[PR]

日別キーワード

第1位  春日野部屋 - 2018年01月26日


関連するイメージは見つかりませんでした



春日野部屋
春日野部屋(かすがのべや)は、日本相撲協会に所属する出羽海一門の相撲部屋。 1925年(大正14年)5月場所に現役を引退した出羽海部屋所属の横綱・栃木山が、引退に伴い自身の養父である行司・木村宗四郎が所有する年寄名跡を継承して年寄・8代春日野を襲名し、当時「分家独立を許さず」の不文律があった出羽ノ海部屋から例外的に独立を許されて春日野部屋を創設した。8代春日野は横綱・栃錦などの関取を育て上げた。 8代春日野は1959年(昭和34年)10月に逝去し、それに伴い、春日野部屋所属の横綱・栃錦が現役力士のまま二枚鑑札で9代春日野を襲名して春日野部屋を継承した。9代春日野は1960年5月場所に現役を引退して年寄専任となり、以降、師匠として横綱・栃ノ海や大関・栃光、関脇・栃東、関脇・栃赤城、関脇・栃乃和歌などといった多くの関取を育て上げた。 約30年にわたり師匠を務めた9代春日野は1990年(平成2年)1月に逝去し、それに伴い、春日野部屋の部屋付き親方である9代中立(元横綱・栃ノ海)が10代春日野を襲名して春日野部屋を継承した。 (Wikipedia:春日野部屋)


春日野部屋 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  MBS - 2018年01月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



MBS
『毎日放送』より : MBS 毎日放送 (Mainichi Broadcasting System, Inc.) - 大阪府大阪市にあるラテ兼営放送局。 TV放送に関してはMBSテレビを、ラジオ放送に関してはMBSラジオもそれぞれ参照。 同局の番組制作子会社については、MBS企画を参照。 マンチェスター・ビジネス・スクール (Manchester Business School) - マンチェスター(イギリス)にあるビジネススクール。 ミシガン州(アメリカ)にある3都市(ミッドランド、ベイシティ及びサギノー)の総称。 空港に関しては、MBS International Airportを参照。 アダルトゲームメーカーのMay-Be SOFTおよびMBS TRUTH。→運営会社のテックアーツも参照のこと。 山口県宇部市に本社を置くリフォーム関連企業・エムビーエス。 南九州コカ・コーラボトリングの子会社「南九州ビバレッジサービス」の略称。 共同放送システム(en:Mutual Broadcasting System) - かつてアメリカにあったラジオネットワーク。 (Wikipedia:MBS)

MBSテレビ
『毎日放送』より : MBSテレビ(エムビーエステレビ)は、大阪府大阪市に本社を置くラジオ・テレビ兼営局である毎日放送(MBS)のテレビジョン放送部門の呼称である。放送対象地域は近畿広域圏。コールサインはJOOR-DTV(大阪 16ch)、リモコンキーIDは「4」。 2011年7月24日の地上デジタル放送完全移行を機に、同日付の新聞・テレビ情報誌などの表記が、(テレビ放送)開局以来使われてきた「毎日テレビ」(または「毎日」)から「MBSテレビ」(または「MBS」)に統一された。地上波デジタルテレビジョン放送のGガイドでは「MBS毎日放送」と表記している。 2011年7月23日までは一般呼称を「毎日放送テレビ」といっていた他、単にMBSと呼称される場合や、アナログ時代には新聞などのラジオ・テレビ欄では「毎日テレビ」と表記されていたが、中日新聞(伊賀・紀州・滋賀・福井版のみ)と日刊県民福井ではラジオと同様「毎日 MBS」と、スポーツニッポンと日刊スポーツ、神戸新聞、デイリースポーツでは「毎日」と表記されていた。 (Wikipedia:MBSテレビ)

