[PR]

日別キーワード

第1位  十日戎 - 2018年01月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



十日戎
『えびす』より : えびす講(えびすこう)は、おもに10月20日ないし11月20日に催される祭礼または民間行事。秋の季語。大鳥大社など日本各地の鷲神社で行われる酉の市は由来が異なり全く関係がない。 神無月(旧暦10月)に出雲に赴かない「留守神」とされたえびす神(夷、戎、胡、蛭子、恵比須、恵比寿、恵美須)ないしかまど神を祀り、1年の無事を感謝し、五穀豊穣、大漁、あるいは商売繁盛を祈願する。地方や社寺によっては、旧暦の10月20日であったり、秋と春(1月20日)の2回開催したり、十日えびすとして1月10日や1月15日とその前後などに行うこともある。えびす祭やえべっさんとも言われる。えびすを主祭神とするえびす神社のみならず、摂末社として祀っている社寺でもおこなわれる。 講のひとつであり、漁師や商人が集団で祭祀をおこなう信仰結社的な意味合いもあるが、えびす講は各家庭内での祭祀の意味も持つ。東日本では家庭内祭祀の意味合いが強く、また東日本では商業漁業の神としてのみならず、農業神として崇める傾向が西日本よりも顕著である。 (Wikipedia:十日戎)


十日戎 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  Android - 2018年01月13日




Android
Android(アンドロイド)は、Googleによってスマートフォンやタブレットなどの携帯情報端末を主なターゲットとして開発されたプラットフォームである。カスタマイズ版Linuxカーネル、ライブラリやフレームワークその他のミドルウェア、ART仮想マシン、主要なアプリケーションからなるソフトウェアスタック(集合)パッケージで構成されている。2015年現在、スマートフォン用のOSとしては、世界シェア1位である。 2003年にアンディ・ルービン、リッチ ・マイナー、ニック・シアーズ、クリス・ホワイトがアメリカカリフォルニア州パロアルトに携帯電話向けソフトウェアプラットフォームを開発するAndroid社を設立した。2005年にGoogleがAndroid社を買収し、一時はGoogleが「gPhone」という独自の携帯電話端末の開発を進めているという憶測が流れた。 2007年11月5日 携帯電話用ソフトウェアのプラットフォームであるAndroidを、Google、米クアルコム、独通信キャリアのT-モバイル (T-Mobile International) などが中心となり設立した規格団体 「Open Handset Alliance」(オープン・ハンドセット・アライアンス、OHA)が発表した。 (Wikipedia:Android)

Androidのバージョン履歴
この項目ではGoogleが開発した、スマートフォンやタブレットコンピュータに代表されるモバイル機器向けのオペレーティングシステムであるAndroidのバージョン履歴について扱う。 一部の例外を除き、Android Developers[1]やGoogleから発表されている標準のAndroidについて記述する。サードパーティ(メーカーまたはキャリア)が独自に追加・改変した機能は含まない。 歴代のコードネームのうち、1.5 Cupcakeからは頭文字がバージョンの発表順にCからのアルファベット順で始まる菓子の名前が付けられており、それぞれにマスコットのロボット(正式名称なし)がコードネームの菓子に扮している。 正式リリース前のバージョン(2007年から2008年) Android ベータ版 Androidのベータ版は、2007年11月5日よりリリースした。また同年11月12日より、ソフトウェア開発キット (SDK) をリリースした。11月5日はAndroidの誕生日として祝われた。 2007年11月16日:M3-rc22a 2007年12月14日:M3-rc37a 2008年2月13日:M5-RC14 2008年3月3日:M5-RC15 2008年8月18日:0.9 2008年9月23日:1.0-R1 Android 1.0 Androidの最初のバージョンは2008年9月23日に公開された。 (Wikipedia:Androidのバージョン履歴)

