箱根駅伝(はこねえきでん)と呼ばれ、その実施については関東学生陸上競技連盟が定める「東京箱根間往復大学駅伝競走に関する内規」に定められている(以下、「東京箱根間往復大学駅伝に関する内規」は単に「内規」として説明する)。 現在開催されている駅伝の中で最長の距離を持ち、1987年から放送を開始したテレビ中継によって国内の学生スポーツ競技会の中でも極めて高い人気も誇る。 「箱根駅伝」は読売新聞東京本社の登録商標(第5565518号)である。 出場校は20校で、これとは別に出場校以外の競技者による関東学生連合チーム(オープン参加)が参加する(2015年の第91回東京箱根間往復大学駅伝競走以降の編成)。 (Wikipedia:箱根駅伝)

箱根駅伝の人物一覧
箱根駅伝の人物一覧は東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)出場者からオリンピック、世界陸上選手権、アジア大会などの国際大会に出場した選手や、主要マラソン優勝者、日本記録保持者などをまとめた人物一覧である(校名は当時のものを記載)。 区間記録樹立者一覧 箱根駅伝の各区間において記録更新を達成した者の一覧である。 1区 石井隆士(日本体育大学) - 第53回(1977年) 21.8km 1時間04分09秒 西弘美(日本大学) - 第54回(1978年) 21.8km 1時間03分42秒 佐藤和也(東洋大学) - 第59回(1983年) 21.3km 1時間03分30秒 武井隆次(早稲田大学) - 第67回(1991年) 21.3km 1時間03分26秒、第68回(1992年) 21.3km 1時間03分22秒 櫛部静二(早稲田大学) - 第69回(1993年) 21.3km 1時間02分09秒 渡辺康幸(早稲田大学) - 第70回(1994年) 21.3km 1時間01分13秒 佐藤悠基(東海大学) - 第83回(2007年) 21.4km 1時間01分06秒 2区 服部誠(東京農業大学) - 第51回(1975年) 25.2km 1時間13分21秒 瀬古利彦(早稲田大学) - 第55回(1979年) 24.4km 1時間12分18秒、第56回(1980年) 24.4km 1時間11分37秒 大塚正美(日本体育大学) - 第59回(1983年) 22.7km 1時間07分34秒 渡辺康幸 - 第71回(1995年) 23.0km 1時間06分48秒 三代直樹(順天堂大学) - 第75回(1999年) 23.0km 1時間06分46秒 メクボ・ジョブ・モグス(山梨学院大学) - 第84回(2008年) 23.2km 1時間06分23秒、第85回(2009年) 23.2km 1時間06分04秒 3区 森近繁則(日本大学) - 第54回(1978年) 22.2km 1時間03分45秒 小林正幹(早稲田大学) - 第71回(1995年) 21.3km 1時間02分49秒 佐藤悠基 - 第82回(2006年) 21.5km 1時間02分12秒 竹澤健介(早稲田大学) - 第85回(2009年) 21.5km 1時間01分40秒 オンディバ・コスマス(山梨学院大学) - 第88回(2012年) 21.5km 1時間01分38秒 4区 中島修三(順天堂大学) - 第59回(1983年) 21.0km 1時間02分40秒 山田和人(順天堂大学) - 第66回(1990年) 20.9km 1時間02分45秒 花田勝彦(早稲田大学) - 第69回(1993年) 20.9km 1時間02分07秒 小林雅幸(早稲田大学) - 第71回(1995年) 20.9km 1時間01分35秒 藤田敦史(駒澤大学) - 第75回(1999年) 20.9km 1時間00分56秒 三田裕介(早稲田大学) - 第85回(2009年) 18.5km 55分04秒 西村知修(帝京大学) - 第87回(2011年) 18.5km 54分34秒 田村和希(青山学院大学) - 第91回(2015年) 18.5km 54分28秒 5区 大久保初男(大東文化大学) - 第51回(1975年) 21.4km 1時間12分02秒、第53回(1977年) 21.4km 1時間11分48秒 岡俊博(日本体育大学) - 第59回(1983年) 20.5km 1時間11分44秒 木下哲彦(早稲田大学) - 第61回(1985年) 