[PR]

日別キーワード

第1位  iPad - 2018年02月10日


関連するイメージは見つかりませんでした




iPad - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  フョードル・ドストエフスキー - 2018年02月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



フョードル・ドストエフスキー
フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー(ロシア語: Фёдор Миха́йлович Достое́вский; IPA: [ˈfʲɵdər mʲɪˈxajləvʲɪtɕ dəstɐˈjɛfskʲɪj]、1821年11月11日〔ユリウス暦10月30日〕 - 1881年2月9日〔ユリウス暦1月28日〕)は、ロシアの小説家・思想家である。代表作は『罪と罰』、『白痴』、『悪霊』、『カラマーゾフの兄弟』など。レフ・トルストイ、イワン・ツルゲーネフと並び、19世紀後半のロシア小説を代表する文豪である。 その著作は、当時広まっていた理性万能主義(社会主義)思想に影響を受けた知識階級(インテリ)の暴力的な革命を否定し、キリスト教、ことに正教に基づく魂の救済を訴えているとされる。実存主義の先駆者と評されることもある。なお、姓は訳者によって「ドストエフスキイ」「ドストエーフスキイ」「ドストイェーフスキイ」などと表記されることもある。 生涯 モスクワの貧民救済病院の医師の次男として生まれる。15歳までモスクワの生家で暮らす。17歳の時にサンクトペテルブルク陸軍中央工兵学校に入学。 (Wikipedia:フョードル・ドストエフスキー)


フョードル・ドストエフスキー - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ドラえもん - 2018年02月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



ドラえもん
『ドラえもん』は、藤子・F・不二雄による日本の児童漫画・SF漫画作品である。小学館の発行している学年別学習雑誌やコロコロコミックで連載されていた。 22世紀の未来からやってきたネコ型ロボット「ドラえもん」と、勉強もスポーツも駄目で何をやらせてもドジばかりの小学生「野比のび太」の日常生活を描いた作品である。 劇中でのドラえもんは、(ロボットであることを意識しなければならない場合を除いて)ロボットとして扱われる事がほとんどなく、通常の人間関係を築いている。本作において欠かすことのできない要素であり、作品の魅力の1つとなっているのが、不思議な効力を持った数々のアイテム「ひみつ道具」である。舞台となる時代は基本的に現代の日本であるが、ドラえもんの道具を使って外国や宇宙、過去や未来へも行き来する。 メディアミックスも盛んに行われている(ドラえもんの派生作品を参照)。テレビアニメは放送30年を超える長寿番組になっており、毎年春に公開されるアニメーション映画も安定した興行収入を上げ続けている。 (Wikipedia:ドラえもん)

ドラえもんWii
『ドラえもん』より : タイトル ドラえもん 画像
サイズ
説明
ジャンル 児童漫画
作者 藤子・F・不二雄
出版社 小学館
掲載誌 小学館の学習雑誌
コロコロコミック
てれびくん
開始 1969年
終了
冊数 45冊(未収録版を除く)
ドラえもんは藤子・F・不二雄によるギャグ漫画、SF漫画。また、その作品に登場するネコ型ロボットの名前でもあるが、それについてはドラえもん (架空のキャラクター)に記述する。
本作は1969年に小学館発行学年誌の一部(よいこ、小学一年生~四年生)で連載開始した。いずれも1970年1月号で、当時の作者名義は藤子不二雄。当初は1話ごとに完結する短編として執筆された。ちなみに、「ドラえもん」は「ウメ星デンカ」の後継連載だが、そのアイデアは入稿期日まで思い浮かばなかった。(正確には、その日までにアイディアをまとめ描き始めねばならなかった。)あせって起き上がりこぼしにつまずいたことが、「ドラえもん」のキャラクターを思いつくきっかけとなる。
(Wikipedia:ドラえもんWii)

ドラえもん (1979年のテレビアニメ)
タイトル=ドラえもん
ジャンル=漫画
原作=藤子・F・不二雄
監督=もとひら了→芝山努
企画=
シリーズ構成=
脚本=
キャラクターデザイン=中村英一
メカニックデザイン=
アニメーション制作=シンエイ動画
製作=テレビ朝日・シンエイ動画・アサツー ディ・ケイ ADK
放送局=テレビ朝日系列
放送開始=1979年4月2日
放送終了=2005年3月18日
その他=ジャンル=一般向けアニメ
コピーライト=藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
ドラえもんは、藤子・F・不二雄の漫画作品『ドラえもん』を原作とするアニメ テレビアニメである。
『ドラえもん』のアニメには以下の3作品が存在する。
(Wikipedia:ドラえもん (1979年のテレビアニメ))