Android One
Android One(アンドロイド ワン)は、Googleが選定したハードウェアメーカーとの協力の上で発売している、Android搭載端末のOEMブランドである。ハイエンドモデルのGoogle Nexusと異なり、主に開発途上国市場での流通を目的とした、ミドルからローエンドの低価格帯スマートフォンである。 Android Oneはインドやフィリピン、インドネシアなどの開発途上国市場に提供される。これらの国では裕福層が少なく、高価な端末を購入できる人が少ない。逆に安い端末となると性能が低すぎる上にアップデートが提供されない問題が起きている。Googleはこれらの問題を解消するために、Android Oneを市場に展開した。 Android Oneの製造メーカーは、MicromaxやKarbonn、Spiceなど中東やアジアを中心とし、Nexusと同様に様々である。パートナー企業は前述の3つの加えて、エイサー、Alcatel Onetouch、ASUS、HTC、Intex、Lava、レノボ、パナソニック、Xolo、クアルコムも参加している。 (Wikipedia:Android One)


Android - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ゆるキャン△ - 2018年01月13日


関連するイメージは見つかりませんでした




ゆるキャン△ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  スター・ウォーズ - 2018年01月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



スター・ウォーズ
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(スター・ウォーズ エピソードフォー/あたらなるきぼう、原題:STAR WARS EPISODE IV A NEW HOPE)は、1977年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第1作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第1章『エピソード4』に当たる。 公開当初、タイトルは主題の『スター・ウォーズ』のみで、副題の『エピソード4/新たなる希望』は付いていなかった。だが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから、現在のタイトルに変更された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 当初のタイトルは『スター・ウォーズ』のみだった。「新たなる希望」という副題は1976年の脚本の最終稿に見えていたが、公式に付けられたのは1980年の『帝国の逆襲』公開前のリバイバル上映からで、オープニング・クロールに加えられるようになったのはVHS版からであった。 (Wikipedia:スター・ウォーズ)

スター・ウォーズ クローン大戦
『クローン大戦』より : 『スター・ウォーズ クローン大戦』(スター・ウォーズ クローンたいせん、原題:STAR WARS: CLONE WARS )は、米国カートゥーンネットワークスタジオとルーカスフィルムが製作したアメリカの2Dテレビアニメ。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ(外伝)作品で、実写映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』と『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の間の出来事を描く。第56回及び第57回エミー賞アニメーション番組部門受賞。 『エピソード3/シスの復讐』の公開時期に併せて、本シリーズの製作総指揮を務めるジョージ・ルーカスの指揮下で、彼によるストーリー原案を元に脚本が書き上げられたこともあり、スピンオフ(外伝)作品ながらも『エピソード3/シスの復讐』本編に繋がる多くの伏線を描いた重要なエピソードがクローン大戦を中心に描かれる。 (Wikipedia:スター・ウォーズ クローン大戦)

スター・ウォーズのスピンオフ一覧
スター・ウォーズのスピンオフ一覧(スター・ウォーズのスピンオフいちらん)は、『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ(外伝)作品として展開される映画、アニメ、小説、コミック、ゲーム等をまとめたものである。 『スター・ウォーズ』シリーズの時代は、大きく分けると「古代共和国」⇒「旧共和国」⇒「帝国」⇒「新共和国」⇒「ニュー・ジェダイ・オーダー」の5つの時代に分けられる。それぞれに象徴的なロゴが存在する。 分類 映画やアニメなどの映像作品以外でも、小説、コミック、ゲームなどの多種多様な媒介を通じて、『スター・ウォーズ』シリーズの数多くのスピンオフ(外伝)作品が発表されてきた。 スピンオフ作品群には、映画で描かれなかった空白期間を補完する、主要実写映画シリーズとの整合性の下で制作された作品も数多くあるものの、『スター・ウォーズ』シリーズの製作総指揮であったジョージ・ルーカス自身、他の作家によるスピンオフ作品の制作に寛容であったこともあり、中には主要実写映画シリーズ、及びスピンオフ作品間でも整合性が取られていない独創性の高い作品も多かった。 (Wikipedia:スター・ウォーズのスピンオフ一覧)

