[PR]

日別キーワード

第30位  ミュンヘン - 2018年02月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



ミュンヘン
ミュンヘン(ドイツ語: München, ドイツ語発音: [ˈmʏnçən] (13px 聞く), バイエルン語: Minga)はドイツの連邦州であるバイエルン州最大の都市で州都である。イーザル川河畔にあり、バイエルンアルプスの北側に位置する。ベルリン、ハンブルクに次いでドイツでは3番目に大きな都市で、市域人口は140万人近くに達する。ミュンヘンでは1972年にミュンヘンオリンピックが開催された。ミュンヘンの標語は「ミュンヘンはあなたを愛している。」 "München mag Dich" だが、2006年以前は "Weltstadt mit Herz" 「心を持つ国際都市」であった。ミュンヘンの市章には地名の由来となった僧が表現され、黒と金の配色の市旗は神聖ローマ帝国の色で市の公式の色としてルートヴィヒ4世の時代以来使われている。 今日のミュンヘンは金融、出版の中心都市でたびたび、移住者などが住むのに適した場所として上位に位置付けられる。2011年のマーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティングによる世界で最も居住に適した都市では4位を獲得した。 (Wikipedia:ミュンヘン)

ミュンヘンオリンピック
ミュンヘンオリンピックは、1972年8月26日から9月11日まで、西ドイツ(現・ドイツ)のミュンヘンで行われた夏季オリンピック。オリンピック史上最悪の悲劇と言われるミュンヘンオリンピック事件が発生したことで知られていた。 大会開催までの経緯 ミュンヘンオリンピックの開催は1966年4月26日、イタリアのローマで開かれた第64回国際オリンピック委員会総会で決定された。 大会マスコット マスコットは、ダックスフントがモチーフになったバルディー。夏季オリンピック大会に登場した最初の大会マスコットである。 ポスターデザイン オリンピックのポスターデザインに、日本からは荒川修作が参加した。 ハイライト ドイツでの開催は、ベルリンで1936年に一度開催され、それ以来2回目となるが、第一次世界大戦により開催取りやめとなった1916年の大会も回次が残る(「みなし開催扱い」)ため、公式上は3回目となる。 (Wikipedia:ミュンヘンオリンピック)

ミュンヘン五輪
『ミュンヘンオリンピック』より : ミュンヘンオリンピックは、1972年8月26日から9月11日まで、西ドイツ(現・ドイツ)のミュンヘンで行われた夏季オリンピック。オリンピック史上最悪の悲劇と言われるミュンヘンオリンピック事件が発生したことで知られていた。 大会開催までの経緯 ミュンヘンオリンピックの開催は1966年4月26日、イタリアのローマで開かれた第64回国際オリンピック委員会総会で決定された。 大会マスコット マスコットは、ダックスフントがモチーフになったバルディー。夏季オリンピック大会に登場した最初の大会マスコットである。 ポスターデザイン オリンピックのポスターデザインに、日本からは荒川修作が参加した。 ハイライト ドイツでの開催は、ベルリンで1936年に一度開催され、それ以来2回目となるが、第一次世界大戦により開催取りやめとなった1916年の大会も回次が残る(「みなし開催扱い」)ため、公式上は3回目となる。 (Wikipedia:ミュンヘン五輪)

ミュンヘンオリンピック (1972年)
『ミュンヘンオリンピック』より : 参加国・地域
参加人数
実施種目
21競技195種目
開会式
1972年8月26日
閉会式
1972年9月11日
開会宣言
グスタフ・ハイネマン
オリンピック宣誓 選手宣誓
Heidi Schüller
オリンピック宣誓 審判宣誓
Heinz Pollay
聖火#歴代最終聖火ランナー 聖火ランナー
(Wikipedia:ミュンヘンオリンピック (1972年))

ミュンヘンオリンピックにおけるバレーボール競技
1972年のミュンヘンオリンピックにおけるバレーボール競技は、男子競技が8月27日に開幕し、日本が金メダルを獲得した。女子競技は8月27日に開幕し、ソビエト連邦が金メダルを獲得した。 男子競技 グループA 8月27日8月29日8月31日9月2日9月5日 グループB 8月28日8月30日9月1日9月3日9月5日 セミファイナルラウンド 9月8日 9月8日 ファイナルラウンド 9月9日 — 11位12位決定戦9月9日 — 9位10位決定戦9月9日 — 7位8位決定戦9月9日 — 5位6位決定戦9月9日 — 3位4位決定戦9月9日 — 優勝決定戦 最終結果 女子競技 8チームを2つのグループに分け、4チームで総当たり戦を行い各グループ2位までの計4チームが準決勝に進む形式で実施された。 (Wikipedia:ミュンヘンオリンピックにおけるバレーボール競技)

