[PR]

日別キーワード

第81位  ダイハツ - 2018年01月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



ダイハツ
『ダイハツ工業』より : ダイハツ工業株式会社(ダイハツこうぎょう、英語:Daihatsu Motor Co., Ltd.)は、日本の自動車メーカーである。本社は大阪府池田市。トヨタ自動車の完全子会社化される予定でトヨタグループ16社のうちのひとつ。 現在のコーポレーションスローガンは「Innovation For Tomorrow」および「もっと軽にできること」。 日本で最も歴史の長い量産車メーカーで、大阪高等工業学校(後の大阪帝国大学工学部、現大阪大学工学部の前身)の研究者を中心に、1907年に「発動機製造株式会社」として創立された。その当初は工場等の定置動力用として用いられるガス燃料の内燃機関(ガス発動機)の製造を手がけていた。ブランド名・社名は、創業後、社名に「発動機」を冠する後発メーカーがいくつも出現し、既に出回っている「発動機製造」の発動機をどこで造った発動機か認識するため顧客の方で「大阪の発動機」と区別呼びし、やがて詰めて「大発(だいはつ)」と略称したことに由来する。 (Wikipedia:ダイハツ)

ダイハツチャレンジカップ
ダイハツチャレンジカップは、DCCSが主催するワンメイクのジムカーナ形式のタイムアタック競技会のシリーズ(初年度のみダートトライアルも開催された)。日本自動車連盟(JAF)公認のクローズド競技の一つで、1995年から2008年まで6箇所の会場で6大会(かっては琉球ダイハツ主催のダイチャレ琉球も開催され、その後琉球大学自動車部主催のRACチャレンジカップに発展した)が開催されていたが、2009年1月13日、「昨今の自動車業界を取り巻く経済状況の厳しい状況」や「若者の車離れ」などを理由に、ダイハツのモータースポーツ活動休止と共にシーズン途中で終了が発表された。通称ダイチャレ。
参加のための敷居が低く、運転免許証保有者なら誰でも参加可能としており(特にモータースポーツライセンスを必要としない)、このイベントを通じてモータースポーツへのデビューを果たした者が多かった。
(Wikipedia:ダイハツチャレンジカップ)

ダイハツ工業
ダイハツ工業株式会社(ダイハツこうぎょう、英語:Daihatsu Motor Co., Ltd.)は、日本の自動車メーカーである。本社は大阪府池田市。トヨタ自動車の完全子会社化される予定でトヨタグループ16社のうちのひとつ。 現在のコーポレーションスローガンは「Innovation For Tomorrow」および「もっと軽にできること」。 日本で最も歴史の長い量産車メーカーで、大阪高等工業学校(後の大阪帝国大学工学部、現大阪大学工学部の前身)の研究者を中心に、1907年に「発動機製造株式会社」として創立された。その当初は工場等の定置動力用として用いられるガス燃料の内燃機関(ガス発動機)の製造を手がけていた。ブランド名・社名は、創業後、社名に「発動機」を冠する後発メーカーがいくつも出現し、既に出回っている「発動機製造」の発動機をどこで造った発動機か認識するため顧客の方で「大阪の発動機」と区別呼びし、やがて詰めて「大発(だいはつ)」と略称したことに由来する。 (Wikipedia:ダイハツ工業)

ダイハツ・ムーヴ
ムーヴ(MOVE )は、ダイハツ工業が生産・販売する軽トールワゴンのブランド(商標)、および車名である。 現在生産されている5代目の生産はダイハツ滋賀工場(第2地区)および京都工場で行われる。かつてのモデルでは並行して本社(池田)工場で生産されていたモデルも存在する。 スズキのワゴンRに対抗すべく投入(当初のキャッチコピーは「ムーヴしよう」)。現在ではダイハツの看板車種、ワゴンRと並ぶ軽トールワゴンの代表的車種となった。 バックドアは5代目までは一貫して横開き式を採用していた(3代目の一部で跳ね上げ式も選択できたがそれでも横開き式が基本)が、6代目で遂に一般的なハッチバックにある跳ね上げ式(縦開き式)となった。横開き式のバックドアを採用した軽トールワゴンは5代目までの歴代ムーヴの他には、2014年まで残ったのは5代目のスバル(富士重工業)向けOEMモデルの2代目ステラのみと実質1車種であり、過去にも三菱自動車工業のミニカ トッポ→トッポBJ→トッポに存在した程度の稀有な存在であった。 (Wikipedia:ダイハツ・ムーヴ)

