[PR]

日別キーワード

第27位  ビートたけし - 2018年02月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



ビートたけし
ビートたけし(1947年1月18日 - )は、日本のコメディアン、タレント、映画監督、俳優である。本名:北野 武(きたの たけし)。日本国外では本名名義の映画監督・北野 武としての知名度が極めて高い。 東京都足立区島根出身。オフィス北野所属。 1980年代初頭に起こった漫才ブームの中で社会風刺を題材としたシニカルな笑いツービートで人気を獲得、フジテレビTHE MANZAIやその後継であったオレたちひょうきん族らに出演し番組が大ヒット、一般人、芸能人(特に後輩芸人)問わず未だに発言や行動に多大な影響力をもつ人物の一人。 1990年代頃より司会業や映画監督業が中心で、中には20年以上続く番組がある。 映画監督時や『平成教育委員会』(フジテレビ系列)などの番組では本名の「北野武」名義を用い、その他の番組、映画で出演するときは芸名の「ビートたけし」でタレント活動している。これに関して、2010年(平成22年)5月9日放送『平成教育委員会』では、「アカデミックな場所では『北野武』または『マス北野』、芸人として出る時は『ビートたけし』で使い分けている」との旨を述べた。 (Wikipedia:ビートたけし)

ビートたけしのTVタックル
『ビートたけしのTVタックル』(ビートたけしのテレビタックル)は、テレビ朝日系列にて1989年7月3日から放送されている、政治を題材にした討論バラエティ番組である。ビートたけしが司会を務める冠番組。通称は「TVタックル」。新聞や雑誌のラテ欄には文字数の制限上「たけしのTVタックル」と表記されることがある。ステレオ放送(2014年3月31日放送分より)、文字多重放送(2012年4月2日放送分より)、ハイビジョン制作を実施している。 1989年(平成元年)7月3日に「どーする?!TVタックル」のタイトル、関口宏とビートたけしの司会でスタート。関口出演時代はテーマが毎回「日本人と○○」だった。1990年(平成2年)3月26日放送分で関口が番組を降板、1991年(平成3年)4月1日から「ビートたけしのTVタックル」と番組名を変更、ビートたけしの冠番組となり様々な時事問題をテーマとして各界の著名人などのパネリストによる論争を繰り広げる内容になった。 (Wikipedia:ビートたけしのTVタックル)

ビートたけしのTVタックル
『ビートたけしのTVタックル』より : ビートたけしのTVタックル(ビートたけしのテレビタックル)とは、毎週月曜日21:00-21:54にテレビ朝日系列で放送されている世相討論バラエティ番組 バラエティテレビ番組 番組。
1989年7月3日に「どーする?!TVタックル」という番組名でスタート。関口宏とビートたけしの司会で、対談形式の内容だった。1990年3月26日放送分で関口が番組を降板、1991年4月1日から「ビートたけしのTVタックル」と番組名を変更、ビートたけしの冠番組となり、様々な時事問題をテーマとして各界の著名人などのパネリストによる論争を繰り広げる内容になった。
1991年から田嶋陽子がよく出演し、よく女性問題などを扱って他のパネリストとバトルを繰り広げ、特に舛添要一とは罵り合いになるほどだった。2001年に田嶋が参議院議員選挙に立候補した際、立候補前に田嶋が出演した収録分が放送できなくなり編集で何とか乗り切った。またその選挙活動を密着で放送。
(Wikipedia:ビートたけしのTVタックル)

ビートたけしのお笑いウルトラクイズ
『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』(ビートたけしのおわらいウルトラクイズ)は、1989年1月2日から1996年4月6日にかけて日本テレビ系列で放送された特別番組で、ビートたけしの冠番組。2007年1月1日の20:30から、3時間の正月特番として11年ぶりに復活した。 日テレ系の看板番組だった『史上最大!アメリカ横断ウルトラクイズ』をモチーフとしたお笑いタレント版クイズ番組としてスタート。芸人数十人を集め、熱海(静岡県)やスパリゾートハワイアンズ(福島県いわき市・湯本温泉)など関東周辺の温泉地に宿泊しながらロケを行い、クイズ(という名の過酷なゲーム)で体力・知力を競い優勝者を決する番組である。 たけしは本番組の目的を「売れない芸人をテレビに出してやること」としていた。たけし自身も本番組がかなり気に入っていたらしく、「週刊文春」の連載で(のちに『場外乱闘』に収録)(『たけし・逸見の平成教育委員会』が予想外に好視聴率な一方で)「オイラの一番大好きな」本番組の視聴率が振るわないことを嘆いている。 (Wikipedia:ビートたけしのお笑いウルトラクイズ)

