[PR]

日別キーワード

第47位  武田信玄 - 2018年01月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



武田信玄
武田 信玄(たけだ しんげん) / 武田 晴信(たけだ はるのぶ)は、戦国時代の武将、甲斐の守護大名・戦国大名。甲斐源氏の嫡流にあたる甲斐武田家第19代当主。諱は晴信、通称は太郎(たろう)。「信玄」とは(出家後の)法名で、正式には徳栄軒信玄。1915年(大正4年)11月10日に従三位を贈られる。 甲斐の守護を務めた甲斐源氏武田家第18代・武田信虎の嫡男。先代・信虎期に武田氏は戦国大名化し国内統一を達成し、信玄も体制を継承して隣国・信濃に侵攻する。その過程で越後国の上杉謙信(長尾景虎)と五次にわたると言われる川中島の戦いで抗争しつつ信濃をほぼ領国化し、甲斐本国に加え信濃、駿河、西上野、遠江、三河と美濃の一部を領し、次代の勝頼期にかけて領国を拡大したものの、西上作戦の途上に三河で病を発し、信濃で病没した。 江戸時代から近現代にかけて『甲陽軍鑑』に描かれる伝説的な人物像が世間に広く浸透した。「風林火山」の軍旗を用い、甲斐の虎または、龍朱印を用いたことから甲斐の龍とも呼ばれたともされる。ただし、これらの人物像には創作も多いとされる。 兜は、諏訪法性兜。 生涯 出生から甲斐守護継承まで 甲斐国守護・武田信虎の嫡長子として生まれる。 (Wikipedia:武田信玄)

武田信玄 (NHK大河ドラマ)
『武田信玄』(たけだしんげん)は、NHKが1988年1月10日から12月18日に放送した第26作目の大河ドラマ。全50回。主演は中井貴一。 作品内容と特徴 甲斐の戦国大名である武田信玄(晴信)が主人公。 原作は新田次郎の歴史小説の『武田信玄』と『武田三代』。新田次郎小説の大河ドラマ化はこれが初めて。脚本家は田向正健が担当した。前年の『独眼竜政宗』に続いて広義の戦国時代を扱った作品である。武田信玄が主要登場人物として登場する大河ドラマには、上杉謙信を主人公にした1969年の『天と地と』、武田家の「軍師」とされる山本勘助を主人公にした2007年の『風林火山』がある。 平均視聴率は初回視聴率42.5%、最高視聴率49.2%、平均視聴率39.2%である。 信玄の母・大井夫人(若尾文子)が、自分の息子が後世で誤解されていることが多いため、我が子の名誉のために真実を物語る、という体裁を全話一貫してとっている。そのため、本編のナレーションも大井夫人役の若尾が兼ねている。最終回および一部の回をのぞいて、各放送回とも大井夫人の「今宵はここまでに致しとうござりまする」というセリフによって締めくくられ、この年の流行語大賞に選ばれた。 (Wikipedia:武田信玄 (NHK大河ドラマ))

武田信玄 (パソコン用ゲーム)
『武田信玄』(たけだしんげん、TAKEDA)は、戦国時代を舞台とした戦略シミュレーションゲーム(RTS)。 カナダのデベロッパー(ゲームメーカー) Magitech が開発したもので、日本の戦国時代を題材にしながら海外制作のゲームらしい視点を取り入れた一風変わった作風となっている。日本ではメディアクエストより日本語版が発売されている(発売日は2001年12月20日)。また、第2作として「TAKEDA2」が発売され、日本では「武田信玄2」としてフロンティアグルーヴから日本語版が発売されている(発売日は2005年10月28日)。 日本の戦国時代を題材とする作品のうち日本以外のデベロッパーが制作したものとして他には、「Shogun: Total War」(Creative Assembly 制作、ショーグン・トータル・ウォー)、「Battle Realms」(en:Liquid Entertainment 制作)などがある。 (Wikipedia:武田信玄 (パソコン用ゲーム))