ダイハツ・ムーヴカスタム
『ダイハツ・ムーヴ』より : ムーヴ(MOVE )は、ダイハツ工業が生産・販売する軽トールワゴンのブランド(商標)、および車名である。 現在生産されている5代目の生産はダイハツ滋賀工場(第2地区)および京都工場で行われる。かつてのモデルでは並行して本社(池田)工場で生産されていたモデルも存在する。 スズキのワゴンRに対抗すべく投入(当初のキャッチコピーは「ムーヴしよう」)。現在ではダイハツの看板車種、ワゴンRと並ぶ軽トールワゴンの代表的車種となった。 バックドアは5代目までは一貫して横開き式を採用していた(3代目の一部で跳ね上げ式も選択できたがそれでも横開き式が基本)が、6代目で遂に一般的なハッチバックにある跳ね上げ式(縦開き式)となった。横開き式のバックドアを採用した軽トールワゴンは5代目までの歴代ムーヴの他には、2014年まで残ったのは5代目のスバル(富士重工業)向けOEMモデルの2代目ステラのみと実質1車種であり、過去にも三菱自動車工業のミニカ トッポ→トッポBJ→トッポに存在した程度の稀有な存在であった。 (Wikipedia:ダイハツ・ムーヴカスタム)

ダイハツ・ムーヴラテ
『ダイハツ・ムーヴ』より : ムーヴ ラテ(MOVE LATTE)は、かつてダイハツ工業が生産していた、ムーヴシリーズの軽トールワゴンである。 2004年8月、ダイハツの主力車種である3代目ムーヴの派生モデルとしてデビュー。女性を主なターゲットにしていた。ムーヴの4代目モデルやその派生モデルであるコンテの発売後も販売されていたが、2009年3月をもって生産・販売を終了した。 L550S/560S型(2004年-2009年) 2004年8月23日 3代目ムーヴの派生車として、ムーヴラテを発売。 若い女性を意識し、ベースとなった3代目ムーヴに対し、“丸と曲面”を基調とした外観に、内装は女性的な肌触りの素材が使われている。 また、3代目ムーヴとはシャーシを共有せず、ムーヴ ラテ専用シャーシが与えられていること、車体が丸くなっているため車体剛性が向上していることから、乗り心地や走りや質感が3代目ムーヴよりも向上している。 (Wikipedia:ダイハツ・ムーヴラテ)

ダイハツ・シャレード
シャレード(Charade )は、かつてダイハツ工業が生産していた、前輪駆動のコンパクトカーである。 初代(G10系、1977-1983年) ダイハツ・コンソルテの後継モデルとして1977年11月に発表される。前任のコンソルテは、実質的には1969年に登場したトヨタ・パブリカのOEM車であり、モデルチェンジされることもなく、陳腐化が目立っていた。当時欧州各国では、駆動方式をFFに改めた小型車が出揃い始めており、日本の各社でもそれに追従する流れが起こっていた。そのような中、初代シャレードは「5平米カー」というキャッチコピーで、従来の日本における大衆車とは異なる世界観を持って世に出ることとなった。 フロントに横置き搭載された3気筒のCB型1.0Lエンジンと、やや背の高い2ボックスの車体の組み合わせは小ぶりながら優れたパッケージングで、広い室内空間と合理的な駆動レイアウトで、新たな小型車の方向性を打ち出した。 (Wikipedia:ダイハツ・シャレード)

