[PR]

日別キーワード

第29位  ピョンヤン - 2018年02月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



ピョンヤン
『平壌』より : 座標: 北緯39度01分55秒 東経125度45分14秒 / 北緯39.031859度 東経125.753765度 / 39.031859; 125.753765 平壌(ピョンヤン)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の首都、直轄市であり、最大の都市。 朝鮮八道では平安道、十三道制では平安南道に属するが、同国の行政区画においては、道に属さず平壌直轄市として道級の直轄市となっている。 日本語読みでは「へいじょう」と呼ぶ。日本統治時代の行政区分は平壌府(へいじょうふ)。 平壌準平原に位置し、北と東と西は平安南道、南は黄海北道に接する。北朝鮮の政治と経済の中心地であり、軽工業、重工業など工業が盛んである。 427年以降高句麗の首都となった。市の中心には大同江が流れている。中心部に金日成広場があり、その付近に主体思想塔がそびえており、平壌のシンボルまたはランドマークとなっている。 平壌は北朝鮮の建国時から事実上の首都としての役割を持っていたが、憲法で正式に平壌が首都となったのは1972年からで、それ以前の平壌は「祖国統一を成し遂げるまでの暫定首都(臨時首都)」という位置づけで、ソウルを正式な首都と定めていた。 (Wikipedia:ピョンヤン)

ピョンヤン地下鉄
『平壌地下鉄』より : 平壌地下鉄(ピョンヤンちかてつ)は、朝鮮民主主義人民共和国平壌にある地下鉄について詳述する。2路線がある。 ソビエト連邦から技術援助を受け、規格や施設などは東欧各地に建設された地下鉄とほぼ同じである。 1960年代に建設が始まり、1973年9月6日に朝鮮半島で最初の地下鉄路線である千里馬線が開通(ソウル地下鉄1号線の開業は1974年8月なので、平壌のほうが先行したことになる)した。平壌地下鉄の路線の建設の詳しいことは平壌地下鉄千里馬線#歴史と平壌地下鉄革新線#歴史の記事を参照。 地下鉄は核シェルターを兼ねて作られているといわれ、深さは平均90m、最も深いところでは深さ150mとされ、世界で最も深い地中を走る地下鉄ともいわれている。 当時、地下鉄施工に際し、中国から4~5万の人員が施工に携わり、資金、建築材料、車両設備等を中国東北地方から送り込みほぼ全て中国政府が無償で出資したが、開通工事が終わり、地下鉄が稼働する日、金日成は地下鉄開通を祝う式典のなかで世界に向け、設計も製造も設備も全て自国で行ったと声明を出した。 (Wikipedia:ピョンヤン地下鉄)

ピョンヤン高麗ホテル
平壌高麗ホテル(ピョンヤンコリョホテル)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)平壌市中区域東興洞(蒼光通り)、鉄道の平壌駅近くに位置するホテルである。 羊角島国際ホテルと並んで平壌で最も高級な宿泊施設で格付けでは「特級」であり、羅先の香港資本の「エンペラーホテル」を除けば同国内でも最高級宿泊施設の一つで、外国人旅行者に多く利用されている。 45階建て、高さ143mのツインタワーで、500余の客室に1000のベッドを備えている。部屋のタイプは、スーパースイート、スイート、デラックス、スタンダードの4階級ある。最上階の回転展望レストランからは平壌市内を一望することが出来る。同じく「特級」の羊角島国際ホテルは施設が新しいものの中州(羊角島)にあって都市の賑わいから半ば隔離されるため、当ホテルの方が外国人旅行者に好まれやすい。 また日朝会談の際にはプレスセンター(報道拠点)が置かれた。 クレジットカードは一切使用できなくなっており、ユーロ、日本円、人民元、米ドルが使用可能。朝鮮国際旅行社など現地の旅行会社を通じて宿泊手配することができ、宿泊しない客も店の利用が可能。 (Wikipedia:ピョンヤン高麗ホテル)

ピョンヤン駅
『』より : (Wikipedia:ピョンヤン駅)


ピョンヤン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ピョンヤン - アマゾン検索


「ピョンヤン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す