[PR]

日別キーワード

第3位  広辞苑 - 2018年01月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



広辞苑
『広辞苑』(こうじえん)とは、岩波書店が発行している中型の日本語国語辞典である。 昭和初期に出版された『辞苑』(じえん)(博文館刊)の改訂作業を引継ぎ、第二次世界大戦後新たに発行元を岩波書店に変え、書名を『広辞苑』と改めて出版された。中型国語辞典としては三省堂の『大辞林』と並ぶ両雄で、携帯機器に電子辞書の形で収録されることも多い。収録語数は、第六版で約24万語。 出版以来版を重ね、日本国内はもとより、世界の社会情勢や約3,000点の図版、地図などを収録し、百科事典も兼ねる働きを持っている。 沿革 『辞苑』誕生 『広辞苑』の出発点となる素案は、大正末期から昭和初年にかけ、民族・民俗学や考古学の名著を多数世に送り出した岡書院店主の岡茂雄による。1930年(昭和5年)末、不況下の出版業が取るべき方策を盟友岩波茂雄に相談の折、「教科書とか、辞書とか、講座物に力を注ぐべし」との助言を得て、中・高生から家庭向き国語辞典刊行を思い立ち、旧知の新村出に依頼したのが発端となる。 (Wikipedia:広辞苑)


広辞苑 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

広辞苑 - アマゾン検索


「広辞苑」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す