MBSラジオ
『毎日放送』より : MBSラジオ(エムビーエスラジオ)は、大阪府大阪市に本社を置くラジオ・テレビ兼営局である毎日放送 (MBS) の中波放送の呼称。 2011年7月24日までは「毎日放送ラジオ」の呼称も同等に用いられ、おたよりのあて先などはこちらで紹介されることが多かったが、現在では「MBSラジオ」の呼称に置き換えられている。 コールサインは JOOR 周波数は1179kHz(京都中継局も同一周波数)開局時は1210kHzであり、その後1180kHzを経て現在に至る。 本放送の開始は、1951年9月1日、大阪市北区角田町の阪急百貨店梅田本店の屋上に建てられたスタジオから中波放送を開始。同じ日の朝6時30分に開局した名古屋市の中部日本放送(CBCラジオ)に続いて正午に放送を開始した。第一声は、坂本登志子アナウンサーの「JOOR、みなさまの新日本放送でございます。」であった。開局当初は、『うっかりテスト』、『知らぬが佛(ほとけ)』、『バイバイ・ゲーム』、『おたのしみヒント』といった、一般参加のバラエティ番組が中心の編成だった。 (Wikipedia:MBSラジオ)

MBSヤングタウン
『MBSヤングタウン』(エムビーエスヤングタウン)は、1967年10月2日からMBSラジオ(毎日放送のラジオ部門)で夜ワイド枠に放送している番組。開始当初は深夜帯に放送されていた。現在の放送時間は、毎週土曜日・日曜日の夜22:00 - 23:30。 通称は「ヤンタン」で、番組開始から1970年9月までのタイトルは『歌え! MBSヤングタウン』であった。笑福亭鶴瓶は1975年から、明石家さんまは1976年から出演している。 一時は全曜日にわたって放送されていたため、当ページでは曜日別の呼称として、便宜上「ヤン○」(○は曜日名の頭文字)という略称を使用する(#エピソードを参照)。なお、現在放送中の土曜日についてはヤングタウン土曜日、日曜日についてはヤングタウン日曜日のページを参照されたい。 1960年代後半から、深夜番組の黄金期を築いてきた番組で、フュージョンによるテーマソング(通称『MBSヤングタウンのテーマ』)が代々、使われている。 (Wikipedia:MBSヤングタウン)

MBSタイガースナイター
『MBSベースボールパーク』(エムビーエスベースボールパーク、MBS Baseball Park)は、 毎日放送(MBSラジオ)が2014年から放送のプロ野球中継番組。 中継タイトルの変遷 1973年 - 2002年:毎日放送ダイナミックナイター(まいにちほうそうダイナミックナイター、Mainichi Broadcasting System Dynamic Nighter)以下、『ダイナミック - 』 2003年 - 2010年:MBSタイガースナイター(エムビーエスタイガースナイター、MBS Tigers Nighter)以下、『 - ナイター』 2011年 - 2013年:MBSタイガースライブ(エムビーエスタイガースライブ、MBS Tigers Live)以下、『 - ライブ』 2014年 - :(with Tigers) MBSベースボールパーク(ウィズタイガースエムビーエスベースボールパーク、with Tigers MBS Baseball Park)(以下、『 - パーク』) 放送日・放送時間 番組としての放送開始時間は、平日が17:46、土・日曜は17:59。 (Wikipedia:MBSタイガースナイター)

MBSナウ
『MBSナウ』(エムビーエス・ナウ、英称:MBS NOW)は、1976年1月5日から2000年9月29日まで毎日放送で放送された報道番組。関西地区で初めて誕生したニュースワイドである。番組は単に「ナウ」とも呼ばれていた。また、「NOW」とも表記されていた。 協力・毎日新聞社(ただし、1994年9月5日以降はクレジット表示無し)。 1975年3月31日にネットワークの腸捻転が解消したのに伴い、毎日放送はANN(NETテレビ→テレビ朝日)系列からJNN(TBS)系列へとネットチェンジ。その翌年の1976年1月5日に、『毎日新聞ニュース』の後継番組としてこの『MBSナウ』は放送を開始した。最高視聴率は、1989年2月24日(大喪の礼)の22.4%(ビデオリサーチ調べ)。 当初の放送時間は月曜 - 金曜 18:00 - 18:30 (JST、以下同)で、初代キャスターは小池清(月曜・火曜・水曜)と平松邦夫(木曜・金曜)の両アナウンサーだった。 (Wikipedia:MBSナウ)

