[PR]

日別キーワード

第45位  ワシントン・ポスト - 2018年01月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



ワシントン・ポスト
ワシントン・ポスト(英語:The Washington Post)は、1877年創刊のアメリカ合衆国・ワシントンD.C.の新聞である。米国内での発行部数は66万部で、USAトゥデイ(211万部 本紙のみ全国紙)、ウォール・ストリート・ジャーナル(208万部)、ニューヨーク・タイムズ(103万部)、ロサンゼルス・タイムズ(72万部)に次いで第5位。 ワシントンD.C.の地方紙。 二世代にわたってワシントン・ポスト社を所有していたマクリーン家の破産後に、ユージン・メイヤー(1875年 - 1959年)が同社を買収し、その娘のキャサリン・グレアムが夫のフィリップ・グレアムの自殺以降、同社を支配管理した。彼女は、この新聞の発行人を1969年から1979年まで務め、1973年から1991年まで社長を、1999年から亡くなる2001年まで会長を歴任した。息子のドナルド・グレアムも1979年から2000年まで発行人を務めた。彼に引継ぎ、ボイスヒューレット・ジョーンズ・ジュニアがワシントン・ポストの発行人及びCEOを務めている。 (Wikipedia:ワシントン・ポスト)

ワシントン・ポスト (行進曲)
ワシントン・ポスト(原題:The Washington Post)とは1889年にジョン・フィリップ・スーザによって作曲された愛国的なアメリカ合衆国の行進曲である。アメリカをはじめ多くの国で、スーザのもっとも有名な行進曲の1つとして広まっている。 作曲の経緯 1889年、アメリカの新聞「ワシントン・ポスト」のオーナーが紙上で行われた作文コンテストの表彰式で使う行進曲の作曲を当時アメリカ海兵隊楽団長であったスーザに依頼した。スーザはその依頼に応え作曲し同年6月15日の表彰式で初演され、瞬く間にヒットした。この行進曲は、かつては平凡な新聞であったワシントン・ポスト紙に名声と注目をもたらしたと多くの人は語った。この出来事から、あるイギリス人のジャーナリストはスーザのことを「マーチ王」と呼んだ。スーザはワシントンD.C.にあるワシントン・ポスト・ビルの一角において、ワシントン・ポスト紙とアメリカ合衆国への貢献が称えられている。 曲の構成 この曲の楽式は行進曲形式で構成されており(IAABBCCDCDC:ABCDIは旋律を表す)、同じスーザの代表曲である『星条旗よ永遠なれ』と同じく中間部(トリオ)から主部に戻らない形をとっている。 (Wikipedia:ワシントン・ポスト (行進曲))


ワシントン・ポスト - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ワシントン・ポスト - アマゾン検索


「ワシントン・ポスト」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す