20.6km 1時間11分59秒 奈良修(大東文化大学) - 第68回(1992年) 20.7km 1時間11分13秒 小林雅幸 - 第72回(1996年) 20.7km 1時間10分27秒 中井祥太(東海大学) - 第79回(2003年) 20.7km 1時間11分29秒 今井正人(順天堂大学) - 第81回(2005年) 20.9km 1時間09分12秒、第83回(2007年) 23.4km 1時間18分05秒 柏原竜二(東洋大学) - 第85回(2009年) 23.4km 1時間17分18秒、第86回(2010年) 23.4km 1時間17分08秒、第88回(2012年) 23.4km 1時間16分39秒 6区 塩塚秀夫(日本体育大学) - 第52回(1976年) 21.4km 58分57秒、第53回(1977年) 21.4km 58分57秒 谷口浩美(日本体育大学) - 第58回(1982年) 20.5km 58分04秒、第59回(1983年) 20.5km 57分47秒 黒沢一道(中央大学) - 第63回(1987年) 20.6km 1時間00分31秒 仲村明(順天堂大学) - 第64回(1988年) 20.6km 59分26秒 島嵜貴之(大東文化大学) - 第66回(1990年) 20.6km 59分21秒 小栗一秀(専修大学) - 第73回(1997年) 20.7km 59分07秒 中澤晃(神奈川大学) - 第74回(1998年) 20.7km 58分44秒、第75回(1999年) 20.7km 58分06秒 金子宣隆(大東文化大学) - 第77回(2001年) 20.7km 58分21秒 千葉健太(駒澤大学) - 第87回(2011年) 20.7km 58分11秒 7区 野中三徳(日本大学) - 第50回(1974年) 21.9km 1時間04分39秒 松本卓也(専修大学) - 第63回(1987年) 21.2km 1時間05分00秒 大場康成(駒澤大学) - 第67回(1991年) 21.2km 1時間04分44秒 武井隆次 - 第69回(1993年) 21.2km 1時間02分53秒 佐藤悠基(東海大学) - 第84回(2008年) 21.3km 1時間02分35秒 設楽悠太(東洋大学) - 第88回(2012年) 21.3km 1時間02分32秒 8区 大塚正美(日本体育大学) - 第56回(1980年) 21.3km 1時間06分20秒 榎木和貴(中央大学) - 第71回(1995年) 21.3km 1時間06分03秒 川波貴臣(中央大学) - 第72回(1996年) 21.3km 1時間05分48秒 古田哲弘(山梨学院大学) - 第73回(1997年) 21.3km 1時間04分05秒 9区 浜野健(順天堂大学) - 第73回(1997年) 23.0km 1時間09分30秒 高橋謙介(順天堂大学) - 第75回(1999年) 23.0km 1時間09分17秒 西田隆維(駒澤大学) - 第76回(2000年) 23.0km 1時間09分00秒 塩川雄也(駒澤大学) - 第81回(2005年) 23.2km 1時間08分38秒 篠藤淳(中央学院大学) - 第84回(2008年) 23.2km 1時間08分01秒 10区 小山輝夫(順天堂大学) - 第57回(1981年) 21.3km 1時間05分51秒 遠藤司(早稲田大学) - 第60回(1984年) 21.3km 1時間04分05秒 高橋正仁(駒澤大学) - 第76回(2000年) 23.0km 1時間10分26秒 真名子圭(大東文化大学) 第77回(2001年) 23.0km 1時間10分19秒 櫻井勇樹(早稲田大学) 第78回(2002年) 23.0km 1時間10分18秒 北浦政史(駒澤大学) 第79回(2003年) 23.0km 1時間09分54秒 山田紘之(日本体育大学) 第81回(2005年) 23.1km 1時間09分05秒 松瀬元太(順天堂大学) - 第83回(2007年) 23.1km 1時間08分59秒 主要海外大会出場選手 なお、オリンピックと世界陸上選手権のメダリスト及び入賞者(8位まで、ただしモントリオール五輪以前は6位まで)、それ以外の主要海外大会のメダリスト、及び日本記録保持者欄で世界記録保持者は太字で示してある。 (Wikipedia:箱根駅伝の人物一覧)