MBSスタジオ in USJ
名称=MBSスタジオ in USJ
旧名称=
用途=スタジオ (映像撮影) スタジオ
旧用途=
設計者=大林組
構造設計者=
施工=
建築主=大林組
構造形式=
敷地面積=
建築面積=
延床面積=
階数=
高さ=
着工=
竣工=2001年3月
改築=
所在地=大阪府大阪市此花区桜島2丁目1番33号
(Wikipedia:MBSスタジオ in USJ)

MBSニュース
『MBSニュース』(エムビーエスニュース)は、毎日放送(MBS)のラジオ・テレビで放送されるニュース番組のタイトル。テレビでは2011年11月から、『MBS NEWS』のタイトルで放送している。 ラジオ 1951年9月1日、新日本放送(NJB)として開局した当初から、毎日新聞社の協力による『毎日新聞ニュース』のタイトルで放送されてきた。1974年ニュース編集権が毎日新聞からMBSへ移管されたことに伴い、『毎日ニュース』に改題したが、1999年頃から『MBSニュース』にタイトルを改めた。MBSラジオのニュースは、共同通信社、毎日新聞、JNN、JRNからの配信と、MBS報道局が取材したニュースを伝えている。 生ワイド番組の内包ニュースとして放送される場合は、ニュースの合間に、番組の出演者と担当のアナウンサーでクロストークを展開することがある。『それゆけ!』金曜日のパーソナリティをやしきたかじんが務めていた時期には、12時過ぎの『毎日ニュース』で、たかじんと平松邦夫(当時の担当アナウンサー、後の大阪市長)のやり取りをはさんで40分以上も時間を費やしたこともあった。 (Wikipedia:MBSニュース)

MBS新世代漫才アワード
『MBS漫才アワード(エムビーエスまんざいアワード)』は、関西のテレビ・ラジオ放送局である毎日放送(MBS)が主催していた漫才コンテスト。2011年開催の第9回までは『MBS新世代漫才アワード(エムビーエスしんせだいまんざいアワード)』の名称で開催された。 これまで、NHK上方漫才コンテスト(NHK大阪放送局主催)や、ABCお笑い新人グランプリ→ABCお笑いグランプリ(ABCテレビ)、上方お笑い大賞→笑いの超新星→ytv漫才新人賞(讀賣テレビ放送)など、在阪の放送局各社が新人のお笑い芸人のコンテストを行ってきた中で、唯一そのようなコンテストを持っていなかったMBSが『MBS新世代漫才アワード』の名称で2003年からスタートさせた。 (Wikipedia:MBS新世代漫才アワード)

MBS夜な夜な倶楽部
MBS夜な夜な倶楽部(-よなよなくらぶ)はMBSラジオの深夜放送で2004年4月からスタート。放送時間は、火曜~金曜日1時00分から4時00分(月曜 - 木曜深夜)。生放送である。 永遠のライバル”であるABCラジオに対抗すべく、MBSラジオの深夜放送の一大改革として2002年4月から「+M」、「B」と合わせて「深夜のMBS」というイメージを開拓しようと、2時00分 ~ 4時50分の枠を「S」と題して、月~木曜(実際の日付では火~金曜)に4人のパーソナリティーによる音楽とトークの番組を企画したのが原点である。 それを2004年4月から更に大幅に見直し、火曜 - 金曜日(月 ~ 木曜深夜)の1時00分 ~ 3時00分までの2時間(野球中継が延長した場合、MBSサウンドパークスの兼ね合いもあり最大1時間ずらした上、時間短縮)に渡り日替わりで5人(火曜日のみ2名)が番組を担当してリニューアルスタートした。 (Wikipedia:MBS夜な夜な倶楽部)