ドラえもんの道具 (しは-しん)
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧 > ドラえもんの道具 (しは-しん)
ドラえもんの道具 (しは-しん)では、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもん (架空のキャラクター) ドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)のうち、読みが「しは」で始まるものから「しん」で始まるものまでを列挙する。
シミュレーションホログラムは、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』に登場する架空の道具。映画『のび太と竜の騎士』に登場する。
様々な出来事をコンピューターで計算し、立体映像で虚空に投影して再現する機械。劇中では白亜紀の巨大隕石による恐竜絶滅の様子を、これで再現した。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (しは-しん))

ドラえもんの道具一覧 (原作以外)
ドラえもんの道具一覧 (原作以外) は、(藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』を原作とした)藤子・F・不二雄以外の手による『ドラえもん』関連作品に登場する、未来の道具「ドラえもん#ひみつ道具 ひみつ道具」の一覧である。
ドラえもん#大長編ドラえもん 『映画ストーリー』および『大長編ドラえもん VOL.18 - 24〈まんが版▷映画シリーズ〉』(藤子・F・不二雄プロ作画)に登場するひみつ道具の一覧。
伝説復元機(『大長編ドラえもん のび太の南海大冒険』)
おしり印のきび団子(同上)
カラオケマイク(同上)
インディラジョンソンの冒険(同上)
宇宙クリームスプレータイプ(『大長編ドラえもん のび太の宇宙漂流記』)
おざしき宇宙船(同上)
スタークラッシュゲーム(同上)
(Wikipedia:ドラえもんの道具一覧 (原作以外))

ドラえもんの道具 (は)
ドラえもんの道具 (は) ドラえもんのひみつ道具 (はあ-はと) ドラえもんのひみつ道具 (はな-はん)。 (Wikipedia:ドラえもんの道具 (は))

ドラえもんの登場人物一覧
ドラえもんの登場人物一覧(ドラえもんのとうじょうじんぶついちらん)では、藤子・F・不二雄の漫画および、それを原作としたアニメ『ドラえもん』に登場する人物を記述する。また、アナウンサー、動物、少年、少女など、クレジットでは役割名が表示されていない、もしくは各人物のクレジットが表記されていないことも稀にあるため、役割名、声優については、判明できるもののみを掲載する。 本項ではドラえもん (1973年のテレビアニメ)(日本テレビ版)をテレビアニメ第1作、ドラえもん (1979年のテレビアニメ)(テレビ朝日版)をテレビアニメ第2作第1期、ドラえもん (2005年のテレビアニメ)(テレビ朝日版)をテレビアニメ第2作第2期と表記する。 主要人物 ここでは、本作の主要人物を記述する。 作者の発言や関連書籍などではドラえもんが主人公とされる場合が多いが、初期ではのび太が主人公とされる事もあった。作者はインタビュー等で「ドラえもんが主人公でのび太は副主人公」であると発言した一方で、のび太に関しては作者の自己投影であり読者が共感を持ちやすい人物とも発言しており、物語の主な視点人物はのび太となっている。 (Wikipedia:ドラえもんの登場人物一覧)

ドラえもんの道具 (しあ-しの)
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧 > ドラえもんの道具 (しあ-しの)
ドラえもんの道具 (しあ-しの)では、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもん (架空のキャラクター) ドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)のうち、読みが「しあ」で始まるものから「しの」で始まるものまでを列挙する。
しあわせカイロは、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』に登場する架空の道具。『しあわせカイロでにっこにこ』(藤子不二雄ランド10巻収録)に登場する。
ハート型のカイロで、これを持っているとどんなことがあっても幸せな気分に浸ることができる。たとえば、道端でドブに落ちても「ドブでなく川に落ちたら溺れるところだった、ここがドブで助かった」という具合に、物事をプラス思考で考えられるようになる。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (しあ-しの))

ドラえもんの道具 (こ)
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧 > ドラえもんの道具 (こ)
ドラえもんの道具 (こ)では、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもん (架空のキャラクター) ドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)のうち、読みが「こ」で始まるものを列挙する。
こいこいマークは、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』に登場する架空の道具。『こいこいマークでお中元』(藤子不二雄ランド7巻収録)に登場する。
Uターンの矢印の形をしたシールで、これを地面に貼ると、その上を通った者は無意識のうちにその矢印の方角へと歩いてしまう。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (こ))

