[PR]

日別キーワード

第1位  ゲド戦記 - 2018年01月25日


関連するイメージは見つかりませんでした



ゲド戦記
『ゲド戦記』(ゲドせんき、Earthsea)は、アーシュラ・K・ル=グウィンによって英語で書かれ、1968年から2001年にかけて出版されたファンタジー小説。「戦記」と邦訳されているが戦いが主眼の物語ではなく、ゲドが主人公として行動するのも最初の一巻のみである。原題も作品世界を意味する『Earthsea』(アースシー)となっている。全米図書賞児童文学部門、ネビュラ賞長編小説部門、ニューベリー賞受賞。 英語圏におけるファンタジー作品の古典として、しばしば『指輪物語』『オズの魔法使い』と並び称される。文学者マーガレット・アトウッドは『ハリーポッター』や『氷と炎の歌』など近年流行した幻想小説に影響を与えた作品として、ゲド戦記一巻の『影との戦い』を挙げている。 作品一覧 日本語版は、清水真砂子の訳により、岩波書店から出版されている。岩波少年文庫、ハードカバー、内容は変わらないが、大人向けにデザインを変えた物語コレクション、映画化の際に発行したソフトカバーの4ヴァージョンが発売されている。 (Wikipedia:ゲド戦記)

ゲド戦記 (映画)
『ゲド戦記』(ゲドせんき、英題:Tales from Earthsea)は、アーシュラ・K・ル=グウィンの小説『ゲド戦記』の主に第3巻の「さいはての島へ」を原作とし、宮崎駿の絵物語『シュナの旅』を原案とした長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作。東宝配給で2006年7月29日に劇場公開。宮崎吾朗監督・脚本の独自解釈によるストーリーとなっている。 登場人物 原作『ゲド戦記』ではなく、絵物語『シュナの旅』がキャラクターイメージの元となっている。監督の宮崎吾朗は「『シュナの旅』の登場人物に少しずつアレンジを加えていって…『ゲド戦記』の世界に近づいた感じです」と語った。 ( )内はその人物の真(まこと)の名。作中の世界(アースシー)では、人に真の名を教えることはその者の掌中に己の魂を委ねることと同じで、通常、真の名を隠す。 アレン(レバンネン) 主人公。エンラッドの王子。17歳。真面目すぎる性格のために世の中の暗黒についてまで心を悩ませるうち、本来は心の“光”だった彼の分身が“影”となって去ってしまう。 (Wikipedia:ゲド戦記 (映画))


ゲド戦記 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  Fate/Grand Order - 2018年01月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



Fate/Grand Order
『Fate/Grand Order』(フェイト/グランドオーダー)は、ゲームブランドTYPE-MOONによるゲーム作品『Fate/stay night』を元として製作されるスマートフォン専用ロールプレイングゲーム。略称は「Fate/GO」もしくは「FGO」。 原作は、2004年の発売以降これまでにゲーム・小説・漫画・アニメーションなど数多くのメディアミックスやスピンアウト展開を広げてきたゲーム作品『Fate/stay night』。「Fate Online Project REBOOT」という標語が掲げられている。『Fate/stay night』をはじめ、『Fate/Zero』・『Fate/EXTRA』・『Fate/Apocrypha』といったFateシリーズから多数のキャラクターが登場するほか、本作オリジナルのキャラクターも多数登場する。 (Wikipedia:Fate/Grand Order)


Fate/Grand Order - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  Apple - 2018年01月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



Apple
『アップル』より : アップル (apple) は、英語でリンゴ(林檎)のこと。 団体 アップル インコーポレイテッド (Apple Inc.) (旧称:アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) 、一般的にアップル (Apple) と呼称される)- アメリカ合衆国のインターネット(ICT)・デジタル家電製品およびそれらに付随したソフトウェアを開発する企業。 Apple Japan合同会社 (Apple Japan GK) - アップル インコーポレイテッドの100%子会社の日本法人。 アップル・コア (Apple Corps Ltd.) - ビートルズがイギリス・ロンドンに設立した企業。現在の主な事業はビートルズの諸権利の管理。1968年設立。 アップル・レコード - アップル・コア社の音楽レーベル。 アップル・ブティック - アップル・コア社がかつてロンドンに開いた洋装店(洋服の販売店)。 アップルインターナショナル - 日本の輸出を中心とする中古車販売企業。 アップルジャパン (中古車) - 日本の中古車売買業者。 (Wikipedia:Apple)