スター・ウォーズ バトルフロント
Dev パンデミックスタジオルーカスアーツ
Pub エレクトロニック・アーツ
Date 【北米】2004年9月21日【日本】2004年10月7日2005年10月13日(BEST版)
Genre アクション・シューティング
Play 1-2人(ネットワーク時最大16人)
Plat PS2、Xbox、Win
Media DVD-ROM
Rating コンピュータエンターテインメントレーティング機構 CERO: 12歳以上対象
Device BBユニット対応、USBヘッドセット対応
『スター・ウォーズ バトルフロント』 (STAR WARS BATTLEFRONT)は北アメリカで制作されたコンピューターゲーム。「バトルフロント」つまり最前線で敵に立ち向かう勇敢な兵士たちをリアルに再現するという崇高な理念のもとで開発された。翻訳され日本でも販売されている。開発はパンデミックスタジオとルーカスアーツ、販売はエレクトロニック・アーツ。映画スター・ウォーズシリーズを題材にした3人称視点のアクション・シューティング(TPS/FPS、デフォルトは3人称視点だが、ゲーム・オプションで1人称視点への切り替えも可能)。
(Wikipedia:スター・ウォーズ バトルフロント)

スター・ウォーズ バトルフロントII
Title スター・ウォーズ バトルフロントII
Dev ルーカスアーツ
Pub エレクトロニック・アーツ
Genre アクション・シューティング
Play PS21~2人(ネットワーク時最大24人)PSP1~4人(アドホック)
Plat プレイステーション2 PS2、プレイステーション・ポータブル PSP
Media PS2DVD-ROMPSPUMD
Rating コンピュータエンターテインメントレーティング機構 CERO: 12歳以上対象ESRB: Teen (T)PEGI: 12+
Device PS2版ネットワークアダプタまたはBBユニット対応、USBヘッドセット対応
『スター・ウォーズ バトルフロントII』 (”STAR WARS BATTLEFRONT II”)はアメリカで制作されたコンピューターゲームで日本でも販売されている。開発はルーカスアーツ、販売はエレクトロニック・アーツ。スター・ウォーズを題材にした3人称視点のアクション・シューティング(TPS)。スター・ウォーズ バトルフロントの続編。
(Wikipedia:スター・ウォーズ バトルフロントII)

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(スター・ウォーズ エピソードフォー/あたらなるきぼう、原題:STAR WARS EPISODE IV A NEW HOPE)は、1977年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第1作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第1章『エピソード4』に当たる。 公開当初、タイトルは主題の『スター・ウォーズ』のみで、副題の『エピソード4/新たなる希望』は付いていなかった。だが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから、現在のタイトルに変更された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 当初のタイトルは『スター・ウォーズ』のみだった。「新たなる希望」という副題は1976年の脚本の最終稿に見えていたが、公式に付けられたのは1980年の『帝国の逆襲』公開前のリバイバル上映からで、オープニング・クロールに加えられるようになったのはVHS版からであった。 (Wikipedia:スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望)

スター・ウォーズ/新たなる希望
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』より : 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(スター・ウォーズ エピソードフォー/あたらなるきぼう、原題:STAR WARS EPISODE IV A NEW HOPE)は、1977年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第1作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第1章『エピソード4』に当たる。 公開当初、タイトルは主題の『スター・ウォーズ』のみで、副題の『エピソード4/新たなる希望』は付いていなかった。だが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから、現在のタイトルに変更された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 当初のタイトルは『スター・ウォーズ』のみだった。「新たなる希望」という副題は1976年の脚本の最終稿に見えていたが、公式に付けられたのは1980年の『帝国の逆襲』公開前のリバイバル上映からで、オープニング・クロールに加えられるようになったのはVHS版からであった。 (Wikipedia:スター・ウォーズ/新たなる希望)

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(スター・ウォーズ エピソードシックス/ジェダイのきかん、原題:STAR WARS EPISODE VI RETURN OF THE JEDI)は、1983年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第3作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の最終章『エピソード6』に当たる。 公開当初、日本では副題が『ジェダイの復讐』(ジェダイのふくしゅう)で、1997年の《特別篇》公開時にもそれが踏襲されていたが、2004年のDVD版の発売に合わせて原題の正しい訳である『ジェダイの帰還』に訂正された。また『エピソード6』もタイトルに付いていなかったが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから副題として追加された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 (Wikipedia:スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還)

