[PR]

日別キーワード

第15位  エクソシスト - 2018年01月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



エクソシスト
エクソシスト(Exorcist)は、キリスト教、特にカトリック教会の用語で、エクソシスムを行う人のこと。エクソシスムとは誓い、厳命を意味するギリシャ語であり、洗礼式の時に悪魔を捨てる誓約があるが、その後に悪魔にとりつかれた人から、悪魔を追い出して正常な状態に戻すことをいう。かつてはカトリック教会の下級叙階の位階の一つとして存在し「祓魔師」(ふつまし)と訳された。また、日本の神道用語が転用されたことがあるが、キリスト教と神道は異なる宗教であり、まったく別概念である。 カトリック教会 カトリック教会は「イエス・キリストがエクソシスムをなされたのであり、教会は主からの権能と職務を受けている」と述べる。 日本語の祓魔師はかつてカトリック教会に存在した下級叙階で、トリエント公会議で定められた三つの下級叙階の一つ。「守門」の次の位階にあたる。「悪魔を祓う」という意味の祓魔師は名称として存在しても、実際の職務は洗礼時に行われる悪霊の追放の儀式を執り行うことに限定されていた。 (Wikipedia:エクソシスト)

エクソシスト (映画)
『エクソシスト』(THE EXORCIST)は、1973年のアメリカのホラー映画。 少女に憑依した悪魔と神父の戦いを描いたオカルト映画の代表作である。本国において1973年の興業収入1位を記録した。第46回アカデミー賞の脚色賞と音響賞を受賞(後述)。 題名となっているエクソシストとは、英語で"悪魔払い(カトリック教会のエクソシスム)の祈祷師"という意味である。 ストーリー イラク北部で遺跡の発掘調査していたメリン神父(マックス・フォン・シドー)は、悪霊パズズの像を発見する。彼は「この邪悪な宿敵と再び対峙する日が近い」と予感する。 女優のクリス・マクニール(エレン・バースティン)は映画撮影のためにワシントン近郊のジョージタウンに家を借り、一人娘のリーガン(リンダ・ブレア)と共に滞在していた。 ジョージタウンに住むデミアン・カラス神父(ジェイソン・ミラー)は時々、ニューヨークに住む母親を見舞いに訪ねている。母親はギリシャからの移民でラジオでギリシャの音楽を聴いている。 クリスはやがて一人娘であるリーガンの異変に気付く。その声は邪悪な響きを帯びて形相も怪異なものに豹変したうえ、荒々しい言動は日を追って激しくなり、ついには医者からも見放される。 (Wikipedia:エクソシスト (映画))

エクソシスト2
『エクソシスト2』(EXORCIST II: THE HERETIC)は、1977年制作のアメリカ映画。1973年の『エクソシスト』の続編。内容はSF(サイエンスファンタジー)が入り混じった内容となっている。 ストーリー ジョージタウンの事件から4年後、フィリップ・ラモント神父は師であったランカスター・メリン神父の悪魔払いの調査をバチカンより依頼される。ラモントはリーガンの主治医ジーン・タスキン博士に許可を得て調査を行うが、博士の発明した催眠術装置によりリーガンの中に再び悪霊パズズが浸食しようとしているのを発見する。ラモントは、かつてメリン神父に悪魔払いで助けられたアフリカの少年コクモが成長し、パズズの力を凌駕するビジョンを見る。リーガンを救う方法を授かる為、ラモントはコクモに会うためにアフリカに向かう。 キャスト ※括弧内は日本語吹き替え(初放送1981年11月9日 TBS 『月曜ロードショー』) リーガン・マクニール - リンダ・ブレア(滝沢久美子) フィリップ・ラモント神父 - リチャード・バートン(鈴木瑞穂) ジーン・タスキン博士 - ルイーズ・フレッチャー(此島愛子) ランカスター・メリン神父 - マックス・フォン・シドー(松村彦次郎) コクモ - ジェームズ・アール・ジョーンズ(広瀬正志) シャロン・スペンサー - キティ・ウィン エドワーズ - ネッド・ビーティ(たてかべ和也) リズ - ベリンダ・ビーティ(山田栄子) パズズ - カレン・ナップ(クレジットなし)(沼波輝枝) 参考文献 関連項目 エクソシスト(悪魔祓い) 外部リンク ワーナー・ブラザースサイト (英語) ワーナー・ブラザースサイト (日本語)。 (Wikipedia:エクソシスト2)

エクソシスト3
『エクソシスト3』(THE EXORCIST III)は、1990制作のアメリカ映画。 『エクソシスト』の原作者であるウィリアム・ピーター・ブラッティが、最も気に入っていたキャラクターのキンダーマン警部を主人公にした物語を構想し、続編として『Legion』を書き上げ、自ら映画化した作品。『エクソシスト2』の出来に不満を持ったブラッティが1作目『エクソシスト』の正当続編として作ったものである。 ストーリー 1990年、ジョージタウンのポトマック川付近に黒人の少年の死体が発見される。その死体の状態が、首を切断されたうえにピエロのメイクが施されたキリストの像が挿げ替えられている異常なものだった。左手の中指は切り落とされ、右手に双子座のマークも彫りこまれている。事件にあたったキンダーマン警部は、15年前に解決している双子座の殺人事件に酷似している事に頭を悩ます。犯人は既に処刑されているからだ。 そして第二の事件が起こる。教会の告解室でカナバン神父が何者かに殺された。死体の手にはやはり双子座のマークが彫りこまれていた。同一犯の見方を強めたが、指紋は別のものであった。 (Wikipedia:エクソシスト3)


エクソシスト - 関連ブログ

データが取得できませんでした

エクソシスト - アマゾン検索


「エクソシスト」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す