[PR]

日別キーワード

第10位  三条市 - 2018年01月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



三条市
三条市(さんじょうし)は、新潟県のほぼ中央部に位置する市である。 県下有数の工業都市。市域の大部分が旧南蒲原郡の町村から成り、新潟県の中越地方に分類されるが、後述の自動車ナンバープレート等に見られる様に下越地方に含まれる場合もある。近年では「県央地域」の呼び名が一般的となっており、隣接する燕市や加茂市、田上町、弥彦村などから成る同地域の中心都市となっている。 2005年(平成17年)5月1日、旧三条市と南蒲原郡栄町、同郡下田村の3市町村による新設合併をもって、現在の三条市が発足した。合併当時の人口は約10万8千人を数え、新潟市、長岡市、上越市に次ぐ県内第4位の人口を擁する都市となった。近年の人口は同規模を有する新発田市とともに、県内4位から5位の間を推移している。 隣接する燕市は、ともに金属加工を中心に栄えたこともあって古くから相互補完の関係が深い。 しかし一方で、根深い対立を抱えている側面もあり、過去には両市の境界に所在する日本国有鉄道(当時、現在の東日本旅客鉄道)の燕三条駅や、北陸自動車道の三条燕インターチェンジについて、名称の扱いを巡り論争が起こったことがある。 (Wikipedia:三条市)

三条市民球場
三条市総合運動公園市民球場(さんじょうし そうごううんどうこうえん しみんきゅうじょう)は、新潟県三条市の三条市総合運動公園(槻の森運動公園)内にある野球場。一般には三条市民球場(さんじょうしみんきゅうじょう)と呼ばれる。施設は三条市が所有し、丸富が指定管理者として運営管理を行っている。 施設命名権(ネーミングライツ)導入により、呼称を三条パール金属スタジアム(さんじょうパールきんぞくスタジアム)としている。 概要・歴史 三条市の市制60周年記念事業の一環で整備され、1995年2月28日、新潟県で初めてプロ野球公式戦開催規格を充足する野球場として竣工した。 NPB公式戦 1995年6月10日:近鉄バファローズ対日本ハムファイターズ戦 NPB2軍 ~2008年:読売ジャイアンツ(巨人)が毎年春(5月もしくは6月)に1試合 2009年~:阪神タイガースが毎年2試合 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ 新潟市と長岡市のほぼ中間点に位置し、かつ設備が県内の野球場の中では比較的整っていることなどからベースボール・チャレンジ・リーグのが球団創設の2007年以来、ホームゲームの主たる開催野球場としている。 (Wikipedia:三条市民球場)


三条市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

三条市 - アマゾン検索


「三条市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す