[PR]

日別キーワード

第31位  徳間書店 - 2018年01月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



徳間書店
株式会社徳間書店(とくましょてん、Tokuma Shoten Publishing Co., Ltd.)は、日本の出版社。エンタテインメント分野が中心。 新聞編集の東京タイムズ、音楽・映像ソフトの徳間ジャパンコミュニケーションズ、映画の大映、アニメのスタジオジブリ、ゲーム・パーソナルコンピュータの徳間書店インターメディア(TIM)、新聞印刷のトクマプレスセンターの各社を擁した「徳間書店グループ」を築いてその中核をなした。その後経営危機により徳間グループは解体され、現在は本来の出版業に専念している。 沿革 第二次世界大戦終結直後、言論統制の反動からか雨後の筍の如く勃興した新興新聞社の一つで、読売新聞社出身の竹井博友が1954年(昭和29年)の3月19日に興した東西芸能出版社が源流。芸能とゴシップ記事を中心とした『アサヒ芸能新聞』を発行していた。竹井自身は新聞界への情熱は持っていたようで、ほどなく東京で一般紙『日東新聞』を創刊している。しかし、この『日東新聞』創刊が裏目に出て東西芸能出版社の業績は急激に悪化。 (Wikipedia:徳間書店)

徳間書店インターメディア
徳間書店インターメディア株式会社(とくましょてんインターメディア、英文社名:Tokumashoten Intermedia Inc.、略称:TIM)は、かつて存在した日本の出版社およびゲームソフト開発会社である。1985年に徳間書店のゲームコンテンツ出版子会社として設立され、1997年6月1日に徳間書店へ吸収合併された。 徳間書店は、任天堂のファミリーコンピュータ(FC)用ゲームソフトの攻略法をまとめた『ファミリーコンピュータ大図鑑』シリーズやパソコン雑誌『テクノポリス』を刊行していたが、1985年に日本初のFC専門誌となる『ファミリーコンピュータMagazine』を創刊するにあたり、編集部門を分社しTIMを立ち上げた。当時の主な競合誌は、『ファミ通』、『LOG-iN』(共にアスキー刊行)など。 また、雑誌発行で得られたノウハウと人脈を利用してゲームソフト事業にも進出。PC用ゲームソフトの「テクノポリスソフト」(後に「GAMEテクノポリス」)、家庭用ゲームソフトの「Tim」の2つのブランドで事業展開した。 (Wikipedia:徳間書店インターメディア)


徳間書店 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

徳間書店 - アマゾン検索


「徳間書店」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す