[PR]

日別キーワード

第9位  細雪 - 2018年01月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



細雪
『細雪』(ささめゆき)は、日本の作家・谷崎潤一郎の長編小説。全編の会話が船場言葉で書かれた作品である(谷崎自身は東京出身)。上流の大阪人の生活を描き絢爛でありながら、それゆえに第二次世界大戦前の崩壊寸前の滅びの美を内包し挽歌的切なさをも醸しだしている。阪神間モダニズム時代の阪神間の生活文化を描いた作品としても知られる。舞台は阪神間だが、本質的には大阪(船場)文化の崩壊過程を描いている。 背景・出版 谷崎は第二次世界大戦中の1941年に谷崎潤一郎訳源氏物語(旧訳)を完成させており、1942年(昭和17年)9月下旬には山梨県南都留郡勝山村(現在の富士河口湖町勝山)の河口湖湖畔にある富士ビューホテルに滞在しており、その滞在中の様子をモチーフとした場面が『細雪』下巻に描かれている。 (Wikipedia:細雪)

細雪 (1983年の映画)
『細雪』(ささめゆき)は、谷崎潤一郎の『細雪』を原作に1983年5月21日に公開された日本映画。製作は東宝映画。配給は東宝。フジカラー、ビスタビジョン。上映時間は140分。   スタッフ 監督:市川崑 製作者:市川崑、田中友幸 原作:谷崎潤一郎 脚本:日高真也、市川崑 台詞校訂:谷崎松子 音楽:大川新之助、渡辺俊幸 琴:山田節子 撮影:長谷川清 美術:村木忍 録音:大橋鉄矢 照明:佐藤幸次郎 編集:長田千鶴子 助監督:吉田一夫、山下賢章 製作補:高井英幸 製作担当者:森知貴秀 衣裳:村上育子、原田桂子 衣裳監修:斉藤寛 方言指導:大原穣子、頭師孝雄 合成:塚田猛昭、三瓶一信 人形制作:桑原実絵 整音:東宝録音センター 音響効果:東宝効果集団 タイトル:デン・フィルム・エフェクト 現像:東洋現像所 協力:三松、清酒白雪 キャスト 蒔岡鶴子(長女):岸惠子 蒔岡幸子(次女):佐久間良子 蒔岡雪子(三女):吉永小百合 蒔岡妙子(四女):古手川祐子 辰雄(鶴子の夫):伊丹十三 貞之助(幸子の夫):石坂浩二 悦子(幸子の娘):若林味香 富永の叔母:三宅邦子 音吉:浜村純 音吉の息子:頭師孝雄 お久(上本町本家の女中):三條美紀 お條(芦屋分家の女中):角田素子 お春(芦屋分家の女中):上原ゆかり 野村(雪子の見合い相手):小坂一也 橋寺(雪子の見合い相手):細川俊之 東谷(雪子の見合い相手):江本孟紀 奥畑(妙子の恋人):桂小米朝 板倉(妙子の恋人):岸部一徳 三好(妙子の恋人):辻萬長 五十嵐(野村の叔父):常田富士男 東谷子爵:鈴木国久 陳馬仙太郎(見合いの世話人):小林昭二 陳馬夫人(見合いの世話人):新橋耐子 下妻夫人(見合いの世話人):根岸明美 井谷(見合いの世話人):横山道代 井谷の娘:鎌倉左記子 橋寺の娘:仙道敦子 板倉の母:市川千恵子 料亭の女中:大原穣子 電車の新兵:橋爪淳 酒亭の内儀:白石加代子 エピソード はじめ、蒔岡鶴子役は山本富士子に主演を依頼していたが、当時の彼女は舞台中心に活動していたために出演を拒否した。 (Wikipedia:細雪 (1983年の映画))


細雪 - 関連ブログ

朝霧カフカ氏監修!漱石、芥川ら文豪ゆかりの地紹介本 - mojiru【もじをもじる】

文豪聖地巡礼 「文豪聖地巡礼」Amazonでの購入はこちら 「文豪聖地巡礼」楽天市場での購入はこちら 文豪聖地巡礼 インプレスグループで料理・文芸関連の出版事業を展開する立東舎は、朝霧カフカ氏監修、鈴木次郎氏イラストレーション担当による、漱石、鏡花、中也、芥川、太宰、安吾、乱歩らゆかりの地をエピソード付き...

