[PR]

日別キーワード

第25位  シャーロック・ホームズ - 2018年01月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



シャーロック・ホームズ
シャーロック・ホームズ(Sherlock Holmes)は、アーサー・コナン・ドイルの推理小説『シャーロック・ホームズシリーズ』の主人公であり、架空の探偵。 天才的な観察眼と推理力を持つ、世界でたった一人の「顧問探偵」(consulting detective)である。ロンドンのベーカー街221Bにあるハドスン夫人所有のアパートで、相棒のジョン・H・ワトスン医師と共同生活をしていた。 1887年から1927年にかけて発表された、4つの長編と56の短編に登場する。 アメリカン・フィルム・インスティチュート(AFI)が企画した「AFIアメリカ映画100年シリーズ」では、『アメリカ映画の名セリフベスト100』で彼のセリフ「Elementary, my dear Watson」(「基本だよ、ワトソン君」)が65位にランク入りしている。 (Wikipedia:シャーロック・ホームズ)

シャーロック・ホームズシリーズ
シャーロック・ホームズシリーズ(英: Sherlock Holmes)は、小説家アーサー・コナン・ドイルの作品で、シャーロック・ホームズと、友人で書き手のジョン・H・ワトスンの織り成す冒険小説の要素を含む推理小説である。 1887年から1927年にかけて、60編(長編4、短編56)が発表された。長編として発表した第1作、第2作は人気が出なかったが、イギリスの月刊小説誌「ストランド・マガジン」に依頼され、短編を連載したところ大変な人気となった。それ以降の作品はすべて同誌に発表された。 物語は基本的に事件の当事者、あるいは捜査に行き詰まった警察がホームズに助けを求め訪ねて来ることで始まる。ホームズが現場に調査に行き、警察の見過ごした証拠を発見し推理を働かせて事件の謎を解き、物語は終わる。ほとんどの作品がワトスンによる事件記録、という形で書かれている。変人の探偵と常識人をコンビにして相棒を物語の書き手とするスタイルは、「史上初の推理小説」といわれる『モルグ街の殺人』(エドガー・アラン・ポー、1841年)を踏襲している。 (Wikipedia:シャーロック・ホームズシリーズ)

シャーロック・ホームズの冒険 (テレビドラマ)
シャーロック・ホームズの冒険は、英国グラナダTV製作のテレビドラマである。何度も実写化されてきたシャーロック・ホームズシリーズの中でも、主演のジェレミー・ブレットの名演、緻密な時代考証、原作の雰囲気に忠実であることなどから、高い評価と知名度を得た一作である。日本では日本放送協会 NHKにおいて日本語版が製作され1985 - 1995年に初回放映、その後何度も再放送がなされた。
原作に忠実であることを意識して作られており、物語の背景となる19世紀ヴィクトリア朝の、古き良き高雅なロンドンを再現。その時代考証は一見の価値がある。また鹿撃帽にインバネスコートといった名探偵お馴染みの姿は原作発表当時のイラストレーターだったシドニー・パジェットの創作であることから本作ではほぼ姿を見せない等、徹底している。
(Wikipedia:シャーロック・ホームズの冒険 (テレビドラマ))

シャーロック・ホームズの冒険 (TVドラマ)
シャーロック・ホームズの冒険は、英国グラナダTV製作のTVドラマである。シャーロック・ホームズシリーズは何度も実写化されてきたが、その中でも主演の故ジェレミー・ブレットの名演、緻密な時代考証、原作の雰囲気に忠実であることなどから、高い評価と知名度を得た一作である。日本ではNHKにおいて日本語版が製作され1985年~1995年に初回放映、その後何度も再放送がなされた。
原作に忠実であることを意識して作られており、物語の背景となる19世紀ヴィクトリア朝の、古き良き高雅なロンドンを再現。その時代考証は一見の価値がある。また鹿撃帽にインバネスコートといった名探偵お馴染みの姿は原作発表当時のイラストレーターシドニー・パジェットの創作であることから本作ではほぼ姿を見せない等、徹底している。
(Wikipedia:シャーロック・ホームズの冒険 (TVドラマ))

シャーロック・ホームズ最後の挨拶
『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』(シャーロック・ホームズさいごのあいさつ、”His Last Bow”)は、イギリスの作家であるアーサー・コナン・ドイルにより書かれたシャーロック・ホームズシリーズの第4短編集。
1917年に発行。「ストランド・マガジン」誌に掲載していたもの。シャーロック・ホームズシリーズの中で数少ない三人称で書かれている「最後の挨拶」など8編を収録している。
なお、イギリス版のシャーロック・ホームズシリーズ#正典 正典だと「ボール箱」はこの短編集に収録されていない。日本語版収録短編集については「ボール箱#「ボール箱」が収録されている短編集 ボール箱」を参照。
ウィスタリア荘
ボール箱
赤い輪
ブルースパーティントン設計書
(Wikipedia:シャーロック・ホームズ最後の挨拶)