ミュンヘンオリンピック事件
ミュンヘンオリンピック事件(ミュンヘンオリンピックじけん)は、1972年9月5日、旧西ドイツのミュンヘンでパレスチナ武装組織「黒い九月」により行われた人質事件。実行グループの名前から「黒い九月事件」とも呼ばれる。ミュンヘンオリンピック開催中に発生し、イスラエルのアスリート11名が殺された殺人事件として知られる。 事件の概要 発覚 1972年9月5日4時40分頃、ミュンヘンオリンピックの選手村へ黒い九月のメンバー8名が、敷地のフェンスを乗り越えて侵入した。メンバーは、持ち込んだAK-47等の自動小銃や手榴弾などで武装・覆面した上で、午前4時頃選手村内のイスラエル選手団宿舎へ突入した。この時彼らがフェンスを乗り越えているのを目撃している警備員がいたものの、夜間に外出した選手達が人目を忍んで戻ってきただけだと思い気に留めなかったという。 犯人グループは上階のイスラエル選手団居住フロアに侵入、抵抗したユダヤ系アメリカ人選手とレスリングのコーチ、モシェ・ワインバーグの2名を殺害し、死亡したワインバーグを庭先へ放置した後、9名を人質に取った。 (Wikipedia:ミュンヘンオリンピック事件)

ミュンヘンの悲劇
ミュンヘンの悲劇(ミュンヘンのひげき、Munich air disaster)は、1958年2月6日、西ドイツ(当時)・ミュンヘンのリーム空港(現在のフランツ・ヨーゼフ・シュトラウス空港とは異なり、メッセゲレンデの場所にあった空港)で起こった航空事故。イングランドフットボールリーグのチーム、マンチェスター・ユナイテッドのチャーター機の乗員乗客44名のうち、23名が死亡した。選手は死亡8人、重傷7人。 事故とその原因 英国欧州航空(British European Airways 略称:BEA)のチャーター機・BE609便は選手の一人がパスポートを忘れたためベオグラードを1時間遅れで出発。当時のプロペラ機はブリテン島まで無着陸飛行する能力がなく、ミュンヘンに給油のために立ち寄った。給油後、2度離陸を試みるが速度が上がらず中止。不安を感じ当時安全とされた後部座席に移る者もいたが、皮肉にも犠牲者を増す結果となった。午後3時4分、3度目の離陸を試みるが離陸速度に達せず、フェンスを突き破り300m離れた空き家に突っ込み炎上。 (Wikipedia:ミュンヘンの悲劇)

ミュンヘン国際空港
ミュンヘン空港 (ドイツ語: Flughafen München, 英語: Munich Airport) (正式名: フランツ・ヨーゼフ・シュトラウス空港, ドイツ語: Flughafen München Franz Josef Strauß)は、ドイツ南部のバイエルン州ミュンヘン郊外(市内から北東約28km)のフライジング近くに位置する国際空港である。空港コードはMUC:IATA/EDDM:ICAO。ルフトハンザドイツ航空とスターアライアンスのハブ空港でもある。1992年5月に開港した。正式名称は、バイエルン州の州首相やドイツの連邦財務大臣を務めた政治家、フランツ・ヨーゼフ・シュトラウスの名を冠したものである。 2006年には約3100万人の旅客人員があり、ドイツでは2番目、ヨーロッパでは7番目に旅客人員が多い空港であった。イギリスの調査会社SKYTRAXによる「AIRPORT of the YEAR 2006」でヨーロッパ一の空港に選ばれた。 1955年には既に旧ミュンヘン・リーム空港の滑走路を拡張する計画があったが、1960年に軍用機の事故により55名が犠牲になり、郊外に新空港を建設する必要性が高まった。 (Wikipedia:ミュンヘン国際空港)

ミュンヘン会談
ミュンヘン会談(ミュンヘンかいだん)とは、1938年9月29日から30日にかけて、チェコスロバキアのズデーテン地方帰属問題を解決するためにドイツのミュンヘンにおいて開催された国際会議。イギリス、フランス、イタリア、ドイツの首脳が出席した。ドイツ系住民が多数を占めていたズデーテンのドイツ帰属を主張したドイツのアドルフ・ヒトラー総統に対して、イギリスおよびフランス政府は、これ以上の領土要求を行わないとの約束をヒトラーと交わす代償としてヒトラーの要求を全面的に認めることになった。1938年9月29日付けで署名されたこのミュンヘン協定は、後年になり第二次世界大戦勃発前の宥和政策の典型とされ、一般には強く批判されることが多い。 背景 国家社会主義ドイツ労働者党はヴェルサイユ条約で失った領土の回復および、ドイツ民族を養える土地をヨーロッパに求める考えを持っていた(東方生存圏)。1937年11月5日に行われた総統官邸の秘密会議において、ヒトラーは東方からの脅威を減少させるためにもチェコスロバキアを消滅させる必要があると唱え、その領土からの食糧でドイツ民族を養う考えを示している(ホスバッハ覚書)。 (Wikipedia:ミュンヘン会談)