「竹取物語」冴えないタイトルに隠れた深い意味 | 日本人が知らない古典の読み方 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

海外の作品が街角の書店に並ぶというのは、ごくありふれた寸景だ。漫画からライトノベル、ハードルの高そうな純文学や哲学書まで、多岐にわたるジャンルの本たちが、さまざまな国から旅立って、毎日世界中の読者に無数の物語を届けている。日本で生まれた作品もまた、見知らぬ国へ旅立っている。 しかし、文学作品のタイ...

映画館に - chokobostallions’s blog

ブロトピ:映画ブログ更新 関東に越してきて、何度か映画館に通うようになった。映画は映画館で鑑賞するのがいい。前期比9割以上減となった映画業界だ。今後も茨の道を歩むのだろうが、なんとか大勢の映画ファンが映画館に戻ってきてほしいと心から願う。 まずはそれだけだ。 ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしま...

我が家の本棚には、本がほとんどない。 - 人生は80から

お題「我が家の本棚」 若いころは、よく本を読む方だった。 香川県の片田舎に住んでいて、そのころは、まだ、地方に図書館はなかった。 就職してすぐに買ったのは、日本文学全集の50冊と、世界文学全集25冊だった。 そのころ読んだ本で、今記憶があるのは、谷崎潤一郎の細雪、 教養書では菜根譚、古典では落窪物語。 結...

ジェイン・オースティン「高慢と偏見」200年前も今も、人って変わらないのね。 - 常人の倍香辛料振る方です

ジェイン・オースティン 「高慢と偏見」 高慢と偏見を読みました。 これが面白くて、650ページ 一気読みでした。 200年前のイギリスの田舎町の 特に何が起こるっていう訳でも ないのですが、目が離せない…! 半ばまで読んで、ああこれ… 細雪だぁ!好きなはずだわ~! と思いました。 細雪も4姉妹のお話。 高慢と偏見は5...

【北海道・東北地方の企業】カネショウ_ - 青森活性化ブログ

今回は青森の食品メーカーカネショウについて分析していきます。 青森県のお土産屋さんや温泉施設に行くと良く見かける試飲リンゴ酢サーバーがあります。これはカネショウのリンゴ酢であることが多いと個人的に思っており青森県民に身近な企業だと思っています。 業務内容・沿革 業績・株価・社会貢献活動 取り扱い商品 ...

ヨコハマメリーと文豪・谷崎潤一郎の点と線|檀原照和|note

【期間限定無料公開中】 以下、『昭和の謎 99』 2019年初夏の号(ミリオン出版 )に寄稿した記事を転載したものです(新事実の発見により、一部の箇所を修正しています)。 従来のヨコハマメリー像からは導き出されないような予想外の内容ですが、皆様どうお考えになりますか? 皆様の御意見をお待ちしております。 な...

REALKYOTO – CULTURAL SEARCH ENGINE » 疫病の年の手紙 浅田 彰

グローバル化の行き着く先で、温暖化に代表される地球環境問題もいよいよ発火点に来ている、エボラ出血熱やトリ・インフルエンザ H5N1 などによるパンデミックの可能性も考慮しておかねばならない…。 頭ではわかっていたつもりだったし、折りにふれて話もしてきましたが、実際に新型コロナウイルス SARS-CoV-2 による CO...

正宗白鳥『読書雑記』の『細雪』評 - 黌門客

池谷伊佐夫『書物の達人』(東京書籍2000)で紹介されている本の一冊に、正宗白鳥『読書雑記』(角川文庫1954)がある。これについて池谷氏は、「初出がはっきりしないので、元版がいつどういう形ででたのか不明だが、わずか百六十頁ほどの薄い文庫本の四分の三にあたる百二十三頁に、読書雑感が当てられている。まるで...

REALKYOTO – CULTURAL SEARCH ENGINE » 対談:ホー・ツーニェン×浅田彰《旅館アポリア》をめぐって

あいちトリエンナーレ2019が波乱の内に閉幕する前日に、主会場のひとつである豊田市で参加アーティストと批評家による対談が行われた。対談のテーマは、近現代史に材を取った新作インスタレーション。神風特攻隊、京都学派の哲学者たち、小津安二郎、横山隆一……さまざまな要素が盛り込まれた作品はどのようにつくられた...


細雪 - アマゾン検索


「細雪」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す