ドラえもんの道具 (み)
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧 > ドラえもんの道具 (み)
ドラえもんの道具 (み)では、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもん (架空のキャラクター) ドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)のうち、読みが「み」で始まるものを列挙する。
見えなくなる目薬(みえなくなるめぐすり)は藤子・F・不二雄のSF漫画「ドラえもん」中に登場する架空の道具。『見えなくなる目ぐすり』(てんとう虫コミックス10巻収録)に登場する。
この目薬は、挿した人が他人に見えなくなる(ドラえもんの道具 (とあ-とこ)#透明人間目薬 透明人間目薬)のではなく、他人が見えなくなる目薬である。他人が見えないから、大変危険である。しかも、自転車などは見えるので、のび太はオバケと勘違いした。本来の用途がよく分からない道具。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (み))

ドラえもんの道具一覧
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧
ドラえもんの道具一覧(ドラえもんのどうぐいちらん)は、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)の一覧である。
藤子・F・不二雄本人は、かつてファンの子供からドラえもんの道具の数を訊ねられて、とっさに「1293個」と答えたエピソードがあったが、ドラえもんの学術的研究を行なっている富山大学教育学部の横山泰行教授が、単行本や雑誌などに掲載された全作品を調査した結果、ドラえもんの道具は計1963個あることが分かっている。ただし、テレビアニメで出した秘密道具の数は、2006年1月31日放送の「Matthew”s Best Hit TV+」で、2100個にも及ぶことがわかった。
(Wikipedia:ドラえもんの道具一覧)

ドラえもんの道具
『ドラえもんの道具一覧』より : ひみつ道具(ひみつどうぐ)は、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』、および他者の『ドラえもん』派生作品に登場する、未来の道具を指す総称。作中では、未来の国(22世紀のトーキョー)で生まれたロボット「ドラえもん」が四次元ポケットから取り出したりすることで登場する。 子守ロボットならではの道具が多く存在し、ほとんどは人間業を遥かに凌ぐ力を誇る。基本的には便利とされる物を中心とし、子供から大人まで射幸性を刺激する。尚、中には攻撃的な道具も存在するが、生命に関わる程の攻撃が出来る物は少ない。 物を無限に収納できる四次元ポケットには、ボタン電池ほどのロボッターから、巨大な風雲ドラえもん城まで、さまざまな大きさの物品をいろいろと収納している。そういった性格のポケットをドラえもんが装備しているため、作品全体を通して数多くのひみつ道具が登場する。 定義範囲 小学館や藤子・F・不二雄プロといった正当な著作権者が監修しているため、『ドラえもん』派生作品に登場するひみつ道具と、藤子の『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1 - VOL.17)に登場するひみつ道具は、名目上は同列に扱われていることになる。 (Wikipedia:ドラえもんの道具)

ドラえもんのひみつ道具
『ドラえもんの道具一覧』より : ひみつ道具(ひみつどうぐ)は、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』、および他者の『ドラえもん』派生作品に登場する、未来の道具を指す総称。作中では、未来の国(22世紀のトーキョー)で生まれたロボット「ドラえもん」が四次元ポケットから取り出したりすることで登場する。 子守ロボットならではの道具が多く存在し、ほとんどは人間業を遥かに凌ぐ力を誇る。基本的には便利とされる物を中心とし、子供から大人まで射幸性を刺激する。尚、中には攻撃的な道具も存在するが、生命に関わる程の攻撃が出来る物は少ない。 物を無限に収納できる四次元ポケットには、ボタン電池ほどのロボッターから、巨大な風雲ドラえもん城まで、さまざまな大きさの物品をいろいろと収納している。そういった性格のポケットをドラえもんが装備しているため、作品全体を通して数多くのひみつ道具が登場する。 定義範囲 小学館や藤子・F・不二雄プロといった正当な著作権者が監修しているため、『ドラえもん』派生作品に登場するひみつ道具と、藤子の『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1 - VOL.17)に登場するひみつ道具は、名目上は同列に扱われていることになる。 (Wikipedia:ドラえもんのひみつ道具)

ドラえもん (テレビ朝日版テレビアニメ)
タイトル ドラえもん 画像
サイズ
説明
ジャンル 児童漫画
タイトル ドラえもん (テレビ朝日版テレビアニメ) ドラえもん(テレビ朝日版)
監督 もとひら了
芝山努
楠葉宏三(総監督)
アニメーション制作 シンエイ動画
製作 テレビ朝日
アサツー ディ・ケイ ADK
シンエイ動画
放送局 テレビ朝日系列
放送開始 1979年4月2日
放送終了 放映中
(Wikipedia:ドラえもん (テレビ朝日版テレビアニメ))