ビートたけしの学問ノススメ
『ビートたけしの学問ノススメ』(ビートたけしのがくもんノススメ)は、1984年7月12日から同年9月27日まで、木曜20時台にTBSテレビ TBS系列(ただし琉球放送除く)およびテレビ山口(当時フジテレビジョン フジテレビ系列とのクロスネット局)で放送されていたテレビドラマで、ビートたけし扮する中学校教師が主人公の学園ドラマだった。全12話。
サブタイトルに必ず「○○ガ(ハ)、怖イヨー」が付いた。物語が始まる前に、主演のビートたけしが近所の子供を集める紙芝居師という設定で紙芝居を開催。主にたけし軍団を子供役とした。実在の童話を改変し笑いにしていた。
ちなみに、この作品の終了後、「世界まるごとHOWマッチ」がこの枠に入り、以後木曜夜8時枠は毎日放送制作の番組になったが、14年半後の1999年4月に当時火曜夜9時枠に放送した「うたばん」が移行した。
(Wikipedia:ビートたけしの学問ノススメ)

ビートたけしのつくり方
番組名=ビートたけしのつくり方
ジャンル=バラエティ番組 バラエティ
放送時間=木曜日20:00~20:54
放送分=54
制作局=フジテレビジョン フジテレビ、イースト (テレビ制作会社) イースト
企画=北野武、鈴木哲夫
プロデューサー=吉田宏、梅本満
出演者=ビートたけし他
音声=ステレオ放送
EDテーマ=「U-miz 11月のエイプリルフール」(松任谷由実)
放送期間=1993年10月14日~1994年3月17日
放送回数=
ビートたけしのつくり方(-かた)は1993年10月14日から1994年3月17日までフジテレビジョン フジテレビ系列で毎週木曜日 木曜20:00~20:54に放送されたバラエティ番組。
放送終了から13年半経った2007年9月19日、番組の名作コントとミニドラマを集めたDVDが3枚組でポニーキャニオンから発売された。
(Wikipedia:ビートたけしのつくり方)

ビートたけしのスポーツ大将
『ビートたけしのスポーツ大将』(ビートたけしのスポーツたいしょう)は、1985年4月16日から1990年2月27日までテレビ朝日系列局で放送されたテレビ朝日製作のスポーツバラエティ番組で、ビートたけしの冠番組でもある。 番組概要 ビートたけしとその弟子軍団であるたけし軍団&たけし軍団セピアの面々が、野球、陸上競技、サッカーなど様々なスポーツに挑戦、番組で募集した一般視聴者チームや芸能人チームなどと対戦したり、スタジオでの実技挑戦などに取り組んでいた。プロ野球シーズンオフになるとプロ野球選手も草野球対決などで登場することがあった。 中断・再開 1986年12月のフライデー襲撃事件でたけしが芸能活動を自粛、番組も「ビートたけしの」のクレジットを外し、単に「スポーツ大将」として放映された。留守を預かったのはフリーアナウンサーの志生野温夫と事件に不参加のたけし軍団メンバー、つまみ枝豆、井手らっきょ、ラッシャー板前である。たけしが復帰しないまま、1987年3月に番組はいったん終了。たけしが芸能活動を再開するのにあわせて、約1年後の1988年2月10日から番組を再開し、1990年まで放映された。 (Wikipedia:ビートたけしのスポーツ大将)

ビートたけしのオールナイトニッポン
『ビートたけしのオールナイトニッポン』は、ニッポン放送の人気深夜放送『オールナイトニッポン』のうち、木曜日にビートたけしがパーソナリティを担当した番組。1981年1月1日から1990年12月27日、深夜1:00〜3:00に、基本的に生放送されていた。 ビートたけしの絶頂期に放送されていたラジオ番組。当初は穴埋め的に始まった番組だったが、聴取率記録を打ち立てるなど若者を中心に人気が爆発し、丸10年のロングランになった。オープニングトークと曲の後は前半がフリートーク、後半に各コーナーというのが通常のパターン。各種ツアー企画やロケ企画、別番組との連動企画などもあった。当時と後の芸人など業界人に多大な影響を与え、「伝説のオールナイトニッポン」と称される事もある。たけしにとっては漫才ブームからフライデー襲撃事件を経て映画監督となるまで、一貫して担当していた唯一の番組。番組終了後も度々復活した。 たけしがツービートを離れ単独で担当した初めてのメイン番組。たけしが「漫才ブーム以後」のステップを模索していた所に、当時オールナイトニッポンのプロデューサーだった近衛正道から引き合いが来て実現した。 (Wikipedia:ビートたけしのオールナイトニッポン)

