[PR]

日別キーワード

第17位  バンコク - 2018年01月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



バンコク
バンコク(Th-Bangkok.ogg บางกอก, 英: Bangkok)は、タイ王国の首都である。人口8,249,117人(2010年)、面積1568.737km²。都市圏人口は14,565,520人にものぼり、東南アジア屈指の世界都市である。 バンコクの儀式的正式名称は長く、下記のとおりである。 กรุงเทพมหานคร อมรรัตนโกสินทร์ มหินทรายุธยา มหาดิลกภพ นพรัตน์ราชธานีบุรีรมย์ อุดมราชนิเวศน์มหาสถาน อมรพิมานอวตารสถิต สักกะทัตติยวิษณุกรรมประสิทธิ์ クルンテープマハナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラアユッタヤー・マハーディロッカポップ・ノッパラッタラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーンアワターンサティット・サッカタットティヤウィサヌカムプラスィット Krung­thep­maha­nakhon­ Amon­rattana­kosin­ Mahinthar­ayutthay­a Maha­dilok­phop Noppha­ratratchathani­burirom­ Udom­ratchaniwet­mahasat­han­ Amon­phiman­awatan­sathit Sakkathatiya­witsanukamprasit Th-Bangkok ceremonial name.ogg (音声)あまりにも長いため、タイ国民は最初の部分をとり『クルンテープ』と呼んでいる。 (Wikipedia:バンコク)

バンコク朝
『チャクリー王朝』より : チャクリー王朝(チャクリーおうちょう)は、1782年(タイ仏暦2325年)、乱心をきたしたタークシン王を処刑したラーマ1世によって起こされたタイの現王朝。首都がバンコクにあるためバンコク王朝、あるいは、王宮が運河とチャオプラヤー川に囲まれたラッタナーコーシン島にあることからラッタナーコーシン王朝(ラタナコーシン王朝とも表記される)という別名がある。現在まで続く王朝で、現在のラーマ9世を含めて、9代の歴王が名を連ねる。チャクリーとは、ラーマ1世の改名前の名前である。 トンブリー王朝がアユタヤー王朝を占領したビルマに取って代わりタイを掌握すると各地に軍閥のような勢力が力を付けてきた。ソムデットチャオプラヤー・マハーカサットスック(後のラーマ1世)もそのような中の一人であった。トンブリー王・タークシンはその圧倒的なカリスマ性と軍事力で何とかタイ全国を維持していた。しかし、タークシン王は晩年、精神に異常をきたして、そのカリスマ性にかげりが見え始める。その中で、官吏のプラヤー・サンがタークシン王を寺に幽閉し、自分が摂政に就いた。 (Wikipedia:バンコク朝)

バンコク・メトロ
バンコク・メトロは、タイの首都バンコク首都圏を走る地下鉄による高速鉄道網である。正式名称はMRT (Mass Rapid Transit)。バンコク・メトロ社(バンコク・メトロしゃ、Bangkok Metro Company Limited)が運営している。 MRTはバンコク首都圏において増加する輸送需要への対応及び慢性的な交通渋滞の緩和を図り、タイの経済発展と温室効果ガスの排出削減を通じて、都市環境の改善に寄与する目的で建設された。 国営のタイ高速度交通公社(MRTA)が路線の建設や施設の保有を行い、民間会社のバンコク・メトロ社が運営を行う上下分離方式を採用している。 建設 建設は困難を極めた。バンコクは過去に何メートルにも及ぶ洪水を経験したこと、地下に配水管や電話線が無造作に埋まっていること、さらに、スカイトレインがあり開発には否定的な意見が多かったが、そのような中で1997年に建設が開始された。 (Wikipedia:バンコク・メトロ)

