[PR]

日別キーワード

第65位  カワラヒワ - 2018年01月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



カワラヒワ
カワラヒワ(河原鶸、学名:Carduelis sinica)はスズメ目アトリ科に分類される鳥類の一種である。英名 "Oriental Greenfinch" は東洋にいる緑色のアトリ類の意味。種小名sinicaは支那(中国)の意味である 形態 体長は約 14cm 、翼開長約24cmでスズメと同大だがやや小さい。全体的に黄褐色で、太い嘴と、翼(初列風切と次列風切)に混じる黄色が特徴的である。 分布 東アジア(中国、モンゴル、ロシア東南部、朝鮮半島、日本)に分布する。 日本国内ではほぼ全域に分布する留鳥。ただし北部のものは冬場は暖地へ移動する。 鳴き声 地鳴きは「キリリ、コロロ」等と聞こえ、メジロの「チリチリ」という鳴き声にも似ているが、本種のほうが声量があり太い鳴き声なので識別できる。さえずりは「チョンチョンジューイン」等と聞こえる。 「ジューイン」の部分はセンダイムシクイの囀りの一部とよく似ている。しかしながら、囀りの全体を比較すれば識別は容易である。 生態 低山から低地にかけての森林に広く生息する。 (Wikipedia:カワラヒワ)


カワラヒワ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

カワラヒワ - アマゾン検索


「カワラヒワ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す