[PR]

日別キーワード

第20位  最高裁判所裁判官 - 2018年01月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



最高裁判所裁判官
最高裁判所裁判官(さいこうさいばんしょさいばんかん)とは、最高裁判所の裁判官をいう。その長たる最高裁判所長官1名と最高裁判所判事14名からなる(裁判所法第5条第1項)。 任命 最高裁判所裁判官のうち、最高裁判所長官は内閣の指名に基づき天皇が任命する。最高裁判所判事の任命は内閣が行い、天皇が認証する。いわゆる認証官の一つである。ちなみに最高裁判所裁判官の定員が長官を含めて15名とされているのは、1947年最高裁発足時の内閣の国務大臣の定員が内閣総理大臣を含めて15名以内とされている規定にならったと考えられている。 最高裁判所裁判官は「識見が高く法律の素養がある40歳以上の者から任命される」と定められている(裁判所法第41条)。ただし、50歳以下の者が任命された例はない。1964年1月31日以降は、全員が60歳以上から選ばれている。定年は70歳。 最高裁判所裁判官は、任命後初めて行われる衆議院議員総選挙の際に最高裁判所裁判官国民審査(国民審査)に付される(日本国憲法第79条第2項)。 (Wikipedia:最高裁判所裁判官)

最高裁判所裁判官国民審査
最高裁判所裁判官国民審査(さいこうさいばんしょさいばんかんこくみんしんさ)は、日本において最高裁判所裁判官を罷免するかどうかを国民が審査する制度である。 日本国憲法第79条第2項及び第3項と最高裁判所裁判官国民審査法に基づいている制度である。最高裁判所裁判官は、任命後初めて行われる衆議院議員総選挙の際に国民審査を受け、その後は審査から10年を経過した後に行われる衆議院総選挙の際に再審査を受け、その後も同様とすると定められている(日本国憲法第79条第2項)。 しかし、日本では諸外国と比べて司法に対する国民の関心が低い上、国民審査は必ず衆議院議員総選挙と同時に実施することと定められており、大手の新聞社やテレビ局は衆議院議員総選挙のニュースばかりを大きく報道していて、国民審査の扱いは極めて小さいため、国民審査は国民からほとんど注目されることがない。 (Wikipedia:最高裁判所裁判官国民審査)

最高裁判所裁判官の国民審査
『最高裁判所裁判官国民審査』より : 最高裁判所裁判官国民審査(さいこうさいばんしょさいばんかんこくみんしんさ)は、日本において最高裁判所裁判官を罷免するかどうかを国民が審査する制度である。 日本国憲法第79条第2項及び第3項と最高裁判所裁判官国民審査法に基づいている制度である。最高裁判所裁判官は、任命後初めて行われる衆議院議員総選挙の際に国民審査を受け、その後は審査から10年を経過した後に行われる衆議院総選挙の際に再審査を受け、その後も同様とすると定められている(日本国憲法第79条第2項)。 しかし、日本では諸外国と比べて司法に対する国民の関心が低い上、国民審査は必ず衆議院議員総選挙と同時に実施することと定められており、大手の新聞社やテレビ局は衆議院議員総選挙のニュースばかりを大きく報道していて、国民審査の扱いは極めて小さいため、国民審査は国民からほとんど注目されることがない。 (Wikipedia:最高裁判所裁判官の国民審査)

最高裁判所裁判官国民審査法
最高裁判所裁判官国民審査法(さいこうさいばんしょさいばんかんこくみんしんさほう)は、最高裁判所の裁判官の任命に関する国民の審査について規定した法律である。略称は、国民審査法。 構成 第一章 総則(1 - 11条) 第二章 投票及び開票(12 - 26条) 第三章 審査分会及び審査会(27 - 34条) 第四章 審査の結果(35条) 第五章 訴訟(36 - 42条) 第六章 再審査(43条) 第七章 罰則(44 - 49条) 第八章 補則(50 - 58条) 附則 関連項目 最高裁判所裁判官国民審査 外部リンク 最高裁判所裁判官国民審査法 (法令データ提供システム, 総務省行政管理局)。 (Wikipedia:最高裁判所裁判官国民審査法)


最高裁判所裁判官 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

最高裁判所裁判官 - アマゾン検索


「最高裁判所裁判官」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す