箱根駅伝の記録一覧
箱根駅伝の記録一覧(はこねえきでん の きろくいちらん)とは箱根駅伝にまつわる様々な記録の一覧である。 基本的には各項目上位10傑を掲載(項目によっては「最大」「最小」の記録のみ)。タイムは各区間と往路・復路・総合のみにとどめている。各記録は第92回大会(2016年)までのものを記述してある。 歴代本戦出場校一覧 ※出場回数、初出場大会、優勝回数並びに最高順位の各項目の集計は第92回大会(2016年)でのもの 出場回数順で表記。同数の場合は初出場が古い順、総合成績の優勝回数順、最高位順で表記。 なお、上記大学以外に選抜チームの一員として、関東学生連合(関東学連選抜を含む)で国際武道大学、流通経済大学、麗澤大学、学習院大学、松蔭大学、東京工業大学、東京経済大学、駿河台大学の選手が、日本学連選抜で徳山大学、京都産業大学、岡山大学、北海道教育大学の選手が走っている。 (Wikipedia:箱根駅伝の記録一覧)


箱根駅伝 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  一般参賀 - 2018年01月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



一般参賀
一般参賀(いっぱんさんが)とは、1948年(昭和23年)から毎年、新年1月2日と天皇誕生日に開催されている皇室行事である。 天皇誕生日の一般参賀は、昭和天皇以降在位中の天皇の誕生日に行われる。 最初に開かれた昭和23年新年一般参賀(1948年)では、宮内庁庁舎屋上から昭和天皇が一人で民衆に対し手を振るというものであったが、昭和40年代には左翼活動が激化し、昭和天皇に対しパチンコを撃った、昭和天皇パチンコ狙撃事件などもあり、長和殿に厚いガラスを設け、ガラスの向こうから天皇・皇后を筆頭に成年皇族が参加するようになった。民衆は長和殿前の庭で日の丸の小旗を振りながら皇族を迎えるようになった。 昭和天皇の病状が悪化の一途をたどり、テレビなどでも血圧などの情報が流れるようになった1989年(昭和64年)の新年一般参賀は中止となった。昭和天皇は同月7日に崩御したため、翌1990年(平成2年)の一般参賀も中止となったが、この2年以外に中止となった年はない。 参賀 新年一般参賀 開催日:1月2日新年一般参賀は、新年を祝うために行われる。 (Wikipedia:一般参賀)


一般参賀 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  天皇陛下 - 2018年01月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



天皇陛下
『天皇』より : 天皇(てんのう。英: The Emperor of Japan)は日本国首脳。大日本帝国憲法は「神聖にして侵すべからざる存在かつ統治権を総攬(そうらん)する国家元首」と規定しているが、改正・大日本帝国憲法(日本国憲法)は「日本国の象徴かつ日本国民統合の象徴」と規定していて「元首は誰である・誰でない」とは規定していない。天皇は漢風諡号(しごう)であり生前に「天皇または天皇陛下」と呼ぶ慣習は江戸時代までは無かった。古くは「スメラミコト」「スメロキ」「スベラギ」等と呼んだ。現天皇(今上天皇)は昭和天皇の第一皇子・明仁。現時点では「世界で唯一の『皇帝』」と認識されている。 現憲法である日本国憲法は「天皇は日本国の象徴かつ日本国民統合の象徴」「天皇の地位は主権の存する国民の総意に基づく」(第1条)・「天皇は国政に関する権能を持たず憲法に記載されている国事行為だけを行う」(第4条)などと規定している。 (Wikipedia:天皇陛下)

天皇陛下御在位六十年記念硬貨
幅=250px
1=Japanese commemorative coin03.jpg
2=天皇陛下御在位60年記念500円白銅貨
3=Gozaii60nen-10000yen.jpg
4=天皇陛下御在位60年記念10000円銀貨
天皇陛下御在位六十年記念硬貨(てんのうへいかございいろくじゅうねんきねんこうか)は、昭和天皇の在位60年を記念して1986年(一部は1987年)に日本で発行された記念硬貨である。臨時補助貨幣でもある。10万円金貨、1万円銀貨、500円硬貨 500円白銅貨が発行された。
横書きでは天皇陛下御在位60年記念硬貨とも。本稿でも以下では主に算用数字を使う。
!! 金貨 !! 銀貨 !! 白銅貨
額面 10万円 1万円 500円
素材 純金 純銀 白銅(銅 Cu75:ニッケル Ni25)
質量 20グラム g 20g 13g
直径 30ミリメートル mm 35mm 30mm
発行年 1986年-1987年 1986年 1986年
発行枚数 1000万枚(1986)100万枚(1987) 1000万枚 5000万枚
(Wikipedia:天皇陛下御在位六十年記念硬貨)

