[PR]

日別キーワード

第32位  任天堂 - 2018年01月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



任天堂
任天堂(にんてんどう、英: Nintendo Co., Ltd.)は、日本の企業。 ゲーム機ハードウェア、ソフトウェアで一定のシェアを持つ。 現在は、ゲーム機ハード、ソフトで総合首位のビデオゲーム、プラットフォームの会社として知られるが創業当初は、花札の製造を行っており、玩具の製造を経て現在に至る。 ニンテンドーDSを発売した2004年からは、「ゲーム人口の拡大」を基本戦略としており、幅広い人がプレイできるゲームを開発している。 また、柔軟な判断ができるよう特定の経営指標を掲げていない。これは娯楽製品を取り扱うが故に、開発に不確定要素が多く競争も激しい業界に、柔軟に対応するためである。 1889年、山内房治郎が京都市下京区で花札の製造を始める。日本において初めてトランプの製造を行った実績もある。 1947年、株式会社丸福として創業。翌々年には、山内溥が代表取締役に就任。その後、任天堂骨牌株式会社に社名を改める。社名は、「運を天に任せる」という言葉に由来している。 任天堂は、日本初となるプラスチックトランプの製造に成功。 (Wikipedia:任天堂)

任天堂社長一覧
『任天堂』より : 任天堂(にんてんどう、英: Nintendo Co., Ltd.)は、日本の企業。 ゲーム機ハードウェア、ソフトウェアで一定のシェアを持つ。 現在は、ゲーム機ハード、ソフトで総合首位のビデオゲーム、プラットフォームの会社として知られるが創業当初は、花札の製造を行っており、玩具の製造を経て現在に至る。 ニンテンドーDSを発売した2004年からは、「ゲーム人口の拡大」を基本戦略としており、幅広い人がプレイできるゲームを開発している。 また、柔軟な判断ができるよう特定の経営指標を掲げていない。これは娯楽製品を取り扱うが故に、開発に不確定要素が多く競争も激しい業界に、柔軟に対応するためである。 1889年、山内房治郎が京都市下京区で花札の製造を始める。日本において初めてトランプの製造を行った実績もある。 1947年、株式会社丸福として創業。翌々年には、山内溥が代表取締役に就任。その後、任天堂骨牌株式会社に社名を改める。社名は、「運を天に任せる」という言葉に由来している。 任天堂は、日本初となるプラスチックトランプの製造に成功。 (Wikipedia:任天堂社長一覧)

任天堂発売のゲームタイトル一覧
任天堂発売のゲームタイトル一覧(にんてんどうはつばいのゲームタイトルいちらん) 以下は任天堂発売のゲームタイトル一覧である。開発のみ行い、他社より発売された作品も含む。 ポケモンが発売元のタイトルは、行の最後に●を表記。 略号 以下の略号を使い、各ゲームの対応関係を示す。 FC: ファミリーコンピュータ用 FCD: ファミリーコンピュータ ディスクシステム用 GB: ゲームボーイ用 SFC: スーパーファミコン用 VB: バーチャルボーイ用 N64: NINTENDO64用 64DD: NINTENDO64の64DD用 GBC専: ゲームボーイカラー専用 GBC対: ゲームボーイカラー対応 NP-SFC: ニンテンドウパワー向けスーパーファミコン用 NP-GBC専: ニンテンドウパワー向けゲームボーイカラー専用 NP-GBC対: ニンテンドウパワー向けゲームボーイカラー対応 GBA: ゲームボーイアドバンス用 GC: ニンテンドーゲームキューブ用 PKm:ポケモンミニ用 FCmini: ゲームボーイアドバンスのファミコンミニシリーズ DS: ニンテンドーDS用 DSiware: ニンテンドーDSiのニンテンドーDSiウェア用 Wii: Wii用 Wiiware: WiiのWiiウェア用 3DS: ニンテンドー3DS用 3DSDL: ニンテンドー3DSのダウンロードソフト New3DS専用: Newニンテンドー3DS専用 Wii U: Wii U用 Wii UDL: Wii Uのダウンロードソフトなお、発売日および対応ハードは全て日本版のもの。 (Wikipedia:任天堂発売のゲームタイトル一覧)

任天堂DS
『ニンテンドーDS』より : ニンテンドーDS(ニンテンドーディーエス、Nintendo DS)は、任天堂が開発し2004年から世界各国で発売した携帯型ゲーム機。略称は「DS」。 画面を2つ持つことや、タッチスクリーン・マイクによる音声認識などの操作方法(ユーザインタフェース)、すれちがい通信といった通信機能を持っており、それらを利用した「Touch! Generations」という一連のシリーズを発売した。 2004年までのテレビゲーム(コンシューマーゲーム)業界では、特に映像表現に関わるハードウェア技術の発達に伴って全体的にゲームが画一的、マンネリ化状態に陥っており、ゲーム人口も減少傾向(ゲーム離れ)にあったため、それを打開することが焦眉の急になっていた。また、マスコミなどで非行・引きこもり・ゲーム脳などゲーマーやテレビゲームのネガティブ・キャンペーンも行われていた。 ニンテンドーDSは斬新な方法で「ゲーム人口の拡大」を進め、新たな層の獲得にも成功した。任天堂が進めた「ゲーム人口の拡大」によって、教育や教材への活用や、Wiiの誕生にも影響を与えた。 (Wikipedia:任天堂DS)

任天堂64
『NINTENDO64』より : NINTENDO64(ニンテンドウろくじゅうよん)は、任天堂株式会社が1996年に発売した家庭用ゲーム機。スーパーファミコンの後継・次世代機種であり、略称は「64(ロクヨン)」、「N64」など。 生産は既に終了しており、2007年10月31日をもってファミリーコンピュータ、スーパーファミコン等と共に公式修理サポートを終了した。NINTENDO64で発売されたゲームソフトの一部は、Wiiのゲームソフト配信サービスであるバーチャルコンソールで購入・プレイすることが可能である。 1990年代中期に「次世代機」と呼ばれたゲームハードの一つで、任天堂としては初めて本格的な3Dゲームに対応した。メディアは従来と同じくロムカセット式である。1993年の開発発表時のコードネームは「プロジェクト・リアリティ」、正式名が決定する以前の海外名称は「ウルトラ64」(日本国内では当時名称未発表)、ユーザー間の通称は「ウルトラファミコン」だった。 (Wikipedia:任天堂64)

任天堂スペースワールド
任天堂スペースワールド(にんてんどうスペースワールド、Nintendo Space World)は、任天堂が開催していたコンピュータゲームの展示会。同社と取引の有る問屋による組織・初心会が1989年より東京で開催していた会員向け展示会を前身とする。 沿革 ファミコンスペースワールドとしての第1回(「初心会ソフト展示会」としては第3回)展示会は1991年4月24日より5月6日までの13日間、千葉市の幕張メッセで開催された。出展タイトルは前年11月に発売されたスーパーファミコンのソフトが中心で「ファイナルファンタジーIV」(スクウェア)や「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」(任天堂)が注目を集めた。 1992年と翌1993年のファミコンスペースワールドは8月に東京・晴海の東京国際見本市会場で開催され、1993年のスペースワールドでは山内溥社長(当時)が基調講演で「Project Reality」構想(後のNINTENDO64)を発表した。 (Wikipedia:任天堂スペースワールド)


任天堂 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

任天堂 - アマゾン検索


「任天堂」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す