[PR]

日別キーワード

第6位  不能 - 2018年01月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



不能犯
不能犯(ふのうはん)とは、刑法学上の概念の一つで、犯罪的結果の発生を意図したにもかかわらず、その行為の性質上、当該結果を発生させることがないため、犯罪が成立せず、刑罰の対象とならない行為のことをいう。結果発生の危険がないため、未遂犯にもならないとされている。未遂犯と不能犯の区別の基準については学説上の対立があり、また有罪・無罪に直結するため裁判上も少なからず争われている。判例は従来、実質的危険説(絶対的不能・相対的不能)によっているとされたが、戦後の裁判例には具体的危険説に近いものが多くみられる。 日本の刑法に、不能犯を処罰しないという明文の規定は置かれていない。 なお、呪殺の儀式を、殺害を目指して行うのではなく、いやがらせ目的で行い、相手に知らしめ畏怖させるなどのことは、それはそれで犯罪となる可能性があるが、それらは別論であり、本稿では扱わない。 典型例には迷信犯(丑の刻参りなどの呪殺)があげられる。他に硫黄粉末を飲食物などに混ぜて毒殺しようとした事例につき殺人については不能犯であるとして傷害罪にとどめた判決がある(大審院大正6年9月10日判決刑録23輯999頁)。 (Wikipedia:不能犯)

不能犯 (漫画)
神崎 裕也(かんざき ゆうや)は、日本の漫画家。男性。熊本県出身。 2001年25歳の時に第5回ヤングジャンプ月例MANGAグランプリにて「ツキノマホウ」が佳作と月間ベスト賞を受賞。 数度の読切を経て、2005年に「亜熱帯ナイン」で『週刊ヤングジャンプ』に初連載を果たす。 2009年より『週刊コミックバンチ』にて「ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-」を連載。2011年に同誌休刊のため 『月刊コミック@バンチ』へ移籍する。 作品 連載 亜熱帯ナイン(『週刊ヤングジャンプ』2005年35号 - 2006年16号、全3巻) ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-(『週刊コミックバンチ』2009年12号 - 2010年39号、『月刊コミック@バンチ』1号 - 連載中) 不能犯(原作:宮月新、『グランドジャンプ』2013年10号 - 連載中) 読切 明日に向かって盗め!(『増刊ヤングジャンプ漫革』vol.37、2004年) 10球だけのストッパー(『週刊ヤングジャンプ』2004年19号) 東京龍―トーキョー・ドラゴンズ―(『週刊ヤングジャンプ』2007年44号) 師匠 ふなつ一輝 栗原正尚 脚注 外部リンク 神崎裕也 (@kanzakiuro) - Twitter。 (Wikipedia:不能犯 (漫画))


不能 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

不能 - アマゾン検索


「不能」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す