[PR]

日別キーワード

第77位  インディアナポリス - 2018年01月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



インディアナポリス
インディアナポリス(英語: Indianapolis)は、アメリカ合衆国インディアナ州中央部マリオン郡にある都市。同州最大の都市かつ州都であり、同郡の郡庁所在地でもある。外資系を含めた自動車工業の成長によって、五大湖周辺の都市にしては人口増加を続けている珍しいケースの都市である。 インディアナポリスは、Indiana General Assemblyの活動によって1821年に州都として設立された。州の中央部に位置する市街地はほぼ正方形をなしており、当時のワシントンD.C.を模して整然とした都市開発が特徴的である。19世紀ごろから全米における地位を高め、その後は停滞するが天然ガスの発見により工業が発展しはじめる。一時は都市化の波に乗り遅れた時期もあったが、再開発に成功。大規模ショッピングセンターやコンベンションホールの建設、そして教育や文化、スポーツなどへの熱心さもあいまって、現代にいたるまで目覚ましい発展を遂げている。 (Wikipedia:インディアナポリス)

インディアナポリス (重巡洋艦)
インディアナポリス (USS Indianapolis, CA-35) は、アメリカ海軍のポートランド級重巡洋艦。1945年7月26日にテニアン島へ原子爆弾を運んだ後、7月30日フィリピン海で日本の潜水艦伊58(回天特別攻撃隊・多門隊)の雷撃により沈没した。第二次世界大戦で敵の攻撃により沈没した最後のアメリカ海軍水上艦艇である。 第二次世界大戦前 インディアナポリスは1930年3月31日、ニュージャージー州カムデンのニューヨーク造船所で起工された。1931年11月7日に進水し、フィラデルフィア海軍工廠でジョン・M・スミリー大佐の指揮下1932年11月15日に竣工した。 1932年2月23日まで大西洋とグアンタナモ湾で整調の後、パナマ運河地帯とチリ沖の太平洋で訓練を行った。フィラデルフィア海軍工廠でオーバーホールの後、1933年7月1日カンポベロ島でルーズベルト大統領を乗せるためメイン州へ向け出港した。同じ日の内にアナポリスに到着し、大統領を下ろした後1933年7月4日にアナポリスを離れフィラデルフィア海軍工廠に戻った。 (Wikipedia:インディアナポリス (重巡洋艦))

インディアナポリス・コルツ
インディアナポリス・コルツ(Indianapolis Colts)は、インディアナ州インディアナポリスに本拠を置くNFLチームである。1953年、ボルチモア・コルツ(1947-50)を直接の前身として創設された。スーパーボウルにはボルチモア・コルツ時代の第5回とインディアナポリス移転後の第41回と2度優勝している。 NFLには、ボルチモア・コルツという名称のチームが2つ存在していた。初代コルツは、1946年のAll-America Football Conference (AAFC) 創設時のチームのひとつで、1950年のAAFC合併時にNFLに加盟したが、そのシーズン後に解散している。 現在のインディアナポリス・コルツは、長い旅を経て今の場所に落ち着いた、と言える。NFLの公式記録としては、コルツは、1953年にボルチモアで発足したことになっている。1953年、NFLは、ボルチモア市に旧ダラス・テキサンズのフランチャイズを与えた。このフランチャイズは、コルツ発足までに、ボストン・ヤンクス (1944-48)、ニューヨーク・ブルドッグズ (1949)、ニューヨーク・ヤンクス (1950-51)、ダラス・テキサンズ (1952) と移動してきたものである。 (Wikipedia:インディアナポリス・コルツ)

インディアナポリス (インディアナ州)
『インディアナポリス』より : インディアナポリス (Indianapolis) は、アメリカ合衆国インディアナ州中央部に位置する同州最大の都市である。2000年現在の国勢調査によると、インディアナ州内で最も人口が多くアメリカ合衆国内で12番目に大きな都市である、ここの人口は791,926人である。2004年7月1日アメリカ合衆国統計局はインディアナポリス市の統合都市が794,160人であると見積もっていて大都市圏 (w:Nine-County Region 9つの郡地域と呼ばれる塊) は2百万人に迫る人口である。インディアナポリス市はマリオン郡 (インディアナ州) マリオン郡の郡庁所在地である。2004年現在、マリオン郡の人口は863,596人である。外資系を含めた自動車工業の成長によって、五大湖周辺の都市にしては人口増加を続けている珍しいケースの都市といえる。
(Wikipedia:インディアナポリス (インディアナ州))