ダイハツ・ミラ
ミラ(Mira )は、ダイハツ工業が1980年から生産・販売するハッチバック型軽自動車(軽セダン/軽ボンネットバン)のブランド(商標)、および車名である。 また、本稿では以下のモデルについても便宜上記述する。 ミラ クオーレ(Mira Cuore ) ミラ バン(Mira VAN ) ミラ ウォークスルーバン ミラ ミチート スポーツ系モデル ミラ TR-XX ミラ TR-XXアバンツァート ミラ X4 ミラ X4R ミラ RV-4(クロスオーバー系モデル) ミラ クラシック(レトロ風モデル) プレミアム系モデル ミラ モデルノ(Mira Moderno) ミラ アヴィ(Mira AVY) ミラ カスタム(Mira Custom) 初代モデル登場の1980年から今日の同社のエントリー車種にあたるエッセが登場する2005年頃まではスズキ・アルトと双璧を成していたため、その最盛期には販売台数を熾烈に争ったことで知られ、1991年には軽自動車としては日本国内通年最多販売台数の28万6,975台を記録。 (Wikipedia:ダイハツ・ミラ)

ダイハツ・コペン
コペン(Copen、COPEN)は、ダイハツ工業が製造・販売する軽自動車規格の前輪駆動2人乗りオープンカーである。 ダイハツとしては1993年に生産中止となったリーザスパイダー以来の軽オープンカーであり、軽市販車では世界初となる電動油圧ポンプの開閉式ルーフのアクティブトップ仕様をもつ。 「コペン」の車名は、発売前のショーモデル時代は「コンパーノ」の名称の復活も検討されていたが、ダイハツ・新宮会長(当時)が新しい名称への移行を求めたために「軽オープン」から「KOPEN」と名付けられた。後に軽自動車のKをコンパクトカー(Compact car)のCに変え「Copen(Cのみ大文字)」に落ち着いた。 2代目もショーモデル時代は「KOPEN」であったが、発売時には「Community of Opencar life」から「COPEN」となった。車名ロゴは全て大文字となったが、2代目発売後も「Copen Club」「Copen Site」のように、初代の英表記「Copen」も使用されている。 (Wikipedia:ダイハツ・コペン)

ダイハツ・アトレー
アトレー(Atrai)は、ダイハツ工業の軽1BOX。ハイゼットの乗用グレードに当たるが、2代目以降車名上は独立している。 もともとはハイゼットの乗用版として1981年に誕生した。後に独立した車種となっているが、現在まで車体(ホワイトボディー)はハイゼットとほぼ共通である。 車種は長らく4人乗りの軽自動車だけであったが、2000年には7人乗り1,300ccの小型車となるアトレー7が登場し、1,500cc以下の7人乗り乗用車としては、スバル・ドミンゴ以来となった。一時期、トヨタ自動車にもスパーキーとしてOEM供給されていたが、2004年で生産を終了した。 アトレーシリーズはハイゼットシリーズとともにダイハツ唯一の関東圏工場である群馬県前橋市のダイハツ車体で生産されていたが、現在は前橋工場を完全閉鎖し、アトレーシリーズは大分県のダイハツ九州で生産を継続している。初代S65系の半数と、アトレー7は本社池田工場で生産されていた。 初代(1981年-1986年) 1981年 - 登場。 (Wikipedia:ダイハツ・アトレー)

ダイハツ・EF型エンジン
ダイハツ・EF型エンジンは、ダイハツ工業が生産している軽自動車用エンジンの一つである。
1990年1月の軽自動車の規格改正に伴い、同年3月にモデルチェンジしたダイハツ・ミラ ミラ(L200型)に搭載されてデビュー。基本仕様は水冷エンジン 水冷直列3気筒、内径68.0mm×行程60.5mm、排気量 総排気量659cc。
旧660cc規格時代から現行規格まで、ダイハツ製軽自動車の主力エンジンとして多くの車種に搭載されたが、2005年にデビューしたダイハツ・エッセ エッセに搭載されるダイハツ・KF型エンジン KF型エンジンが後継となることで、近い将来に生産終了する予定となっている。なお、2009年8月現在では、同社のダイハツ・ハイゼット ハイゼットカーゴ・ハイブリッド用のEF-VE型DVVT付DOHCエンジン、およびダイハツ・テリオスキッド テリオスキッド用のEF-DET型インタークーラーターボ付DOHCエンジンの2種類のみが製造されている。
(Wikipedia:ダイハツ・EF型エンジン)

