[PR]

日別キーワード

第100位  セカンド - 2018年01月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



セカンド
セカンド (second) 英語で「第二、2番目」などの意(序数詞)。2nd。 マニュアルトランスミッションにおける2速ギア。 オートマチックトランスミッションにおける強いエンジンブレーキの際に使用する。 野球の二塁。または二塁手。 ゲーム業界のセカンドパーティーの略。 ボクシングなどの格闘技に於いて、選手のコーチ役などを務める付添い人。セコンドを参照。 2nd - CHAGEのアルバム。 SECOND (OOMのアルバム) - OOMのミニアルバム。 秒 - 元々"second minute"(第2の分)と呼んでいたことによる。 SECOND (安保一生のアルバム) - 安保一生のミニアルバム。「第2の」「秒」「瞬間」など様々な意味を含む。 (Wikipedia:セカンド)

セカンドソース
セカンドソース (Second source) とはある会社が市場に供給している製品(オリジナル製品)に対し、他社が供給している同じ仕様の製品。半導体製品の分野で使用されることが多い。セカンドソースに対し、元々の製品はオリジナルやオリジナル製品、英語では"the first source"と呼ばれる。 狭義には、他社がオリジナル製品の製造会社と正規にセカンドソース製造契約を結んだ上で、設計情報の開示を受けて製造・販売する同一仕様の製品を指す。 広義には、需要者の視点でオリジナル製品と仕様が同じ他社製品全般を指す。この中には、オリジナル製品製造会社と契約を結ばず、無断で同一仕様の製品を製造・販売するものも含む。リバースエンジニアリングでマスクパターンを抽出して同一製品を作るものから、仕様を元に独自開発するものまで、さまざまな形態がある。 また「セカンドソース」はハードウェア的に直接置き換え可能な製品に対して使用される。 例えば、インテル製のCPUであるi80286に対しAMD製の[Am80286]]は差し替えてもそのまま動作するため、セカンドソースと呼ばれる。 (Wikipedia:セカンドソース)

セカンドレイプ
『性犯罪』より : 性犯罪(せいはんざい)とは犯罪のうち、強姦など性に関わるものである。 他人の自由を奪う性犯罪としては、暴行又は脅迫により行われる性犯罪である強姦が代表的なものである。また社会の風俗を乱す性犯罪として、公然わいせつ、わいせつ物陳列などがある。性犯罪の被害にあっても、世間体をはばかり恥と考えたり、報復をおそれたりして、訴え出ない場合(暗数)が多いと言われる。日本でも、海外でも、軽い性犯罪を届け出ない場合(暗数)は多い。 参考として警察庁の資料をみると、下記のように暴力的性犯罪という分類がみられる。ただし、他の報告では強姦、強制わいせつを性犯罪と呼んでいる箇所もあり、統一した定義というより、統計上の便宜的な定義のようである。 以上のことから、性犯罪かそうでないかの線引きは、当該行為を相手の同意を得て行っているかどうかによって定義するのが最も適切である。 但し、同意を得ていても13歳未満の女子に対する姦淫は強姦扱いであり、児童買春は、相手が児童であり尚且つ同意を得る手段に金銭を用いている為、性犯罪に該当するものと考えられる。 (Wikipedia:セカンドレイプ)

セカンド・ラブ
Name セカンド・ラブ
Artist 中森明菜
B-side 鏡の中のJ
Released 1982年11月10日1988年7月25日(再発)1988年12月21日(再発)1998年11月26日(再発)
Format シングル#EP盤 シングルレコード
Genre アイドル歌謡曲 ポップス
Length 7分57秒
Label ワーナーミュージック・ジャパン ワーナー・パイオニア
Producer 小田洋雄
Chart position * 1位(オリコンチャート オリコン)
1位(ザ・ベストテン)
1983年度年間順位8位(オリコン)
Certification * 第16回全日本有線放送大賞(上半期)優秀スター賞
第3回日本作曲大賞大賞
Last single 少女A(1982年)
This single セカンド・ラブ(1982年)
「セカンド・ラブ」は、中森明菜の通算3枚目のシングル。1982年11月10日にワーナーミュージック・ジャパン ワーナー・パイオニアよりリリースされた(レコード#レコード盤の形状 EP: L-1620)。
(Wikipedia:セカンド・ラブ)