ミュンヘン協定
『ミュンヘン会談』より : ミュンヘン会談(ミュンヘンかいだん)とは、1938年9月29日から30日にかけて、チェコスロバキアのズデーテン地方帰属問題を解決するためにドイツのミュンヘンにおいて開催された国際会議。イギリス、フランス、イタリア、ドイツの首脳が出席した。ドイツ系住民が多数を占めていたズデーテンのドイツ帰属を主張したドイツのアドルフ・ヒトラー総統に対して、イギリスおよびフランス政府は、これ以上の領土要求を行わないとの約束をヒトラーと交わす代償としてヒトラーの要求を全面的に認めることになった。1938年9月29日付けで署名されたこのミュンヘン協定は、後年になり第二次世界大戦勃発前の宥和政策の典型とされ、一般には強く批判されることが多い。 背景 国家社会主義ドイツ労働者党はヴェルサイユ条約で失った領土の回復および、ドイツ民族を養える土地をヨーロッパに求める考えを持っていた(東方生存圏)。1937年11月5日に行われた総統官邸の秘密会議において、ヒトラーは東方からの脅威を減少させるためにもチェコスロバキアを消滅させる必要があると唱え、その領土からの食糧でドイツ民族を養う考えを示している(ホスバッハ覚書)。 (Wikipedia:ミュンヘン協定)

ミュンヘン一揆
ミュンヘン一揆(ミュンヘンいっき、ドイツ語: München Putsch)は、1923年11月8日から9日に、ドイツのミュンヘンでエーリヒ・ルーデンドルフ、アドルフ・ヒトラーらナチス党員が参加したドイツ闘争連盟が起こしたクーデター未遂事件。半日あまりで鎮圧され、ヒトラーら首謀者は逮捕された。 ドイツでは主に、首謀者の名前から「ヒトラー一揆 (Hitlerputsch)」もしくは「ヒトラー・ルーデンドルフ一揆(Hitler-Ludendorff-Putsch)」と呼ばれているほか、事件が発生したビアホール「ビュルガーブロイケラー」の名をとって「ビュルガーブロイケラー一揆 (Bürgerbräukellerputsch)」と呼ばれている。 (Wikipedia:ミュンヘン一揆)

ミュンヘン工科大学
ミュンヘン工科大学(独語:Technische Universität München、TUM)は、ドイツのミュンヘンにある大学の一つ。
創立1868年。全12学部、学生数1万9000人、教師陣440人と中規模大学だが、学術研究費の国庫補助は国内第3位で、ノーベル賞受賞者を7人輩出している。
ミュンヘン工科大学が擁する学部は以下の通り。
ミュンヘン(München)キャンパス
Faculty of Architecture(建築)
Faculty of Civil Engineering and Surveying(土木工学・測量学)
Faculty of Economics(経済学)
Faculty of Electrical Engineering and Information Technology(電気・情報工学)
Faculty of Medicine(薬学)
Faculty of Sports Science(スポーツ科学)
ガーヒン(Garching)キャンパス
Faculty of Chemistry(化学)
Faculty of Informatics(情報学)
Faculty of Mathematics(数学)
(Wikipedia:ミュンヘン工科大学)

ミュンヘン国際音楽コンクール
ミュンヘン国際音楽コンクール(Internationalen Musikwettbewerbs der ARD München)は、ドイツ公共放送連盟(ARD)主催で、毎年ミュンヘンで行われている国際音楽コンクール。このコンクールは1952年に第1回が開催され、2006年で55回目を迎え、世界の権威ある国際コンクールの中でも、歴史と伝統のある難関なコンクールとして知られている。
このコンクールは、第1回目はピアノ部門のみで開催されたが、1953年の第2回目以降は、声楽、ピアノ、ヴァイオリン、ピアノ・デュオ、ヴァイオリン・ピアノ・デュオ、木管楽器、金管楽器等から、4~7部門を設定して行われている。
全体の傾向として評価が厳しいことで知られ、第1位を出さないことも多かったが、近年、審査基準が大幅に緩和されて1位が出るのが普通となっている。特に管楽器部門ではジュネーヴ国際音楽コンクールと並んで最高の権威を持っており、受賞者からはハインツ・ホリガー、ペーター=ルーカス・グラーフ、カール・ライスター、ファゴット#著名なファゴット奏者 クラウス・トゥーネマン、ヘルマン・バウマン、モーリス・アンドレ、ブラニミール・スローカーなど世界的な演奏家を輩出している。
(Wikipedia:ミュンヘン国際音楽コンクール)