ダイハツ・ハイゼット
ハイゼット(HIJET )はダイハツ工業の軽貨物車である。 乗用仕様車については、ダイハツ・アトレーを、ウェイクの商用仕様車についてはハイゼットキャディーをそれぞれ参照。 1960年(昭和35年)11月に発売され、現在販売されているダイハツ車ではもちろんのこと、現行軽自動車の商標の中でトラックは56年、カーゴ(←バン)は55年と最も古い歴史を持つ。なお、英語の綴り字は「HIJET」だが、カタカナ表記は「ハイゼット」である。 初代モデルはボンネットタイプのライトバンと軽トラックであったが、2代目モデルから、キャブオーバータイプのバンとトラックに変更される(ただし初代のボンネットタイプも併売)。この経緯は他社の軽貨物車にも通ずる。さらに9代目モデルのバン改めカーゴからセミキャブタイプに変更され、現在に至る。 もっとも、ハイゼットトラックは、2010年1月〜2015年12月までの6年連続で、日本国内で販売されているトラック(軽・小型・普通)の車名別年間販売台数で首位の座を維持している。 (Wikipedia:ダイハツ・ハイゼット)

ダイハツ・ミゼットII
ミゼットII(Midget II )は、1996年から2001年までダイハツ工業から製造、発売されていた軽貨物自動車である。 1957年から1972年に生産された軽貨物自動車ミゼットが3輪であるのに対し、ミゼットIIは安全性を考慮して4輪車となっている。 コンセプトは初代ミゼット同様、小口配達に狙いを絞っており、車体の大きさは当時の軽自動車の寸法制限(全長3300mm・全幅1400mm・全高2000mm)を大幅に下回っている。一般の軽自動車よりも小さい車体(サイズ的にはかつての360cc時代の軽自動車のサイズに限りなく近い)、車内スペースの関係からフロントにスペアタイヤを装着しており、小回りの良さ(最小回転半径3.6m)、愛嬌のある特徴的な外観もセールスポイントとしていた。 一方、企画当初から大量生産が見込まれなかったため、同社の軽貨物自動車ハイゼット(8代目・S100系)との部品共用化や、生産ラインに手作業を多用するなどの措置がとられた。 (Wikipedia:ダイハツ・ミゼットII)

ダイハツ・ストーリア
ストーリア(Storia)は、ダイハツ工業の小型自動車。1998年2月に発売。 車体サイズや排気量など、事実上シャレードの後継にあたる。発売後、期間をおいてトヨタ自動車からも「デュエット」として販売されたが、販売力の違いからデュエットの方が本家であるストーリアよりも販売台数が多くなるという現象が見られた。 日本国外では「シリオン」(Sirion )のモデル名で販売。欧州、オーストラリアを中心に世界各国で販売された。 グレード グレード展開はビジネス用の「セレクト」をはじめ、「1000CL」「1000CX」(以上1,000cc 60-64ps)、「1300CX」(1,300cc 90ps)「1300CZ」「ツーリング」(1,300cc 110ps)「X4」(713cc 120ps)が存在し、モータースポーツ用のX4を別にすると「ツーリング」や「CZ」が“よく回る高回転NAエンジンを搭載したスポーティーなホットハッチ”として人気が高い。 (Wikipedia:ダイハツ・ストーリア)