MBS京都プロジェクト
MBS京都プロジェクト (えむびーえすきょうとぷろじぇくと)とは、毎日放送(MBS)が制作・放送する、京都府の伝統や美術に関するの番組やイベントなどの総称である。
毎年11月23日を京都の日と定め、特別番組を放送している。
真実の料理人(特別番組を放送)
ちちんぷいぷい (テレビ番組) ちちんぷいぷい(京都からの生放送)
水野真紀の魔法のレストラン(京都特集)
2007年5月19日土曜日は、「MBS京都スペシャル」として9時25分(実質11時58分)~17時30分まで特別番組が多数放送された。
せやねん! 京都秘(まるひ)の美SP 雅&角のブラブラどこいこ!?(11:58 - 13;54)
せやねん!メインパーソナリティのトミーズ雅と、ちちんぷいぷい (テレビ番組) ちちんぷいぷいメインパーソナリティの角淳一が、「京都の美」をテーマに町を練り歩く。途中、「スタア祇園の隠れ家」「京大生100人が教える! 劇うまラーメンキング」などの情報もVTRで紹介。ほかの出演は、里見浩太朗・未知やすえ・松井愛(MBSアナウンサー)・チュートリアル (お笑いコンビ) チュートリアル・ロザン・千鳥 (お笑いコンビ) 千鳥ら。
(Wikipedia:MBS京都プロジェクト)

MBS企画
株式会社MBS企画(エムビーエスきかく、MBS Planning Corporation)は、日本のコングロマリット。大阪府に本社を置く放送局、毎日放送(MBS)の関連会社の一つで、MBSなどのテレビ・ラジオ番組の企画・制作やイベント・出版物の企画・刊行、住宅展示場の運営・管理などを行っている。 1968年7月31日、MBSの全額出資により「株式会社ミリカ音楽出版」として設立。MBSのラジオ番組「MBSヤングタウン」で生まれたヒット曲の権利ビジネスを展開することを目的とした。 1989年7月10日に「株式会社エムビーエス企画」に商号を変更し、音楽出版社からテレビ・ラジオ・イベントの企画・制作を手がける総合制作プロダクションに移行した。2001年7月、音楽出版事業を「株式会社ミリカ・ミュージック」に分社したのち、2002年11月29日、現行の「株式会社MBS企画」(社名登記をカタカナから英字に変更)に商号を変更した。 (Wikipedia:MBS企画)

MBSドクホン
MBSドクホン(エムビーエスドクホン)は、毎日放送が発行していた情報誌(フリーペーパー)。 2004年1月に創刊0号を発行。第19号(2007年4月発行)をもって休刊中。 発行 編集・発行(株)毎日放送 編成局宣伝部定価0円配布場所サポートショップ(一覧) 表紙構成 創刊0号から11号までは表紙が一色で構成されており、番組出演者の写真と白抜きで台詞が書かれる(創刊0号は角淳一が登場し、『ちちんぷいぷい』の「こんにちは。私は角淳一です。あなたはどなたでしょうか。」という台詞が載った)ものだった。これに対し、裏表紙に共演者からのツッコミが入るという構成がほとんどであった。 12号以降は表紙が全面リニューアル。白地をバックに番組出演者をカッコよく描いたイラストが掲載されるようになった。 また裏表紙の下隅には海原はるかの頭髪部の拡大写真が掲載され、バーコードと称している。一度だけブラックマヨネーズの小杉竜一が登場しており、同社制作の『ジャイケルマクソン』に出演した際の罰ゲームでパンチパーマになった時の拡大写真が掲載された。 (Wikipedia:MBSドクホン)