Apple Computer
『アップルコンピュータ』より : Apple Inc.(アップル)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、Apple Computer(アップルコンピュータ)から改称した。 ハードウェア製品として、スマートフォンのiPhone、タブレット型情報端末のiPad、パーソナルコンピュータのMacintosh(Mac)シリーズ、携帯音楽プレーヤーのiPodシリーズ、ウェアラブルコンピュータのApple Watch。ソフトウェア製品としては、オペレーティングシステムのOS X・iOS。クラウドサービスとしてはiCloudなどの開発・販売を行っている。 直営店のApple StoreとApple Online Storeにおいてハードウェアとソフトウェアの販売を行っている他、iTunes Storeでは、音楽、映画、テレビ番組、アプリ(App Store)、電子書籍、Podcastと広範囲のデジタルコンテンツのダウンロード販売を提供している。 (Wikipedia:Apple Computer)

Apple Computer Inc.
『アップルコンピュータ』より : Apple Inc.(アップル)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、Apple Computer(アップルコンピュータ)から改称した。 ハードウェア製品として、スマートフォンのiPhone、タブレット型情報端末のiPad、パーソナルコンピュータのMacintosh(Mac)シリーズ、携帯音楽プレーヤーのiPodシリーズ、ウェアラブルコンピュータのApple Watch。ソフトウェア製品としては、オペレーティングシステムのOS X・iOS。クラウドサービスとしてはiCloudなどの開発・販売を行っている。 直営店のApple StoreとApple Online Storeにおいてハードウェアとソフトウェアの販売を行っている他、iTunes Storeでは、音楽、映画、テレビ番組、アプリ(App Store)、電子書籍、Podcastと広範囲のデジタルコンテンツのダウンロード販売を提供している。 (Wikipedia:Apple Computer Inc.)

Apple iPod
『IPod』より : iPod(アイポッド)は、アップルが開発・販売する携帯型デジタル音楽プレイヤー。本体に搭載されている記憶装置に数百から数万曲の音楽を保存することができる。 現在、アップルより発売されているiPodはiPod shuffle(アイポッド・シャッフル)、iPod nano(アイポッド・ナノ)、iPod touch(アイポッド・タッチ)の3種類である。 バリエーション アップルは現在3種類のiPodを販売しており、モデルによって容量やデザインが異なっている。 全機種でフラッシュメモリを記録媒体として用いられている。 2015年7月現在販売されているモデルの分類は下記の通り。 iPod shuffle(2GB、シルバー/ブルー/ピンク/ゴールド/スペースグレイ/(PRODUCT)RED) iPod nano(16GB、シルバー/スペースグレイ/ブルー/ピンク/ゴールド/(PRODUCT)RED) iPod touch(16GB・32GB・64GB・128GB、ブラック&スレート/ホワイト&シルバー/ブルー/ピンク/ゴールド/スペースグレイ/(PRODUCT)RED)iPod classicは初代iPodからの流れを汲むシリーズであったが、2014年9月10日にアップルストアでの取り扱いを終了した。 (Wikipedia:Apple iPod)

Apple Filing Protocol
AFP (AppleTalk Filing ProtocolまたはApple Filing Protocol)は、アップル インコーポレイテッド アップルコンピュータが開発した、Mac OS、Mac OS X(Mac OS X Server)のファイル共有 (AppleShare)のためのプロトコルである。初期はAppleTalkの複数のプロトコルのうちのひとつとして存在した。現在はAppleTalkではなくインターネット・プロトコル・スイート TCP/IP上で動くプロトコル(AFP over TCP)になっている。
こうしたAFPによるファイル共有のことをAppleShareと呼ぶ場合がある。
Mac以外でもAFPを実装するソフトウェアがいくつかあり、異なるOSとの間でファイル共有を実現することができる。これの具体例に関しては後述の「実装例」を参照のこと。
極めて古いMacはAppleTalkのAFPのみをサポートするため、最近のTCP/IPのみのAFPサーバには接続できない。また、その逆に最近のMacは極めて古いAFPサーバに接続できないという問題がある。しかしながら、AppleTalk自体が過去のものになりつつあるため、近年はさほど問題視されない。
(Wikipedia:Apple Filing Protocol)

Apple II
Apple II(アップル ツー)は、アップルが1977年に発表したパーソナルコンピュータ(ないしホームコンピュータ(en:Home computer)。当時の分類としてはマイクロコンピュータ)である。「Apple ][」と表記されることもあるが、これは実機の筐体蓋の金属プレートのロゴの形状を模したもの。 世界で初めて、個人向けに完成品として大量生産・大量販売された、パーソナルコンピュータ(の直接の先祖と言えるコンピュータ)である。Apple Iの成功でそのようなコンピュータの潜在的な市場が存在することを確信したスティーブ・ジョブズらにより、専門の技術者ではない一般的な愛好家などでも使えるコンピュータとして製造された(アップルはApple IIを、他の当時のマイクロコンピュータと差別化すべく、ホームコンピュータ(en:Home computer)として宣伝した)。 (Wikipedia:Apple II)

