[PR]

日別キーワード

第12位  ジェンティルドンナ - 2018年01月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



ジェンティルドンナ
ジェンティルドンナ(伊:Gentildonna)は日本の競走馬である。馬名はイタリア語で「貴婦人」の意味から。主な勝ち鞍は2012年の牝馬三冠(史上4頭目)、2012年・2013年のジャパンカップ連覇(史上初)、2014年のドバイシーマクラシック、有馬記念。 2歳(2011年) 京都競馬場の芝1600mの新馬戦でミルコ・デムーロ鞍上でデビューし、1番人気に支持されたが前を捉えきれず2着に敗れる。 2戦目の阪神競馬場の芝1600mの未勝利戦でイオリッツ・メンディザバル鞍上で後続に3馬身半差をつけ初勝利を挙げた。 3歳(2012年) シンザン記念ではクリストフ・ルメールを鞍上に出走し、トウケイヘイローに次ぐ2番人気に支持された。道中でかかる場面があったが直線で抜け出すと後続の追撃を封じ2着馬に1馬身1/4差をつけ優勝、牝馬ながら牡馬相手に重賞初制覇を達成した。シンザン記念での牝馬の優勝はフサイチエアデール以来13年ぶりであった。 次走のチューリップ賞から岩田康誠が主戦騎乗を担当。 (Wikipedia:ジェンティルドンナ)


ジェンティルドンナ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ジェンティルドンナ - アマゾン検索


「ジェンティルドンナ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す