[PR]

日別キーワード

第94位  シジュウカラ - 2018年01月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



シジュウカラ
シジュウカラ(四十雀、学名 Parus minor)は、鳥類スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属の1種である。 分布 日本や韓国を含む東アジア、ロシア極東に分布する。 近縁種の Parus major が、ユーラシア中部・西部・北アフリカに生息する。アムール川流域では2種が交雑なしに共存している。 日本では4亜種が留鳥として周年生息する。 形態 全長は約14.5cm (13–16.5 cm) で、スズメぐらいの大きさ。翼開長は約22 cm。体重は11-20g。種小名 minor は「小さな」の意だが、シジュウカラ科の中では大型種である。 上面は青味がかった灰色や黒褐色、下面は淡褐色の羽毛で覆われる。頭頂は黒い羽毛で覆われ、頬および後頸には白い斑紋が入るが、喉から胸部にかけて黒い斑紋に分断され胸部の明色部とは繋がらない。喉から下尾筒(尾羽基部の下面)にかけて黒い縦線が入る。翼の色彩は灰黒色。大雨覆の先端に白い斑紋が入り、静止時には左右1本ずつの白い筋模様の翼帯に見える。 嘴の色彩は黒い。足の色彩は淡褐色。 オスは喉から下尾筒にかけての黒い縦線が、メスと比較してより太い。 (Wikipedia:シジュウカラ)

シジュウカラ科 (Sibley)
シジュウカラ上科(シジュウカラじょうか、学名 Paroidea)は、鳥類スズメ目の上科である。 系統と分類 系統樹は Johansson et al. (2008)より。 シジュウカラ上科+ウグイス上科+センニョヒタキ科はおそらく単系統をなすが、これらの間の系統関係ははっきりしない。 シジュウカラ上科は Sibley & Ahlquist (1990) が認めたスズメ小目の3上科にはなく、ウグイス上科に含められていた。ウグイス上科の基底では、まず現在のキバシリ上科が、次に現在のシジュウカラ上科が分岐したと考えられた。しかしこの系統は Alström et al. (2006) によりウグイス上科から除外された。 かつてはエナガ科 Aegithalidae(現在はウグイス上科とされる)がこの系統に近縁と考えられていた。Mayr & Amadon (1951) はツリスガラ科とエナガ科をシジュウカラ科に含め、シジュウカラ科をシジュウカラ亜科 Parinae・ツリスガラ亜科 Remizinae・エナガ亜科 Aegithalinae の3亜科に分けた。 (Wikipedia:シジュウカラ科 (Sibley))

シジュウカラ亜科 (Sibley)
シジュウカラ科(シジュウカラか、学名 Paridae)は、鳥類スズメ目の科である。シジュウカラ(四十雀)と総称されるが、狭義にはこの1種をシジュウカラと呼ぶ。 生息域 アフリカ大陸、北アメリカ大陸、ユーラシア 形態 最大種はサルタンガラで全長22cm。体重30g。多くの種では冠羽を持つ。 生態 主に森林に生息する。他種と混群を形成することもある。 食性は雑食で、主に昆虫を食べるが果実や種子も食べる。冬季には種子を主に食べる。また食物を蓄える種もいる。 繁殖形態は卵生。主に樹洞にコケを敷き詰めた巣を作るが、一部の種は自ら朽ち木に穴を掘ることもある。1日1個ずつ計4–12個の卵を産み、スズメ目内では一腹卵数が多く、特にアオガラの平均一腹卵数11個はスズメ目最多。メスのみが抱卵し、抱卵期間は13–14日。雛は孵化してから17–20日で巣立つ。 系統と分類 Sibley et al. (1988) ではウグイス上科に、シジュウカラ科 Paridae シジュウカラ亜科 Parinae として分類されていた。 (Wikipedia:シジュウカラ亜科 (Sibley))

シジュウカラガン
『カナダガン』より : シジュウカラガン (四十雀雁、学名:Branta hutchinsii )は、全身がマガンより黒味を帯び、両頬が白く首の付け根に白い輪がある。海洋の急峻な島嶼で繁殖する。 従来、カナダガン(学名:Branta Canadensis)の亜種とされていたが、現在は別種となった。 2004 年、米国鳥学会(American Ornithologists' Union)は、カナダガンを二つの種に分類した。すなわち大型の亜種を Canada Goose(学名:Branta Canadensis)に、亜種シジュウカラガンや亜種ヒメシジュウカラガンを含む小型亜種を Cackling Goose(学名:Branta hutchinsii)としてそれぞれ別種に分類した。日本でも日本鳥学会(Japanese Journal of Ornithology)が2012年の日本鳥類目録改訂第7版でこれを採用した。なお、従来はカナダガン(学名:Branta Canadensis)の亜種とされていたため、旧版の日本鳥類目録日本鳥学会では従来のBranta Canadensisの種全体の種名と亜種Branta hutchinsii leucopareiaの両方に「シジュウカラガン」を使用していた。 (Wikipedia:シジュウカラガン)

シジュウカラ科 (Sibley)
シジュウカラ上科(シジュウカラじょうか、学名 Paroidea)は、鳥類スズメ目の上科である。 系統と分類 系統樹は Johansson et al. (2008)より。 シジュウカラ上科+ウグイス上科+センニョヒタキ科はおそらく単系統をなすが、これらの間の系統関係ははっきりしない。 シジュウカラ上科は Sibley & Ahlquist (1990) が認めたスズメ小目の3上科にはなく、ウグイス上科に含められていた。ウグイス上科の基底では、まず現在のキバシリ上科が、次に現在のシジュウカラ上科が分岐したと考えられた。しかしこの系統は Alström et al. (2006) によりウグイス上科から除外された。 かつてはエナガ科 Aegithalidae(現在はウグイス上科とされる)がこの系統に近縁と考えられていた。Mayr & Amadon (1951) はツリスガラ科とエナガ科をシジュウカラ科に含め、シジュウカラ科をシジュウカラ亜科 Parinae・ツリスガラ亜科 Remizinae・エナガ亜科 Aegithalinae の3亜科に分けた。 (Wikipedia:シジュウカラ科 (Sibley))

シジュウカラ科
『』より : シジュウカラ科(シジュウカラか、学名 Paridae)は、鳥類スズメ目の科である。シジュウカラ(四十雀)と総称されるが、狭義にはこの1種をシジュウカラと呼ぶ。 生息域 アフリカ大陸、北アメリカ大陸、ユーラシア 形態 最大種はサルタンガラで全長22cm。体重30g。多くの種では冠羽を持つ。 生態 主に森林に生息する。他種と混群を形成することもある。 食性は雑食で、主に昆虫を食べるが果実や種子も食べる。冬季には種子を主に食べる。また食物を蓄える種もいる。 繁殖形態は卵生。主に樹洞にコケを敷き詰めた巣を作るが、一部の種は自ら朽ち木に穴を掘ることもある。1日1個ずつ計4–12個の卵を産み、スズメ目内では一腹卵数が多く、特にアオガラの平均一腹卵数11個はスズメ目最多。メスのみが抱卵し、抱卵期間は13–14日。雛は孵化してから17–20日で巣立つ。 系統と分類 Sibley et al. (1988) ではウグイス上科に、シジュウカラ科 Paridae シジュウカラ亜科 Parinae として分類されていた。 (Wikipedia:シジュウカラ科)


シジュウカラ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

シジュウカラ - アマゾン検索


「シジュウカラ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す