スター・ウォーズ/ジェダイの帰還
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』より : 『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(スター・ウォーズ エピソードシックス/ジェダイのきかん、原題:STAR WARS EPISODE VI RETURN OF THE JEDI)は、1983年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第3作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の最終章『エピソード6』に当たる。 公開当初、日本では副題が『ジェダイの復讐』(ジェダイのふくしゅう)で、1997年の《特別篇》公開時にもそれが踏襲されていたが、2004年のDVD版の発売に合わせて原題の正しい訳である『ジェダイの帰還』に訂正された。また『エピソード6』もタイトルに付いていなかったが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから副題として追加された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 (Wikipedia:スター・ウォーズ/ジェダイの帰還)

スター・ウォーズ ジェダイの復讐
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』より : 『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(スター・ウォーズ エピソードシックス/ジェダイのきかん、原題:STAR WARS EPISODE VI RETURN OF THE JEDI)は、1983年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第3作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の最終章『エピソード6』に当たる。 公開当初、日本では副題が『ジェダイの復讐』(ジェダイのふくしゅう)で、1997年の《特別篇》公開時にもそれが踏襲されていたが、2004年のDVD版の発売に合わせて原題の正しい訳である『ジェダイの帰還』に訂正された。また『エピソード6』もタイトルに付いていなかったが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから副題として追加された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 (Wikipedia:スター・ウォーズ ジェダイの復讐)

スター・ウォーズ/ジェダイの復讐
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』より : 『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(スター・ウォーズ エピソードシックス/ジェダイのきかん、原題:STAR WARS EPISODE VI RETURN OF THE JEDI)は、1983年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第3作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の最終章『エピソード6』に当たる。 公開当初、日本では副題が『ジェダイの復讐』(ジェダイのふくしゅう)で、1997年の《特別篇》公開時にもそれが踏襲されていたが、2004年のDVD版の発売に合わせて原題の正しい訳である『ジェダイの帰還』に訂正された。また『エピソード6』もタイトルに付いていなかったが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから副題として追加された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 (Wikipedia:スター・ウォーズ/ジェダイの復讐)

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(スター・ウォーズ エピソードスリー/シスのふくしゅう、原題:STAR WARS EPISODE III: REVENGE OF THE SITH)は、2005年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第6作品目。シリーズ主要9部作の中では、アナキン・スカイウォーカーを主人公とする3部作の最終章『エピソード3』に当たる。 アナキンがダークサイドに堕ちてしまう悲劇を描き、ダース・ベイダーと銀河帝国の誕生が主要なテーマとなっている。またアナキン三部作(『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』、『本作』)とルーク・スカイウォーカー三部作(『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』)を繋ぐ重要な物語でもある。 (Wikipedia:スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐)

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(スター・ウォーズ エピソードファイブ/ていこくのぎゃくしゅう、原題:STAR WARS EPISODE V:THE EMPIRE STRIKES BACK)は、1980年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズの、主要実写映画第2作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第2章『エピソード5』に当たる。 公開当初、タイトルは『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』で、『エピソード5』は付いていなかった。だが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから、現在のタイトルに変更された。1997年には最新CG技術などを使ってシーンの差し替えなどが施された『スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇』が公開された。2012年現在発売されているDVDでは、さらに変更が加えられている。 1980年公開時の世界共通ポスターのイラストは、日本人の生頼範義が担当した。 ストーリー 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。 (Wikipedia:スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲)