シャーロック・ホームズの帰還
『シャーロック・ホームズの帰還』(シャーロック・ホームズのきかん、”The Return of Sherlock Holmes”)は、イギリスの作家であるアーサー・コナン・ドイルにより書かれたシャーロック・ホームズシリーズの第3短編集。出版社によっては『シャーロック・ホームズの生還』となっている。
1905年に発行。「ストランド・マガジン」誌に掲載していたもの。シャーロック・ホームズの生還後の初の事件「空き家の冒険」を初め13編を収録している。
空き家の冒険
ノーウッドの建築業者
踊る人形
孤独な自転車乗り
プライオリ学校
ブラック・ピーター
犯人は二人
六つのナポレオン
三人の学生
金縁の鼻眼鏡
スリークウォーター失踪
僧坊荘園(アベイ農場)
第二の汚点
シャーロック・ホームズ
(Wikipedia:シャーロック・ホームズの帰還)

シャーロック・ホームズの冒険
『シャーロック・ホームズの冒険』(シャーロック・ホームズのぼうけん、The Adventures of Sherlock Holmes)は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる短編集。シャーロック・ホームズシリーズの一つで、五つの短編集のうち最初に発行された作品である。1892年の発行で、イギリスの『ストランド・マガジン』1891年7月号から1892年6月号にかけて発表された12の短編を収録している。 『ストランド・マガジン』連載時にはシドニー・パジェットが挿絵を担当した。 初版 イギリスでの初版はジョージ・ニューンズ社から1892年10月14日に、アメリカでの初版はハーパー・アンド・ブラザーズ社から10月15日に出版された。 イギリスで出版された単行本の初版は1万部で、大量に発行された『ストランド・マガジン』の合本版と競合していた。年内に8000部が売れていたが、ドイルは翌1893年1月に新聞各紙へ自腹を切って『シャーロック・ホームズの冒険』の広告を出している。 (Wikipedia:シャーロック・ホームズの冒険)

シャーロック・ホームズの事件簿
『シャーロック・ホームズの事件簿』(シャーロック・ホームズのじけんぼ、”The Case-Book of Sherlock Holmes”)は、イギリスの作家であるアーサー・コナン・ドイルにより書かれたシャーロック・ホームズシリーズの第5短編集。この短編集が最後の短編集である。
1927年に発行。「ストランド・マガジン」誌に掲載していたもの。シャーロック・ホームズの一人称で書かれている「白面の兵士」を始め、12編を収録している。
高名な依頼人
白面の兵士
マザリンの宝石
三破風館
サセックスの吸血鬼
三人ガリデブ
ソア橋
這う男
ライオンのたてがみ
覆面の下宿人
ショスコム荘
隠居絵具師
シャーロック・ホームズ
小説の短編集
Sherlock Holmes” Buch der Fälle
The Case-Book of Sherlock Holmes
(Wikipedia:シャーロック・ホームズの事件簿)

シャーロック・ホームズ (2009年の映画)
『シャーロック・ホームズ』(Sherlock Holmes)は2009年の英米合作のアクション・ミステリ映画であり、サー・アーサー・コナン・ドイルが創造した同名のキャラクターを基にしている。 ガイ・リッチーが監督、ジョエル・シルバーとライオネル・ウィグラム、スーザン・ダウニー、ダン・リンが制作を務めた。脚本はマイケル・ロバート・ジョンソンで、アンソニー・ペックマンとサイモン・キンバーグがライオネル・ウィグラムとマイケル・ロバート・ジョンソンの原案を脚色した。ロバート・ダウニー・Jrとジュード・ロウがそれぞれシャーロック・ホームズとジョン・ワトスン博士を演じた。映画ではホームズと助手のワトスン、かつての敵アイリーン・アドラーがオカルト的な儀式と共に行われる連続殺人事件を調査する。マーク・ストロングが悪役ブラックウッド卿を演じた。 この映画は、アメリカでは2009年12月25日、イギリスとアイルランド、多くの環太平洋地域では2009年12月26日、日本では2010年3月12日に公開された。 (Wikipedia:シャーロック・ホームズ (2009年の映画))

シャーロック・ホームズの冒険 (1970年の映画)
『シャーロック・ホームズの冒険』(原題: The Private Life of Sherlock Holmes)は1970年のアメリカ映画。脚本・監督・製作ビリー・ワイルダー。邦題はコナン・ドイル著の短編集と同一だが、原作にはない、巨匠ワイルダーによるオリジナルのホームズ作品。ネス湖の怪物ネッシーを題材とした映画としても知られている。 『情婦』等、ミステリー映画で成功を収めてきたビリー・ワイルダーが、10年の構想を経て臨んだオリジナルストーリーのホームズ映画。「ホームズの私生活に深く関わるため発表されなかったエピソードが、ワトスンの死後50年を経て公開された。」という設定の元に、4つのエピソードが盛り込まれた4時間近い上映時間の大作を想定して撮影された。 しかし、公開にあたって配給会社の要請で2時間ほどに編集される事になった。2つのエピソードは完全にカットされ、プリマバレリーナからの求婚のエピソードを序盤に残し、謎の美女とネッシーに纏わるエピソードをメインに据える内容となった。 (Wikipedia:シャーロック・ホームズの冒険 (1970年の映画))