ミュンヘン (映画)
『ミュンヘン』(Munich)は、2005年12月公開のアメリカ映画。スティーヴン・スピルバーグ製作、監督のサスペンス・スパイ映画。 映画は1972年のミュンヘンオリンピック事件と、その後のイスラエル諜報特務庁(モサッド)による黒い九月に対する報復作戦を描く。ジョージ・ジョナスによるノンフィクション小説『標的(ターゲット)は11人 モサド暗殺チームの記録』を原作とし、トニー・クシュナーとエリック・ロスが脚本を担当した。『シンドラーのリスト』、『プライベート・ライアン』に続くリアルなグロテスク描写のある作品であり、日本における公開ではPG-12指定を受けた。 この映画に登場するアヴナー率いる暗殺チームは実在した集団であるとされ、一部創作しているが、この映画の大体の様に「黒い九月」の幹部達を次々と殺害したと言う(なお、アヴナーら当事者は全て仮名である)。現在アヴナーは名前を変えてアメリカで暮らしている。しかし、モサッドの元高官らはアヴナーの証言を否定している。 ストーリー 1972年9月5日、ミュンヘンオリンピックの開催中、パレスチナの過激派組織「黒い九月」のメンバー8名が、オリンピック村のイスラエル選手団宿舎に侵入、抵抗した選手ら2人を殺害し、残る9人を人質に取る。 (Wikipedia:ミュンヘン (映画))

ミュンヘン地下鉄
ミュンヘン地下鉄(独語:Münchner U-Bahn、U-Bahn München)は、ドイツ・ミュンヘンの地下鉄。
路線は、1号線から8号線まで(U1・U2・U3・U4・U5・U6)の8路線で、U7とU8は混雑時のみ運行。駅数は96駅で、営業距離96km。
1971年10月19日
Kieferngarten - Goetheplatz
12.0 km
1972年5月8日
Münchner Freiheit - Olympiazentrum
1975年11月22日
Goetheplatz - Harras
1978年
Poccistraße infill station
1980年10月18日
U2 (当時はU8)
Scheidplatz - Neuperlach Süd
16.0 km
1983年4月16日
U6 (西側)
Harras - Holzapfelkreuth
(Wikipedia:ミュンヘン地下鉄)

ミュンヘン・オリンピアシュタディオン
ミュンヘン・オリンピアシュタディオン(Olympiastadion München)は、ドイツ・バイエルン州・ミュンヘンにある陸上競技場。世界でも数少ない夏季オリンピックのメインスタジアムとワールドカップ決勝戦を両方経験したスタジアムである。建築家ギュンター・ベーニッシュ(Günter Behnisch)と構造家フライ・オットーの設計。 1971年、1972年に開催されたミュンヘンオリンピック(当時は西ドイツ)の開催を記念してのメインスタジアムとして開場し陸上競技と開・閉会式を開いた。1974年には西ドイツW杯の会場となったほか、サッカー・ブンデスリーガ・バイエルン・ミュンヘン、1860ミュンヘンのホームスタジアムとして長年使用され、ヨーロッパ・チャンピオンを決定する試合も数多く開催されてきた。しかし陸上競技場であること、バックスタンドに屋根が架かっていないこと、スタンドの傾斜が緩いことなどからサッカー観戦には不向きであると言われていた。 (Wikipedia:ミュンヘン・オリンピアシュタディオン)

ミュンヘン大学
ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン(Ludwig-Maximilians-Universität München)は、ドイツ・バイエルン州ミュンヘンにある大学。州立大学である。ドイツにおけるエクセレンス・イニシアティブ(Exzellenzinitiative)に指定された11大学の一つで、ミュンヘン工科大学、カールスルーエ工科大学と共に最初に選ばれた三校のうちの一つである。ミュンヘン工科大学、ルプレヒト・カール大学ハイデルベルクとは様々なランキングで国内一位の座を争っている(後述)。通称、ミュンヘン大学。 1472年に下バイエルン=ランツフート公ルートヴィヒ9世によってインゴルシュタット大学として創設されたが、北のプロテスタント系ライプツィヒ大学と対立して長らくイエズス会の支配下におかれ、閉鎖を繰り返しつつ、ナポレオン戦争の後の1826年にバイエルン王ルートヴィヒ1世によってミュンヘンに移転再創設された。 (Wikipedia:ミュンヘン大学)