ドラえもん (テレビ朝日版アニメ)
『ドラえもん (テレビ朝日版テレビアニメ)』より : タイトル ドラえもん 画像
サイズ
説明
ジャンル 児童漫画
タイトル ドラえもん (テレビ朝日版テレビアニメ) ドラえもん(テレビ朝日版)
監督 もとひら了
芝山努
楠葉宏三(総監督)
アニメーション制作 シンエイ動画
製作 テレビ朝日
アサツー ディ・ケイ ADK
シンエイ動画
放送局 テレビ朝日系列
放送開始 1979年4月2日
放送終了 放映中
(Wikipedia:ドラえもん (テレビ朝日版アニメ))

ドラえもんの道具 (1979-2005年のテレビアニメ)
このページではドラえもんの道具(ドラえもんのどうぐ)、いわゆるドラえもん#ひみつ道具 ひみつ道具のなかで、藤子・F・不二雄原作のアニメ『ドラえもん』(ドラえもん (1979年のテレビアニメ)#第1期 第2作1期)に登場するものを列挙する。
あげま賞は、「あげま賞」(2000年3月27日放送、ビデオソフト未収録)に登場する。
賞状の形をしている道具。この道具で「――を――したで賞」という感じに賞を作り、その賞のとおりのことを実際にやると、賞のとおりにしてもらった人から賞状がもらえる。
ただし、できそうにないことを賞にすると、賞をもらう前にひどい目に遭う。作中ではのび太が「テストで百点を取ったで賞」を作ったところ、猛勉強をする羽目になってしまった。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (1979-2005年のテレビアニメ))

ドラえもんの道具 (ひ)
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧 > ドラえもんの道具 (ひ)
ドラえもんの道具 (ひ)では、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもん (架空のキャラクター) ドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)のうち、読みが「ひ」で始まるものを列挙する。
ピーアールは藤子・F・不二雄のSF漫画・ギャグ漫画『ドラえもん』に登場する架空の道具。てんとう虫コミックス第25巻『な、なんと!!のび太が百点とった!!』にて登場。
どんな出来事でも人に知らせて望み通りの反応をさせることが出来る、文字通りピーアール用の道具。ピーアールの段階には並・中・上・特上の4種類があり、好きな段階を選べる。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (ひ))

ドラえもんの道具 (す)
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧 > ドラえもんの道具 (す)
ドラえもんの道具 (す)では、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもん (架空のキャラクター) ドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)のうち、読みが「す」で始まるものを列挙する。
※ドラえもんの道具 (かあ-かそ)#海底ハイキングセット 海底ハイキングセットの項目を参照。
※空気砲#水圧砲 空気砲の項目を参照。
すいかストローは、藤子・F・不二雄のSF漫画・ギャグ漫画『ドラえもん』に登場する架空の道具。「ドラえもん大事典」(てんとう虫コミックス11巻に収録)に登場する。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (す))

ドラえもんの道具 (ほ)
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧 > ドラえもんの道具 (ほ)
ドラえもんの道具 (ほ)では、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもん (架空のキャラクター) ドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)のうち、読みが「ほ」で始まるものを列挙する。
望遠メガフォン(ぼうえん -)は、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』に登場する架空の道具。『望遠メガフォン』(「小学五年生」1986年4月号掲載)に登場する。
この道具に付いているスコープで遠くにいる誰かに照準を合わせ、さらにこの道具に声や音を吹き込むと、照準内の相手がどんなに遠くにいようとも、その声や音を聞かせることができる。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (ほ))

ドラえもんの道具 (とあ-とこ)
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧 > ドラえもんの道具 (とあ-とこ)
ドラえもんの道具 (とあ-とこ)では、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもん (架空のキャラクター) ドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)のうち、読みが「とあ」で始まるものから「とこ」で始まるものまでを列挙する。
桃源壷(とうげんつぼ)は、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』に登場する架空の道具。てんとう虫コミックススペシャル「ザ・ドラえもんズスペシャル」4巻収録「桃源壷」に登場する。
ザ・ドラえもんズ ドラえもんズの一員・ザ・ドラえもんズ#王ドラ 王ドラの道具。壷の中に、特殊空間による桃源郷が広がっている。中に入ると、俗世間から離れ、一切の苦痛と無縁の快楽に満ちた生活を送る事ができる。不老不死の桃や、永遠に喉の渇きを感じなくなる水の流れる川もあるので、飢えや渇きを感じることもない。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (とあ-とこ))


ドラえもん - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  過半数 - 2018年02月12日


関連するイメージは見つかりませんでした




過半数 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  核戦略 - 2018年02月12日


関連するイメージは見つかりませんでした




核戦略 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す