ダイハツ・KF型エンジン
ダイハツ・KF型エンジンは、ダイハツ工業が生産している軽自動車用エンジンの一つである。
KF-VEは2005年12月のダイハツ・エッセ エッセ、KF-DETは2006年6月のダイハツ・ソニカ ソニカから採用された。また、2006年以降発売された車種には4気筒のダイハツ・JB型エンジン JB型エンジンを搭載する車種が旧シャーシで残っているダイハツ・コペン コペン1車種しかなく、既存であったEF型3気筒エンジンも生産開始から20年近くがたちモデル末期であることから、これらのエンジンを廃止し環境対応という形で新型3気筒エンジンを開発した。
基本仕様は水冷エンジン 水冷直列3気筒DOHC12バルブ、内径63.0mm×行程70.4mm、排気量 総排気量658ccとなっており、従来のダイハツ・EF型エンジン EF型エンジンよりもロングストローク化が図られ、燃費向上・トルクアップ等を実現している。エンジンブロックはアルミ製で、樹脂部品も多用した結果、重量はクラス最軽量の47kg(エンジン単体)を達成しているダイハツ技術広報資料(2005/11/22) 本資料の図表には印象操作が見受けられる。 http://www.daihatsu.co.jp/wn/tech_p/engine0511/pdf/engine0511.pdf。従来の構造的には同社のダイハツ・ブーン ブーン(1000ccモデル)やトヨタ自動車 トヨタのトヨタ・パッソ パッソ(1000ccモデル)やトヨタ・ヴィッツ ヴィッツ(2代目、1000ccモデル)、トヨタ・ベルタ ベルタ(1000ccモデル)、トヨタ・アイゴ アイゴ(ヨーロッパ 欧州専売、1000ccモデル)、トヨタ・iQ iQ(現時点ではガソリンエンジン車全て)に搭載されているトヨタ・KRエンジン 1KR-FE型エンジンに近い作りとなっている。
(Wikipedia:ダイハツ・KF型エンジン)

ダイハツ・リーザ
リーザ(Leeza)は、ダイハツ工業がかつて製造、販売していた軽自動車である。 当時スペシャリティー軽の地位を独走していたスズキセルボへの対抗モデルとして1986年、“エアロへミサイクル”をキャッチフレーズに登場。ボディ形状は3ドアのハッチバック。後にオープンカーのスパイダーも追加。エンジン、シャシ関係などを前年にモデルチェンジしたミラ/クオーレと共用としたが、ボディを実質上2シーターのクーペスタイルとしたことによってパーソナルユースに的を絞った。セルボと同じくターゲットは若い女性としていた。 ミラをベースとして、ミラより全高を80mm低め、ホイールベースを120mm短縮している。『脱・実用車』をアピールポイントとし、室内は前席優先のレイアウトを採る一方、軽ボンネットバンとして登録できる様一定の荷室を確保する為に、リアシートは極限にまで狭められたが、ドライバーのアイポイントがフロントエンドから遠ざかることで、前席の足元の広さ・ドライバーズポジションはシャレードに迫るものとなった。 (Wikipedia:ダイハツ・リーザ)

ダイハツシンプル・ビューティ 黒木瞳 ホッとGoing
東京ディズニーリゾートプレゼンツ・黒木瞳 ホッとGoing(くろきひとみホッとゴーイング)は2005年10月3日から2008年3月28日までニッポン放送で月曜~金曜の5分間放送されていた番組。2007年3月30日までは「ダイハツシンプル・ビューティ 黒木瞳 ホッとGoing」として放送していた。 2007年9月28日まではNRN系列でも放送されていた。 番組綱要 出演は黒木瞳で、ニッポン放送で放送された「黒木瞳のTALK RADIO」の移行版となる。番組開始当初はダイハツ工業の一社提供(2007年9月までCMが放送された)。金曜日は番組の終わりには毎回黒木の「五行詩」が発表されている。この五行詩は扶桑社(フジサンケイグループの書籍出版会社)より2005年10月「恋のちから 愛のススメ」と題して単行本化された。 なお、黒木は同じニッポン放送をキー局とした早朝帯番組「SUZUKIハッピーモーニング・黒木瞳の行ってらっしゃい」を2003年から2004年に担当したことがある。 (Wikipedia:ダイハツシンプル・ビューティ 黒木瞳 ホッとGoing)