Apple2
『Apple II』より : Apple II(アップル ツー)は、アップルが1977年に発表したパーソナルコンピュータ(ないしホームコンピュータ(en:Home computer)。当時の分類としてはマイクロコンピュータ)である。「Apple ][」と表記されることもあるが、これは実機の筐体蓋の金属プレートのロゴの形状を模したもの。 世界で初めて、個人向けに完成品として大量生産・大量販売された、パーソナルコンピュータ(の直接の先祖と言えるコンピュータ)である。Apple Iの成功でそのようなコンピュータの潜在的な市場が存在することを確信したスティーブ・ジョブズらにより、専門の技術者ではない一般的な愛好家などでも使えるコンピュータとして製造された(アップルはApple IIを、他の当時のマイクロコンピュータと差別化すべく、ホームコンピュータ(en:Home computer)として宣伝した)。 (Wikipedia:Apple2)

Apple TV
ファイル:Apple TV.jpg thumb right 300px Apple TV
Apple TV(アップルティーヴィー)とは、アップル インコーポレイテッド 米アップル社(Apple Inc.)が開発・販売するセットトップボックスである。2006年9月12日にコードネーム「iTV」(アイティーヴィー)として発表された(発表時はApple Computer, Inc.)。
家庭内で映像 ビデオ・コンテンツをiTunesからテレビへ無線LAN 無線や有線Local Area Network LANを通して配信することができる他、YouTubeの映像も見ることができたり、2008年1月15日より、iTunes Storeから直接コンテンツを購入したり、アメリカ合衆国 アメリカに限り映画のレンタルもできる。
無線LAN(IEEE 802.11 IEEE 802.11b/g/nドラフト)、またはイーサネットで特定1台のパソコンのiTunesと自動的に同期し、内蔵のHDDにコンテンツを貯めることができる。出力解像度は高精細度テレビジョン放送 720pに対応する。5台までのパソコンからストリーミングを受ける機能も備える。同期、ストリーミングはMac OS X、Microsoft Windows Windowsの両方に対応している。製品にはApple Remoteが付属し、Front Rowと同様のグラフィカルユーザインタフェース GUIを実装して簡単なメニュー操作で各データを閲覧・再生できるようになっている。
(Wikipedia:Apple TV)

Apple Shake
『Shake』より : Shake(シェイク)は、アップルの映画やHDTV等の高解像度の映像、VFXに使用されるデジタル合成を目的としたMac OS XとLinux用ソフトウェアである。2009年7月31日時点で販売終了している。 CGと実写、ブルーバック素材を合成するのに特に優れたソフトウェア。高解像度の映像も高速で処理できる高性能のソフトであり、モーフィングやタイムリマップなどのプロフェッショナル向け機能も搭載する。業界で最も優れたキーヤーとされるPrimatte KeyerとKeylightの2つは標準でバンドルし、Ultimatte Keyerもプラグインを追加することで対応する。合成する為に必要なカラーコレクションやペイント機能、ブラー、プリマルチプライ、メインとエッジをそれぞれ調整可能なロトスコープ、それを利用したマスクなども搭載している。色深度も8bit、16bit、浮動小数点に対応する上、同じプロジェクト内の個別のノードで異なる色深度を扱うことも可能である。 (Wikipedia:Apple Shake)

Apple Boot Camp
『Boot Camp』より : Boot Camp(ブートキャンプ)は、アップルにより開発・配布されているソフトウェア。Intel Macにおいて、Microsoft Windowsの利用を可能とする。 2006年にインテル製CPU搭載のMacを発売開始したアップルは、Intel MacにおけるWindows起動を積極的に支援も妨害もしないと表明していた。 Boot Campは、2006年4月5日にEFIでは起動出来ないOSをサポートする為のCSM (Compatibility Support Module) 搭載と思われるFirmware Updateと共にパブリックベータとして発表された。Boot Campとは軍隊における基礎訓練を意味するスラングであり、ここではコンピュータの起動(boot)と掛けて使用されている。2007年10月発売されたMac OS X v10.5においてVersion 2.0が搭載された。 機能 Boot Campは、Intel MacのハードディスクにMac OS Xを残したまま、Windowsをインストールするための任意のサイズのパーティションを作成する機能やWindowsのインストール後にIntel Macで使われている無線LANやビデオカードのドライバをインストールするためのドライバCD-Rを作成する機能を持つ。 (Wikipedia:Apple Boot Camp)