MBSニュースワイドアングル
MBSニュースワイドアングルは、毎日放送ラジオ(MBSラジオ)で2003年1月から2005年3月までの間放送されたニュース報道および情報系のラジオ番組である。 「MBSイブニングレーダー」から続くMBSラジオ伝統の夕方報道ワイド枠(全国のラジオ・テレビ併営局では珍しい「ラジオ報道部」が製作)の番組として、「情報ラヂオ・スパイス!」の終了(2002年(平成14年)12月30日)に伴い、2003年(平成15年)1月6日からスタートした。放送時間は毎週月曜日から金曜日の16:00〜17:33。2003年9月29日月曜日からは16:00〜17:30となった。 毎回日替わりのコメンテーターによるニュース解説や近藤勝重による「ラジオイミダス」や、金曜日は「アングル金曜かわら版」と題し、月〜木とは若干趣きを変え、リスナーからの時事川柳などを紹介したりしていた。 2005年春の番組改編の為、2005年(平成17年))3月22日火曜日の放送をもって番組を終了し、「MBSイブニングレーダー」→「諸口あきらのイブニングレーダー」→「情報ラヂオ・スパイス!」→「MBSニュースワイドアングル」と約21年間続いたMBSラジオの夕方報道ワイド番組が終了することとなった。 (Wikipedia:MBSニュースワイドアングル)

MBSナイトアングル
『MBSナイトアングル』(エムビーエスナイトアングル)は、2003年4月から2005年3月31日までMBSラジオ(毎日放送)で放送されていた報道番組である。 『MBSニュースワイドアングル』の姉妹編として、平日 21:00 - 21:30に放送。ただし、プロ野球シーズン中には原則『MBSタイガースナイター』の終了後に30分間放送という形を取っていた。番組は大きく3コーナーからなり、序盤がその日1日のまとめのニュース、中盤が特集「トゥディズ・アングル」、終盤がスポーツと天気という構成だった。 後継番組は23:55 - 0:00に放送の『MBSニュース最終便』。 トゥディズ・アングル 月曜日 エコノアングル(経済情報) 火曜日 週刊プレジデント(インタビュアー:子守康範) 水曜日 週刊お仕事図鑑 木曜日 木曜アングルレポート 金曜日 来週の予定放送開始当初は火曜日が「アングルレポート」、木曜日が「週刊プレジデント」という構成だったが、半年で曜日を交換した。 (Wikipedia:MBSナイトアングル)

MBSミッドナイトドライブ
MBSミッドナイトドライブ(エムビーエスミッドナイトドライブ)は、毎日放送(MBSラジオ)でかつて深夜に放送されていた音楽ラジオ番組である。 なお放送開始・終了日などはあくまで暦日で表記しているため、注意のこと。 番組開始は1980年代の後半ごろで、当時は日曜日(土曜深夜)の2時台に放送されていた。 その後日曜日3時間枠での放送となる。 1996年(平成8年)度上半期のみ月曜日(日曜深夜)の3時35分 ~ 4時50分に一旦移動したが半年で日曜日(土曜深夜)に復帰 1997年度から2002年3月の放送終了までは月曜日(日曜深夜)を除く毎夜放送された。 1997年-1999年3月、2:00 - 3:00 1999年 4月 - 2001年9月、3:00 - 4:00、 2001年10月 - 2002年3月、3:00 - 5:00※1999年3月まで3時台はTBSラジオからのネット受け(当初「いすゞ歌うヘッドライト〜コックピットのあなたへ〜」2時間だったが、1997年4月に1時間短縮となり当該枠は「Ride on music!」となった)をしていたが、1999年4月以後「Ride on music!」のネット縮小と、多くの局が「Be@t B@by!!」(TBSラジオは0時-1時)のネットに切り替えるも、MBS/ABCとも編成の都合上ネットしなかったため、この番組も3時スタートに繰り下げとなった。 (Wikipedia:MBSミッドナイトドライブ)

