[PR]

日別キーワード

第20位  日立製作所 - 2018年01月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



日立製作所
株式会社日立製作所(ひたちせいさくしょ)は、日本最大の総合電機メーカー。大手電機8社(日立製作所、パナソニック、東芝、三菱電機、ソニー、シャープ、NEC、富士通)の一角。重電9社(日立製作所、東芝、三菱電機、富士電機、明電舎、ダイヘン、東光高岳、日新電機)の一角。また、大手重電3社(日立製作所、東芝、三菱電機)の一角。 通称は日立・HITACHIなどである。特に創業の地であり、主力工場を抱える茨城県日立市などでは、行政機関の日立市や他の日立グループ各社などと区別するため、日製(にっせい:「日」立「製」作所の略称)とも呼ばれている(後述参照)。 前身は、現在の茨城県日立市にあった銅と硫化鉄鉱を産出する久原鉱業所日立鉱山である。日立鉱山を母体として久原財閥が誕生し、久原財閥の流れを受けて日産コンツェルンが形成された。また、日立鉱山で使用する機械の修理製造部門が、1910年(明治43年)に国産初の5馬力誘導電動機(モーター)を完成させて、日立製作所が設立された。 (Wikipedia:日立製作所)

日立製作所本社サッカー部
日立製作所本社サッカー部(ひたちせいさくしょほんしゃサッカーぶ)は、かつて存在した日本のサッカークラブ。日立製作所のサッカー部として1940年に創部した。日本プロサッカーリーグに加盟する柏レイソルの前身となったクラブである。 1935年に開催された関東蹴球協会(現:関東サッカー協会)主催の第4回関東実業団蹴球大会の1回戦(対東京記者団、7-0で勝利)が文献から確認できる「日立製作所」の初めての公式戦であり、この大会で準優勝の成績を収めている。以降も関東実業団蹴球大会に出場し、第5回(1936年)および第6回(1937年)で準優勝。第7回大会(1938年)は決勝で千代田生命保険を破り優勝した。 なお、本サッカー部の創設年は一般に1940年であり、当初は「日立製作所本社サッカー部(日立本社サッカー部)」の名称であった。この「日立本社サッカー部」が創設された1940年以降で確認できる初の公式戦である第10回関東実業団蹴球大会の1回戦・明治製菓戦(1941年2月2日)は2-0で勝利。 (Wikipedia:日立製作所本社サッカー部)

日立製作所サッカー部
『日立製作所本社サッカー部』より : 日立製作所本社サッカー部(ひたちせいさくしょほんしゃサッカーぶ)は、かつて存在した日本のサッカークラブ。日立製作所のサッカー部として1940年に創部した。日本プロサッカーリーグに加盟する柏レイソルの前身となったクラブである。 1935年に開催された関東蹴球協会(現:関東サッカー協会)主催の第4回関東実業団蹴球大会の1回戦(対東京記者団、7-0で勝利)が文献から確認できる「日立製作所」の初めての公式戦であり、この大会で準優勝の成績を収めている。以降も関東実業団蹴球大会に出場し、第5回(1936年)および第6回(1937年)で準優勝。第7回大会(1938年)は決勝で千代田生命保険を破り優勝した。 なお、本サッカー部の創設年は一般に1940年であり、当初は「日立製作所本社サッカー部(日立本社サッカー部)」の名称であった。この「日立本社サッカー部」が創設された1940年以降で確認できる初の公式戦である第10回関東実業団蹴球大会の1回戦・明治製菓戦(1941年2月2日)は2-0で勝利。 (Wikipedia:日立製作所サッカー部)

日立製作所硬式野球部
日立製作所硬式野球部(ひたちせいさくしょこうしきやきゅうぶ)は、茨城県日立市に本拠地を置き、日本野球連盟に所属する社会人野球チームである。 創部1916年と、関東最古参チームの一つである。近年は元プロ野球選手を積極的に受け入れてチーム力の向上に余念がない。 最近、都市対抗野球ではスタンドを埋め尽くすオレンジ色のウェアの大応援団が名物となっている。2大大会には数多く出場しているが、まだ優勝経験がない。 公式プロモーション映像 勝ちどきあげよ 日立製作所野球部 設立・沿革 1916年 創部 1955年 都市対抗野球初出場(初戦敗退) 1974年 日本選手権初出場(第1回大会;8強) 主要大会の出場歴・最高成績 都市対抗野球 出場33回、4強2回(1967,73年) 日本選手権 出場10回、8強5回(1974,84,93,2003,08年) JABA北海道大会 優勝2回(1983,95年) JABA東京スポニチ大会 優勝2回(1965,93年) JABA静岡大会 優勝1回(1972年) JABA京都大会 優勝1回(1967年) JABA九州大会 優勝2回(2006,15年) JABA日立市長杯争奪大会 優勝3回(1988,2001,07年) 主な出身プロ野球選手 嵯峨野昇:内野手 - 1965年ドラフト 東京オリオンズ3位指名 渡辺孝博:投手 - 1971年ドラフト ヤクルトスワローズ5位指名 佐藤博:投手 - 1973年ドラフト ヤクルト1位指名 鳥原公二:投手 - 1977年ドラフト ヤクルト5位指名 佐藤秀明:投手 - 1984年ドラフト 阪神タイガース2位指名 内田強:捕手 - 1985年ドラフト 中日ドラゴンズ3位指名 酒井勉:投手 - 1988年ドラフト オリックスブルーウェーブ1位指名 鈴木俊雄:捕手 - 1989年ドラフト ロッテオリオンズ2位指名 若林弘泰:投手 - 1991年ドラフト 中日4位指名 斎藤充弘:投手 - 1993年ドラフト ヤクルト2位指名 諸積兼司:外野手 - 1993年ドラフト 千葉ロッテマリーンズ5位指名 生駒雅紀:投手 - 1996年ドラフト 日本ハムファイターズ5位指名 橿渕聡:外野手 - 1998年ドラフト ヤクルト3位指名 木村昌広:投手 - 1998年ドラフト オリックス4位指名 荻野忠寛:投手 - 2006年大学生・社会人ドラフト ロッテ4巡目指名 谷哲也:内野手 - 2007年大学生・社会人ドラフト 中日3巡目指名 比嘉幹貴:投手 - 2009年大学生・社会人ドラフト オリックス2位指名 大場達也:投手 - 2012年ドラフト ヤクルト7位指名 主な在籍選手 猿川拓朗投手 山本淳投手 田中政則内野手 中村良憲内野手 岡崎啓介内野手 元プロ野球選手の競技者登録 山本淳投手(元西武) 荻野忠寛投手(元ロッテ) 渡辺進コーチ(元ヤクルト) 久米勇紀投手(元巨人;退部) 斉藤肇投手、コーチ(元横浜、台湾・兄弟;退部) 高橋一正投手(元ヤクルト;退部) 清川栄治投手コーチ(元広島、近鉄 ; 退部) その他の選手 内田睦夫(引退後は同社の監督を経て、2001年には東京都立高島高等学校校長になった。 (Wikipedia:日立製作所硬式野球部)


日立製作所 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

日立製作所 - アマゾン検索


「日立製作所」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す