AppleSingle
AppleSingleとAppleDoubleは、Mac OS独自のファイルシステムHierarchical File System HFS及びHFS Plus HFS+上のファイルを他のファイルシステムと交換する際に、様々なファイル属性(特にリソースフォーク)が欠落するのを防ぐ目的でアップル インコーポレイテッド Apple Computer社(当時)が考案したフォーマットである。バージョン1とバージョン2が存在するが、現在のMac OS Xは互換性のない拡張をおこなったバージョン2のAppleDoubleを用いる。
Mac OSではひとつのファイルに、リソースフォーク データフォーク、リソースフォークという2つのフォーク (ファイルシステム) フォークがあり、更に様々なメタデータ(コメント、ファイル時刻、Finder情報等)がある。特にファイル時刻には作成時刻、変更時刻、バックアップ時刻、アクセス時刻がある。Finder情報はFinder クリエータとファイルタイプを含んでいる。
(Wikipedia:AppleSingle)

Apple Developers Tools
Apple Developers Toolsはアップルによる統合開発環境。プログラミング言語としては、C言語やC++、Objective-C、Java、AppleScriptを用いてプログラムを開発する。プロジェクト(プログラムを構成するソースコードやマルチメディアファイルなど)の管理、ソースコードの記述、デバッグ、コンパイルを行う「Xcode」、GUIのデザインを行う「Interface Builder」、コンパイラやデバッガ、各種ユーティリティなどから構成される。 現在ではアップルのFTPサイトから無償でダウンロードできる他、Mac OS Xのパッケージにも付属している。 機能 Apple Developers Tools の機能は以下の通り。 Xcode Xcodeはいわゆる統合開発環境であり、Microsoft Visual StudioやオープンソースのEclipseなどに相当する。 (Wikipedia:Apple Developers Tools)

Apple Developer Tools
『Apple Developers Tools』より : Apple Developers Toolsはアップルによる統合開発環境。プログラミング言語としては、C言語やC++、Objective-C、Java、AppleScriptを用いてプログラムを開発する。プロジェクト(プログラムを構成するソースコードやマルチメディアファイルなど)の管理、ソースコードの記述、デバッグ、コンパイルを行う「Xcode」、GUIのデザインを行う「Interface Builder」、コンパイラやデバッガ、各種ユーティリティなどから構成される。 現在ではアップルのFTPサイトから無償でダウンロードできる他、Mac OS Xのパッケージにも付属している。 機能 Apple Developers Tools の機能は以下の通り。 Xcode Xcodeはいわゆる統合開発環境であり、Microsoft Visual StudioやオープンソースのEclipseなどに相当する。 (Wikipedia:Apple Developer Tools)

Apple III
Apple III(アップル・スリー)は、アップルコンピュータによってApple IIの後継機となることを意図して開発、販売が行われたビジネス向けのパーソナルコンピュータ。しばしばApple ///と表記される。 1980年5月19日に最初のアナウンスと公開が行われ、その年の秋に公式に発売された。 Apple IIIの開発作業は1978年末にウェンデル・サンダー博士の指導のもとで始められた。"Sara"という開発コードネームで呼ばれ、これはサンダー博士の娘にちなんで命名されたものである。 深刻な安定性に関する問題のため、設計の全般的な見直しと製品のリコールを余儀なくされた。Apple IIIは開発と生産が1984年4月24日に打ち切られ、またIII Plusは1985年9月にアップルコンピュータの製品ラインから姿を消した。 Apple IIIは改良型のApple IIと見ることもできるが、だとすると1976年まで遡る8ビットマシンの系譜の最後の後継者ということになる。 (Wikipedia:Apple III)

Apple ///
『Apple III』より : Apple III(アップル・スリー)は、アップルコンピュータによってApple IIの後継機となることを意図して開発、販売が行われたビジネス向けのパーソナルコンピュータ。しばしばApple ///と表記される。 1980年5月19日に最初のアナウンスと公開が行われ、その年の秋に公式に発売された。 Apple IIIの開発作業は1978年末にウェンデル・サンダー博士の指導のもとで始められた。"Sara"という開発コードネームで呼ばれ、これはサンダー博士の娘にちなんで命名されたものである。 深刻な安定性に関する問題のため、設計の全般的な見直しと製品のリコールを余儀なくされた。Apple IIIは開発と生産が1984年4月24日に打ち切られ、またIII Plusは1985年9月にアップルコンピュータの製品ラインから姿を消した。 Apple IIIは改良型のApple IIと見ることもできるが、だとすると1976年まで遡る8ビットマシンの系譜の最後の後継者ということになる。 (Wikipedia:Apple ///)

