[PR]

日別キーワード

第45位  発達障害 - 2018年01月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



発達障害
発達障害(はったつしょうがい、英: Developmental disability、DD)は、肉体的・精神的な不全をもたらす慢性的症状らの様々なグループ(障害者の分類)である。発達障害はその個人の生活において様々な困難をもたらし、特に言語、移動、学習、セルフヘルプ、自立生活などでハンディとなるとされる。発達障害は子どもの発育期に発見され、その人の一生にわたって継続する障害である。 最も一般的な発達障害には以下が挙げられる。 脆弱X症候群 (FXS) - 染色体異常による。 ダウン症候群 - 染色体異常による。出生前検査で確定できる。 広汎性発達障害 (PDD) 注意欠陥・多動性障害 (ADHD) 学習障害 (LD) 胎児性アルコール症候群 (FASD) - 妊娠期の飲酒による障害。断酒により完全に予防可能である。 脳性麻痺 (CP) 知的障害 大部分の発達障害は乳児出生前に形成されるが、一部は外傷、感染症、その他の要素に起因することもある。 (Wikipedia:発達障害)

発達障害者支援法
発達障害者支援法(はったつしょうがいしゃしえんほう、平成16年12月10日法律第167号)は、自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥・多動性障害などの発達障害を持つ者に対する援助等について定めた法律。全25条。平成17年4月1日施行。 構成 第1章 総則(1 - 4条) 目的・用語の定義・国及び地方公共団体や国民(社会全体)の責務について述べる。 第2章 児童の発達障害の早期発見及び発達障害者の支援のための施策(5 - 13条) 児童の発達障害の早期発見・早期支援、保育・教育・放課後児童健全育成事業の利用・就労・地域生活といった、あらゆる場面での支援や権利擁護・家族への支援を、地方公共団体や社会全体に要請する。 第3章 発達障害者支援センター等(14 - 19条) 発達障害者支援センターの責務・運営上の留意事項・都道府県の監督事項を定めるほか、専門的な医療機関の確保等を都道府県に要請する。 (Wikipedia:発達障害者支援法)


発達障害 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

発達障害 - アマゾン検索


「発達障害」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す