[PR]

日別キーワード

第9位  細雪 - 2018年01月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



細雪
『細雪』(ささめゆき)は、日本の作家・谷崎潤一郎の長編小説。全編の会話が船場言葉で書かれた作品である(谷崎自身は東京出身)。上流の大阪人の生活を描き絢爛でありながら、それゆえに第二次世界大戦前の崩壊寸前の滅びの美を内包し挽歌的切なさをも醸しだしている。阪神間モダニズム時代の阪神間の生活文化を描いた作品としても知られる。舞台は阪神間だが、本質的には大阪(船場)文化の崩壊過程を描いている。 背景・出版 谷崎は第二次世界大戦中の1941年に谷崎潤一郎訳源氏物語(旧訳)を完成させており、1942年(昭和17年)9月下旬には山梨県南都留郡勝山村(現在の富士河口湖町勝山)の河口湖湖畔にある富士ビューホテルに滞在しており、その滞在中の様子をモチーフとした場面が『細雪』下巻に描かれている。 (Wikipedia:細雪)

細雪 (1983年の映画)
『細雪』(ささめゆき)は、谷崎潤一郎の『細雪』を原作に1983年5月21日に公開された日本映画。製作は東宝映画。配給は東宝。フジカラー、ビスタビジョン。上映時間は140分。   スタッフ 監督:市川崑 製作者:市川崑、田中友幸 原作:谷崎潤一郎 脚本:日高真也、市川崑 台詞校訂:谷崎松子 音楽:大川新之助、渡辺俊幸 琴:山田節子 撮影:長谷川清 美術:村木忍 録音:大橋鉄矢 照明:佐藤幸次郎 編集:長田千鶴子 助監督:吉田一夫、山下賢章 製作補:高井英幸 製作担当者:森知貴秀 衣裳:村上育子、原田桂子 衣裳監修:斉藤寛 方言指導:大原穣子、頭師孝雄 合成:塚田猛昭、三瓶一信 人形制作:桑原実絵 整音:東宝録音センター 音響効果:東宝効果集団 タイトル:デン・フィルム・エフェクト 現像:東洋現像所 協力:三松、清酒白雪 キャスト 蒔岡鶴子(長女):岸惠子 蒔岡幸子(次女):佐久間良子 蒔岡雪子(三女):吉永小百合 蒔岡妙子(四女):古手川祐子 辰雄(鶴子の夫):伊丹十三 貞之助(幸子の夫):石坂浩二 悦子(幸子の娘):若林味香 富永の叔母:三宅邦子 音吉:浜村純 音吉の息子:頭師孝雄 お久(上本町本家の女中):三條美紀 お條(芦屋分家の女中):角田素子 お春(芦屋分家の女中):上原ゆかり 野村(雪子の見合い相手):小坂一也 橋寺(雪子の見合い相手):細川俊之 東谷(雪子の見合い相手):江本孟紀 奥畑(妙子の恋人):桂小米朝 板倉(妙子の恋人):岸部一徳 三好(妙子の恋人):辻萬長 五十嵐(野村の叔父):常田富士男 東谷子爵:鈴木国久 陳馬仙太郎(見合いの世話人):小林昭二 陳馬夫人(見合いの世話人):新橋耐子 下妻夫人(見合いの世話人):根岸明美 井谷(見合いの世話人):横山道代 井谷の娘:鎌倉左記子 橋寺の娘:仙道敦子 板倉の母:市川千恵子 料亭の女中:大原穣子 電車の新兵:橋爪淳 酒亭の内儀:白石加代子 エピソード はじめ、蒔岡鶴子役は山本富士子に主演を依頼していたが、当時の彼女は舞台中心に活動していたために出演を拒否した。 (Wikipedia:細雪 (1983年の映画))


細雪 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

細雪 - アマゾン検索


「細雪」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す