天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典
天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典(てんのうへいかごそくいじゅうねんをおいわいするこくみんさいてん)は、1999年(平成11年)11月12日に皇居前広場で開催された、今上天皇の即位10周年の祝典行事である。 主催は、天皇陛下御即位十年奉祝委員会(会長・稲葉興作)と天皇陛下御即位十年奉祝国会議員連盟(会長・森喜朗)。 出席者 芸能界 森繁久彌、北島三郎、森進一、橋幸夫、布施明、谷村新司、西城秀樹、松崎しげる、藤岡弘、、高知東生、中西圭三、GLAY(TAKUROとJIROが出席)、黒木瞳、竹下景子、宝塚歌劇団・星組、斉藤慶子、高島礼子、安室奈美恵、SPEED、YOSHIKI、草野仁(司会進行を担当) 狂言師 和泉元彌 漫画家 加藤芳郎、松本零士、小林よしのり バレリーナ 草刈民代 野球 王貞治、長嶋茂雄、星野仙一、野茂英雄、松坂大輔 サッカー ラモス瑠偉、中山雅史、井原正巳、川口能活、城彰二 テニス 松岡修造、伊達公子、沢松奈生子 柔道 吉田秀彦、田村亮子 スケート 清水宏保、岡崎朋美 格闘技 武蔵、アンディ・フグ 奉祝曲の演奏 式典ではピアノ協奏曲形式の奉祝曲「Anniversary」(作曲:YOSHIKI)が指揮・川本統脩、ピアノ・YOSHIKIによって御前演奏された。 (Wikipedia:天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典)

天皇陛下御即位十周年をお祝いする国民祭典
『天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典』より : 天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典(てんのうへいかごそくいじゅうねんをおいわいするこくみんさいてん)は、1999年(平成11年)11月12日に皇居前広場で開催された、今上天皇の即位10周年の祝典行事である。 主催は、天皇陛下御即位十年奉祝委員会(会長・稲葉興作)と天皇陛下御即位十年奉祝国会議員連盟(会長・森喜朗)。 出席者 芸能界 森繁久彌、北島三郎、森進一、橋幸夫、布施明、谷村新司、西城秀樹、松崎しげる、藤岡弘、、高知東生、中西圭三、GLAY(TAKUROとJIROが出席)、黒木瞳、竹下景子、宝塚歌劇団・星組、斉藤慶子、高島礼子、安室奈美恵、SPEED、YOSHIKI、草野仁(司会進行を担当) 狂言師 和泉元彌 漫画家 加藤芳郎、松本零士、小林よしのり バレリーナ 草刈民代 野球 王貞治、長嶋茂雄、星野仙一、野茂英雄、松坂大輔 サッカー ラモス瑠偉、中山雅史、井原正巳、川口能活、城彰二 テニス 松岡修造、伊達公子、沢松奈生子 柔道 吉田秀彦、田村亮子 スケート 清水宏保、岡崎朋美 格闘技 武蔵、アンディ・フグ 奉祝曲の演奏 式典ではピアノ協奏曲形式の奉祝曲「Anniversary」(作曲:YOSHIKI)が指揮・川本統脩、ピアノ・YOSHIKIによって御前演奏された。 (Wikipedia:天皇陛下御即位十周年をお祝いする国民祭典)


天皇陛下 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  東洋大学 - 2018年01月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