セカンドベースマン
『二塁手』より : 二塁手(にるいしゅ、英: second baseman)は、野球やソフトボールにおける内野手の一つ。守備番号は4。英略字は2B(2nd Basemanから)。日本ではセカンドとも呼ばれる。 捕手・遊撃手・中堅手とともにセンターラインを形成し、守備の軸を担う。内野では遊撃手と並んで、高い守備技術が要求されるポジションである。しかし、二塁手は基本的に遊撃手より時間の余裕があるので、比較的ゆっくりと、つまりはより安全にゴロを処理することが出来る。 一・二塁間を中心に、遊撃手と連携して投手の後方を守り、状況に応じて中堅手の手前から一塁後方までカバーするため守備範囲は広い。打球への反応力・判断力とともに、俊足を備えていることが望ましい。守備位置が一塁に近いことから肩の強さは遊撃手や三塁手に比べ重視されないが、外野(とくに左中間・中堅・右中間の深いエリア)から送球される中継プレーにも関与するため、あまりの弱肩では務まらない。 (Wikipedia:セカンドベースマン)

セカンド・ベースマン
『二塁手』より : 二塁手(にるいしゅ、英: second baseman)は、野球やソフトボールにおける内野手の一つ。守備番号は4。英略字は2B(2nd Basemanから)。日本ではセカンドとも呼ばれる。 捕手・遊撃手・中堅手とともにセンターラインを形成し、守備の軸を担う。内野では遊撃手と並んで、高い守備技術が要求されるポジションである。しかし、二塁手は基本的に遊撃手より時間の余裕があるので、比較的ゆっくりと、つまりはより安全にゴロを処理することが出来る。 一・二塁間を中心に、遊撃手と連携して投手の後方を守り、状況に応じて中堅手の手前から一塁後方までカバーするため守備範囲は広い。打球への反応力・判断力とともに、俊足を備えていることが望ましい。守備位置が一塁に近いことから肩の強さは遊撃手や三塁手に比べ重視されないが、外野(とくに左中間・中堅・右中間の深いエリア)から送球される中継プレーにも関与するため、あまりの弱肩では務まらない。 (Wikipedia:セカンド・ベースマン)

セカンド・チャンス (テレビドラマ)
セカンド・チャンスは、1995年4月14日から6月30日にTBSテレビ TBS系で金曜21:00-21:53に全12回放送されたテレビドラマ。田中美佐子主演。
このドラマは若年層だけでなく主婦層等にも好評であった。また、主題歌である 岡本真夜の「TOMORROW」も大ヒットを飛ばす人気作となった。
藤井春子・田中美佐子
:夫を交通事故で亡くして以来、スーパーで働きながら3人の子供を女手ひとつで育てている。ある日、スーパーで働いているところ、野田勤に出会い、後に家族ぐるみの付き合いとなる。最終話で野田勤と結婚する。
野田勤・赤井英和
:娘の野田君子と2人で暮らしている。結婚式場で働いている。スーパーで藤井春子に出会い、惚れる。
藤井渡(長男)・堂本剛
:正義感が強く、母親は自分が守ると言わんばかりのちょっとマザコンが入った男の子。同じ中学に転入してきた野田君子に好かれる。バスケ部。
(Wikipedia:セカンド・チャンス (テレビドラマ))