ダイハツシンプル・ビューティ 黒木瞳のホッとGoing
『ダイハツシンプル・ビューティ 黒木瞳 ホッとGoing』より : 東京ディズニーリゾートプレゼンツ・黒木瞳 ホッとGoing(くろきひとみホッとゴーイング)は2005年10月3日から2008年3月28日までニッポン放送で月曜~金曜の5分間放送されていた番組。2007年3月30日までは「ダイハツシンプル・ビューティ 黒木瞳 ホッとGoing」として放送していた。 2007年9月28日まではNRN系列でも放送されていた。 番組綱要 出演は黒木瞳で、ニッポン放送で放送された「黒木瞳のTALK RADIO」の移行版となる。番組開始当初はダイハツ工業の一社提供(2007年9月までCMが放送された)。金曜日は番組の終わりには毎回黒木の「五行詩」が発表されている。この五行詩は扶桑社(フジサンケイグループの書籍出版会社)より2005年10月「恋のちから 愛のススメ」と題して単行本化された。 なお、黒木は同じニッポン放送をキー局とした早朝帯番組「SUZUKIハッピーモーニング・黒木瞳の行ってらっしゃい」を2003年から2004年に担当したことがある。 (Wikipedia:ダイハツシンプル・ビューティ 黒木瞳のホッとGoing)

ダイハツ・フェロー
フェロー (Fellow) は、かつてダイハツ工業が製造、および販売していた軽自動車である。 初代(1966年-1970年) 1966年(昭和41年)11月に発売された初代モデルは、既に貨物用の軽商用車では十分な実績を持っていたダイハツの軽乗用車市場参入第1作であった。グレードはスーパーデラックスとデラックス。 スペース効率の不利を押して縦置きエンジン配置とした手堅いFR方式で、既に実績のある軽トラックのハイゼット用ZL型2ストローク空冷2気筒ガソリンエンジンを水冷化し、23 PSに強化したZM型エンジンを新開発して搭載した。サスペンションにはコイルスプリングによる4輪独立懸架を導入したが、前輪は一般的なウィッシュボーン式であったのに対し、後輪にダイアゴナル・スイングアクスルを採用したのが特異な点であった。日本車ではいすゞ・ベレット以外に先例がなく、以降の採用例もない。 プリズムカットと呼ばれる箱形のボディー形状で、大人4人が無理なく乗れる軽自動車を目指すと共に、当時の軽自動車としては上質感を演出していた。 (Wikipedia:ダイハツ・フェロー)

ダイハツ・YRV
YRV(ワイアールブイ)は、ダイハツ工業が生産していた5ドア・セミトールワゴン型の乗用車である。 スタイル・機構 1998年に発売されたストーリアをベースに、当時人気のあったコンパクトRVとして開発された。初めからヨーロッパ市場での販売が計画され、デザイン、操縦性もヨーロッパでの使用を意識して開発が進められ、実際にヨーロッパでの走行実験において足回りをヨーロピアンテイストに仕上げた。エンジンは初代トヨタ・ヴィッツ用の1,000ccエンジン(1SZ-FE型)をベースに排気量を1,300ccに拡大したターボエンジン・K3-VET、ノンターボ・K3-VEが開発された。これらのエンジンは、ストーリア、テリオス、アトレー7にも搭載され、ダイハツのこのクラスの主力エンジンとなった。なお、K3-VETは発売当時世界最強の1,300ccエンジンと言われ、パワーウェイトレシオは、6.7kg/PSとスポーツカーといえるほどの動力性能(7が基準値)を誇った。 (Wikipedia:ダイハツ・YRV)


ダイハツ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ダイハツ - アマゾン検索


「ダイハツ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す