ミュンヘンオリンピック日本選手団
ミュンヘンオリンピック日本選手団は、1972年にドイツのミュンヘンで行われたミュンヘンオリンピックの日本選手団。選手名及び所属は1972年当時のもの。 人員: 選手 182人、役員 37人 主将:中村祐造、旗手:篠巻政利 結団式:8月14日(岸記念体育会館) 解団式:9月14日(岸記念体育会館) メダル獲得者 金メダル 田口信教(競泳男子100m平泳ぎ) 青木まゆみ(競泳女子100mバタフライ) 加藤沢男、中山彰規、塚原光男、監物永三、笠松茂、岡村輝一(体操男子団体総合) 加藤沢男(体操男子種目別個人総合) 加藤沢男(体操男子種目別平行棒) 中山彰規(体操男子種目別つり輪) 塚原光男(体操男子種目別鉄棒) 加藤喜代美(レスリングフリースタイル52kg級) 柳田英明(レスリングフリースタイル57kg級) 関根忍(柔道中量級) 川口孝夫(柔道軽量級) 野村豊和(柔道軽中量級) 大古誠司・木村憲治・佐藤哲夫・嶋岡健治・中村祐造・西本哲雄・猫田勝敏・野口泰弘・深尾吉英・南将之・森田淳悟・横田忠義(男子バレーボール) 銀メダル 監物永三(体操男子種目別個人総合) 笠松茂(体操男子種目別平行棒) 加藤沢男(体操男子種目別鉄棒) 加藤沢男(体操男子種目別あん馬) 中山彰規(体操男子種目別ゆか) 和田喜久夫(レスリングフリースタイル68kg級) 平山紘一郎(レスリンググレコローマンスタイル52kg級) 飯田高子・岩原豊子・生沼スミエ・岡本真理子・塩川美知子・島影せい子・白井貴子・浜恵子・古川牧子・松村勝美・山崎八重子・山下規子(女子バレーボール) 銅メダル 田口信教(競泳男子200m平泳ぎ) 中山彰規(体操男子個人総合) 監物永三(体操男子種目別平行棒) 笠松茂(体操男子種目別鉄棒) 監物永三(体操男子種目別あん馬) 塚原光男(体操男子種目別つり輪) 笠松茂(体操男子種目別ゆか) 西村昌樹(柔道重量級) 陸上競技 監督:帖佐寛章 コーチ:高橋進 コーチ:小掛照二 コーチ:西田勝雄 井上敏明(法大) 男子三段とび:12位(15m88cm) 宇佐美彰朗(日大大学院) 男子マラソン:12位(2時間18分58秒0) 具志堅興清(名古屋鉄道) 男子三段とび:予選落ち(16m19cm) 君原健二(新日鉄) 男子マラソン:5位(2時間16分27秒0) 采谷義秋(広島県教委) 男子マラソン:36位(2時間25分37秒4) 室伏重信(大昭和製紙) 男子ハンマー投げ:8位(70m88cm) 小山隆治(クラレ) 男子3000m障害:9位(8分37秒8) 男子5000m:予選落ち(14分12秒6) 杉岡邦由(新日鉄) 男子走り高飛び:予選落ち(2m06cm) 菅原武男(リッカー) 男子ハンマー投げ:20位(64m70cm) 石田義久(東洋工業) 男子ハンマー投げ:予選落ち(63m82cm) 川越孝悦(ユニチカ) 男子走り幅とび:予選落ち(7m47cm) 村木征人(東海大教) 男子三段とび:予選落ち(15m59cm) 沢木啓祐(順天大教) 男子10000m:予選失格(29分29秒0) 男子5000m:予選失格(13分44秒8) 竹内章(日立造船) 男子3000m障害:予選落ち(8分40秒4) 冨沢英彦(蚕糸高教) 男子走り高飛び:19位(2m05cm) 友永義治(日立) 男子400m:2次予選落ち(46秒92) 稲岡美千代(中大) 女子走り高とび:予選落ち(1m65cm) 山下博子(中京大) 女子走り幅跳び:予選落ち(6m14cm) 山三保子(岡輝中教) 女子走り高とび:予選落ち(1m65cm) 水泳 競泳 監督:太田光雄 コーチ:小柳清志 コーチ:加藤浩時 駒崎康弘(日大) 男子100mバタフライ:予選落ち(59秒71) 男子200mバタフライ:予選落ち(2分08秒72) 佐々木二郎(富山商高) 男子200m個人メドレー:予選落ち(2分16秒56) 男子400m個人メドレー:予選落ち(4分53秒65) 田口信教(広島商大) 男子100m平泳ぎ:金メダル(1分04秒94) 男子200m平泳ぎ:銅メダル(2分23秒88) 本多忠(広島商高) 男子100m背泳ぎ:8位(1分00秒41) 男子200m背泳ぎ:予選落ち(2分11秒11) 駒崎康弘・佐々木二郎・田口信教・本多忠 男子4×100mメドレーリレー:6位(3分58秒23) 藤村佳津(浪花女高) 女子100m背泳ぎ:予選落ち(1分09秒81) 女子200m背泳ぎ:予選落ち(2分30秒37) 山本容子(巽中) 女子100m平泳ぎ:予選落ち(1分18秒94) 女子200m平泳ぎ:予選落ち(2分54秒28) 柴田智恵野(山田スイミングクラブ) 女子200m平泳ぎ:予選落ち(2分46秒87) 松村鈴子(巽中) 女子200m背泳ぎ:予選落ち(2分26秒95) 西側よしみ(山田スイミングクラブ) 女子200m個人メドレー:7位(2分26秒35) 青木まゆみ(山田スイミングクラブ) 女子100mバタフライ:金メダル(1分03秒34) 女子200mバタフライ:8位(2分22秒84) 石井菊代(浪花女高) 女子100m背泳ぎ:予選落ち(1分10秒44) 女子200m背泳ぎ:予選落ち(2分29秒66) 川西繁子(和歌山県教委) 女子100m自由形:予選落ち(1分02秒13) 浅野典子(椙山女学園高) 女子100mバタフライ:8位(1分04秒25) 女子200mバタフライ:5位(2分19秒50) 竹本ゆかり(浪花女高) 女子200m個人メドレー:予選落ち(2分29秒41) 