Apple///
『Apple III』より : Apple III(アップル・スリー)は、アップルコンピュータによってApple IIの後継機となることを意図して開発、販売が行われたビジネス向けのパーソナルコンピュータ。しばしばApple ///と表記される。 1980年5月19日に最初のアナウンスと公開が行われ、その年の秋に公式に発売された。 Apple IIIの開発作業は1978年末にウェンデル・サンダー博士の指導のもとで始められた。"Sara"という開発コードネームで呼ばれ、これはサンダー博士の娘にちなんで命名されたものである。 深刻な安定性に関する問題のため、設計の全般的な見直しと製品のリコールを余儀なくされた。Apple IIIは開発と生産が1984年4月24日に打ち切られ、またIII Plusは1985年9月にアップルコンピュータの製品ラインから姿を消した。 Apple IIIは改良型のApple IIと見ることもできるが、だとすると1976年まで遡る8ビットマシンの系譜の最後の後継者ということになる。 (Wikipedia:Apple///)

Apple3
『Apple III』より : Apple III(アップル・スリー)は、アップルコンピュータによってApple IIの後継機となることを意図して開発、販売が行われたビジネス向けのパーソナルコンピュータ。しばしばApple ///と表記される。 1980年5月19日に最初のアナウンスと公開が行われ、その年の秋に公式に発売された。 Apple IIIの開発作業は1978年末にウェンデル・サンダー博士の指導のもとで始められた。"Sara"という開発コードネームで呼ばれ、これはサンダー博士の娘にちなんで命名されたものである。 深刻な安定性に関する問題のため、設計の全般的な見直しと製品のリコールを余儀なくされた。Apple IIIは開発と生産が1984年4月24日に打ち切られ、またIII Plusは1985年9月にアップルコンピュータの製品ラインから姿を消した。 Apple IIIは改良型のApple IIと見ることもできるが、だとすると1976年まで遡る8ビットマシンの系譜の最後の後継者ということになる。 (Wikipedia:Apple3)

AppleScript
AppleScript(アップルスクリプト)は、アップルが開発したMac OS用のオブジェクト指向のスクリプト言語。System 7(Mac OS 7にあたる)から採用されている。 標準環境で利用でき、ある程度自然言語(英語)に似た構文を持つ。制御構文、ハンドラや変数、オブジェクトやプロパティの記述といったプログラミングの基本機能を言語に備えており、Mac OSのプロセス間通信機能の一つであるApple eventによって、システムや様々な対応アプリケーションにまたがって制御できる。 AppleScriptはMac OSのスクリプティング機構Open Scripting Architecture(OSA)に対応した言語(OSA言語)のひとつであり、Mac OS X v10.10よりJavaScript for Automation(JXA)も標準搭載されるようになった。 (Wikipedia:AppleScript)

Applescript
『AppleScript』より : AppleScript(アップルスクリプト)は、アップルが開発したMac OS用のオブジェクト指向のスクリプト言語。System 7(Mac OS 7にあたる)から採用されている。 標準環境で利用でき、ある程度自然言語(英語)に似た構文を持つ。制御構文、ハンドラや変数、オブジェクトやプロパティの記述といったプログラミングの基本機能を言語に備えており、Mac OSのプロセス間通信機能の一つであるApple eventによって、システムや様々な対応アプリケーションにまたがって制御できる。 AppleScriptはMac OSのスクリプティング機構Open Scripting Architecture(OSA)に対応した言語(OSA言語)のひとつであり、Mac OS X v10.10よりJavaScript for Automation(JXA)も標準搭載されるようになった。 (Wikipedia:Applescript)

Apple Store (直営店)
:”この項目は直営店に関するものです。オンラインストアに関してはApple Storeに記述されています。”
Apple Store(アップルストア)は、米Apple Computer本社によって直接運営されているコンピュータ関連の直営店である。2006年3月現在、アメリカ合衆国 アメリカ、日本、イギリス、カナダに出店している。
アメリカ国内にはカリフォルニア州内に30店舗以上を含む、29州内に140店舗以上のアップルストア直営店がある。
日本のアップルストア直営店は6店舗。2006年6月24日に札幌市 札幌に7店目がオープンした。
Apple Store Ginza (東京・銀座)
Apple Store Shibuya (東京・渋谷)
Apple Store Shinsaibashi (大阪・心斎橋)
(Wikipedia:Apple Store (直営店))