セカンドインパクト
セカンドインパクトは、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の世界で発生した、架空の大規模災害。 「セカンド」という名称は、月生成時に起こったとされるジャイアントインパクト(セカンドインパクト後はこれをファーストインパクトと数えている)に次ぐ、2回目の全地球規模の危機をもたらした隕石衝突であることによる(ただし隕石衝突というのは、秘密結社ゼーレによる偽装である)。 2000年9月13日、南極大陸のマーカム山に10センチメートルに満たない極小の隕石が、光速の95%のスピードで落下。その質量は4.02×1020トンに達し、洪水、津波、海水面上昇、噴火、地殻変動、地軸の変動などの環境激変をきたし、初期に南半球で約20億人の死者が出た。この落下は数億年に一度の規模のものであり、落下の様子が衝突15分前にメキシコのアマチュア天文学者、セイモア・ナンによって観測された。 9月15日、インド・パキスタン間で難民同士による武力衝突が発生。これを発端として紛争が世界中に広がった。 9月20日、東京に新型爆弾が投下され50万人が死亡した(どこの国または組織から攻撃を受けたのかは不明)。 (Wikipedia:セカンドインパクト)

セカンドトップ
フォワード(英: Forward)とは、サッカーにおけるポジションの一つ。略記はFW。トップとも呼ばれる。 相手ゴールに一番近いところにポジションをとり、得点を取ることを主な役割とする。また得点シーンを作り出すためのチャンスメイクも大きな役割である。基本的に攻撃を担うポジションであるが、フォワードの位置する前線でボールを奪えればより相手ゴールに近い位置から攻撃を始められるため、現代サッカーでは守備(プレッシング)をすることが求められることも少なくない。 サッカーの創成期においてはほとんどの選手がフォワードであったが、ルールの改正や戦術の進化にともない、その数は徐々に減っていった。ツーバック・システムが登場した1870年代後半にはフォワード5人が基本になり、しばらくの間はこれが標準的な形となる。フォワード5人の内訳はセンターフォワード1人、インサイドフォワード2人、ウイング2人であった。1950年代にはフォワード4人のフォーメーション、1960年代にはフォワード3人のフォーメーションが登場してインサイドフォワードが消滅する。 (Wikipedia:セカンドトップ)

セカンドストライカー
『セカンドトップ』より : フォワード(英: Forward)とは、サッカーにおけるポジションの一つ。略記はFW。トップとも呼ばれる。 相手ゴールに一番近いところにポジションをとり、得点を取ることを主な役割とする。また得点シーンを作り出すためのチャンスメイクも大きな役割である。基本的に攻撃を担うポジションであるが、フォワードの位置する前線でボールを奪えればより相手ゴールに近い位置から攻撃を始められるため、現代サッカーでは守備(プレッシング)をすることが求められることも少なくない。 サッカーの創成期においてはほとんどの選手がフォワードであったが、ルールの改正や戦術の進化にともない、その数は徐々に減っていった。ツーバック・システムが登場した1870年代後半にはフォワード5人が基本になり、しばらくの間はこれが標準的な形となる。フォワード5人の内訳はセンターフォワード1人、インサイドフォワード2人、ウイング2人であった。1950年代にはフォワード4人のフォーメーション、1960年代にはフォワード3人のフォーメーションが登場してインサイドフォワードが消滅する。 (Wikipedia:セカンドストライカー)

セカンドアタッカー
『セカンドトップ』より : フォワード(英: Forward)とは、サッカーにおけるポジションの一つ。略記はFW。トップとも呼ばれる。 相手ゴールに一番近いところにポジションをとり、得点を取ることを主な役割とする。また得点シーンを作り出すためのチャンスメイクも大きな役割である。基本的に攻撃を担うポジションであるが、フォワードの位置する前線でボールを奪えればより相手ゴールに近い位置から攻撃を始められるため、現代サッカーでは守備(プレッシング)をすることが求められることも少なくない。 サッカーの創成期においてはほとんどの選手がフォワードであったが、ルールの改正や戦術の進化にともない、その数は徐々に減っていった。ツーバック・システムが登場した1870年代後半にはフォワード5人が基本になり、しばらくの間はこれが標準的な形となる。フォワード5人の内訳はセンターフォワード1人、インサイドフォワード2人、ウイング2人であった。1950年代にはフォワード4人のフォーメーション、1960年代にはフォワード3人のフォーメーションが登場してインサイドフォワードが消滅する。 (Wikipedia:セカンドアタッカー)