ビートたけしの!こんなはずでは!!
『ビートたけしの!こんなはずでは!!』は、2003年4月19日から2004年9月25日までテレビ朝日系列で放送されていた検証バラエティ番組で、ビートたけしの冠番組である。 事の由来や普段紹介されたことのない隠れた事実を紹介する。 ビートたけしが「人類の歴史は失敗と悪巧みから生まれた。ビートたけしの!こんなはずでは!!」と言って番組が始まる。物事の由来や普段紹介されることのなかった隠れた事実を紹介する。 VTRのナレーションは永井一郎や郷里大輔などが行い、オチには必ず「ああ、こんなはずでは…!!」と言い、ビルがダイナマイトで崩れる映像が映し出される。 また最初期では著名芸能人が再現VTRに出演していた。 番組開始前の発表では「悪魔のひらめき!」というタイトルだった。 出演者 司会・アシスタントビートたけし(司会) 江口ともみ(アシスタント) レギュラー出演さまぁ〜ず(大竹一樹・三村マサカズ) ガダルカナル・タカまた、さまぁ~ずが正式にレギュラー出演者と決定される前はくりぃむしちゅーやアリtoキリギリス等も出演していた。 (Wikipedia:ビートたけしの!こんなはずでは!!)

ビートたけしのこんなはずでは!!
『ビートたけしの!こんなはずでは!!』より : 『ビートたけしの!こんなはずでは!!』は、2003年4月19日から2004年9月25日までテレビ朝日系列で放送されていた検証バラエティ番組で、ビートたけしの冠番組である。 事の由来や普段紹介されたことのない隠れた事実を紹介する。 ビートたけしが「人類の歴史は失敗と悪巧みから生まれた。ビートたけしの!こんなはずでは!!」と言って番組が始まる。物事の由来や普段紹介されることのなかった隠れた事実を紹介する。 VTRのナレーションは永井一郎や郷里大輔などが行い、オチには必ず「ああ、こんなはずでは…!!」と言い、ビルがダイナマイトで崩れる映像が映し出される。 また最初期では著名芸能人が再現VTRに出演していた。 番組開始前の発表では「悪魔のひらめき!」というタイトルだった。 出演者 司会・アシスタントビートたけし(司会) 江口ともみ(アシスタント) レギュラー出演さまぁ〜ず(大竹一樹・三村マサカズ) ガダルカナル・タカまた、さまぁ~ずが正式にレギュラー出演者と決定される前はくりぃむしちゅーやアリtoキリギリス等も出演していた。 (Wikipedia:ビートたけしのこんなはずでは!!)

ビートたけしの全日本お笑い研究所
『ビートたけしの全日本お笑い研究所』(ビートたけしのぜんにっぽんおわらいけんきゅうじょ、英文表記:BEAT TAKESHI'S ALL JAPAN OWARAI LABORATORY)は、日本テレビ系列ほかで1988年4月13日、毎週水曜21:00 - 21:54に放送されていたお笑いバラエティ番組で、ビートたけしの冠番組である。1988年6月22日からはタイトルを『番組の途中ですが…再びたけしです』(ばんぐみのとちゅうですが ふたたびたけしです)と変え、同年9月14日まで放送された。 番組編成について この番組は、たけしとたけし軍団の一部メンバーが前年のフライデー襲撃事件で逮捕・釈放されて以来のレギュラー番組で、事件前の1986年10月に日テレで3回放送された特番『ビートたけしの金太郎飴スペシャル』(ビートたけしのきんたろうあめスペシャル)のレギュラー版に当たるスペシャル番組放送当時、『ビートたけしの金太郎飴』を仮タイトルにしてのレギュラー化の話があったが、フライデー事件のために頓挫した。 (Wikipedia:ビートたけしの全日本お笑い研究所)

ビートたけし殺人事件
ビートたけし殺人事件(―さつじんじけん)とは、そのまんま東原作ビートたけし主演のTBSのドラマである。 製作の経緯 ビートたけしとたけし軍団(一部)が起こしたフライデー襲撃事件により芸能活動を自粛していたそのまんま東が、執筆した推理小説である。通常の推理小説とは違い、序盤はそのまんま東がどのようにしてたけしさんの弟子になったか?という経緯から描かれており、たけしにアドバイスされた「お笑いは常に戦国だ」という言葉と、読めと言われた「平家物語」が事件のヒントとなっている。内容に関しては「たけし軍団の1人」の目線で描かれている。また、「オレたちひょうきん族」末期にビートたけしが収録を休んでいた理由までも詳しく書かれている。 放送に関して 通常は2時間ドラマとして放送される内容であるが、このドラマは30分枠の「ドラマ23」にて全4回で放送されている。ビデオにはまとめて2時間ドラマ風に納められている。 製作はTBSであるが、事件の捜査(トリック)においてフジテレビがどうしても必要だった為か、当時としては珍しい、他局にて事件現場(ビートたけしの死体発見現場)としてスタジオが使用されている。 (Wikipedia:ビートたけし殺人事件)

ビートたけしの作り方
『』より : (Wikipedia:ビートたけしの作り方)

ビートたけしの刑事ヨロシク
『』より : (Wikipedia:ビートたけしの刑事ヨロシク)


ビートたけし - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ビートたけし - アマゾン検索


「ビートたけし」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す