AppleTalk
AppleTalk(アップルトーク)は、主にアップルコンピュータ社製パソコンのMacintosh(Mac)で利用された通信プロトコル群の総称。 AARP、DDP、RTMP、AEP、NBP、ZIP、ATP、PAP、ASP、ADSP、AFPといった複数のプロトコルを組み合わせて利用する技術だった。 AppleTalkはTCP/IPとは全く別のものである。初期のTCP/IPはユーザや管理者による複雑な設定を必要としたのに対し、AppleTalkは「ケーブルを繋げばすぐ使える」ネットワークであった。ただし、基本的なフレームワークが全く異なり、相互互換性がない。TCP/IP (IPv4)が32ビットのIPアドレスで個体の識別を行なうのに対し、AppleTalkでは24ビット(16ビットのネットワーク部と8ビットのノードアドレス)を用いた。 AppleTalk対応機器は、電源投入時あるいはネットワーク接続時にブロードキャスト信号を流し、自動的にアドレスとマシン名を割り当てる。 (Wikipedia:AppleTalk)


Apple - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  司馬遼太郎 - 2018年01月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



司馬遼太郎
司馬 遼太郎(しば りょうたろう、1923年(大正12年)8月7日 - 1996年(平成8年)2月12日)は、日本の小説家、ノンフィクション作家、評論家。本名、福田 定一(ふくだ ていいち)。大阪府大阪市生まれ。筆名の由来は「司馬遷に遼(はるか)に及ばざる日本の者(故に太郎)」から来ている。 産経新聞社記者として在職中に、『梟の城』で直木賞を受賞。歴史小説に新風を送る。代表作に『竜馬がゆく』『燃えよ剣』『国盗り物語』『坂の上の雲』など多くがあり、戦国・幕末・明治を扱った作品が多い。『街道をゆく』をはじめとする多数のエッセイなどでも活発な文明批評を行った。 生い立ち 1923年(大正12年)8月7日、大阪府大阪市浪速区西神田町(現・塩草)に、薬局を経営する父・福田是定(薬剤師)、母・直枝の次男として生まれた。兄がいたが2歳で早世し、姉、妹が一人ずついる。乳児脚気のために3歳まで奈良県北葛城郡當麻町(現・葛城市)の母の実家に里子に出されていた。 1930年(昭和5年)、大阪市難波塩草尋常小学校(現・大阪市立塩草立葉小学校)に入学。 (Wikipedia:司馬遼太郎)

司馬遼太郎記念館
司馬遼太郎記念館(しばりょうたろうきねんかん)は、大阪府東大阪市下小阪にある作家、司馬遼太郎の業績を伝えるために自宅敷地に設立された大阪府の登録博物館。運営は、公益財団法人司馬遼太郎記念財団。 6万冊に及ぶ多くの蔵書、資料、執筆に使用した書斎が晩年に使用した時のまま残されており、書斎は庭から見学することができる。その庭は司馬遼太郎が好んだ雑木林をイメージしたものである。 記念館開設にあたり新たに設けられた安藤忠雄の設計による展示室には、蔵書のうち約2万冊、及び多数の自著が高さ11mの書架に納められている。他にも直筆原稿、自筆の絵、色紙、加えて、眼鏡、万年筆、バンダナなどの身の回り品も展示されている。他にホールがありNHKの映像を編集したものを上映している。 施工は、錢高組が担当した。管理、運営する司馬遼太郎記念財団は1996年(平成8年)11月1日に設立された。なお、偶然ではあるが展示室の建物奥のコンクリートの天井には作品にもなった坂本龍馬の肖像を思わせるシミが浮き出ている。 (Wikipedia:司馬遼太郎記念館)

司馬遼太郎賞
司馬遼太郎賞(しばりょうたろうしょう)は、財団法人・司馬遼太郎記念財団が主催する文芸・学芸・ジャーナリズムを対象とした賞。第8回までは人やグループに対して授与されていた。第9回より小説・評論を対象とした著作に授与されている。 毎年年末に発表され、翌年2月12日(菜の花忌:司馬遼太郎の命日)に菜の花忌シンポジウムの会場で授賞式が行われる。選考は、 最初に、報道機関関係者・作家・学者・文化人にアンケートをして候補作品を選び、 次に、司馬遼太郎記念財団を構成するマスコミ11社の候補選定委員会がアンケート結果から候補を選定し、 最終的に、選定作品の中から選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として懐中時計、副賞として100万円が授与される。 選考委員 2016年(平成28年)の選考委員 井上章一 後藤正治 辻原登 柳田邦男過去の選考委員 青木彰 井上ひさし 関川夏央 陳舜臣 ドナルド・キーン 松本健一 養老孟司 ほか 受賞者一覧 第1回から第8回まで 第9回から 脚注 外部リンク 司馬遼太郎記念館 司馬遼太郎賞 菜の花忌 司馬遼太郎記念財団。 (Wikipedia:司馬遼太郎賞)


