[PR]

日別キーワード

第79位  DNS - 2018年01月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



DNS
Domain Name System(ドメイン・ネーム・システム、DNS)とは、インターネットを使った階層的な分散型データベースシステムである。1983年に情報科学研究所 (ISI) のポール・モカペトリスとジョン・ポステルにより開発された。 現在では主にインターネット上のホスト名や電子メールに使われるドメイン名と、IPアドレスとの対応づけ(正引き、逆引き)を管理するために使用されている。 インターネットに接続されているすべてのコンピュータは、固有のIPアドレスを持っている。たとえば、ウィキペディア日本語版のwebサーバの持つIPアドレスは2012年10月現在では "208.80.154.225" である。インターネット上のどのコンピュータにアクセスする際にも最終的にはそのコンピュータの IPアドレスを知る必要がある。しかし、IPアドレスは3桁までの4つの数値の組み合わせ(IPv4の場合)で表現され、最大12桁の数字の羅列となり覚えにくい。このため、IPアドレスを人間が覚えやすい名前で扱うことができるような機構が考案された。 (Wikipedia:DNS)

DNSの再帰検索
『Domain Name System』より : Domain Name System(ドメイン・ネーム・システム、DNS)とは、インターネットを使った階層的な分散型データベースシステムである。1983年に情報科学研究所 (ISI) のポール・モカペトリスとジョン・ポステルにより開発された。 現在では主にインターネット上のホスト名や電子メールに使われるドメイン名と、IPアドレスとの対応づけ(正引き、逆引き)を管理するために使用されている。 インターネットに接続されているすべてのコンピュータは、固有のIPアドレスを持っている。たとえば、ウィキペディア日本語版のwebサーバの持つIPアドレスは2012年10月現在では "208.80.154.225" である。インターネット上のどのコンピュータにアクセスする際にも最終的にはそのコンピュータの IPアドレスを知る必要がある。しかし、IPアドレスは3桁までの4つの数値の組み合わせ(IPv4の場合)で表現され、最大12桁の数字の羅列となり覚えにくい。このため、IPアドレスを人間が覚えやすい名前で扱うことができるような機構が考案された。 (Wikipedia:DNSの再帰検索)

DNSサーバ
DNSサーバ(ディーエヌエスサーバ)またはネームサーバとは、Domain Name System を担う、コンピュータやサーバソフトウェアのことである。Domain Name System は、ホストの識別子を利用者が理解し易い形式(ドメイン名、例えば'ja.wikipedia.org')とコンピュータがインターネットプロトコル (IP) で通信するために必要な識別情報(IPアドレス)とを対応付ける仕組みである。 コンピューターが他のコンピュータとネットワーク(インターネットプロトコル)を介して通信する際には、相手先のIPアドレスを知る必要がある。一方、一般にインターネットを利用するシステム(ウェブブラウザ、メールサーバその他)では、ヒトには覚えにくいIPアドレスよりもドメイン名によりコンピュータを把握するようになっている。ドメイン名とIPアドレスとの関連情報をコンピュータが知るために、ネットワーク上で情報を提供する仕組みが Domain Name System、それを担う各サーバがDNSサーバである。 (Wikipedia:DNSサーバ)

DNSサーバー
『DNSサーバ』より : DNSサーバ(ディーエヌエスサーバ)またはネームサーバとは、Domain Name System を担う、コンピュータやサーバソフトウェアのことである。Domain Name System は、ホストの識別子を利用者が理解し易い形式(ドメイン名、例えば'ja.wikipedia.org')とコンピュータがインターネットプロトコル (IP) で通信するために必要な識別情報(IPアドレス)とを対応付ける仕組みである。 コンピューターが他のコンピュータとネットワーク(インターネットプロトコル)を介して通信する際には、相手先のIPアドレスを知る必要がある。一方、一般にインターネットを利用するシステム(ウェブブラウザ、メールサーバその他)では、ヒトには覚えにくいIPアドレスよりもドメイン名によりコンピュータを把握するようになっている。ドメイン名とIPアドレスとの関連情報をコンピュータが知るために、ネットワーク上で情報を提供する仕組みが Domain Name System、それを担う各サーバがDNSサーバである。 (Wikipedia:DNSサーバー)

DNSラウンドロビン
DNSラウンドロビン (DNS round robin)とは、一つのドメイン名に複数のIPアドレスを割り当てる負荷分散技術の一つである。 トラフィック負荷を複数のIPアドレスに振り分けることにより、例えばHTTPサーバに対するアクセスをほぼ同量ずつ複数のサーバマシンに分配することができる。これはBIND等DNSサーバのゾーン設定により容易に実現できる負荷分散方式である。 アクセス数に応じた負荷分散のほか、通信量、サーバの負荷(CPUやメモリの使用率)、応答時間で負荷分散をすることができる。 後述するような問題点があることに加え、主にIPv6における宛先アドレス選択アルゴリズムとして定義された「RFC3484」では、DNSが同一サーバ名に対し複数のIPアドレスを持つ場合に「自分のアドレスに近いアドレスを優先的に選択する」ことを定めており、Windows Vistaなどマイクロソフト製OSの一部や、最近のLinuxなどではこのルールに従いDNSラウンドロビンがデフォルトで無効にされている。 (Wikipedia:DNSラウンドロビン)

DNS偽装
DNS偽装(ディーエヌエスぎそう)とは、DNSへの問い合わせ(クエリ)に対し、偽の情報を答えさせる一連の技法の総称。ハッキング、サイバーテロ(サイバー攻撃)の一つ。DNSスプーフィング(DNS Spoofing)、DNSキャッシュポイズニング(DNS cache poisoning)とも呼ばれる。 インターネット上において、個々のコンピュータは、IPアドレスと呼ばれる数字を使って管理されている。しかし、数字の羅列は人間にとって覚えにくい。そのため、ドメインネーム (DN) と呼ばれる、より分かりやすい名称を使う(例えば、ウィキペディアのドメインネームであれば、ja.wikipedia.org)のが一般的である。このドメインネームにアクセスしようとした際に、実際に割り振られたコンピュータの個体番号であるIPアドレスに変換し、どこにアクセスすれば良いのかを示すのがDNS(ドメイン・ネーム・サーバー)であり、このDNSを偽装(なりすまし)する事により、実際のアクセス先を偽物にすり替えるのがDNS偽装である。 (Wikipedia:DNS偽装)


DNS - 関連ブログ

データが取得できませんでした

DNS - アマゾン検索


「DNS」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す