[PR]

日別キーワード

第81位  HAL9000 - 2018年01月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



HAL9000
HAL 9000(ハル きゅうせん)は、SF小説およびSF映画の『2001年宇宙の旅』・『2010年宇宙の旅』などに登場する、人工知能を備えた架空のコンピュータである。 着想 1962年、ベル研究所にてIBM製のメインフレーム IBM 704 を使った音声合成が行われた時、音声出力装置にヴォコーダーを使い、「デイジー・ベル」を歌わせた。このデモをアーサー・C・クラークが実際に聴き、「2001年宇宙の旅」のクライマックスシーンを着想したとされる。これよりスタンリー・キューブリックとアイデアを出しあい、HAL 9000 の原型が生まれた。実際の映画の制作は、3年後の1965年からである。 登場作品 2001年宇宙の旅 映画版では1992年1月12日(クラークによる小説版では1997年同日)、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校のあるイリノイ州アーバナのHAL研究所("HAL Laboratories"、小説の邦訳では「HAL工場」)にて、同型機の3号機として稼動状態に入ったとされている。 (Wikipedia:HAL9000)


HAL9000 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

HAL9000 - アマゾン検索


「HAL9000」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す