インディアナポリス国際空港
インディアナポリス国際空港(英: Indianapolis International Airport)はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス市にある国際空港。空港コードは IND。インディアナ州にある最大の空港である。日本からの直行便はないが、各航空会社のハブ空港からインディアナポリス国際空港までは直行便が出ている。かつては、USエアウェイズの準ハブ空港だった(現在は、同社の業績不振により準ハブ空港ではない)。現在は、貨物輸送のフェデックス(フェデックス エクスプレス)のハブ空港であり、またエアトラン航空およびデルタ航空の焦点都市でもある。2008年11月12日から新ターミナルの供用を開始した。 空港は、1931年に開設され1944年に名前をWeir Cookに変更した。1975年に国際空港の指定を受ける前まで、旅客輸送や貨物輸送においてWeir Cook Municipal Airportの名前で呼ばれていた。 (Wikipedia:インディアナポリス国際空港)

インディアナポリス・モーター・スピードウェイ
インディアナポリス・モーター・スピードウェイ (Indianapolis Motor Speedway) は、アメリカ合衆国のインディアナ州インディアナポリス市郊外のスピードウェイ町にあるサーキット。世界3大レースの1つといわれるインディ500マイルが行われることで知られる。1909年に開設された歴史あるサーキットであり、1975年に国家歴史登録財に登録され、1987年に国定歴史建造物に指定された。 インディアナポリス・モーター・スピードウェイは世界で初めて「スピードウェイ」の名を冠したサーキットであり、世界で唯一国定文化財に指定されているモータースポーツ施設でもある。また、スポーツ施設として世界最大の収容能力を持ち、観客席数257,325席、最大収容人数は400,000人になる。 オープン当時はコースに何百万個もの煉瓦が敷かれていたため、オーバルコースは通称「ブリックヤード」と呼ばれ、同地で開催されるNASCAR・スプリントカップシリーズのレース名にも使われている。 (Wikipedia:インディアナポリス・モーター・スピードウェイ)

インディアナポリスモータースピードウェイ
『インディアナポリス・モーター・スピードウェイ』より : インディアナポリス・モーター・スピードウェイ (Indianapolis Motor Speedway) は、アメリカ合衆国のインディアナ州インディアナポリス市郊外のスピードウェイ町にあるサーキット。世界3大レースの1つといわれるインディ500マイルが行われることで知られる。1909年に開設された歴史あるサーキットであり、1975年に国家歴史登録財に登録され、1987年に国定歴史建造物に指定された。 インディアナポリス・モーター・スピードウェイは世界で初めて「スピードウェイ」の名を冠したサーキットであり、世界で唯一国定文化財に指定されているモータースポーツ施設でもある。また、スポーツ施設として世界最大の収容能力を持ち、観客席数257,325席、最大収容人数は400,000人になる。 オープン当時はコースに何百万個もの煉瓦が敷かれていたため、オーバルコースは通称「ブリックヤード」と呼ばれ、同地で開催されるNASCAR・スプリントカップシリーズのレース名にも使われている。 (Wikipedia:インディアナポリスモータースピードウェイ)

インディアナポリス号
『ポートランド級重巡洋艦』より : ポートランド級重巡洋艦(ポートランドきゅう じゅうじゅんようかん、Portland class Heavy Cruisers)はアメリカ海軍の巡洋艦の艦級。ワシントン軍縮条約の元で1930年に軽巡洋艦(CL-33)として起工された。しかし、ロンドン軍縮条約が締結され、艦種の類別を変更されたため、条約型重巡洋艦として進水した。アメリカ海軍が建造した初めての1万トン越え重巡洋艦となった。 ノーザンプトン級重巡洋艦(9,000t)より大型化され、排水量は10,000tを超えており、全長が伸びて艦橋が大型化された。兵装は同等であり、55口径8インチ3連装砲3基と25口径5インチ単装砲8基を装備。ノーザンプトン級で竣工後に撤去された魚雷発射管は、建造時から装備していない。外観は非常にバランスのとれた艦になっているが、トップヘビーによって復元性は悪化した。 ポートランドは太平洋戦争の開戦と同時に名だたる海戦にことごとく参加した。緒戦の珊瑚海海戦、ミッドウェー海戦、南太平洋海戦などで日本海軍と戦い、アメリカ海軍の新造重巡が実戦に配備されるに合わせ、上陸(火力)支援部隊に加わってレイテ沖海戦、沖縄戦に参加した。 (Wikipedia:インディアナポリス号)