バンコク国際空港
ドンムアン空港(ドンムアンくうこう、タイ語: ท่าอากาศยานดอนเมือง、英語: Don Mueang International Airport)は、タイ王国・バンコク中心部から北方に約20km、ドンムアン区にある国際空港である。 開港 ドンムアン空港は1914年にもともとバンコク東部にあった空軍飛行場サラパトゥム飛行場(現ロイアル・バンコク・スポーツクラブ競馬場)が移設され、空軍飛行場として開港した。また、当時飛行場近くにあったワット・ドーンイーイアオという寺院がワット・ドーンムアンに改称され、近隣一帯がドーンムアンと呼ばれるようになったことから、通称、ドーンムアン飛行場 (สนามบินดอนเมือง) と呼ばれるようになり、日本語でもドンムアン空港と呼ばれるのが通例となった。 (Wikipedia:バンコク国際空港)

バンコク空港
『バンコク国際空港』より : ドンムアン空港(ドンムアンくうこう、タイ語: ท่าอากาศยานดอนเมือง、英語: Don Mueang International Airport)は、タイ王国・バンコク中心部から北方に約20km、ドンムアン区にある国際空港である。 開港 ドンムアン空港は1914年にもともとバンコク東部にあった空軍飛行場サラパトゥム飛行場(現ロイアル・バンコク・スポーツクラブ競馬場)が移設され、空軍飛行場として開港した。また、当時飛行場近くにあったワット・ドーンイーイアオという寺院がワット・ドーンムアンに改称され、近隣一帯がドーンムアンと呼ばれるようになったことから、通称、ドーンムアン飛行場 (สนามบินดอนเมือง) と呼ばれるようになり、日本語でもドンムアン空港と呼ばれるのが通例となった。 (Wikipedia:バンコク空港)

バンコク・スカイトレイン
バンコク・スカイトレイン(タイ語:รถไฟฟ้าเฉลิมพระเกียรติ 6 รอบพระชนมพรรษา、英語:Bangkok Skytrain)はタイの首都・バンコクの高架鉄道システムのことである。 正式名称を和訳すると「国王陛下ご生誕6周支(72歳)記念高架鉄道」といったものになるが、一般にタイではロットファイファー (รถไฟฟ้า) (ロット (รถ) =車、ファイファー (ไฟฟ้า) =電気)とよばれる。 また運営会社の「Bangkok Mass Transit System Public Company Limited.(バンコク大衆輸送システム社)」の頭文字を取ってBTS(บี.ที.เอส)ともよばれる。 親会社の名前をとってタナヨン電車とも呼ばれることもあった。 モノレールではなく通常軌道の鉄道である。なお、タイ国有鉄道の路線と違い、軌間は標準軌 (1,435mm) である。電化方式は、直流750Vによる第三軌条集電方式である。 地下鉄とは異なり、乗車時におけるセキュリティ・チェックは行われていない。 (Wikipedia:バンコク・スカイトレイン)

バンコク語
バンコク語(バンコクご、ภาษากรุงเทพ)はタイ王国のバンコクなどの首都圏で話される。中央タイ語(ภาษากลาง)と混同されるが多少の差異を含む。たとえて言うなら、日本語における、標準語と東京方言の違いである。テレビ(特にニュース)や本では中央タイ語が使われるが、巷の会話ではバンコク語が使われる。ただし、中央語との接点が非常に曖昧なので、タイ人も完全に区別して使用しているわけではない。以下はあくまでテレビで使われている語と、巷で使用されている語との区別であることを断っておく。 中央タイ語との違い 中央タイ語とバンコク語違いには以下のようなものがある。 長母音の短母音化 長母音の短母音化は以下のような場合である。 上記のように、一語の中の各音節に長音が連続したとき、最後の長音節を除き、短母音化する。音節短母音化はタイ語独自の語彙にはみられないが、外来語やサンスクリット語由来の語彙にみられる。 アクセントの変化 これも、アクセントが意味を決定するタイ語独自の語彙にはみられない。 (Wikipedia:バンコク語)