司馬遼太郎 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  Linux - 2018年01月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



Linux
Linux(リナックス、そのほかリヌックス、ライナックスなど)は、UnixライクなOSカーネルであるLinuxカーネル、およびそれをカーネルとして周辺を整備したシステム(GNU/Linuxシステムも参照)。 Linuxは、狭義ではLinuxカーネル、広義ではそれをカーネルとして用いたシステムを指す、Unix系(Unixライク、Unix like)オペレーティングシステムである。カタカナにすると(作者リーナス・トーバルズの名前に準じるものとすれば)リーナックス、あるいはライナックスであるが、「リナックス」とされることも多い(後述、Linux#「Linux」の読み方)。Linuxは、スーパーコンピュータ・メインフレーム・サーバ・パーソナルコンピュータ・組み込みシステム(携帯電話やテレビなど)など、幅広い種類のハードウェアと共に使用している。 Linuxカーネルは、最初IA-32アーキテクチャのCPUを搭載したPC/AT互換機用として開発されたが、その後史上最も多くのハードウェアプラットフォーム向けにリリースされたOSとなった。 (Wikipedia:Linux)

Linuxクラスター
Linuxクラスター(リナックスクラスター)は、Linuxを利用しているコンピュータ・クラスターである。一般に疎結合クラスターで、対称型マルチプロセッシング (SMP) が、CPUとメモリをより密に繋いでいるのに比べると、クラスターの結合は疎である。クラスターの各要素は、完全に独立したコンピュータとして動作しており、高速なLANなどを利用してお互いに接続されている。 要素となるマシンはLinuxないしGNU/Linuxシステムを搭載したコンピュータである。 Linuxを動作させるために必要なハードウェアは、ごく一般的なパーソナルコンピュータでよいため、手軽にスーパーコンピュータを作り始められることが特徴である。また、Linuxはスケーラビリティに優れ、高速のコンピュータ上でも動いている。このため、低速な環境でシステムを構築してから、徐々に高速なコンピュータ環境に向かって進化させることが出来る。 また、各コンピュータを繋ぐのには標準的なLANを使っているため、接続のハードウェアや技術、ソフトウェアは、従来の物を使うことが出来る。 (Wikipedia:Linuxクラスター)

Linuxディストリビューション
Linuxディストリビューションとは、Linuxを一般利用者がインストールしたり、利用できる形にまとめ上げたもの(頒布形態)。 コンポーネント カーネルの他、基本的なUNIXのツールやユーティリティ、その他サーバ向けやデスクトップ環境向けのソフトウェアを集め、インストーラがついている。パッケージ管理システムを持つものも多い。 カーネル カーネルモジュール等 起動に必要なもの init /etc などの基本的なファイル群 基本的なツールやユーティリティ シェル GNU Core Utilities(coreutilsとも。昔のfileutils, shellutils, textutilsは全てcoreutilsに取り込まれた) コンパイラ等 GNU Binutils (binutils) GCC glibc 各種の設定を行うソフト スクリプト言語(sed, awk, etc) GUI X11のフリーな実装であるXFree86、XOrg デスクトップ環境としてGNOME、KDE、Xfce ウィンドウマネージャ デスクトップ向けアプリケーション ウェブブラウザ 電子メールクライアント テキストエディタ オフィススイート マルチメディア ゲーム サーバ向けアプリケーション メールサーバ Webサーバ データベース管理システム ソフトウェア開発向けアプリケーション 多数のコンピュータ言語開発環境これらはソフトウェア構成の例であり、他にも様々なソフトウェアをインストールできる。 (Wikipedia:Linuxディストリビューション)