インディアナポリス国際ヴァイオリン・コンクール
インディアナ国際ヴァイオリン・コンクール(International Violin Competition of Indianapolis)は、アメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリスで開催される若手ヴァイオリニストの音楽コンクール。
1982年、Thomas J. Beczkiewicz、ジョーゼフ・ギンゴールドらが提唱して第1回が開催され、以来、4年ごとに開催される。国際音楽コンクール連盟に加盟している。
第1位 Mihaela Martin (ルーマニア)
第2位 Ida Kavafian (アメリカ)
第3位 Yuval Yaron (イスラエル)
第4位 オリヴィエ・シャルリエ(フランス)
第5位 Nai-Yuan Hu (台湾)
第6位 長沼由里子(日本)
第1位 竹澤恭子(日本)
第2位 レオニダス・カヴァコス(ギリシャ)
第3位 Andrés Cárdenes (アメリカ)
第4位 Chin Kim (韓国)
(Wikipedia:インディアナポリス国際ヴァイオリン・コンクール)

インディアナポリス・インディアンズ
インディアナポリス・インディアンズ(Indianapolis Indians)は、アメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリスに本拠地をおくマイナーリーグの野球チームである。 インターナショナルリーグに属し、メジャーリーグのピッツバーグ・パイレーツ傘下AAA級チームである。本拠地球場はインディアナポリスのダウンタウンにあるヴィクトリー・フィールドである。 2007年のシーズンでは桑田真澄が、オープン戦の終盤に蒙った怪我からの回復後、メジャー昇格前に一時期所属した。 選手名鑑 現役選手 過去の主な所属選手 ベン・シーツ ルイス・マルティネス ジェフ・リーファー ポール・マホーム ザック・デューク ブライアン・バリントン ブラッド・エルドレッド 桑田真澄 ナイジャー・モーガン スティーブ・ピアース ロス・オーレンドルフ ヘイデン・ペン ジョシュ・ハリソン ゲリット・コール アンドリュー・ランボー 外部リンク Indianapolis Indians(英語版)。 (Wikipedia:インディアナポリス・インディアンズ)

インディアナポリス子供博物館
インディアナポリス子供博物館(The Children”s Museum of Indianapolis)は、インディアナ州インディアナポリスにある世界最大級のチルドレンズ・ミュージアムである。1925年に開館し、世界で4番目に古いチルドレンズ・ミュージアムと言われる。インディアナポリスのダウンタウンの北側にあり、現在の建物は1976年に作られたものである。
メインの階段は螺旋式になっており、それを使うことで5階まで行くことの出来る仕組みになっている。2006年に世界的に有名なガラス工芸家によって、「ガラスの花火」(Fireworks of Glass)と呼ばれるガラス勢の彫刻が螺旋階段近辺に付けられた。
アメリカ合衆国の博物館
マリオン郡 (インディアナ州)
The_Children”s_Museum_of_Indianapolis
(Wikipedia:インディアナポリス子供博物館)

インディアナポリス・スター
インディアナポリス・スター(Indianapolis Star)は1903年に創刊されたアメリカ合衆国の地方紙(ローカル新聞)である。この新聞社はインディアナ州インディアナポリスにあり、1999年にライバル紙の「インディアナポリス・ニュース」が廃刊された後は、この地域唯一の主要な新聞紙である。 2000年にガネット社に買収された。ピューリッツァー賞を1975年と1991年の2回受賞している。
アメリカ合衆国の新聞 いんていあなほりすすたあ
The Indianapolis Star
nl:The Indianapolis Star
(Wikipedia:インディアナポリス・スター)


インディアナポリス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

インディアナポリス - アマゾン検索


「インディアナポリス」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す