セカンドステージシリーズ
コズミック・イラの機動兵器では、『機動戦士ガンダムSEED』を初めとする「C.E.(コズミック・イラ)」作品に登場するモビルスーツ (MS) やモビルアーマー (MA) などの架空の兵器を解説する。 地球連合軍 ザフト オーブ連合首長国国防軍 MBF-02 ストライクルージュ アストレイ MBF-P01 アストレイ ゴールドフレーム MBF-P02 アストレイ レッドフレーム MBF-P03 アストレイ ブルーフレーム MBF-P04 アストレイ グリーンフレーム MBF-P05 アストレイ 5号機 MBF-M1 M1アストレイ MBF-M1A M1Aアストレイ MVF-M11C ムラサメ MVF-M12A オオツキガタ ORB-01 アカツキ クライン派/ファクトリー ZGMF-X19A インフィニットジャスティス ZGMF-X20A ストライクフリーダム ZGMF-XX09T ドムトルーパー ジャンク屋組合 MWF-JG71 レイスタ MWF-JG73 シビリアンアストレイJGカスタム キメラ 地球連合軍のミストラルをジャンク屋が改造した作業用ポッド。 (Wikipedia:セカンドステージシリーズ)

セカンドゴロ
『ゴロ』より : ゴロとは、野球・クリケットで打者の打ったボールが地面をバウンドもしくは転がりながら進んでいくもの(球場が天然芝か人工芝かによって、その特徴は異なる)。 語源はゴロを表す英語 (grounder) が転じたとも、擬音語のゴロゴロが転じたとも言われる。 新聞やテレビ放送時のテロップ表示などでは、ゴロの打球が守備側によって処理され、打者走者または塁上の走者のいずれかがアウトになった場合、その打球を処理した野手の守備位置によって以下のように表記される。 投ゴロ(ピッチャーゴロ:投手が処理したゴロ) 捕ゴロ(キャッチャーゴロ:捕手が処理したゴロ) 一ゴロ(ファーストゴロ:一塁手が処理したゴロ) 二ゴロ(セカンドゴロ:二塁手が処理したゴロ) 三ゴロ(サードゴロ:三塁手が処理したゴロ) 遊ゴロ(ショートゴロ:遊撃手が処理したゴロ) 左ゴロ(レフトゴロ:左翼手が処理したゴロ) 中ゴロ(センターゴロ:中堅手が処理したゴロ) 右ゴロ(ライトゴロ:右翼手が処理したゴロ)また、ある野手が打球を弾き(デフレクトと呼ばれる)、他の野手がカバーしてアウトにした場合、どこのゴロと表記されるかは各マスメディア次第である。 (Wikipedia:セカンドゴロ)

セカンド土井
『土井成樹』より : 土井 成樹(どい なるき、1980年10月4日 - )は、日本の男性プロレスラー。奈良県生駒市出身。DRAGON GATE所属。通称「暴走マッスル」「狂気の筋肉マン」。 2000年5月13日、ミラノコレクションA.T.率いるT2Pの一員として対新井健一郎戦でプロレスデビューを果たした。当時のリングネームは元読売ジャイアンツの土井正三から取られた「セカンド土井」。本人いわくサッカー好きなのに、なぜか野球のコスチュームにバット持参であった。 「セカンド土井」時代はたいした戦歴を残していなかったが、2005年に本名に戻すや筋肉をアピールしたブリーフスタイルになり、Final M2Kを裏切ってBlood Generationへと加入。同年3月にはオープン・ザ・ブレイブゲート王座の初代王者となり、ドラゴン・キッドに奪取されるまで5度の防衛を果たした。 2006年には吉野、岸和田らと共にBlood Generationを離脱。新ユニット「マッスル・アウトローズ」を結成する。レッスル・ジャムにおいて腰の負傷で欠場。11月に復帰した。その際嘘の引退セレモニーを行い、ドラゴン・キッドをだまし討ちした。 (Wikipedia:セカンド土井)