女子400m個人メドレー:予選落ち(5分20秒89) 青木まゆみ・西側よしみ・松村鈴子・山本容子 女子4×100mメドレーリレー:6位(4分30秒18) 川西繁子・合志えい子(浪花女高)・竹本ゆかり・西側よしみ 女子4×100m自由形リレー:予選落ち(4分08秒34) 飛込 コーチ:金戸俊介 湯浅純二(松下電器) 飛込男子高飛込:19位(276.00) 飛込男子飛板飛込:24位(316.95) 大坪恵子(埼玉ヤクルト) 飛込女子高飛込:23位(168.24) 久保たえ子(紀陽銀行) 飛込女子飛板飛込:24位(236.25) 水球 コーチ:荒瀬徹 大下幸治(タイガースゴム)・木村隆(日大出)・桑山博克(全日空)・地平達郎(東京スイミングセンター)・高橋敏夫(川口市役所)・中野皓司(黄桜酒造)・橋本博(中大)・峰岸直人(慶大)・矢島秀三(蒲田会館)・保見吉裕(三菱商事) 男子:予選リーグ敗退 体操 監督:竹本正男 チームリーダー:遠藤幸雄 チームリーダー:千葉吟子 岡村輝一(紀陽銀行) 男子個人総合:11位(112.050) 加藤澤男(東教大大学院) 男子あん馬:銀メダル(19.125) 男子つり輪:4位(19.150) 男子個人総合:金メダル(114.650) 男子床運動:6位(18.750) 男子跳馬:4位(18.550) 男子鉄棒:銀メダル(19.500) 男子平行棒:金メダル(19.475) 笠松茂(東海テレビ) 男子あん馬:4位(18.925) 男子個人総合:5位(113.700) 男子床運動:銅メダル(19.025) 男子鉄棒:銅メダル(19.450) 男子平行棒:銀メダル(19.375) 監物永三(日体大教) 男子あん馬:銅メダル(18.950) 男子つり輪:5位(18.950) 男子個人総合:銀メダル(114.575) 男子床運動:4位(18.925) 男子跳馬:4位(18.550) 男子鉄棒:4位(19.350) 男子平行棒:銅メダル(19.250) 中山彰規(中京大教) 男子つり輪:金メダル(19.350) 男子個人総合:銅メダル(114.325) 男子床運動:銀メダル(19.125) 男子鉄棒:5位(19.225) 男子平行棒:5位(18.875) 塚原光男(河合楽器) 男子つり輪:銅メダル(19.225) 男子個人総合:8位(112.775) 男子鉄棒:金メダル(19.725) 岡村輝一・笠松茂・加藤澤男・監物永三・塚原光男・中山彰規 男子団体総合:金メダル(571.25) 本間二三雄(東教大大学院):出場せず 長谷川たか子(日体大) 女子個人総合:35位(71.850) 松久ミユキ(池田健康体操) 女子個人総合:20位(73.500) 平島栄子(日体大) 女子個人総合:25位(73.075) 坂佳代子(日体大教)・長谷川たか子・羽生和永(日体大)・平島栄子・松久ミユキ・宮本敏子(日大)・矢部信恵(日大) 女子団体:7位(359.75) 自転車 監督:杉原鏘一郎 松田隆文(日大) 男子1000mタイム・トライアル:20位(1分10秒00) 沼田弥一(ブリヂストン) 男子スクラッチ:第1次予選敗者復活戦敗退 長義和(法大) 男子スクラッチ:第2次予選敗者復活戦敗退 長義和・沼田弥一 男子タンデム・スクラッチ:予選敗者復活戦棄権 ウエイトリフティング 監督:林克也 安藤謙吉(日大) フェザー級:失格 加藤正雄(中京大職員) ライト級:8位(425.0) 後藤良一(後藤組) ミドル・ヘビー級:失格 佐々木哲英(警視庁) フライ級:4位(322.5) 斎藤久治郎(野崎ガラスセンター) フライ級:12位(295.0) 三宅義信(自衛隊) フェザー級:4位(385.0) 三木功司(自衛隊) バンタム級:10位(342.5) 小野弘(自営) バンタム級:7位(355.0) 小野祐策(三恵商事) ライト級:10位(417.5) 柔道 監督:浜野正平 コーチ:神永昭夫 川口孝夫(明大) 軽量級:金メダル 野村豊和(博報堂) 軽中量級:金メダル 関根忍(警視庁) 中量級:金メダル 笹原富美雄(神奈川県警) 軽重量級:2回戦敗退 西村昌樹(やよいエージェンシー) 重量級:銅メダル 篠巻政利(新日鉄) 無差別級:3回戦敗退 ボクシング 監督:永松英吉 永井希仁男(日大) フライ級:2回戦敗退 篠原恭二(近大) ライトウェルター級:準々決勝敗退 小林和男(自衛隊) フェザー級:準々決勝敗退 新垣吉光(日大) ライトフライ級:1回戦敗退 レスリング フリーコーチ:小幡洋次郎 グレココーチ:花原勉 阿部巨史(自衛隊) フリースタイル(62kg級):4位 伊達治一郎(国士舘大) グレコローマン(74kg級):3回戦敗退 磯貝頼秀(早大) フリースタイル(100kg以上級):3回戦敗退 加藤喜代美(三信電気) フリースタイル(52kg級):金メダル 鎌田誠(中大) フリースタイル(90kg級):2回戦敗退 吉田敏忠(アイシン精機) フリースタイル(74kg級):2回戦敗退 佐々木竜雄(自衛隊) フリースタイル(82kg級):5位 佐藤貞雄(大東文化大) グレコローマン(82kg級):3回戦敗退 斎藤真(日体大) グレコローマン(100kg級):2回戦敗退 山本郁栄(日体大教) グレコローマン(57kg級):7位 石田和春(小玉合名) グレコローマン(48kg級):5位 谷公市(和歌山県教育庁) グレコローマン(90kg級):4回戦敗退 鶴田友美(中大)※ジャンボ鶴田 グレコローマン(100kg以上級):2回戦失格 