スター・ウォーズ 帝国の逆襲
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』より : 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(スター・ウォーズ エピソードファイブ/ていこくのぎゃくしゅう、原題:STAR WARS EPISODE V:THE EMPIRE STRIKES BACK)は、1980年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズの、主要実写映画第2作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第2章『エピソード5』に当たる。 公開当初、タイトルは『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』で、『エピソード5』は付いていなかった。だが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから、現在のタイトルに変更された。1997年には最新CG技術などを使ってシーンの差し替えなどが施された『スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇』が公開された。2012年現在発売されているDVDでは、さらに変更が加えられている。 1980年公開時の世界共通ポスターのイラストは、日本人の生頼範義が担当した。 ストーリー 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。 (Wikipedia:スター・ウォーズ 帝国の逆襲)

スター・ウォーズ/帝国の逆襲
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』より : 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(スター・ウォーズ エピソードファイブ/ていこくのぎゃくしゅう、原題:STAR WARS EPISODE V:THE EMPIRE STRIKES BACK)は、1980年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズの、主要実写映画第2作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第2章『エピソード5』に当たる。 公開当初、タイトルは『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』で、『エピソード5』は付いていなかった。だが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから、現在のタイトルに変更された。1997年には最新CG技術などを使ってシーンの差し替えなどが施された『スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇』が公開された。2012年現在発売されているDVDでは、さらに変更が加えられている。 1980年公開時の世界共通ポスターのイラストは、日本人の生頼範義が担当した。 ストーリー 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。 (Wikipedia:スター・ウォーズ/帝国の逆襲)

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(スター・ウォーズ エピソードワン/ファントム・メナス、原題:STAR WARS EPISODE I: THE PHANTOM MENACE)は、1999年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第4作品目。シリーズ主要9部作の中では、アナキン・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第1章『エピソード1』に当たる。 副題の『ファントム・メナス』は日本語に訳すると「見えざる脅威」を意味し、歴史の裏で暗躍するシスの暗黒卿ダース・シディアスのことを指している。 2012年にはデジタル3D版が公開された。 前作『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』から16年振りに製作された。 本シリーズの劇中の時系列では第1章であり、ルーク・スカイウォーカー3部作(『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』、『エピソード6/ジェダイの帰還』)で主要な敵役となるダース・ベイダーことアナキン・スカイウォーカーの少年時代を中心に描いた内容となっている。 (Wikipedia:スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス)

スター・ウォーズ惑星一覧
スター・ウォーズ惑星一覧(スター・ウォーズわくせいいちらん)は、映画『スター・ウォーズ・シリーズ』に登場する架空の惑星及び衛星の一覧である。 作品中、舞台になった天体 映画の舞台になった天体 ナブー(『ファントム・メナス』『クローンの攻撃』『シスの復讐』『ジェダイの帰還(復讐)』) タトゥイーン(『ファントム・メナス』『クローンの攻撃』『シスの復讐』『新たなる希望』『ジェダイの帰還(復讐)』『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』、小説『タトゥイーン・ゴースト』) デス・スター(宇宙ステーション・宇宙要塞) (『シスの復讐』『新たなる希望』) 第2デス・スター(宇宙ステーション・宇宙要塞)(『ジェダイの帰還(復讐)』) コルサント(Coruscant)(『ファントム・メナス』『クローンの攻撃』『シスの復讐』『ジェダイの帰還(復讐)』『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』、小説『偽りの仮面』『闇の狩人』『陥落』『魔都潜入』『反逆者』) スター・ウォーズ世界の銀河系のほぼ中心に位置し、1000世代にわたって銀河の政治的中枢として栄えており、少なくともヤヴィンの戦いの10万年前には都市が築かれていたことが確認されている。 (Wikipedia:スター・ウォーズ惑星一覧)

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(スター・ウォーズ エピソードツー/クローンのこうげき、原題:STAR WARS EPISODE II: ATTACK OF THE CLONES)は、2002年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第5作品目。シリーズ主要9部作の中では、アナキン・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第2章『エピソード2』に当たる。 アナキンの苦悩や、パドメ・アミダラとの禁じられた恋愛、そして『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』でオビ=ワン・ケノービとルーク・スカイウォーカーの会話に登場した「クローン大戦」の開戦の発端が主要なテーマとなっている。 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』と同じく、3部作の中間ということで、物語は途中のまま終了する。 この作品からヨーダも完全CGIで表現されるようになった。また長編映画では初めて、全編HD24Pによるデジタル撮影が行われた。このため、生身の人間が出演するシーンは全て、グリーンバック合成が行われた。 (Wikipedia:スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃)