セカンドチャンス (キリスト教)
セカンドチャンスとは、キリスト教の一派で唱えられている宗教思想の一つで、キリストの福音を聞くことなく死んだ人々も死後、よみ(陰府、黄泉)の世界で福音を聞き、回心の機会が与えられるとするものである。ファーストチャンスはこの地上における回心の機会、セカンドチャンスは死後における回心の機会をさす。
セカンドチャンスがあるかないかに関し、キリスト教界には論争がある。海外では、イギリスの神学者ウィリアム・バークレーなどが死後の回心の機会を説いているが、日本では東京神学大学・元学長の熊沢義宣や、加藤常昭も、セカンドチャンスという言葉は使わないものの、同内容を説教集などで説いている。その後、大川従道は「セカンドチャンス」という言葉を使い、テレビ放送の聖日礼拝でこの内容を説いた。
(Wikipedia:セカンドチャンス (キリスト教))

セカンドチャンス
『セカンド・チャンス』より : セカンドチャンス、セカンド・チャンス セカンドチャンス - ページ置換アルゴリズムのひとつ。ページ置換アルゴリズム#セカンドチャンスを参照。 セカンドチャンス (1999年の映画) - 清水美砂、鈴木砂羽、倍賞美津子主演の日本のオムニバス映画。 セカンドチャンス (キリスト教) - キリスト教の一派が唱える宗教思想のひとつ。 セカンドチャンス (曲) - 1999年10月1日にリリースされた釈由美子のデビューシングル。 セカンドチャンス (バスケットボール) - バスケットボールでシュートが外れた後、オフェンスがリバウンドを確保し再度攻撃のチャンスを得ること。 セカンド・チャンス (1983年の映画) - ジョン・トラボルタ主演によるアメリカ合衆国の映画作品。 セカンド・チャンス (テレビドラマ) - 1995年の田中美佐子、赤井英和主演による日本のテレビドラマ。 セカンド・チャンス (テレノベラ)。 (Wikipedia:セカンドチャンス)

セカンド・チャンス
セカンドチャンス、セカンド・チャンス セカンドチャンス - ページ置換アルゴリズムのひとつ。ページ置換アルゴリズム#セカンドチャンスを参照。 セカンドチャンス (1999年の映画) - 清水美砂、鈴木砂羽、倍賞美津子主演の日本のオムニバス映画。 セカンドチャンス (キリスト教) - キリスト教の一派が唱える宗教思想のひとつ。 セカンドチャンス (曲) - 1999年10月1日にリリースされた釈由美子のデビューシングル。 セカンドチャンス (バスケットボール) - バスケットボールでシュートが外れた後、オフェンスがリバウンドを確保し再度攻撃のチャンスを得ること。 セカンド・チャンス (1983年の映画) - ジョン・トラボルタ主演によるアメリカ合衆国の映画作品。 セカンド・チャンス (テレビドラマ) - 1995年の田中美佐子、赤井英和主演による日本のテレビドラマ。 セカンド・チャンス (テレノベラ)。 (Wikipedia:セカンド・チャンス)

セカンド・オピニオン
セカンド・オピニオン(英: Second opinion)とは、よりよい決断をするために、当事者以外の専門的な知識を持った第三者に求める「意見」、または「意見を求める行為」のことである。 日本においては主に医療の分野で用いられる用語であり、本項でもそれについて解説する。 医療 医療の分野の場合、患者が検査や治療を受けるに当たって主治医以外の医師に求めた「意見」、または、「意見を求める行為」。主治医に「すべてを任せる」という従来の医師患者関係を脱して、複数の専門家の意見を聞くことで、より適した治療法を患者自身が選択していくべきと言う考え方に沿ったものである。 セカンド・オピニオンを求める場合、まずは主治医に話して他医への診療情報提供書を作成してもらう必要がある。意見を求められた医師は、これまでの治療経過や病状の推移を把握しないことには適切な助言をすることが難しいからである。その上で紹介先を受診し意見を求めることになる。このとき新たな検査を必要とすることもある。 セカンド・オピニオン外来(自費診療)を受診する場合は、セカンド・オピニオンは「診療」ではなく「相談」になるため、健康保険給付の対象とはならず、全額自己負担となる(なお保険医療機関を受診し保険証を提示して、患者が一般外来での保険診療を希望する場合は、保険診療の取扱いとなる)。 (Wikipedia:セカンド・オピニオン)