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』(Sherlock Holmes: A Game of Shadows)は、2011年公開の、ガイ・リッチー監督によるアクション・ミステリ映画である。アーサー・コナン・ドイルの同名のキャラクターに基づいた2009年の映画『シャーロック・ホームズ』の続編である。脚本は新たにミシェル・マローニーとキーラン・マローニーが執筆し、ロバート・ダウニー・Jr(シャーロック・ホームズ役)、ジュード・ロウ(ジョン・H・ワトスン)らが再出演する他、新キャラクターとしてジェームズ・モリアーティが登場する。 あらすじ ロンドンの各地で連続爆破事件が発生し、人々を恐怖に陥れていた。 シャーロック・ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr)は、ホフマンスタール医師に報酬を届けに行く途中のアイリーン・アドラー(レイチェル・マクアダムス)と接触し、彼女が怪しい男達に尾行されていることを告げる。 (Wikipedia:シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム)

シャーロック・ホームズの思い出
『シャーロック・ホームズの思い出』(シャーロック・ホームズのおもいで、The Memoirs of Sherlock Holmes)は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる短編集。シャーロック・ホームズシリーズの一つで、五つの短編集のうち2番目に発行された作品である。1893年の発行で、イギリスの『ストランド・マガジン』1892年12月号から1893年12月号にかけて発表された11あるいは12の短編を収録している。 『ストランド・マガジン』連載時にはシドニー・パジェットが挿絵を担当した。 イギリスでの初版はジョージ・ニューンズ社から1893年12月13日に、アメリカでの初版はハーパー・アンド・ブラザーズ社から1894年2月2日に出版された。アメリカでの初版本には、短編「ボール箱」を含む12編が収録されていた。イギリス版およびアメリカの第二版以降では、ドイルの意向により「ボール箱」は削除され、11編の収録となっている。削除された「ボール箱」は、後に第4短編集『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』に収録された。 (Wikipedia:シャーロック・ホームズの思い出)

シャーロック・ホームズの回想
『シャーロック・ホームズの思い出』より : 『シャーロック・ホームズの思い出』(シャーロック・ホームズのおもいで、The Memoirs of Sherlock Holmes)は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる短編集。シャーロック・ホームズシリーズの一つで、五つの短編集のうち2番目に発行された作品である。1893年の発行で、イギリスの『ストランド・マガジン』1892年12月号から1893年12月号にかけて発表された11あるいは12の短編を収録している。 『ストランド・マガジン』連載時にはシドニー・パジェットが挿絵を担当した。 イギリスでの初版はジョージ・ニューンズ社から1893年12月13日に、アメリカでの初版はハーパー・アンド・ブラザーズ社から1894年2月2日に出版された。アメリカでの初版本には、短編「ボール箱」を含む12編が収録されていた。イギリス版およびアメリカの第二版以降では、ドイルの意向により「ボール箱」は削除され、11編の収録となっている。削除された「ボール箱」は、後に第4短編集『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』に収録された。 (Wikipedia:シャーロック・ホームズの回想)

シャーロック・ホームズの宇宙戦争
『』より : 『シャーロック・ホームズの宇宙戦争』(しゃーろっく・ほーむずのうちゅうせんそう、英:Sherlock Holmes's The War of the Worlds)は、マンリー・W・ウェルマンとウェイド・ウェルマン親子の共作によるアメリカのSF小説。題名の通り、「シャーロック・ホームズが(H・G・ウェルズの)『宇宙戦争』に遭遇していたら?」という内容になっている。 前述の通り、コナン・ドイルのシャーロック・ホームズシリーズと、H・G・ウェルズの『宇宙戦争』を題材としたSF小説であるが、他にも両者の作品から人物や事象が採用されている。とはいえ、ウェルズの方はSF短編「水晶の卵」を前日談として組み込まれているに留まっている(これ自体は特筆すべきことではなく、本来の解釈通りであるが、当事者にホームズを採用している)。 ドイルの作品からは、ホームズ・シリーズからはジョン・H・ワトスン、ハドスン夫人といったおなじみの面々などが登場する。一方、『失われた世界』などの主役であるチャレンジャー教授も登場して活躍しており、本作の主人公は彼とホームズの2人である。 (Wikipedia:シャーロック・ホームズの宇宙戦争)


シャーロック・ホームズ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

シャーロック・ホームズ - アマゾン検索


「シャーロック・ホームズ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す