東洋大学
東洋大学(とうようだいがく、英語: Toyo University)は、東京都文京区白山5-28-20に本部を置く日本の私立大学である。1928年に設置された。大学の略称は東洋大および東洋。一部では洋大も使用されている。 大学全体 東洋大学は、1887年に井上円了により創設された哲学の専修学校である私立哲学館が前身となって設立された大学である。第二次世界大戦前には「白山の哲学」と称され、伝統的に哲学が有名。現在正式な略称は「東洋大」となっているが、かつては「洋大」という略称が正式なものであった。この略称は70年安保紛争時に学生運動勢力が多用したため、現在ではあまり使用されていない。しかし、もう一度「洋大」を使用していこうという動きがOBの中であり、校友会会報では良く使用されている。OBが大学側へ要望をあげるケースも増えており、再度正式略称となる可能性も出てきている。また、英語表記は現在「TOYO UNIV.」とされているが、過去には「ORIENTAL UNIV.」と表記していたこともある。 (Wikipedia:東洋大学)

東洋大学の人物一覧
東洋大学の人物一覧は東洋大学に関係する人物の一覧記事。 歴代学長(館主) 哲学館館主 井上円了(創立者。明治20年9月 - ) 哲学館館主代理 棚橋一郎(明治21年6月 - 22年6月、郁文館中学校・高等学校、東京女子学園中学校・高等学校創設者) 哲学館大学学長(専門学校令による設置) 井上円了(初代。明治37年4月 - 39年1月) 前田慧雲(2代。明治39年2月 - ) 私立東洋大学学長(校名改称・明治39年6月) 前田慧雲(2代。 - 大正3年7月) 大内青巒(3代。大正3年7月 - 7年6月) 境野哲(4代。大正7年6月 - ) 東洋大学学長(校名改称・大正9年3月) 境野哲(4代。 - 大正12年6月) 岡田良平(5代。大正12年8月 - 13年6月) 中島徳蔵(6代。大正15年2月 - 昭和3年3月) 中島徳蔵(7代。昭和4年9月 - 6年7月) 高楠順次郎(8代。昭和6年7月 - 9年7月、中央学院大学、武蔵野女子学院・武蔵野大学創設者) 藤村作(9代。 (Wikipedia:東洋大学の人物一覧)

東洋大学附属牛久高等学校
東洋大学附属牛久中学校・高等学校(とうようだいがくふぞくうしくちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、茨城県牛久市柏田町にある男女共学の私立中学校・高等学校。東洋大学の附属校である。略称は「東洋大牛久」(とうようだいうしく)。スポーツは全国区の相撲部(元アマチュア横綱・元大相撲力士の栗本剛/武哲山剛が前顧問)等が有名。最近では近隣の森を伐採し野球場・テニスコート(砂入り人工芝7面)が完成。 沿革 1964年(昭和39年) - 旧・牛久町立岡田中学校の校地・校舎(現在地)に東洋大学附属牛久高等学校開校 2014年9月30日 - 茨城県私立学校審議会が東洋大学附属牛久中学校の設置認可を適当であると答申する 2015年4月1日 - 東洋大学附属牛久中学校開校 中高一貫制 2015年4月1日からは、中学校開校に伴い中高一貫教育を提供する。 (Wikipedia:東洋大学附属牛久高等学校)

東洋大学短期大学
東洋大学短期大学(とうようだいがくたんきだいがく、英語: Toyo University Junior College)は、東京都文京区白山5-28-20に本部を置いていた日本の私立大学である。1950年に設置された。大学の略称は東洋大短大。学生募集は2000年度まで、2001年度より短大の募集を停止し、東洋大学に統合される形で2002年7月30日廃止。 大学全体 学校法人東洋大学により経営されていた日本の私立短期大学。東京都文京区にある東洋大学白山キャンパス内に1950年設置された。最多で4学科からなっていたが、順次大学の学部に改組されたことにより最終的には観光学科のみの単科短大となって廃止となる。 建学の精神(校訓・理念・学是) 東洋大学を参照。 教育および研究 東洋大学短期大学には全国の短大でも数少ない観光学科があり、この名称を冠する学科は日本初でもあり、全国でも唯一の夜間部も設けられていた。 (Wikipedia:東洋大学短期大学)

