[PR]

日別キーワード

第84位  デビルマン - 2018年01月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



デビルマン
『デビルマン』は、永井豪により1972年から1973年にかけて製作された日本の漫画作品、およびこれと同時期に制作・放送されたTVアニメ。 変身ヒーローもの企画として、永井豪が自作品『魔王ダンテ』(「ぼくらマガジン」連載)をベースに「悪魔をヒーローとした作品」として基本設定を行い、漫画版は永井豪が執筆し、『週刊少年マガジン』の1972年25号(6月11日号)から1973年27号(6月24日号)にかけて全53話で連載された。同時期に、NETテレビではテレビアニメ版で脚本担当の辻真先がオリジナルストーリーを構成した。 両作には「漫画作品のアニメ化」もしくは「アニメ作品のコミカライズ」といった関係はなく、永井自身が指摘しているような「同一の基本設定を使用して描かれた2つの作品」という関係に近い。漫画版のテーマは「ホラー」であり、購読者層をやや高めに設定したこともあって連載を経るごとに黙示録的な世界観へと変遷していったのに対し、アニメ版は、低年齢層の視聴者を取り込みやすい勧善懲悪のヒーローものの体裁を取っている。 (Wikipedia:デビルマン)

デビルマンレディー
『デビルマンレディー』(DEVILMAN LADY)は、『モーニング』に連載されていた永井豪の漫画作品。または、それを原作としたテレビアニメ。 基本的には『デビルマン』の設定を男女逆転させた形を取っているが、漫画版とアニメ版では設定・ストーリーが大きく異なり、漫画版では『デビルマン』の世界のパラレルワールドという位置づけで不動明も登場するがスター・システムで宇津木涼も登場する作品となった。アニメ版は完全に独立した作品として完成している。 漫画版 1997年7号から2000年30号まで『モーニング』で連載された。単行本は全17巻、文庫版は全9巻。文庫版には単行本に収録された内容にさらに加筆してあるため、真のエンディングを知るためには文庫版が必要。終盤ではデビルマンとの絡みの場面もある。 『チャンピオンREDいちご』2013年Vol.38より『キューティーハニー対デビルマンレディー』の漫画連載を開始。 あらすじ 高校教師の不動ジュンは水泳の元オリンピック選手でテニス部顧問。 (Wikipedia:デビルマンレディー)

デビルマン (映画)
『デビルマン』(DEVILMAN)は、2004年10月9日東映系公開の日本の特撮映画。永井豪の漫画『デビルマン』の実写映画。PG-12指定。 「原作漫画の完全実写映画化」というキャッチフレーズのもと、制作費10億円をつぎ込み、VFXをふんだんに用いて製作された。当初、公開は2004年5月頃を予定したが、「驚異の映像をふんだんに駆使し、満足のいくクオリティーに仕上げる事」を確約するため10月に延期した。特撮映画・テレビを手掛ける東映と、アニメを手掛ける東映アニメーションがタッグを組んで特撮シーンが製作され、それを「T-Visual」と名づけて売り出した。先にアニメによる作画を行い、それにしたがってCGに動きをつけたり、CGカットの中に一瞬だけ手描きの絵が挿入されたりと、「アニメと実写の融合」という新しい表現を試みている。 評価とその背景 本作が公開された2004年には他にも、『CASSHERN』(4月)、『キューティーハニー』(5月)、『NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE』(8月)と、往年の人気漫画・TVアニメをVFXを用いて実写化した映画が公開された。 (Wikipedia:デビルマン (映画))


デビルマン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

デビルマン - アマゾン検索


「デビルマン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す