武田信玄 (小説)
『武田信玄』(たけだしんげん)は、新田次郎の歴史小説。『歴史読本』に1965年5月号から1973年9月号まで連載された。「風の巻」「林の巻」「火の巻」「山の巻」の4巻からなる。第8回吉川英治文学賞受賞作である。「風の巻」「林の巻」は1969年8月、「火の巻」は1971年7月、「山の巻」は1973年11月、それぞれ文藝春秋より刊行された。 武田信玄の生涯を、父・信虎の追放(正確にはその決意を固めるきっかけとなった領民の訴え)から、上洛間近での死まで描き、最後は死去から3年後の葬儀の模様で締めくくる。 1988年のNHK大河ドラマ『武田信玄』の原作となっている。 あらすじ 父・信虎を駿河に追放した武田晴信(後の信玄)は、甲斐の領主として独り立ちしていく。諏訪、そして信濃を平定した後、宿敵・上杉謙信と川中島で対峙する。その一方で、金山を発掘するなど、政治家としてもその力を発揮する。元来の病と戦いながら、徳川家康を破り上洛を目前にするが、その道中で没する。 作者の新田次郎が元気象庁職員であることから、物語の山場となる川中島の戦いなどについては当時の天候といった視点から独自の考証を試みている。 (Wikipedia:武田信玄 (小説))

武田信玄 (曖昧さ回避)
武田 信玄(たけだ しんげん) 実在の人物については武田信玄を参照。 上記の人物を題材にし、新田次郎が著作した小説については『武田信玄 (小説)』を参照。 テレビドラマ 1966年に日本テレビ系列で放送されたテレビドラマについては、『武田信玄 (1966年のテレビドラマ)』を参照。 新田次郎の小説を原作としてNHKが製作した1988年の大河ドラマについては、『武田信玄 (NHK大河ドラマ)』を参照。 1991年元日のTBS大型時代劇スペシャルについては『武田信玄 (1991年のテレビドラマ)』を参照。 漫画 新田次郎を原作とした横山光輝の書き下ろしコミックス。 ゲームソフト GA夢(ホット・ビィ)のファミリーコンピュータ対応のシミュレーションゲーム「武田信玄」「武田信玄2」については、『武田信玄 (ファミリーコンピュータ)』を参照。 ジャレコのアーケードゲームおよびエイコムがPCエンジンに移植したアクションゲーム「武田信玄」については、『武田信玄 (アーケードゲーム)』を参照。 (Wikipedia:武田信玄 (曖昧さ回避))

武田信玄 (ゲーム)
『武田信玄 (曖昧さ回避)』より : 武田 信玄(たけだ しんげん) 実在の人物については武田信玄を参照。 上記の人物を題材にし、新田次郎が著作した小説については『武田信玄 (小説)』を参照。 テレビドラマ 1966年に日本テレビ系列で放送されたテレビドラマについては、『武田信玄 (1966年のテレビドラマ)』を参照。 新田次郎の小説を原作としてNHKが製作した1988年の大河ドラマについては、『武田信玄 (NHK大河ドラマ)』を参照。 1991年元日のTBS大型時代劇スペシャルについては『武田信玄 (1991年のテレビドラマ)』を参照。 漫画 新田次郎を原作とした横山光輝の書き下ろしコミックス。 ゲームソフト GA夢(ホット・ビィ)のファミリーコンピュータ対応のシミュレーションゲーム「武田信玄」「武田信玄2」については、『武田信玄 (ファミリーコンピュータ)』を参照。 ジャレコのアーケードゲームおよびエイコムがPCエンジンに移植したアクションゲーム「武田信玄」については、『武田信玄 (アーケードゲーム)』を参照。 (Wikipedia:武田信玄 (ゲーム))


武田信玄 - 関連ブログ

大将というのは敬われているようで、たえず家来に落ち度を探られているものである。 - はっとさせられる言葉たち

大将というのは敬われているようで、 たえず家来に落ち度を探られているものである。 恐れられているようで、あなどられ、親しまれているようで、憎まれている。 だから大将というのは勉強しなければならないし、 礼儀をわきまえなければいけない。 いい家来をもとうと思ったら、 自分の食を減らしても家来にはひもじい...

【モンスト】✖️【ヒロアカ】ヒロアカコラボ開幕!!火属性 獣神化・改【爆豪勝己】登場!!SSの貫通弾が凄まじい!!わくわくの実考察&適正クエストまとめ。 - coltのモンストまとめノート

ども。coltです。 いつも読んでいただきありがとうございます😊 台風のせいなのか、昼間はうだるような暑さなのですが、朝晩は少しヒンヤリ涼しくなってきました。 やっと過ごしやすい季節がやってきたのかなぁって感じてます😊 ヒロアカコラボ第2弾開催中!!火属性獣神化・改【爆豪勝己】を考察してみる。 どっからで...

