[PR]

日別キーワード

第19位  NTTドコモ - 2018年01月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



NTTドコモ
株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話等の無線通信サービスを提供する日本の最大手移動体通信事業者である。日本電信電話株式会社(NTT)の子会社。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 1968年(昭和43年)に日本電信電話公社が移動体通信サービスポケットベルを開始したのがNTTドコモの起源となる。電電公社民営化後の1990年、政府の措置として日本電信電話株式会社から移動通信事業の分社化が決定し、1993年7月の分社化とともに「NTTドコモ」のブランドでサービスを行なっている。東京証券取引所などに上場する公開会社であるが、NTTが発行済株式の6割強(63.32%)を所有しており、同社の連結子会社(金融商品取引法上の特定子会社)である。NTTドコモはNTTグループの営業利益の7割を稼ぎ出す。「日本電信電話株式会社等に関する法律」(NTT法)は当社には適用されない(特殊会社ではない)。 「"docomo"」の名称は「"Do Communications over the Mobile network"」(移動通信網で実現する、積極的で豊かなコミュニケーション)の頭文字を綴ったものである。 (Wikipedia:NTTドコモ)

NTTドコモグループ
『NTTドコモ』より : 株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話等の無線通信サービスを提供する日本の最大手移動体通信事業者である。日本電信電話株式会社(NTT)の子会社。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 1968年(昭和43年)に日本電信電話公社が移動体通信サービスポケットベルを開始したのがNTTドコモの起源となる。電電公社民営化後の1990年、政府の措置として日本電信電話株式会社から移動通信事業の分社化が決定し、1993年7月の分社化とともに「NTTドコモ」のブランドでサービスを行なっている。東京証券取引所などに上場する公開会社であるが、NTTが発行済株式の6割強(63.32%)を所有しており、同社の連結子会社(金融商品取引法上の特定子会社)である。NTTドコモはNTTグループの営業利益の7割を稼ぎ出す。「日本電信電話株式会社等に関する法律」(NTT法)は当社には適用されない(特殊会社ではない)。 「"docomo"」の名称は「"Do Communications over the Mobile network"」(移動通信網で実現する、積極的で豊かなコミュニケーション)の頭文字を綴ったものである。 (Wikipedia:NTTドコモグループ)

NTTドコモ中央
『エヌ・ティ・ティ・ドコモ』より : 株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話等の無線通信サービスを提供する日本の最大手移動体通信事業者である。日本電信電話株式会社(NTT)の子会社。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 1968年(昭和43年)に日本電信電話公社が移動体通信サービスポケットベルを開始したのがNTTドコモの起源となる。電電公社民営化後の1990年、政府の措置として日本電信電話株式会社から移動通信事業の分社化が決定し、1993年7月の分社化とともに「NTTドコモ」のブランドでサービスを行なっている。東京証券取引所などに上場する公開会社であるが、NTTが発行済株式の6割強(63.32%)を所有しており、同社の連結子会社(金融商品取引法上の特定子会社)である。NTTドコモはNTTグループの営業利益の7割を稼ぎ出す。「日本電信電話株式会社等に関する法律」(NTT法)は当社には適用されない(特殊会社ではない)。 「"docomo"」の名称は「"Do Communications over the Mobile network"」(移動通信網で実現する、積極的で豊かなコミュニケーション)の頭文字を綴ったものである。 (Wikipedia:NTTドコモ中央)

NTTドコモ東海
『エヌ・ティ・ティ・ドコモ東海』より : エヌ・ティ・ティ・ドコモ東海(エヌ・ティ・ティ・ドコモとうかい、NTT DoCoMo Tokai)は、一般的には「NTTドコモ東海」と呼ばれ、かつて東海地方4県を営業区域としていた日本の電気通信事業者。株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの完全子会社であった。現在はNTTドコモ東海支社となっている。 事業区域 愛知県 - 静岡県 - 岐阜県 - 三重県 携帯電話・PHSサービス契約数 携帯電話・PHS契約数(2007年7月末時点) - 5,504,100契約 携帯電話契約数 - 5,477,200契約(シェア 45.0%) FOMA契約数 - 4,198,600契約 mova契約数 - 1,278,600契約 同時期の中部・東海地方のシェアは、auが29.0%、ソフトバンクモバイル25.2%、ツーカーが0.8%。 (Wikipedia:NTTドコモ東海)

NTTドコモ九州
『エヌ・ティ・ティ・ドコモ九州』より : 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ九州(エヌ・ティ・ティ・ドコモきゅうしゅう)は、一般的には「NTTドコモ九州」または「ドコモ九州」と呼ばれ、かつて九州地方7県と沖縄(沖縄県)を営業区域としていた日本の電気通信事業者。当時は株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの完全子会社であり、統合後はNTTドコモ九州支社となっている。 沖縄県では地元の沖縄セルラー電話が運営するauに比べ劣勢にたたされていることから、テレビCMやカタログなどで「NTTドコモ沖縄」としてPRしていた。 2006年8月、グループ他社と同様に、「FOMA」加入者の全契約者に占める割合が50%を超えた。 オリジナルiモードサイト「iCanDo」を運営していた(合併後も存続)。サイトでは公式サイトの無料体験や、独自のポイント「can」をためて応募できるプレゼント企画などを行っている。 営業区域 福岡県 -佐賀県 - 長崎県 - 熊本県 - 大分県 - 宮崎県 - 鹿児島県 - 沖縄県 沿革 1993年 - エヌ・ティ・ティ移動通信網から分離独立。 (Wikipedia:NTTドコモ九州)

