[PR]

日別キーワード

第79位  ウォール街 - 2018年01月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



ウォール街
ウォール街(ウォールがい、英: Wall Street、ウォールストリート)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタンの南端部(ロウアーマンハッタン)に位置する細い通りの一つ。ブロードウェイから東へイースト・リバーに下る場所にある。 現在では通りの周辺の区域も含めて、世界の金融地区「ウォール街」として定着しており、ニューヨーク証券取引所をはじめ米国の金融史とゆかりのある地区である。米国の金融業界や証券市場を指す比喩としての用法もある。 しかし現在では多くの金融機関が、かつてウォール街に置いていた本社機能をミッドタウン、ニュージャージー州やブリッジポートへと移転させてしまっている。JPモルガン・チェースが最後まで残っていたが、2001年11月、本社ビルをドイツ銀行に売却した。このため、もはやウォール街には純米国資本の大手金融機関の本部は存在しない。 付近にはニューヨーク連邦準備銀行やフェデラル・ホール、トリニティーチャーチなどもある。ブロードウェイを南に少し下ったところにある雄牛像は有名。なお、今や観光名物となったこのブロンズ像「チャージング・ブル(仮訳:突進する雄牛)」は、イタリアのシチリア島出身の芸術家アルトゥーロ・ディ・モディカ(Arturo Di Modica)が制作し、1989年12月15日に無許可でニューヨーク証券取引所前に設置したものだが、その後様々な手続きを経て現在の場所に至る。 (Wikipedia:ウォール街)

ウォール街 (映画)
作品名 ウォール街
原題 Wall Street
監督 オリバー・ストーン
製作総指揮
製作 エドワード・R・プレスマン
脚本 スタンリー・ワイザーオリバー・ストーン
出演者 マイケル・ダグラスチャーリー・シーンダリル・ハンナマーチン・シーンハル・ホルブルックテレンス・スタンプ
音楽 スチュワート・コープランド
主題歌
撮影監督
撮影 ロバート・リチャードソン (撮影監督) ロバート・リチャードソン
編集
配給 20世紀フォックス
上映時間 128分
言語 英語
制作費 $15,000,000
前作
次作
(Wikipedia:ウォール街 (映画))

ウォール街 (映画)
『ウォール街』(Wall Street)は、1987年公開のアメリカ映画。出世願望の強い若手証券マンと、冷酷かつ貪欲な投資銀行家の物語である。 米国では常識とも言えるほど知られた映画であり、経済・金融の論評や記事で引き合いに出されることも多い。作品は実際のウォール街にも大きな影響を与え、主人公である投資家、ゴードン・ゲッコーに憧れて投資銀行に入社する者や、ゴードンのファッションを真似る者などが後を絶たなかった。一方で監督オリバー・ストーンは、作中でゴードンと対立するカール・フォックスと同じく過剰な資本主義による倫理観の崩壊を嫌悪する側であり、ゴードン側の人間ばかり増やしてしまった事は大変遺憾だと述べている。 ゴードン・ゲッコー役のマイケル・ダグラスはこの作品でアカデミー主演男優賞を受賞している。一方でダリアン・テイラー役のダリル・ハンナはゴールデンラズベリー賞の最悪助演女優賞を受賞した。 2010年には続編『ウォール・ストリート』(Wall Street: Money Never Sleeps)が、再びマイケル・ダグラス主演で製作されている。 (Wikipedia:ウォール街 (映画))

ウォール街大暴落 (1929年)
ウォール街大暴落(ウォールがいだいぼうらく、Wall Street Crash)は、1929年に発生した株価大暴落である。その影響の広がりや期間を考慮に入れればアメリカ合衆国の歴史の中でも最大級の壊滅的な株価大暴落であった。単に株価大暴落(Stock Market Crash)、大暴落(Great Crash)ともいう。一般には世界恐慌のきっかけとされている。 この株式の崩壊を表すために、「ブラックサーズデー」、続いて「ブラックフライデー」、「ブラックマンデー」および「ブラックチューズデー」の4つの段階が通常使われている。大暴落は1日の出来事ではなかったので、この4つの段階はすべて適切である。最初の暴落は1929年10月24日(木曜日)に起こったが、壊滅的な下落は28日(月曜日)と同29日(火曜日)に起こり、アメリカ合衆国と世界に広がる前例の無い、また長期にわたる経済不況の警鐘と始まりに急展開した。 (Wikipedia:ウォール街大暴落 (1929年))


ウォール街 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ウォール街 - アマゾン検索


「ウォール街」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す