スター・ウォーズ・キッド
スター・ウォーズ・キッド(Star Wars kid/Ghyslain Raza)は1988年生まれカナダ出身のある少年に付いたあだ名。2003年5月、少年の自分自身を録画したビデオクリップは予期せずオンラインに流出し、インターネット上の様々なコミュニティで「スター・ウォーズ・キッド」ないし「ジェダイ・キッド」として知られるようになった。この件で少年は不登校となったネットいじめの初期ケースである。少年に関するビデオはネット上で通算10億回以上再生されたという。 出来事 2002年11月4日、ゴルフボールの回収に用いる棒をあたかも映画『スター・ウォーズ』のキャラクターであるダース・モールのように振り回す自身の姿を、少年はビデオに撮影・録画した。彼にしてみれば、極めて私的な(おそらく、誰も気にしないだろうと考えての)悪戯だったのである。 ビデオは少年の通う高等学校の撮影室にて録画され、テープは数ヶ月間忘れ去られていた。2003年4月19日前後に、ビデオテープの元の持ち主が少年の録画した行為を発見し、数人の友人にそのことを話した。 (Wikipedia:スター・ウォーズ・キッド)

スター・ウォーズ計画
『戦略防衛構想』より : 戦略防衛構想(せんりゃくぼうえいこうそう、英語: Strategic Defense Initiative, SDI)とは、アメリカ合衆国がかつて構想した軍事計画。通称スターウォーズ計画。 衛星軌道上にミサイル衛星やレーザー衛星、早期警戒衛星などを配備、それらと地上の迎撃システムが連携して敵国の大陸間弾道弾を各飛翔段階で迎撃、撃墜し、アメリカ合衆国本土への被害を最小限に留めることを目的にした。通称は、これらの兵器を用いる事がスペースオペラ張りであるとして、映画『スター・ウォーズ』に擬えられたもの。 経緯 1980年代、核の均衡は相互確証破壊(MAD)に基づいていたが、アメリカ合衆国大統領ロナルド・レーガンはこれをよしとしなかった。レーガンは、1983年3月23日夜の演説で、ソ連の脅威を強調すると共に、「アメリカや同盟国に届く前にミサイルを迎撃」し、「核兵器を時代遅れにする」手段の開発を呼びかけ、翌3月24日に開発を命じた。 (Wikipedia:スター・ウォーズ計画)


スター・ウォーズ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  ハロー!プロジェクト - 2018年01月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



ハロー!プロジェクト
『ハロー!プロジェクト』より : ハロー!プロジェクト(Hello! Project)は、アップフロントプロモーション(旧:アップフロントエージェンシー)をはじめとするアップフロントグループ系列の芸能事務所に所属している女性アイドルグループ・女性アイドルタレントの総称、またはメンバーのファンクラブの名称。略称はハロプロ(英語圏では"H!P"と略される)。、2014年までは主につんく♂が総合プロデュースを手掛けていた。 定義 ハロー!プロジェクトは「つんくファミリー」とも呼ばれることがあったが、メンバーが明確に定まっているため、同義語ではない。 所属事務所 ハロー!プロジェクトのメンバーおよびユニットは「アップフロントグループ」系列の芸能事務所に所属している。現在は光井愛佳がジェイピィールームに所属しているのを除き、他のメンバーはアップフロントプロモーション(旧:アップフロントエージェンシー)所属である。 レーベルについて ハロー!プロジェクトでは、リリースするCDやDVDなどは「ゼティマ(zetima)」、「ハチャマ(hachama)」、「ピッコロタウン(PICCOLO TOWN)」、「地中海レーベル」、「ライスミュージック(Rice Music)」といった複数のレーベルを使い分けている。 (Wikipedia:ハロー!プロジェクト)


ハロー!プロジェクト - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す