MBSニュース&天気
(Wikipedia:MBSニュース&天気)

MBSニュース最終便
『MBSニュース最終便』(エムビーエス・ニュースさいしゅうびん)は、2005年4月から2008年3月28日までMBSラジオ(毎日放送)で放送されていた、その日の『MBSニュース』のまとめ番組である。番組はその日のニュース、スポーツの結果、天気情報を伝えていた。 元々は『MBSナイトアングル』という番組で、2003年4月から2005年3月まで21:00 - 21:30(プロ野球シーズン中には原則、変動あり)に放送されていたが、『MBSニュースワイドアングル』の終了とワイド番組『ナニワ音楽ショウ』(金曜日は『UKビートフライヤー1179』)との枠交換によって2005年4月にタイトルを変更。23:45 - 24:00まで放送の15分番組となり、同時にストレートニュース番組に変更された。さらに2005年10月には『ゴーゴーモンキーズ』の枠拡大によって放送時間が15分前倒しの23:30 - 23:45になり、2006年4月には『ナニワ音楽ショウ』の枠拡大によって23:55 - 翌0:00に放送の5分番組となった。 (Wikipedia:MBSニュース最終便)

MBSニュース&天気
MBSニュース&天気(えむびーえすにゅーすあんどてんき)は、大阪・MBSテレビ(毎日放送)で毎週土曜日の18:50~19:00(特番期は、30分の繰り上げあり)に放送していた報道番組 報道・ニュース番組。1997年に土曜版MBSナウの終了に伴いスタート。(それまでこの枠は、「チャンネルメイト」という番宣番組を放送していた。)その日のニュースと、気象予報士による天気で構成されていたが、2005年夏頃から、古川アナだけの出演となり、同年10月1日の放送を以って事実上の最終回となった(余談だが、機動戦士ガンダムSEED DESTINYもこの日が最終回だった)。
古川圭子(毎日放送 MBSアナウンサー)
(Wikipedia:MBSニュース&天気)

MBSサウンドパークス
MBSサウンドパークスは毎週火曜から金曜日(月曜 - 木曜深夜)3時00分 ~ 4時00分に放送(野球中継が延長された場合でも番組編成の兼ね合いで必ず3時00分から1時間放送)されていたMBSラジオの音楽番組である。 なお放送開始・終了日などはあくまで暦日で表記しているため、注意のこと。 この番組はタイトルに一部あるように、2003年10月にオープンしたなんばパークス内に設置されたMBSラジオのサテライトスタジオ「パークスラジオパラダイス(通称パラパラスタジオ)」からの公開放送で、日替わりのパーソナリティーがこだわりの音楽と、アーティストをゲストに迎えてのトーク&ライヴセッションを展開するという番組である。2004年9月24日の放送を最後にMBS夜な夜な倶楽部の時間延長(1時00分 - 4時00分に拡大)に伴い終了した。 出演者 火曜日(月曜深夜)さんじゅうしちはち 水曜日(火曜深夜)中嶋慶子 木曜日(水曜深夜)JUN 金曜日(木曜深夜)LEO。 (Wikipedia:MBSサウンドパークス)


MBS - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  アベノミクス - 2018年01月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



アベノミクス
アベノミクス(英語: Abenomics)とは、自由民主党の政治家・安倍晋三が第2次安倍内閣において掲げた一連の経済政策に対して与えられた通称である。少数ながら表記揺れに「アベノミックス」「安倍ノミクス」がある。「安倍」と「エコノミクス/エコノミックス(英: economics)」を合わせた造語(混成語)。英語・フランス語・ドイツ語ではAbenomics、ロシア語ではАбэномика(アベノミカ)と表記される。なお、国際的にはAbeconomics(アベコノミクス)と呼ばれることも多い。 「近いうち解散」と呼ばれた2012年(平成24年)11月の衆議院解散頃から朝日新聞が使用したことをきっかけに多用され始めた言葉であるが、「アベノミクス」「三本の矢」という呼称自体は2006年(平成18年)時点で第1次安倍内閣自由民主党幹事長の中川秀直が使用した例が確認されている。 (Wikipedia:アベノミクス)


