[PR]

日別キーワード

第1位  センター試験 - 2018年01月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



センター試験
『大学入試センター試験』より : 大学入試センター試験(だいがくにゅうしセンターしけん、英語: National Center Test for University Admissions)とは、独立行政法人大学入試センターによって、例年1月13日以降の最初の土曜日・日曜日の2日間にわたって行われる、日本の大学の共通入学試験である。かつての国公立大学共通第1次学力試験が大学共通第1次学力試験と改められ、さらに改称して現在に至る。 全教科・全科目で設問の解答をマークシートに記入する方式となっており、記述式の設問はない。科目ごとに決まっている高等学校の学習指導要領に沿って出題される。 平均点は各科目とも6割程度になるように作成してあるが、年度や科目によっては、想定以上のずれが生じることがある。 試験会場は国内ほとんどの大学が主となるが、一部の高校や予備校でも行われる。試験会場は年によって異なる場合があり、その年の年度後半に発表される。なお、試験1日目の前日の金曜日は、設営準備や不正防止のため、試験会場の建物とその周辺が「関係者以外立入禁止」となる場合がほとんどである。 (Wikipedia:センター試験)


センター試験 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  工藤遥 - 2018年01月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



工藤遥
工藤 遥(くどう はるか、1999年10月27日 - )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループ、およびボーカル&ダンスグループであるモーニング娘。の第10期メンバーである。元ハロプロエッグメンバーであり、モーニング娘。の10期メンバーの中では唯一のハロプロエッグ出身者である。 幼稚園の年少組に所属していた頃、発表会で「モーニング娘。のひょっこりひょうたん島」を披露した。そのことがきっかけとなり、モーニング娘。の曲を聴くようになった。 2010年1月ごろ、ハロプロエッグに加入した。 2010年3月27日、『2010 ハロー!プロジェクト新人公演 3月 〜横浜GOLD!〜』にて、ハロプロエッグの新メンバーとして紹介された。ハロプロエッグを志望した理由は、アイドルに憧れてテレビに出たいと思っており、また、モーニング娘。が好きだったからである。 2010年5月1日、『ハロー!プロジェクト プレゼンツ〜ハロ☆フェス in お台場グルメPARK〜』にて、ステージ上でパフォーマンスを初披露。 (Wikipedia:工藤遥)

工藤遥加
工藤 遥加(くどう はるか、1992年11月18日 - )は日本のプロゴルファー。 経歴・人物 1992年、埼玉県出身。父親はプロ野球・福岡ソフトバンクホークス監督の工藤公康、兄は俳優の工藤阿須加。野球選手としてプレーしていて自宅に不在がちな父との会話を増やすきっかけになればと考え、12歳でゴルフを始めた。中学2年生だった2006年冬にはアリゾナ州で自主トレを行なった父に同行し、一緒にゴルフコースを回った。この時に飛距離で上回りながらも完敗した事がきっかけでゴルフに打ち込むようになったという。 その後ゴルフの強豪である東北高校に進学したが、より多くラウンドをこなすため通信制の日出高校に転校。佐倉市で祖母と2人暮らしをしながら、電車やバスを乗り継いで練習場や試合会場へ向かう生活を送った。2010年の千葉国体ではゴルフ女子の千葉県代表に選出され、団体戦で4位となっている。2011年7月にJLPGAのプロテストを受験し、2日目まで48位だったものの最終日に66とスコアを伸ばして通算9オーバーの9位で合格した。 (Wikipedia:工藤遥加)


工藤遥 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  広辞苑 - 2018年01月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



広辞苑
『広辞苑』(こうじえん)とは、岩波書店が発行している中型の日本語国語辞典である。 昭和初期に出版された『辞苑』(じえん)(博文館刊)の改訂作業を引継ぎ、第二次世界大戦後新たに発行元を岩波書店に変え、書名を『広辞苑』と改めて出版された。中型国語辞典としては三省堂の『大辞林』と並ぶ両雄で、携帯機器に電子辞書の形で収録されることも多い。収録語数は、第六版で約24万語。 出版以来版を重ね、日本国内はもとより、世界の社会情勢や約3,000点の図版、地図などを収録し、百科事典も兼ねる働きを持っている。 沿革 『辞苑』誕生 『広辞苑』の出発点となる素案は、大正末期から昭和初年にかけ、民族・民俗学や考古学の名著を多数世に送り出した岡書院店主の岡茂雄による。1930年(昭和5年)末、不況下の出版業が取るべき方策を盟友岩波茂雄に相談の折、「教科書とか、辞書とか、講座物に力を注ぐべし」との助言を得て、中・高生から家庭向き国語辞典刊行を思い立ち、旧知の新村出に依頼したのが発端となる。 (Wikipedia:広辞苑)


広辞苑 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  たくのみ。 - 2018年01月15日


関連するイメージは見つかりませんでした




たくのみ。 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  メルヘン・メドヘン - 2018年01月15日


関連するイメージは見つかりませんでした




メルヘン・メドヘン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す