NTTドコモ沖縄
『エヌ・ティ・ティ・ドコモ九州』より : 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ九州(エヌ・ティ・ティ・ドコモきゅうしゅう)は、一般的には「NTTドコモ九州」または「ドコモ九州」と呼ばれ、かつて九州地方7県と沖縄(沖縄県)を営業区域としていた日本の電気通信事業者。当時は株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの完全子会社であり、統合後はNTTドコモ九州支社となっている。 沖縄県では地元の沖縄セルラー電話が運営するauに比べ劣勢にたたされていることから、テレビCMやカタログなどで「NTTドコモ沖縄」としてPRしていた。 2006年8月、グループ他社と同様に、「FOMA」加入者の全契約者に占める割合が50%を超えた。 オリジナルiモードサイト「iCanDo」を運営していた(合併後も存続)。サイトでは公式サイトの無料体験や、独自のポイント「can」をためて応募できるプレゼント企画などを行っている。 営業区域 福岡県 -佐賀県 - 長崎県 - 熊本県 - 大分県 - 宮崎県 - 鹿児島県 - 沖縄県 沿革 1993年 - エヌ・ティ・ティ移動通信網から分離独立。 (Wikipedia:NTTドコモ沖縄)

NTTドコモ関西
『エヌ・ティ・ティ・ドコモ関西』より : 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ関西(エヌ・ティ・ティ・ドコモかんさい、NTT DoCoMo Kansai, Inc.)は、一般には「NTTドコモ関西」と呼ばれ、かつて近畿地方2府4県を事業区域としていた日本の電気通信事業者。株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの完全子会社であった。 事業区域 大阪府 - 京都府 - 兵庫県 - 奈良県 - 和歌山県 - 滋賀県 沿革 1993年 7月1日 - エヌ・ティ・ティ移動通信網から分離独立。社名をエヌ・ティ・ティ関西移動通信網株式会社とする。 10月 - エヌ・ティ・ティ関西移動通信株式会社(関西受託会社)と合併。 1994年 4月 - デジタル800GHz帯 (mova) サービス方式を開始。 10月 - 「デジタル1.5GHz帯サービスシティオ」サービスを開始。 1997年12月 - パケット通信サービスを開始。 1998年12月 - エヌ・ティ・ティ関西パーソナル通信網(NTTパーソナル関西)からPHS事業を継承。 (Wikipedia:NTTドコモ関西)

NTTドコモ北陸
『エヌ・ティ・ティ・ドコモ北陸』より : 株式会社 エヌ・ティ・ティ・ドコモ北陸(エヌ・ティ・ティ・ドコモほくりく、NTT DoCoMo Hokuriku, Inc.)は、一般的には「NTTドコモ北陸」と呼ばれ、かつて北陸3県を業務区域としていた、日本の電気通信事業者。株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの完全子会社であった。業務区域の人口規模と面積は、旧ドコモ地域会社の中で最小であった。 業務区域 石川県 富山県 福井県 沿革 1993年7月1日 - 会社設立。当時の社名は「エヌ・ティ・ティ北陸移動通信網株式会社」 2000年 4月 - 会社名を現社名に変更 5月 - ISO14001認証取得 2004年6月 - ポケットベル新規加入受付を停止 2005年5月 - PHS新規加入受付を停止 2007年3月31日 - ポケットベル事業から撤退 2008年 1月7日 - PHS事業から撤退 7月1日 - 親会社の株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(ドコモ中央)に併合され解散した。 (Wikipedia:NTTドコモ北陸)

NTTドコモ北海道
『エヌ・ティ・ティ・ドコモ北海道』より : 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ北海道(エヌ・ティ・ティ・ドコモほっかいどう)は、かつて北海道全域を営業地域とし、一般的に「NTTドコモ北海道」と呼ばれていた日本の電気通信事業者。株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの完全子会社であった。現在はNTTドコモ北海道支社となっている。 沿革 1991年 - NTT移動通信企画北海道設立。 1993年 4月 - 社名をNTT北海道移動通信網に変更。 7月 - NTT移動通信網から北海道地域の営業を譲り受ける。 10月 - NTT北海道移動通信と合併。 1998年 - NTT北海道パーソナル通信網からPHS事業を譲り受ける。 2000年 - NTTドコモ北海道に社名変更。 2008年 1月7日 - PHS事業から撤退 7月1日 - 親会社の株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(ドコモ中央)と合併し解散。この会社の本社は親会社の北海道支社となった。 事業所 統合前に営業所の整理が行われた。現在の支店はいずれもNTTドコモ北海道支社に属する形となる。 (Wikipedia:NTTドコモ北海道)

