[PR]

日別キーワード

第22位  宮古島 - 2018年01月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



宮古島
宮古島(みやこじま)は、沖縄本島から宮古海峡を経て南西に約290 km、東経125度、北緯24度に位置し、太平洋と東シナ海の間にある島である。南西諸島西部の島嶼群宮古列島に属し、先島諸島の一部を成している。面積は158.87 km²である。近隣には、池間島、大神島、伊良部島、下地島、来間島などがある。 名前の由来 「宮古(ミヤコ)」という地名は、元は「ミヤク」であったと考えられている。 池間島(字池間・字前里)・狩俣地区(字狩俣)に残された600年以上の歴史を持つアヤグ(宮古方言での詩歌のこと)によると、ミヤクとは「人(自分自身)の住んでいる所(地域・集落)」という意味である。この場合、言葉の由来は言葉の音によって「ミ(自分[?])」「ヤ(住んでいる)」「ク(場所・村)」の意味に分けられる。[?][no sources] 後述にあるように「麻姑山」と琉球王国時代には呼ばれており、約400年前にさかのぼる宮古上布は苧麻からつくられていることから、麻織物で築いた評判を由来とし、麻姑(mako)から宮古(mjɑːku [宮古方言])と推移したとする説もある。 (Wikipedia:宮古島)

宮古島市
宮古島市(みやこじまし)は、沖縄県宮古列島に位置する市。2005年(平成17年)10月1日、平良市と宮古郡伊良部町・上野村・城辺町・下地町の5市町村が合併(新設合併)して誕生した。沖縄県宮古事務所(旧・宮古支庁)所在地。 地理 宮古列島の宮古島の全域と池間島、大神島、来間島、伊良部島、下地島からなる。宮古島と池間島は池間大橋、宮古島と来間島は来間大橋、宮古島と伊良部島は伊良部大橋、伊良部島と下地島は6本の橋によって結ばれている。 気候 熱帯雨林気候や、それに限りなく近い温帯湿潤気候となっており、一年を通して高温多湿である。 宮古島地方気象台 気温 - 最高35.3℃(1971年(昭和46年)7月16日)、最低6.9℃(1967年(昭和42年)1月16日) 最大降水量 - 908.1ミリ(1959年(平成12年)9月15日) 最大瞬間風速 - 85.3メートル(1966年(昭和41年)9月15日) 夏日最多日数 - 259日(1998年(平成10年)) 真夏日最多日数 - 128日(1971年(昭和46年)) 猛暑日最多日数 - 2日(1971年(昭和46年)) 熱帯夜最多日数 - 127日(2013年(平成25)、1998年(平成10年)) 冬日最多日数 - 0日(1938年(昭和13年) - ) 字名一覧 住所表示はいずれも字名の前に旧市町村名がつく。 (Wikipedia:宮古島市)

宮古島市民球場
スタジアム名称 宮古島市民球場
愛称 Miyakojima Municipal Baseball Stadium
所在地 沖縄県宮古島市平良字西仲宗根1574-1
開場 1992年
所有者 宮古島市
管理・運用者 宮古島市
グラウンド 内野:クレー舗装外野:芝 天然芝
照明 あり
設計者
使用チーム、大会 オリックス・バファローズが春季キャンプ地として使用(1993年~)
収容能力 -人
規模 グラウンド面積:13,353m²両翼:97.6 m 中堅:122 m
フェンスの高さ
宮古島市民球場(みやこじましみんきゅうじょう)は、沖縄県宮古島市平良の宮古島市平良運動公園内にある野球場。宮古島市が運営管理を行っている。
プロ野球・オリックス・バファローズが春季キャンプ (プロ野球) キャンプに使用している。
1992年、当時の平良市に平良市民球場(ひららしみんきゅうじょう)として開場。こけら落し 杮落としとして2月29日の横浜大洋ホエールズ対中日ドラゴンズ戦が行われた。
(Wikipedia:宮古島市民球場)

宮古島台風
宮古島台風(みやこじまたいふう、昭和34年台風第14号、国際名:サラ〔Sarah〕)は、1959年9月に沖縄県(当時はアメリカの施政下)宮古島付近を通過し、同島に大きな被害を与えた台風である。 宮古島測候所で当時908.1ミリバール(ヘクトパスカル)の最低気圧を観測し、1934年の室戸台風の際に記録された911.6ミリバールを更新する、日本国内での記録となった。この記録は、後に1977年に沖永良部台風によってさらに更新された(907.3ヘクトパスカル)。 1966年9月に台風第18号が宮古島近海を通過して大被害を出したため、気象庁は18号を「第2宮古島台風」、先の台風第14号をさかのぼって「宮古島台風」と命名した。 台風は東シナ海を北上したのち大韓民国の慶尚南道付近に上陸・通過。韓国全土で948人の死者・行方不明者を出した。台風通過時に釜山市で観測された最低気圧951.5ヘクトパスカルは、朝鮮半島で近代的な気象観測が始まって以来、半島本土で計測された最低の気圧で、2015年現在でも破られていない。 (Wikipedia:宮古島台風)

宮古島島民遭難事件
宮古島島民遭難事件(みやこじまとうみんそうなんじけん)は、日清修好条規の結ばれた1871年(明治4年)、琉球王国の首里王府に年貢を納めて帰途についた宮古、八重山の船4隻のうち、宮古船の1隻が台湾近海で遭難し、台湾東南海岸に漂着した69人のうち3人が溺死(1名は高齢のため脱落説あり)、台湾山中をさまよった生存者のうち54名が台湾原住民によって殺害された事件である。現在の日本史教科書では、「琉球漂流民殺害事件」と記述されている。日本では長く「琉球漁民殺害事件」と記述されてきたが、「宮古島民台湾遭難(遭害)事件」、「台湾事件」などと称され、統一した呼称はない。台湾では遭難船が到着した場所に因み、「八瑤灣事件」(はちようわんじけん)、あるいは「台湾出兵」と一連のものととらえて「牡丹社事件」と称する。 日本政府は、事件に対し清朝に厳重に抗議したが、原住民は「化外の民」(国家統治の及ばない者)であるという清朝からの返事があり、これにより、日本政府は1874年(明治7年)、台湾出兵を行った。 (Wikipedia:宮古島島民遭難事件)


宮古島 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

宮古島 - アマゾン検索


「宮古島」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す