東洋大学短期大学部
『東洋大学短期大学』より : 東洋大学短期大学(とうようだいがくたんきだいがく、英語: Toyo University Junior College)は、東京都文京区白山5-28-20に本部を置いていた日本の私立大学である。1950年に設置された。大学の略称は東洋大短大。学生募集は2000年度まで、2001年度より短大の募集を停止し、東洋大学に統合される形で2002年7月30日廃止。 大学全体 学校法人東洋大学により経営されていた日本の私立短期大学。東京都文京区にある東洋大学白山キャンパス内に1950年設置された。最多で4学科からなっていたが、順次大学の学部に改組されたことにより最終的には観光学科のみの単科短大となって廃止となる。 建学の精神(校訓・理念・学是) 東洋大学を参照。 教育および研究 東洋大学短期大学には全国の短大でも数少ない観光学科があり、この名称を冠する学科は日本初でもあり、全国でも唯一の夜間部も設けられていた。 (Wikipedia:東洋大学短期大学部)

東洋大学附属姫路高等学校
東洋大学附属姫路中学校・高等学校(とうようだいがくふぞくひめじちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、兵庫県姫路市書写に所在し、中高一貫教育を提供する兵庫県姫路市唯一の男女共学の私立中学校・高等学校。高等学校においては中学校から入学した内部進学の生徒と高等学校から進学した外部進学の生徒との間では、別々のコースをする併設型中高一貫校。略称は「東洋大姫路」。2013年に創立50周年を迎え、50周年記念校舎として第一校舎の建て替え工事(2013年8月完成)を行っていた。 学校法人東洋大学に2校ある附属学校(姫路・牛久)の内の1校である。姫路市を中心とした西播磨地域の私立高等学校として毎年3000人を超える中学生が受験する。 西の比叡山とも呼ばれる書写山の麓に位置し、広大な敷地と情報教育棟を始めとする教育施設を誇り、約1300人の生徒を抱える兵庫県下でも屈指の規模の大きな学校である。校地の近くには甲子園球場と同じ敷地面積の野球グラウンドや県下一の13人立ちの弓道場を有する等、スポーツ施設も充実している。 (Wikipedia:東洋大学附属姫路高等学校)

東洋大学付属姫路高等学校
『東洋大学附属姫路高等学校』より : 東洋大学附属姫路中学校・高等学校(とうようだいがくふぞくひめじちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、兵庫県姫路市書写に所在し、中高一貫教育を提供する兵庫県姫路市唯一の男女共学の私立中学校・高等学校。高等学校においては中学校から入学した内部進学の生徒と高等学校から進学した外部進学の生徒との間では、別々のコースをする併設型中高一貫校。略称は「東洋大姫路」。2013年に創立50周年を迎え、50周年記念校舎として第一校舎の建て替え工事(2013年8月完成)を行っていた。 学校法人東洋大学に2校ある附属学校(姫路・牛久)の内の1校である。姫路市を中心とした西播磨地域の私立高等学校として毎年3000人を超える中学生が受験する。 西の比叡山とも呼ばれる書写山の麓に位置し、広大な敷地と情報教育棟を始めとする教育施設を誇り、約1300人の生徒を抱える兵庫県下でも屈指の規模の大きな学校である。校地の近くには甲子園球場と同じ敷地面積の野球グラウンドや県下一の13人立ちの弓道場を有する等、スポーツ施設も充実している。 (Wikipedia:東洋大学付属姫路高等学校)

東洋大学井上円了記念博物館
名称 東洋大学井上円了記念博物館
正式名称
愛称
前身
専門分野 妖怪学
事業主体 東洋大学
管理運営
年運営費
延床面積
研究職員
開館
閉館
所在地郵便番号 112-8606
所在地 東京都文京区白山 (文京区) 白山5-28-20東洋大学白山5号館1階
電話 03-3945-8764
東洋大学井上円了記念博物館(とうようだいがくいのうええんりょうきねんはくぶつかん)は、東洋大学が運営する博物館。2005年4月に開館した。
月~金 9時30分~16時45分
土 9時30分~12時45分
(Wikipedia:東洋大学井上円了記念博物館)