アベノミクス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  任天堂 - 2018年01月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



任天堂
任天堂(にんてんどう、英: Nintendo Co., Ltd.)は、日本の企業。 ゲーム機ハードウェア、ソフトウェアで一定のシェアを持つ。 現在は、ゲーム機ハード、ソフトで総合首位のビデオゲーム、プラットフォームの会社として知られるが創業当初は、花札の製造を行っており、玩具の製造を経て現在に至る。 ニンテンドーDSを発売した2004年からは、「ゲーム人口の拡大」を基本戦略としており、幅広い人がプレイできるゲームを開発している。 また、柔軟な判断ができるよう特定の経営指標を掲げていない。これは娯楽製品を取り扱うが故に、開発に不確定要素が多く競争も激しい業界に、柔軟に対応するためである。 1889年、山内房治郎が京都市下京区で花札の製造を始める。日本において初めてトランプの製造を行った実績もある。 1947年、株式会社丸福として創業。翌々年には、山内溥が代表取締役に就任。その後、任天堂骨牌株式会社に社名を改める。社名は、「運を天に任せる」という言葉に由来している。 任天堂は、日本初となるプラスチックトランプの製造に成功。 (Wikipedia:任天堂)

任天堂社長一覧
『任天堂』より : 任天堂(にんてんどう、英: Nintendo Co., Ltd.)は、日本の企業。 ゲーム機ハードウェア、ソフトウェアで一定のシェアを持つ。 現在は、ゲーム機ハード、ソフトで総合首位のビデオゲーム、プラットフォームの会社として知られるが創業当初は、花札の製造を行っており、玩具の製造を経て現在に至る。 ニンテンドーDSを発売した2004年からは、「ゲーム人口の拡大」を基本戦略としており、幅広い人がプレイできるゲームを開発している。 また、柔軟な判断ができるよう特定の経営指標を掲げていない。これは娯楽製品を取り扱うが故に、開発に不確定要素が多く競争も激しい業界に、柔軟に対応するためである。 1889年、山内房治郎が京都市下京区で花札の製造を始める。日本において初めてトランプの製造を行った実績もある。 1947年、株式会社丸福として創業。翌々年には、山内溥が代表取締役に就任。その後、任天堂骨牌株式会社に社名を改める。社名は、「運を天に任せる」という言葉に由来している。 任天堂は、日本初となるプラスチックトランプの製造に成功。 (Wikipedia:任天堂社長一覧)

任天堂発売のゲームタイトル一覧
任天堂発売のゲームタイトル一覧(にんてんどうはつばいのゲームタイトルいちらん) 以下は任天堂発売のゲームタイトル一覧である。開発のみ行い、他社より発売された作品も含む。 ポケモンが発売元のタイトルは、行の最後に●を表記。 略号 以下の略号を使い、各ゲームの対応関係を示す。 FC: ファミリーコンピュータ用 FCD: ファミリーコンピュータ ディスクシステム用 GB: ゲームボーイ用 SFC: スーパーファミコン用 VB: バーチャルボーイ用 N64: NINTENDO64用 64DD: NINTENDO64の64DD用 GBC専: ゲームボーイカラー専用 GBC対: ゲームボーイカラー対応 NP-SFC: ニンテンドウパワー向けスーパーファミコン用 NP-GBC専: ニンテンドウパワー向けゲームボーイカラー専用 NP-GBC対: ニンテンドウパワー向けゲームボーイカラー対応 GBA: ゲームボーイアドバンス用 GC: ニンテンドーゲームキューブ用 PKm:ポケモンミニ用 FCmini: ゲームボーイアドバンスのファミコンミニシリーズ DS: ニンテンドーDS用 DSiware: ニンテンドーDSiのニンテンドーDSiウェア用 Wii: Wii用 Wiiware: WiiのWiiウェア用 3DS: ニンテンドー3DS用 3DSDL: ニンテンドー3DSのダウンロードソフト New3DS専用: Newニンテンドー3DS専用 Wii U: Wii U用 Wii UDL: Wii Uのダウンロードソフトなお、発売日および対応ハードは全て日本版のもの。 (Wikipedia:任天堂発売のゲームタイトル一覧)