Linuxカーネル
Linuxカーネルは、リーナス・トーバルズによって開発された、UnixライクなオペレーティングシステムであるLinuxのカーネル。Minixを参考にしており影響を受けた点もあるが、ゼロから書かれた(IBM PCを端末エミュレータとして動かすためのコードから成長させたものと言われている)ものである。 ライセンスにGPL(ただしバージョン2だ、とリーナスは主張している)を採用した、自由なソフトウェアである。このことがLinuxを共有の物として開発することを推進させた、とされている。Linuxの開発とインターネットの発展が時期的に一致したことも、Linuxの周りに開発コミュニティを形成するのに幸いした。 また、開発に際して、よりオープンな開発体制をとり、現在バザール方式と呼ばれている、誰でもLinux Kernel Mailing Listへのバグ報告や修正、機能拡張パッチを公開でき、その中から最終的にリーナス・トーバルズと彼が任命したメインテナーがコーディネータとなって、公式版のLinuxカーネルの質を保っている。 (Wikipedia:Linuxカーネル)

Linuxマシン
Linuxマシン(リナックスマシン)とは、Linuxカーネルや、Linuxカーネルを含めたGNU/Linuxオペレーティングシステムを実行するコンピュータを指す。ソフトウェアだけではなく、ハードウェアも含めている。Linuxボックスと呼ぶこともある(英語ではLinux boxが普通の呼び名)。 Linuxは多くの種類のコンピュータ(CPUアーキテクチャ、コンピュータ・アーキテクチャ)で利用可能なオペレーティングシステム (OS) で、Linuxマシンと呼んでも、通常のパーソナルコンピュータを始め、マッチ箱程度のサイズから、大きなものはメインフレームと呼ばれる大型のコンピュータまで、世界に存在するコンピュータと呼べる多くの物の上で動作している。 (Wikipedia:Linuxマシン)

Linux from Scratch
Linux From Scratch(リナックス フロム スクラッチ、LFS)とは、Linuxを1から構築しようという試みである。すなわち、カーネルなども含めてすべて手作業でソースコードからコンパイルして作り上げる。 具体的には、まず現在動作しているLinuxシステム上で、LFSをコンパイルするためのシステムを構築する。そのシステム上で、実際に稼働するLFSのシステムをコンパイルし、実際に起動することが出来る状態にまでもって行くという手順を踏む。 LFSの構築が完了した後は、Beyond Linux From Scratch(BLFS)に従って、有用なライブラリやX Window SystemといったGUI環境などを導入することができる。 LFSのサイトで最新の安定版LFS 7.8と開発版を入手することができる。 LFSソフトウェア一覧 LFS 7.8に含まれたソフトウェアのリスト 外部リンク Linux From Scratch プロジェクトサイト(英語) LFSブック日本語版 (lfsbookja) OSDN LFSブックの日本語訳。 (Wikipedia:Linux from Scratch)

LinuxWorld Conference & Expo
(Wikipedia:LinuxWorld Conference & Expo)

LinuxPPC
LinuxPPCは、PowerPCを用いたプラットフォーム向けに、有志が集まって最初に作られたLinuxディストリビューションである。Red Hat Linuxを基に作られ、PowerPCアーキテクチャ上で動作する。AppleのMacintoshだけでなく、かつて販売されていたBeOSマシンやIBMのPowerSeries、モトローラのPowerStackなどのPRePマシンでも動作していた。(出典:http://www.jonh.net/cgi-bin/lppcfom/fom?_recurse=1&file=169#file_216)Webサイトhttp://www.linuxppc.org を拠点としていた。 後に開発時の有志が集まり、米国にLinuxPPC,Incを設立し、ディストリビューションCDの販売に乗り出したが、Jeff Carr 氏と他の開発者との金銭的なトラブルから、Jeff氏と他の開発者とが決裂した。 (Wikipedia:LinuxPPC)

LinuxWorld Conference & Expo
LinuxWorld Conference & Expo(リナックスワールド カンファレンス アンド エキスポ)は、Linuxとオープンソースの普及を目的とした国際リナックス会議である。世界各地で開催されている。 2006年はボストンとサンフランシスコで開催された。 日本でも2007年5月30日から6月1日までの3日間、『LinuxWorld Expo/Tokyo 2007』が開催される。 例年、日本では5月の最終週の水曜日から金曜日の日程で開催され、2008年は5月28日から5月30日までの3日間、東京ビッグサイトにて『LinuxWorld Expo/Tokyo 2008』が開催される。 外部リンク LinuxWorld Conference & Expo LinuxWorld Expo/Tokyo。 (Wikipedia:LinuxWorld Conference & Expo)

Linux International
Linux International(リナックス インターナショナル、LI)は、Linux関連のソフトウェア、OSなどの促進をしている非営利団体である。代表はジョン・"マッドドッグ"・ホール。 外部リンク Linux International。 (Wikipedia:Linux International)


Linux - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す