田上高(甲南高教) グレコローマン(68kg級):5位 藤本英男(日体大教) グレコローマン(62kg級):4位 梅田昭彦(米盛商事) フリースタイル(48kg級):6位(4回戦敗退) 平山紘一郎(自衛隊) グレコローマン(52kg級):銀メダル 矢田静雄(粉河高教) フリースタイル(100kg級):2回戦敗退 柳田英明(大都リッチランド) フリースタイル(57kg級):金メダル 和田喜久夫(明大) フリースタイル(68kg級):銀メダル フェンシング 監督:山本耕司 芹沢一郎(東急興産) 男子フルーレ個人:予選敗退 植原清(木田興業) 男子フルーレ個人:予選敗退 中嶋寛(信興商事) 男子フルーレ個人:予選敗退 植原清・中嶋寛・福田正哉(自営)・圓山詩郎(福井県庁) 男子フルーレ団体:6位 ハンドボール コーチ:近森克彦 有永修二(東京海上)・飯田誠行(大崎電気)・木野実(湧永薬品)・佐々木健一(中大)・下里敏彦(大崎電気)・近森克彦(大崎電気)・中井武三(大同製鋼)・氷海正行(八千代高教)・新実俊夫(本田技研)・野田清(大同製鋼)・早川清孝(湧永薬品)・本田洋(初芝高教) 男子:11位 バスケットボール コーチ:杉田勝彦(選手兼任) 阿部成章(日本鉱業)・坂井和史(日本鋼管)・杉田勝彦(松下電器)・宗田研二(日本鋼管)・杣友厚(住友金属)・谷口正朋(日本鋼管)・千種信雄(住友金属)・沼田宏文(同大)・服部信雄(日本鋼管)・森哲(住友金属)・横山邦彦(住友金属)・吉川峰夫(住友金属) 男子:14位 バレーボール 男子 監督:松平康隆 コーチ:池田尚弘大古誠司(日本鋼管)・木村憲治(松下電器)・佐藤哲夫(富士フイルム)・嶋岡健治(日本鋼管)・中村祐造(新日鉄)・西本哲雄(専売公社)・猫田勝敏(専売公社)・野口泰弘(松下電器)・深尾吉英(東レ)・南将之(旭化成)・森田淳悟(日本鋼管)・横田忠義(松下電器) 男子:金メダル 女子 監督:小島孝治 飯田高子(ヤシカ)・岩原豊子(ヤシカ)・生沼スミエ(日立)・岡本真理子(日立)・塩川美知子(ユニチカ)・島影せい子(ユニチカ)・白井貴子(倉敷紡績)・浜恵子(ヤシカ)・古川牧子(ユニチカ)・松村勝美(ユニチカ)・山崎八重子(ユニチカ)・山下規子(ユニチカ) 女子:銀メダル カヌー コーチ:本田大三郎(自衛隊体育学校) マネージャー:佐藤忠正(選手兼任) 岡田昌憲(三洋製作所) スラローム男子カヤック・シングルK1:36位(496.78ポイント) 佐藤忠正(勢能体育用品) レーシング男子カヤック・シングル1000mK1:敗者復活戦敗退(4分11秒48) 山口徹正(国立トレーニングセンター) レーシング男子カナディアン・シングル1000mC1:敗者復活戦敗退(4分36秒34) 中西光雄(大正大)・畑満秀(大正大) レーシング男子カナディアン・ペア1000mC2:敗者復活戦敗退(4分10秒14) ボート マネージャー:伊藤次男(選手兼任) 伊藤次男(秋田県庁)・湊義雄(湊商会) ダブルスカル:敗者復活戦敗退 岡本秀雄(東京トヨペット) シングルスカル:敗者復活戦敗退(8分27秒36) ヨット マネージャー:山村彰(選手兼任) 山村彰(山村硝子)・山村尚史(山村硝子) フライングダッチマン級:19位(128.0) 松山和興(神奈川県庁) フィン級:27位(176.0) 近代五種 監督:西山逸成 久保晃(自衛隊) 個人:49位(4371) 坂野勝(自衛隊) 個人:31位(4627) 槇平勇荘(大阪府警察学校) 個人:33位(4583) 久保晃・坂野勝・槇平勇荘 団体:13位(13569) アーチェリー 監督:飯塚十朗 梶川博(菊水堂) 男子個人総合:19位(2381点) 秋山芳子(帝塚山大出) 女子個人総合:17位(2301点) 中本新二(柚木商会) 男子個人総合:38位(2287点) 日比野正嗣(同大) 男子個人総合:29位(2344点) 射撃 監督:渡辺正雄 伊藤実(自衛隊) ライフル射撃男子スモール・ボア・ライフル3姿勢:41位(1124) 伊藤実 ライフル射撃男子スモール・ボア・ライフル伏射:59位(589) 蒲池猛夫(自衛隊) ライフル射撃男子ラピッド・ファイア・ピストル:33位(580) 吉川貴久(福岡県警) ライフル射撃男子フリー・ピストル:25位(545) 久保皖司(皇宮警察) ライフル射撃男子ラピッド・ファイア・ピストル:30位(582) 杉田武(自営) ライフル射撃男子スモール・ボア・ライフル伏射:81位(583) 田代繁俊(自衛隊) ライフル射撃男子フリー・ピストル:22位(546) 馬術 監督:高杉耕治 井上喜久子(聖心女学院出、馬名:ドンカルロス) 馬場馬術個人:32位 杉谷昌保(自営、馬名:セラフィナ) 障害飛越個人:43位 竹田恆和(不二サッシ、馬名:ジョセフィン) 障害飛越個人:42位 福島正(日本中央競馬会、馬名:アンケ) 障害飛越個人:43位 竹田恆和(馬名:ジョセフィン)・福島正(馬名:アンケ)・杉谷昌保 障害飛越団体:16位 高宮輝千代(大垣農高教、馬名:アラディン) 障害飛越個人:出場せず 本部 団長:青木半治 総務主事:田島直人 総務:古橋廣之進 総監督:前田豊 競技:安斎実 競技:井口幸男 競技:佐々野利彦 参考文献 日本オリンピック委員会監修 『近代オリンピック100年の歩み』 ベースボール・マガジン社、1994年 外部リンク JOCオリンピック歴代日本代表選手全記録。 (Wikipedia:ミュンヘンオリンピック日本選手団)