バンコク・エアウェイズ
バンコクエアウェイズ(Bangkok Airways)はバンコクから国内のリゾート地や近隣諸国などを中心に旅客 輸送サービスを提供するタイを本拠地にした航空会社である。 前身はサハコン・グループが1968年に開始したサハコン・エアである。当時は、10席の軽飛行機で首都と南部の間を石油や天然ガスの調査に従事していた多くの団体に対しチャーター便サービスを行っていた。1986年に国内定期旅客便の運航を開始、2004年に会社として「アジアのブティックエアライン:高級なサービス」をキャンペーン展開することを発表、このキャンペーンによりブティックラウンジ、ブティック空港、魅力的な食事、新しい機体、乗客へのフレンドリーかつ高級なサービスを行うなど、すべてのカテゴリーにおいてフルサービスを提供することでFSC(フルサービスキャリア)としてLCCとの差別化を図る方針。 (Wikipedia:バンコク・エアウェイズ)

バンコク航空
『バンコク・エアウェイズ』より : バンコクエアウェイズ(Bangkok Airways)はバンコクから国内のリゾート地や近隣諸国などを中心に旅客 輸送サービスを提供するタイを本拠地にした航空会社である。 前身はサハコン・グループが1968年に開始したサハコン・エアである。当時は、10席の軽飛行機で首都と南部の間を石油や天然ガスの調査に従事していた多くの団体に対しチャーター便サービスを行っていた。1986年に国内定期旅客便の運航を開始、2004年に会社として「アジアのブティックエアライン:高級なサービス」をキャンペーン展開することを発表、このキャンペーンによりブティックラウンジ、ブティック空港、魅力的な食事、新しい機体、乗客へのフレンドリーかつ高級なサービスを行うなど、すべてのカテゴリーにおいてフルサービスを提供することでFSC(フルサービスキャリア)としてLCCとの差別化を図る方針。 (Wikipedia:バンコク航空)

バンコクエアウェイズ
『バンコク・エアウェイズ』より : バンコクエアウェイズ(Bangkok Airways)はバンコクから国内のリゾート地や近隣諸国などを中心に旅客 輸送サービスを提供するタイを本拠地にした航空会社である。 前身はサハコン・グループが1968年に開始したサハコン・エアである。当時は、10席の軽飛行機で首都と南部の間を石油や天然ガスの調査に従事していた多くの団体に対しチャーター便サービスを行っていた。1986年に国内定期旅客便の運航を開始、2004年に会社として「アジアのブティックエアライン:高級なサービス」をキャンペーン展開することを発表、このキャンペーンによりブティックラウンジ、ブティック空港、魅力的な食事、新しい機体、乗客へのフレンドリーかつ高級なサービスを行うなど、すべてのカテゴリーにおいてフルサービスを提供することでFSC(フルサービスキャリア)としてLCCとの差別化を図る方針。 (Wikipedia:バンコクエアウェイズ)

バンコク港
バンコク港は、タイ王国のバンコクにある港。1997年にレームチャバン港に抜かれるまで同国最大の港であり、現在も同国第2位の港である。
公営のバンコク港は、クローントゥーイ港や、PAT、と呼ばれる箇所のみだが、広義ではBMTやSCT等の私営コンテナ・ターミナルを含む。
バンコクを貫くチャオプラヤー川の川岸に開かれた河川港で、シャム湾から川を30km程遡った場所にある。1951年の開港以来、タイの海上輸送の拠点として発展を遂げてきた。
水深が浅いシャム湾に輪をかけて浅いチャオプラヤ川にあるため、近年のコンテナ船の大型化に対応しきれていない、との批判がある。また、チャオプラヤ川が運ぶ土砂が堆積するため、定期的に浚渫する必要がある。他にも、バンコク中心部からの距離が近いため、バンコクの交通渋滞に一役買っているという批判、及び、港湾後背地の拡張に物理的制限もある。タイ政府はこれを解消するために、1991年にレームチャバン港を建設し、大型船の誘致を進めた。その結果、多くの船舶、特に大型コンテナ船がレムチャバン港を利用するようになり、ある程度の成果を収めている。
(Wikipedia:バンコク港)