任天堂DS
『ニンテンドーDS』より : ニンテンドーDS(ニンテンドーディーエス、Nintendo DS)は、任天堂が開発し2004年から世界各国で発売した携帯型ゲーム機。略称は「DS」。 画面を2つ持つことや、タッチスクリーン・マイクによる音声認識などの操作方法(ユーザインタフェース)、すれちがい通信といった通信機能を持っており、それらを利用した「Touch! Generations」という一連のシリーズを発売した。 2004年までのテレビゲーム(コンシューマーゲーム)業界では、特に映像表現に関わるハードウェア技術の発達に伴って全体的にゲームが画一的、マンネリ化状態に陥っており、ゲーム人口も減少傾向(ゲーム離れ)にあったため、それを打開することが焦眉の急になっていた。また、マスコミなどで非行・引きこもり・ゲーム脳などゲーマーやテレビゲームのネガティブ・キャンペーンも行われていた。 ニンテンドーDSは斬新な方法で「ゲーム人口の拡大」を進め、新たな層の獲得にも成功した。任天堂が進めた「ゲーム人口の拡大」によって、教育や教材への活用や、Wiiの誕生にも影響を与えた。 (Wikipedia:任天堂DS)

任天堂64
『NINTENDO64』より : NINTENDO64(ニンテンドウろくじゅうよん)は、任天堂株式会社が1996年に発売した家庭用ゲーム機。スーパーファミコンの後継・次世代機種であり、略称は「64(ロクヨン)」、「N64」など。 生産は既に終了しており、2007年10月31日をもってファミリーコンピュータ、スーパーファミコン等と共に公式修理サポートを終了した。NINTENDO64で発売されたゲームソフトの一部は、Wiiのゲームソフト配信サービスであるバーチャルコンソールで購入・プレイすることが可能である。 1990年代中期に「次世代機」と呼ばれたゲームハードの一つで、任天堂としては初めて本格的な3Dゲームに対応した。メディアは従来と同じくロムカセット式である。1993年の開発発表時のコードネームは「プロジェクト・リアリティ」、正式名が決定する以前の海外名称は「ウルトラ64」(日本国内では当時名称未発表)、ユーザー間の通称は「ウルトラファミコン」だった。 (Wikipedia:任天堂64)

任天堂スペースワールド
任天堂スペースワールド(にんてんどうスペースワールド、Nintendo Space World)は、任天堂が開催していたコンピュータゲームの展示会。同社と取引の有る問屋による組織・初心会が1989年より東京で開催していた会員向け展示会を前身とする。 沿革 ファミコンスペースワールドとしての第1回(「初心会ソフト展示会」としては第3回)展示会は1991年4月24日より5月6日までの13日間、千葉市の幕張メッセで開催された。出展タイトルは前年11月に発売されたスーパーファミコンのソフトが中心で「ファイナルファンタジーIV」(スクウェア)や「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」(任天堂)が注目を集めた。 1992年と翌1993年のファミコンスペースワールドは8月に東京・晴海の東京国際見本市会場で開催され、1993年のスペースワールドでは山内溥社長(当時)が基調講演で「Project Reality」構想(後のNINTENDO64)を発表した。 (Wikipedia:任天堂スペースワールド)


任天堂 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  iPad - 2018年01月28日


関連するイメージは見つかりませんでした




iPad - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す