NTTドコモ代々木ビル
NTTドコモ代々木ビル(エヌ・ティ・ティドコモよよぎビル、英称:NTT Docomo Yoyogi Building)は東京都渋谷区千駄ヶ谷五丁目にあるNTTドコモの超高層ビル。通称ドコモタワー。 エンパイアステートビルなどの、1930年代に建てられたニューヨークの摩天楼を思わせるデザインが特徴である。このデザインにより周辺のビルより目立ち、高速道路を走る車の中からや曇っているときでも見える。 東京都のビルの中ではミッドタウンタワー、虎ノ門ヒルズ、東京都庁第一本庁舎に次いで4番目の高さを誇る。一般の商業ビルと異なりNTTドコモの自社業務用のビルであり、関係者以外の立ち入りはできない。建物内部は携帯電話用の通信機器が設置された機械室と代理店向けのコールセンターが入居する事務室が存在する。NTTドコモの本社は千代田区の山王パークタワーにあり、代々木ビルは本社ビルではない。また、新宿貨物駅の跡地に建設されたことから、建築主は日本国有鉄道清算事業団の関連会社だったレールシティ東開発である。 (Wikipedia:NTTドコモ代々木ビル)

NTTドコモ東北
『エヌ・ティ・ティ・ドコモ東北』より : 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ東北(エヌ・ティ・ティ・ドコモとうほく、NTT DoCoMo Tohoku, Inc.)は、一般的には「NTTドコモ東北」、または単に「ドコモ東北」と呼ばれ、かつて東北6県を事業区域としていた日本の電気通信事業者。株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの完全子会社であった。 事業区域 青森県 - 岩手県 - 秋田県 - 宮城県 - 山形県 - 福島県 沿革 1973年 東北通信サービス株式会社設立 ポケットベルサービス開始 1983年 - 自動車電話サービス開始 1988年 - エヌ・ティ・ティ東北移動通信株式会社に改称 1991年 - エヌ・ティ・ティ移動通信企画東北株式会社成立 1993年 エヌ・ティ・ティ移動通信企画東北がエヌ・ティ・ティ東北移動通信網株式会社に改称 エヌ・ティ・ティ東北移動通信とエヌ・ティ・ティ移動通信企画東北が合併 1998年 - エヌ・ティ・ティ東北パーソナル通信網よりPHS事業を譲り受ける 2000年 - 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ東北に改称 2004年6月 - ポケットベル新規加入受付を停止 2005年5月 - PHS新規加入受付を停止 2007年3月31日 - ポケットベル事業から撤退 2008年 1月7日 - PHS事業から撤退 7月1日 - 親会社の株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(ドコモ中央)に併合され解散。 (Wikipedia:NTTドコモ東北)

NTTドコモ四国
『エヌ・ティ・ティ・ドコモ四国』より : 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ四国(エヌ・ティ・ティ・ドコモしこく)は、一般には「NTTドコモ四国」と呼ばれ、かつて四国地方を事業区域としていた日本の電気通信事業者。株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの完全子会社であった。現在はNTTドコモ四国支社として業務を行っている。 事業区域 香川県 - 愛媛県 - 高知県 - 徳島県 沿革 1991年11月14日 - エヌ・ティ・ティ移動通信企画四国株式会社を、高松市錦町二丁目に設立。 1993年4月28日 - エヌ・ティ・ティ四国移動通信網株式会社に商号変更。 1998年12月1日 - エヌ・ティ・ティ四国パーソナル通信網(NTTパーソナル四国)からPHS事業を継承。 2002年4月1日 - 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ四国に商号変更。 2004年 5月10日 - 本社を高松市サンポートへ移転。 6月 - ポケットベル新規加入受付を停止 2005年5月 - PHS新規加入受付を停止 2007年3月31日 - ポケットベル事業から撤退 2008年 1月7日 - PHS事業から撤退 7月1日 - 親会社の株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(ドコモ中央)に併合され解散した。 (Wikipedia:NTTドコモ四国)

NTTドコモ中国
『エヌ・ティ・ティ・ドコモ中国』より : エヌ・ティ・ティ・ドコモ中国(エヌ・ティ・ティ・ドコモちゅうごく)は、一般には「NTTドコモ中国」と呼ばれ、かつて中国地方を事業区域としていた日本の電気通信事業者。株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの完全子会社であった。現在はNTTドコモ中国支社となっている。 事業区域 広島県 - 岡山県 - 鳥取県 - 島根県 - 山口県 沿革 1993年 - エヌ・ティ・ティ移動通信網から分離独立。 1998年 - エヌ・ティ・ティ中国パーソナル通信網(NTTパーソナル中国)からPHS事業を継承。 2002年 - 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ中国に社名変更。 2004年6月 - ポケットベル新規加入受付を停止 2005年5月 - PHS新規加入受付を停止 2007年3月31日 - ポケットベル事業から撤退 2008年 1月7日 - PHS事業から撤退 7月1日 - 親会社の株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(ドコモ中央)に併合され解散した。 (Wikipedia:NTTドコモ中国)


NTTドコモ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

NTTドコモ - アマゾン検索


「NTTドコモ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す