バンコク大司教区
バンコク大司教区(ローマ・カトリック教会)はタイにある大司教区。1662年に発足したサイアム代牧区が前身になっている。その後、1841年にはサイアム東方代牧区(Vicariate Apostolic of Siam Orientale)、1924年にバンコク代牧区と名を変え、1965年12月18日には大司教区として正式に成立した。 この大司教区は18,831km²の面積を抱え2002年の時点で81,646人のカトリック信者を抱える。大司教区内の1200万人の住民の内、0.7%がカトリック信者である。大司教区内にはアユタヤ県、バンコク、ナコーンパトム県、ノンタブリー県、パトゥムターニー県、サムットプラーカーン県、サムットサーコーン県、スパンブリー県とチャチューンサオ県(バーンパコン川西岸)、ナコーンナーヨック県(バーンナー郡)を管轄する。また下位組織として以下の5つの教区を持つ。 チャンタブリー教区 チエンマイ教区 ナコーンサワン教区 ラーチャブリー教区 スラートターニー教区 司教座聖堂 司教座聖堂はバンコクのアサンプション大聖堂(The Assumption Cathedral、อาสนวิหารอัสสัมชัญ)。 (Wikipedia:バンコク大司教区)

バンコク国立博物館
バンコク国立博物館 (タイ語: พิพิธภัณฑสถานแห่งชาติ พระนคร、英語:Bangkok National Museum) はタイ国立博物館の本館。博物館では主にタイ王国の美術、歴史を中心にした展示がされている。 博物館は1874年、ラーマ5世によって創設され、王の定めた様式によって展示が行われた。現在、新石器時代に遡るタイの歴史を網羅した展示が行われている。収蔵品のなかには2003年にユネスコの『世界の記憶』遺産に登録されたラームカムヘーン大王碑文も存在する。 この博物館の所在地は、昔の副王の宮殿(前宮)である。 所在地 ナープラタート通り, プラボーロマハーラチャワン地区, プラナコーン区, バンコク, 10200 (ถนนหน้าพระธาตุ แขวงพระบรมหาราชวัง เขตพระนคร กรุงเทพมหานคร 10200) 開館 開館時間: 09:00-16:00 閉館日:月、火 ミュージアムツアー タイ語: 1日2回 10:00、13:30 英語、フランス語、日本語: 水 9:30 英語、フランス語、ドイツ語: 木 9:30 脚注 参考文献 Lenzi, Iola (2004). Museums of Southeast Asia. Singapore: Archipelago Press. pp. 200 pages. ISBN 981-4068-96-9. 外部リンク バンコク国立博物館公式ホームページ(英語)座標: 北緯13度45分27秒 東経100度29分32秒 / 北緯13.75750度 東経100.49222度 / 13.75750; 100.49222。 (Wikipedia:バンコク国立博物館)

バンコク条約
東南アジア非核兵器地帯条約(とうなんアジアひかくへいきちたいじょうやく、英語:Southeast Asia Nuclear-Weapon-Free Zone Treaty)は、東南アジアの非核化を定めた非核地帯条約。1995年12月15日に調印され、1997年3月27日に発効した。東南アジア諸国連合 (ASEAN) 諸国10か国を対象に核兵器の保有、開発を禁止している。通称はバンコク条約(Bangkok Treaty)。フィリピンの批准が遅れていたが、2001年6月に同国が批准し、全ての当事国の批准が完了した。核兵器国5か国を対象に別途議定書が用意されているが、2012年8月現在、どの国も署名していない。 主な内容 締約国による核兵器の開発・製造・取得・所有・管理・配置・運搬・実験を禁止 領域内(公海を含む)における放射性物質の投棄、大気中への放出を禁止 自国領域内において他国がこれらの行動(核兵器の運搬を除く)をとることを禁止 議定書(核兵器国はすべて未署名)は以下を規定 核兵器国による域内(締約国の領域、大陸棚及び排他的経済水域)における核兵器の使用および使用の威嚇を禁止 核兵器国が条約を尊重し、条約・議定書の違反行為に寄与しないこと 加盟国 2014年現在、ASEAN 全10か国が加盟している(条約加盟順)。 (Wikipedia:バンコク条約)


バンコク - 関連ブログ

データが取得できませんでした

バンコク - アマゾン検索


「バンコク」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す