セカンドオピニオン
『セカンド・オピニオン』より : セカンド・オピニオン(英: Second opinion)とは、よりよい決断をするために、当事者以外の専門的な知識を持った第三者に求める「意見」、または「意見を求める行為」のことである。 日本においては主に医療の分野で用いられる用語であり、本項でもそれについて解説する。 医療 医療の分野の場合、患者が検査や治療を受けるに当たって主治医以外の医師に求めた「意見」、または、「意見を求める行為」。主治医に「すべてを任せる」という従来の医師患者関係を脱して、複数の専門家の意見を聞くことで、より適した治療法を患者自身が選択していくべきと言う考え方に沿ったものである。 セカンド・オピニオンを求める場合、まずは主治医に話して他医への診療情報提供書を作成してもらう必要がある。意見を求められた医師は、これまでの治療経過や病状の推移を把握しないことには適切な助言をすることが難しいからである。その上で紹介先を受診し意見を求めることになる。このとき新たな検査を必要とすることもある。 セカンド・オピニオン外来(自費診療)を受診する場合は、セカンド・オピニオンは「診療」ではなく「相談」になるため、健康保険給付の対象とはならず、全額自己負担となる(なお保険医療機関を受診し保険証を提示して、患者が一般外来での保険診療を希望する場合は、保険診療の取扱いとなる)。 (Wikipedia:セカンドオピニオン)

セカンドキャッシュ
『L2キャッシュ』より : L2キャッシュ (level2 cache) とは、L1キャッシュより下位のキャッシュメモリである。CPUが動作する時に、CPUの速度とメモリの速度のギャップを埋めるために使われるメインメモリーより小容量ながら高速メモリのこと。2次キャッシュ、あるいはセカンダリキャッシュなどとも呼ばれる。 CPUのキャッシュとしては、L2キャッシュよりもさらに高速なL1キャッシュが存在する。L1キャッシュはCPUのアーキテクチャと密接に連動して動くため、高速だが容量を増やすことが難しい。そのためメインメモリよりは高速で、L1キャッシュよりも容量を増やすことが容易なL2キャッシュがCPUの性能向上の手段として有効である。 PentiumIIなどのCPUでは、CPUダイと独立したSRAMをL2キャッシュとしてCPUボードに実装していたが、現在ではCPUのシリコンダイの上に演算回路と一緒に形成する手法が一般的である。 (Wikipedia:セカンドキャッシュ)

セカンド・サマー・オブ・ラブ
セカンド・サマー・オブ・ラブ (The Second Summer Of Love) は80年代後半にイギリスで起きたダンス・ミュージックのムーブメント。その名称は60年代後半のヒッピー・ムーブメント「サマー・オブ・ラブ」に由来している(その再来という意味で「セカンド」と呼ばれた)。 解説 その発祥は、スペインのイビサ島でプレイされていたマーシャル・ジェファーソン、フランキー・ナックルズなどのシカゴ・ハウスの楽曲群やその他のジャンルの曲を、そうしたジャンルを越えてプレイする自由なDJスタイルと言われる。そしてダニー・ランプリング、ポール・オークンフィールドらイギリスのDJがバカンスでイビサ島を訪れた際にそれをイギリスへと持ち帰り、世界的な流行の発端となった。流行の中心地となったのは首都ロンドンではなく、以前からクラブ文化の盛んであったマンチェスターやリバプールなどの北部の工業都市群である。 音楽のスタイルとしてはアシッド・ハウスと呼ばれるものが中心で、各地で大規模なレイヴが開催された。 (Wikipedia:セカンド・サマー・オブ・ラブ)


セカンド - 関連ブログ

データが取得できませんでした

セカンド - アマゾン検索


「セカンド」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す