東洋大学硬式野球部
東洋大学硬式野球部(とうようだいがくこうしきやきゅうぶ、Toyo University Baseball Club)は、東都大学野球連盟に所属する大学野球チーム。OBには30人以上の現役・元プロ野球選手がいる。東洋大学の学生によって構成されている。 創部 1924年(大正13年)創部(大正13年同窓会会則)、翌年に学友会の一部として独立した。 1923年(大正12年)に文化学科生が中心となり野球部の創部を、学長境野哲に要求したがグラウンドもなく、監督の方法も立っていないということで許されなかったという。創部後も部員不足や練習場所欠如などの影響もあり、公式戦への出場がかなわなかったが、1925年(大正14年)に東洋大学のグラウンドが整備され本格的に始動し、同年秋には東京新大学野球連盟に参加している。東都リーグには1940年(昭和15年)に加盟。1962年(昭和37年)春季リーグで初めて1部に昇格。1960年代後半から1部に定着した。チームが低迷していた1972年(昭和47年)に、OBの高橋昭雄(旧姓:佐藤)監督が23歳の若さで就任。 (Wikipedia:東洋大学硬式野球部)


東洋大学 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  古事記 - 2018年01月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



古事記
古事記(こじき、ふることふみ)は、日本最古の歴史書である。その序によれば、712年(和銅5年)に太朝臣安萬侶(おほのあそみやすまろ)(太安万侶とも表記)が編纂し、元明天皇に献上された。 『古事記』の原本は現存せず、幾つかの写本が伝わる。成立年代は、写本の序に記された年月日(和銅5年正月28日=ユリウス暦712年3月9日)により、8世紀初めに措定される。内容は、神代における天地(アメツチ)の始まりから推古天皇の時代に至るまでの様々な出来事(神話や伝説などを含む)が紀伝体で記載される。また、数多くの歌謡を含む。なお、『古事記』は「高天原」という語が多用される点でも特徴的な文書である。 『古事記』は『日本書紀』のような勅撰の正史ではないが、序文で天武天皇が、 と詔したと記載があるため、勅撰とも考えられる。史料の上では、序文に書かれた成立過程や皇室の関与に不明な点や矛盾点が多いとする見解もあり、また『日本書紀』における『続日本紀』のような『古事記』の存在を直接証明する物証もないため、古事記偽書説(後述)も唱えられていたが現在では否定されている。 (Wikipedia:古事記)

古事記伝
『古事記伝』(こじきでん、ふることふみのつたえ)は、江戸時代の国学者・本居宣長の『古事記』全編にわたる全44巻の註釈書である。『記伝』と略される。 沿革 1764年(明和元年)に起稿し1798年(寛政10年)に脱稿した。版本としての刊行は1790年(寛政2年)から宣長没後の1822年(文政5年)にかけてである。 医学の修行のために上洛していた宣長は、1756年(宝暦6年)、27歳の時に店頭で『先代旧事本紀』とともに『古事記』の巻を購入した。この頃、宣長は『日本書紀』を読んでおり、賀茂真淵の論考に出会って日本の古道を学び始める。宣長が本格的に『古事記』研究に進むことを決意したのは、1763年(宝暦13年)の、私淑する真淵と「松坂の一夜」ではじめて直接教えを受けた頃である。その翌年、1764年(宝暦14年)から『古事記伝』を起筆し、間に『玉勝間』や『うひ山ぶみ』などの執筆も挟んで1798年(寛政10年)まで35年かけて成立した。 (Wikipedia:古事記伝)

古事記王子
古事記王子(こじきおうじ)は、日本の漫画家。主に成人向け漫画を執筆している。 過去には福原君(ふくはらくん)の名前で、テレビゲームに関する4コマ漫画(非アダルト系)などを多く執筆していた。 作家の変遷 「福原君」時代 双葉社が刊行しているゲームコミック「4コマまんが王国」シリーズで1996年ごろまで多数の漫画を描いている。同シリーズの編集部においても主力作家とみなされていたとみられる。 光文社が刊行しているゲームコミック「4コマギャグバトル」シリーズでも、ザ・キング・オブ・ファイターズ97のアンソロジーなどを手がけている。 ゲーム王国休刊後、ファンに「更なるマンガ修行のため、もう4コマは描きません。」「またいつか、どこかの雑誌で見かけたら…」という手紙を送っている。彼の福原君時代の漫画をきっかけに漫画家を志し、現在漫画家を生業としている者は多い。 「古事記王子」時代 1999年頃より、古事記王子の名前で初の成人向け漫画の処女作「カシミヤ」(晋遊舎)を出版。 (Wikipedia:古事記王子)


古事記 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す