ミュンヘンオリンピックでの国・地域別メダル受賞数一覧
ミュンヘンオリンピックでの国・地域別メダル受賞数一覧では、1972年8月26日から9月11日まで開催されたミュンヘンオリンピックでの国・地域別のメダル受賞数をまとめた。 外部リンク 国際オリンピック委員会 - 1972ミュンヘン。 (Wikipedia:ミュンヘンオリンピックでの国・地域別メダル受賞数一覧)

ミュンヘンへの道
『アニメドキュメント ミュンヘンへの道』より : 『アニメドキュメント ミュンヘンへの道』(アニメドキュメント ミュンヘンへのみち)は、1972年4月23日から8月20日、および特別編として同年9月24日に不二家の時間(TBS)で放送されたドキュメンタリーとアニメーションを一体化させた番組である。 番組はバレーボール日本代表が、ミュンヘンオリンピック(1972年8月開幕)へ向けて取り組む様をチーム全体、あるいは選手個々のエピソードを交えて取り上げたもので、エピソード部分はアニメーション、また練習の模様などは実写映像を使って放送された。 当時、日本オリンピック委員会はアマチュア選手のテレビ出演を厳しく規制していたこともあって、選手エピソード部分についてはアニメーションを利用したものと考えられている。一方、アニメ部分の監督を務めた吉川惣司は、日本代表監督の松平康隆がチームの知名度向上を目指して広告代理店経由でTBSに企画を持ち込んだもので、実写番組では視聴率を見込めないことから「アニメと組み合わせるしかない」という判断になったと証言している。 (Wikipedia:ミュンヘンへの道)


ミュンヘン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ミュンヘン - アマゾン検索


「ミュンヘン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す