[PR]

日別キーワード

第14位  ダンケルク - 2018年01月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



ダンケルク
ダンケルク(英語: Dunkirk, フランス語: Dunkerque, オランダ語: Duinkerke, ドイツ語: Dünkirchen, 西フラマン語: Duinekerke)は、フランス共和国ノール=パ・ド・カレー地域圏ノール県(首府、リール)の市。 フランス本土最北端、ベルギー国境から10キロの地点に位置し、ル・アーヴルとマルセイユに次ぐフランス第3の港湾都市である。面積37,34平方キロ、市の人口は71,300人(2004年推定)であるが、ダンケルク都市圏の人口は265,974人(1999年国勢調査)に達する。ダンケルクという名は、現地の方言(ダンケルク語=西フラマン語)で「砂丘の教会」(Dun+kerke{que}, Dunは英語のDune、kerqueは英語のchurchにあたる)を意味する。 ダンケルクは中世にはフランドル伯領であったが、1520年にスペイン王兼神聖ローマ皇帝カール5世がフランドル伯を継承したため、その後スペインの統治下に置かれた。 (Wikipedia:ダンケルク)

ダンケルク級戦艦
ダンケルク級戦艦(ダンケルクきゅうせんかん、Dunkerque class battleship)は、フランス海軍の超弩級戦艦の艦級でワシントン海軍軍縮条約における代艦建造規定に基づき建造された。 コンセプト 本級は、攻撃力・防御力・機動力を高い次元でバランスを取った高速戦艦である。内外にはナチス・ドイツの装甲艦(後に重巡洋艦に類別)「ドイッチュラント級」に対抗するためと喧伝されたが、実際には次期主力戦艦への実験艦的意味合いも含まれていたため、旧来の技術に囚われない以下の自由な設計が投入された。 主砲・副砲への四連装砲塔の採用による軽量化。 機関のシフト配置による生存性向上、対空電探の採用。 対空・対艦両用砲の採用。 水線下装甲区画への浮力材の充填による対水雷防御等。これらの工夫により、「装甲区画の短縮による軽量化」により浮いた重量を防御装甲の充実と搭載燃料の増加に成功している。装甲範囲は全長の60%に及び、船体重量の40%を装甲重量に充てられた。表向きは「ポケット戦艦追撃・捜索のため」の長大な航続能力と充分な防御力が必要とされたが、実際は通商破壊任務の性格も含まれた。 (Wikipedia:ダンケルク級戦艦)

ダンケルク級
『ダンケルク級戦艦』より : ダンケルク級戦艦(ダンケルクきゅうせんかん、Dunkerque class battleship)は、フランス海軍の超弩級戦艦の艦級でワシントン海軍軍縮条約における代艦建造規定に基づき建造された。 コンセプト 本級は、攻撃力・防御力・機動力を高い次元でバランスを取った高速戦艦である。内外にはナチス・ドイツの装甲艦(後に重巡洋艦に類別)「ドイッチュラント級」に対抗するためと喧伝されたが、実際には次期主力戦艦への実験艦的意味合いも含まれていたため、旧来の技術に囚われない以下の自由な設計が投入された。 主砲・副砲への四連装砲塔の採用による軽量化。 機関のシフト配置による生存性向上、対空電探の採用。 対空・対艦両用砲の採用。 水線下装甲区画への浮力材の充填による対水雷防御等。これらの工夫により、「装甲区画の短縮による軽量化」により浮いた重量を防御装甲の充実と搭載燃料の増加に成功している。装甲範囲は全長の60%に及び、船体重量の40%を装甲重量に充てられた。表向きは「ポケット戦艦追撃・捜索のため」の長大な航続能力と充分な防御力が必要とされたが、実際は通商破壊任務の性格も含まれた。 (Wikipedia:ダンケルク級)

ダンケルク (戦艦)
『ダンケルク級戦艦』より : ダンケルク (Dunkerque) は、フランス海軍の戦艦。ダンケルク級戦艦の1番艦。艦名は同国の港湾都市ダンケルクに因む。フランス海軍初の「高速戦艦」であった。 艦歴 ダンケルクは1932年12月24日にブレスト海軍工廠で起工し、1935年10月2日に進水、1937年5月1日に就役した。同時代の戦艦と比べ、主砲2基と副砲の一部を四連装砲塔に収めたことで軽量化に成功し、その浮いた重量分を装甲の強化に当て、かつ主砲塔2基を艦前部に集中配置としたことでヴァイタル・パートも短縮化できたため功・防・走のバランスの取れた艦となった。ダンケルクはドイツのポケット戦艦に対抗する目的で建造され、全ての点でポケット戦艦ドイッチュラントを凌駕する優れた艦であった。 設計は四連装主砲塔2基を艦前方に配置するなどその前に竣工したイギリス海軍のネルソン級と同じく非常に革新的な主砲配置を採用していた。本級のモデルとなったネルソン級は三連装砲塔3基を艦首側甲板に集中的に配置していたが、3番目の砲塔は2番砲塔と塔型艦橋に阻まれ、その射界が限られたものであった。 (Wikipedia:ダンケルク (戦艦))

ダンケルクの戦い
ダンケルクの戦い(仏: Bataille de Dunkerque, 英: Battle of Dunkirk)は、第二次世界大戦の西部戦線における戦闘の一つで、ドイツ軍のフランス侵攻の1940年5月24日から6月4日の間に起こった戦闘である。輸送船の他に小型艇、駆逐艦、民間船などすべてを動員した史上最大の撤退作戦。 背景 1939年9月1日にポーランドへ侵攻して勝利したドイツ軍は、1940年5月10日にオランダ・ベルギー・ルクセンブルクに侵攻、5月17日以降に北フランスを席捲した(ナチス・ドイツのフランス侵攻)。 ドイツ軍は戦車・航空機といった新しい兵器を中心とした電撃戦を展開、その火力・機動力を集中して運用する新しいスタイルの戦法によって連合軍主力の後方を突破すると、ドーバー海峡まで駆け抜けてこれらを包囲し、ダンケルクへ追い詰めた。 経過 イギリスの首相ウィンストン・チャーチルは、イギリス海外派遣軍とフランス軍、あわせて約35万人をダンケルクから救出するよう命じ、イギリス国内から軍艦の他に民間の漁船やヨット、はしけを含む、あらゆる船舶を総動員した撤退作戦(作戦名:ダイナモ作戦)が発動された。 (Wikipedia:ダンケルクの戦い)


ダンケルク - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ダンケルク - アマゾン検索


「ダンケルク」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す