[PR]

日別キーワード

第27位  石垣島 - 2018年01月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



石垣島
石垣島(いしがきじま)は、沖縄県石垣市に属する島で、沖縄県内では沖縄本島、西表島に次いで3番目に広い島である。日本全体では、本土と沖縄本島を含め、熊本県上天草市・天草市に属する天草上島に次いで 21番目の面積を持つ。人口は約4万8千人。 石垣島は八重山諸島の政治・経済・教育・交通などの中心地で、県庁所在地である那覇市との距離は南西に410km以上離れており、その距離は東京から岐阜間に相当する。逆に台湾とは概ね270kmしか離れておらず、地理的には日本のほとんどの地域よりも台湾に近い場所に位置している。白保竿根田原洞穴遺跡から日本最古と見られる約2万年前の人骨が見つかっている。 地理 地勢 概形としてはほぼ正方形に近く、北東部に細長く平久保半島が突き出ている。面積は222.25km²、島の中央やや北にある標高 525.5 m の於茂登岳は沖縄県の最高峰であり、この山以北は山がちとなっている。南部は隆起サンゴ礁の平地が多く、人口もこちらに集中する。南部に向かう宮良川の他には、あまり大きな川はない。 (Wikipedia:石垣島)

石垣島天文台
石垣島天文台(いしがきじまてんもんだい)とは、自然科学研究機構国立天文台、石垣市、石垣市教育委員会、特定非営利活動法人八重山星の会、沖縄県立石垣青少年の家、琉球大学の連携によって運営される新しいタイプの天文台。 昼間の見学は自由である。夜間は天体観望会が行われ、深夜は研究観測が行われる。 石垣島における天体観測施設は、まず名蔵地区の電波望遠鏡、国立天文台VERA石垣局の設置から始まった。日本全土をカバーする、VLBI観測網の整備が、野辺山宇宙電波観測所の開設当時から計画され、2002年に開設した。 その後、沖縄県をはじめとして石垣市や石垣市の青少年からの要請を受け、光学式天体望遠鏡の設置へと施設の拡充が進み、2006年、前勢岳の山頂に石垣島天文台が開設、現在に至る。大型の光学赤外線反射望遠鏡の設置・運用がなされる観測研究施設としては、日本最西南端に位置している。 なお、望遠鏡の有効口径は105cmで、光学望遠鏡としては九州・沖縄地方で最大である。 沿革 石垣島には国立天文台水沢VLBI観測所の観測点の一つであるVERA石垣島局が設置されていて、こちらは相対VLBI法(VERA)によって、銀河系の精密マップを作成することを中心に観測が行われている。 (Wikipedia:石垣島天文台)

石垣島製糖
社名 石垣島製糖株式会社
英文社名 Ishigakijima Sugar Manufacturing Co., Ltd.
ロゴ
種類 株式会社
市場情報
略称
国籍
郵便番号 907-0021
本社所在地 沖縄県石垣市字名蔵243番地
電話番号 0980-82-3940(代表)
業種 食料品
統一金融機関コード
SWIFTコード
事業内容 分蜜糖・糖蜜の製造販売
代表者 大濵 博文(代表取締役社長)
資本金 2億6,230万円
発行済株式総数 17万2,000株
売上高 13億3,496万9千円(2008年6月期)
(Wikipedia:石垣島製糖)

石垣島南方沖地震
石垣島南方沖地震(いしがきじまなんぽうおきじしん)は、1998年(平成10年)5月4日午前8時30分19秒に石垣島南方沖で発生した地震。 震源は北緯22度22.7分、東経125度26.2分の深さ35kmで、フィリピン海プレート内の地震と考えられている。地震の規模はM7.7、メカニズムは東西方向に圧縮軸を持つ横ずれ型で、規模の割に津波の発生しにくいメカニズムだった。 震度 各地の震度は以下の通り 被害 津波警報が出され、宮古島・八重山地方で1mの津波が予想されたが、石垣島・宮古島で10cm未満、与那国島でも微小津波を観測した程度で、被害はなく、死者、負傷者ともにゼロだった。これは地震の種類が横ずれ断層型だったためである。もし縦ずれ型であったならば、宮古島・八重山地方で3mから4m程度の津波が来襲し多くの被害が出ただろうと考えられている。 脚注 関連項目 八重山地震 南西諸島近海地震 地震の年表。 (Wikipedia:石垣島南方沖地震)


石垣島 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

石垣島 - アマゾン検索


「石垣島」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す