[PR]

日別キーワード

第67位  NASA - 2018年01月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



NASA
『アメリカ航空宇宙局』より : 座標: 北緯38度52分59秒 西経77度0分59秒 / 北緯38.88306度 西経77.01639度 / 38.88306; -77.01639 アメリカ航空宇宙局(アメリカこうくううちゅうきょく、National Aeronautics and Space Administration, NASA)は、アメリカ合衆国政府内における宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関である。1958年7月29日、国家航空宇宙法 (National Aeronautics and Space Act) に基づき、先行の国家航空宇宙諮問委員会 (National Advisory Committee for Aeronautics, NACA) を発展的に解消する形で設立された。正式に活動を始めたのは同年10月1日のことであった。 NASAはアメリカの宇宙開発における国家的努力をそれ以前よりもさらに充実させ、アポロ計画における人類初の月面着陸、スカイラブ計画における長期宇宙滞在、さらに宇宙往還機スペースシャトルなどを実現させた。 (Wikipedia:NASA)

NASAシャトル着陸施設
NASAシャトル着陸施設(NASAシャトルちゃくりくしせつ、英: NASA Shuttle Landing Facility)とは、アメリカ合衆国フロリダ州ブレバード郡メリット島にある大規模滑走路施設である。スペースシャトルの着陸を主目的に建設された。シャトルが退役した2011年までシャトルの帰還時に使われた。この滑走路はそれ以外にもシャトル輸送機 (SCA) や宇宙飛行士の訓練用のT-38ジェット練習機、シャトル訓練機 (STA) 、ロケットやシャトルで打ち上げられる人工衛星などの空輸に使われる輸送機などが利用している。 施設面積は2平方キロメートルで、1本の滑走路を持つ。方向は15/33であり、進入方向によって15番滑走路、33番滑走路と呼び分けられる。長さはシャトル向けに4,572メートルもある長大なものである。オーバーラン地帯は両端に305メートル(1,000フィート)ずつ設けられており、合計5.2キロメートルもの長さとなっている。これは、大規模国際空港でも最大4キロメートル程度であるのに比べて十分長い。 シャトルの高速度の着陸に耐えるために、舗装は一般の空港より硬く丈夫であり、コンクリートの厚さは40.6センチメートルもあり、その下には周囲の土砂を圧縮したものが敷き詰められた。 (Wikipedia:NASAシャトル着陸施設)

NASA (小惑星)
NASA (11365 NASA) は、太陽系の小惑星のひとつ。火星と木星の間の軌道を公転している。 命名 この小惑星は、アメリカ合衆国の宇宙開発や宇宙探査をしているアメリカ航空宇宙局 (National Aeronautics and Space Administration; NASA) に因んで命名された。 関連項目 小惑星の一覧 (11001-12000) 外部リンク (11365) NASA の軌道(英語)en:11365 NASA。 (Wikipedia:NASA (小惑星))


NASA - 関連ブログ

データが取得できませんでした

NASA - アマゾン検索


「NASA」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す