[PR]

日別キーワード

第100位  フロイト - 2018年01月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



フロイト
『ジークムント・フロイト』より : ジークムント・フロイト(ドイツ語: Sigmund Freud、1856年5月6日 - 1939年9月23日)は、オーストリアの精神分析学者、精神科医。オーストリアの白人系ユダヤ教徒アシュケナジムの家庭に生まれた。神経病理学者を経て精神科医となり、神経症研究、心的外傷論研究(PTSD研究)、自由連想法、無意識研究、精神分析の創始を行い、さらに精神力動論を展開した。 非常に詳細で精密な観察眼を示す症例報告を多数残した。それらは、現在においても次々と新しい角度から研究されている。フロイトの提唱した数々の理論は、のちに弟子たちによって後世の精神医学や臨床心理学などの基礎となったのみならず、20世紀以降の文学・芸術・人間理解に広く甚大な影響を与えた。弟子たちは、フロイトの考え方のどこかしらを批判した上でこれを受け継ぎ、様々な学派に分岐し、それぞれ独自の理論を展開していった。現代思想、特に大陸哲学、フランス現代思想の哲学者(ジャック・ラカン、ジャック・デリダ、フェリックス・ガタリなど多数)に大きな影響を与え、精神分析を基調とする哲学の創始者とされる。 (Wikipedia:フロイト)

フロイト1/2
『フロイト1/2』(フロイトにぶんのいち)は、川原泉による日本の漫画作品。『花とゆめ』(白泉社)にて、1989年4号、および8号に掲載された。単行本は全1巻、文庫版全1巻。 ストーリー 小学生の篠崎梨生は小田原城で象を見ている時に大学生の弓彦と八木沢に出会う。その時ジークムント・フロイトにそっくりの怪しい提灯屋さん「風呂糸屋」が現れ提灯を売るが、お金が足りない。弓彦がお金を足したおかげで提灯を買い求めることができ、提灯屋が止めるのも聞かず「ふたつで一組」の提灯を2人で分け合うことになる。それは「一組の夢」を分け合うことだった……。 成長した梨生は、義理の弟の進めでゲームソフト会社PANIXのアルバイトに応募。首尾よく職を得たところ、なんとPANIXの社長はあの弓彦だった。苦労を重ね、心が渇いてすっかり夢を見られなくなった弓彦は、梨生と再会した頃から再び夢を見るようになった。弓彦はそれがきっかけで梨生に辛く当たり、しかも拝金主義が行き過ぎて親友の八木沢に去られてしまう。さらに弓彦は夢の中で梨生にそんなにお金が好きなのかと言われたために激怒し、提灯を燃やしてしまう。 (Wikipedia:フロイト1/2)


フロイト - 関連ブログ

データが取得できませんでした

フロイト - アマゾン検索


「フロイト」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す