「漬物」ランキング・マイベスト10 - げんこつやま/庶民グルメからオタク記事まで、マスコット達がワイワイやるブログ

ドゥフフフ・・・。ラリドラとテルマとノブナーガでお届け致します~。 好物と言うにはやや地味かもしれませんが・・・しかし日本の食卓には欠かせない!「お漬物」!!! ・漬物について ・第10位 ・第9位 ・第8位 ・第7位 ・第6位 ・番外編 ・第5位 ・第4位 ・第3位 ・第2位 ・第1位 ・裏ボス ・結び 好物...

食べごたえ抜群「おかず味噌汁」レシピ。麻婆豆腐やしょうが焼きなど意外な具材も「味噌汁」に - ソレドコ

初めまして、実践料理研究家の岩木みさきと申します。「生産と消費のサイクルを紡ぐ」をテーマに、これまでレシピ考案や撮影を中心に、料理教室の主宰やメディア出演などさまざまな活動をしてきました。 数年前から日本の伝統調味料である味噌に目覚め、今では家の味噌専用冷蔵庫には全国各地160種類以上の味噌たちが集...

上田原の戦いとは?武田信玄、生涯初の敗戦!村上義清の奮闘をわかりやすく解説!【図解】 - 戦の図鑑

「上田原の戦い」は、破竹の勢いで領地を拡大する若き武田信玄を、小領主である村上義清が迎え撃った戦い。 この戦いで、当時無敗を誇っていた信玄は初の敗北をし、重臣を多く失うことになります。 上田原の戦いまで 武田家のクーデター 当時武田家の当主だった武田信虎は、混乱状態にあった甲斐国を統一します。 しかし、...

河越夜戦(河越城の戦い)とは?兵数差8倍!北条氏康の伝説の夜襲をわかりやすく解説!【図解】 - 戦の図鑑

「河越夜戦」(河越城の戦い)は関東の新興勢力、北条氏康が上杉憲政、上杉朝定、足利晴氏といった連合軍との戦いです。 この戦いは11000vs80000という北条軍が圧倒的な不利にも関わらず、大勝利。 連合軍に壊滅的な被害を与え、「日本三大奇襲」と呼ばれるほどの歴史的な戦となりました。 河越夜戦まで 先代当主、北条氏綱の...

第1回 信長の器量を見抜いた「道三の眼力」 | 名ぜりふで読み解く日本史 | 呉座勇一 | 連載 | 考える人 | 新潮社

斎藤道三像 常在寺蔵(Wikimedia Commons) はじめに 書店に行くと、「戦国武将に学ぶ決断力」といった書籍・雑誌企画をしばしば目にする。こういう発想は今に始まったことではなく、その淵源は江戸時代に始まる。勇将・智将の言行録が多数編まれて、人生訓が語られた。 ただし、この種の名言・美談には真偽不明のもの...

足利義昭と後白河法皇の共通点!麒麟がくる 第22回 - WワーカーAKIRAの映画・ドラマブログ

大河ドラマ『麒麟がくる 第22回 京よりの使者』では、ついに足利義昭が登場しますが、この人物は後白河法皇と共通点が多いので詳しく解説しましょう。 大河ドラマ『麒麟がくる』シリーズを見られる動画配信 大河ドラマ『麒麟がくる 第回』のキャスト 脚本&語り 女優&男優 明智家 将軍家 その他 大河ドラマ『麒麟がくる...

歴代大河ドラマの印象に残ったオリジナルキャラ6【風林火山】 - 昭和ネコ令和を歩く

前回は1988年放送の『武田信玄』を扱いましたが👇 mishablnc.hateblo.jp 今回も同じく武田家を題材とした 2007年放送の『風林火山』からです。 主人公は信玄ではなくその家臣の一人山本勘助(内野聖陽)です。 『風林火山』プチ情報あれこれ ”勘助”というネットスラング 勘助と真逆の選択をし続けたオリジナルキ...

歴代大河ドラマの印象に残ったオリジナルキャラ5【武田信玄】 - 昭和ネコ令和を歩く

性懲りもなくやっちゃいました('◇')ゞ。 次は『武田信玄』にゃ('ω')ノ 姫さま命の侍女の八重 八重が行った悪行の数々 春の陽のような女人をよくあれだけ貶められるな⁉ ☆本日の癒し~春と同化したニャン~☆ 次は『武田信玄』にゃ('ω')ノ 麒麟が来るまでやりますよ! 歴代大河ドラマのオリキャラシリーズ(*^▽^*)。 今回は...


武田信玄 - アマゾン検索


「武田信玄」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す