[PR]

日別キーワード

第33位  ラトビア - 2018年02月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



ラトビア
ラトビア共和国 Latvijas Republika 国の標語:Tēvzemei un Brīvībai(ラトビア語:祖国と自由のために) 国歌:Dievs, svētī Latviju!(ラトビアに幸いあれ!) ラトビアの位置 ラトビア共和国(ラトビアきょうわこく、ラトビア語: Latvijas Republika)、通称ラトビアは、北ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、通貨はユーロ、人口201.5万人、首都はリガ。 バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の一つである。西はバルト海に面する。北はエストニア、南はリトアニア、東はロシア、南東はベラルーシと国境を接する。面積は九州本島の1.76倍。国連の分類では北ヨーロッパの国である。首都リガは港湾都市で、バルト海クルーズの主な寄港地の一つでもある。 公用語はラトビア語。国民の約27%がロシア系住民で、映画・テレビ・新聞・雑誌などではロシア語も広く利用される。また、世代によっては英語またはドイツ語も話せ、このマルチリンガルな国の特色は外国企業の進出の要因にもなっている。 (Wikipedia:ラトビア)

ラトビア共和国
『ラトビア』より : ラトビア共和国 Latvijas Republika 国の標語:Tēvzemei un Brīvībai(ラトビア語:祖国と自由のために) 国歌:Dievs, svētī Latviju!(ラトビアに幸いあれ!) ラトビアの位置 ラトビア共和国(ラトビアきょうわこく、ラトビア語: Latvijas Republika)、通称ラトビアは、北ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、通貨はユーロ、人口201.5万人、首都はリガ。 バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の一つである。西はバルト海に面する。北はエストニア、南はリトアニア、東はロシア、南東はベラルーシと国境を接する。面積は九州本島の1.76倍。国連の分類では北ヨーロッパの国である。首都リガは港湾都市で、バルト海クルーズの主な寄港地の一つでもある。 公用語はラトビア語。国民の約27%がロシア系住民で、映画・テレビ・新聞・雑誌などではロシア語も広く利用される。また、世代によっては英語またはドイツ語も話せ、このマルチリンガルな国の特色は外国企業の進出の要因にもなっている。 (Wikipedia:ラトビア共和国)

ラトビア語
ラトビア語、レット語(ラトビア語: Latviešu valoda)は、ラトビア共和国の公用語で、インド・ヨーロッパ語族のバルト語派に属する。 比較的リトアニア語と近い関係にあるが、双方の言語同士で意思疎通を図ることはほとんどできず、文法的特徴や単語が他言語より近似している程度である。歴史の流れの中でドイツ語、リヴォニア語、エストニア語、スウェーデン語、そしてロシア語などの影響を受けてきた。ラトビア語は16世紀まではラトガリア語の一支として存在し、後にクロニア語、セミガリア語、そしてセロニア語(この言語は現在では消滅している)に統合され現在の形に至っている。ラトビア語で書かれた最古の文献はリガにいたドイツ人の牧師ニコラス・ラムによって翻訳された賛美歌であり1530年に採取された。1940年以降のソビエト占領下時代に多数の外国人(多くはロシア人)がラトビア語を全く知らないまま移住して来たが、それでもラトビア語は公用語であり続けてきた。 (Wikipedia:ラトビア語)

ラトビア人の一覧
ラトビア人の一覧(ラトビアじんのいちらん)は、著名なラトビア人を一覧化したものである。 ア行 アーブラハム・ツェーヴィ・イーデルゾーン Abraham Zevi Idelsohn - ユダヤ音楽学者 マックス・ヴァインライヒ (Max Weinreich) - イディッシュ語学者 ウリエル・ヴァインライヒ (Uriel Weinreich) - 言語学者(ヴィルナ出身) ヴァイラ・ヴィーチェ=フレイベルガ グンティス・ウルマニス Guntis Ulmanis - 政治家 カールリス・ウルマニス Kārlis Ulmanis - 政治家 セルゲイ・エイゼンシュテイン (Sergei Eisenstein、Sergej Ejzenštejn) - 映画監督。 (Wikipedia:ラトビア人の一覧)

ラトビア人一覧
『ラトビア人の一覧』より : ラトビア人の一覧(ラトビアじんのいちらん)は、著名なラトビア人を一覧化したものである。 ア行 アーブラハム・ツェーヴィ・イーデルゾーン Abraham Zevi Idelsohn - ユダヤ音楽学者 マックス・ヴァインライヒ (Max Weinreich) - イディッシュ語学者 ウリエル・ヴァインライヒ (Uriel Weinreich) - 言語学者(ヴィルナ出身) ヴァイラ・ヴィーチェ=フレイベルガ グンティス・ウルマニス Guntis Ulmanis - 政治家 カールリス・ウルマニス Kārlis Ulmanis - 政治家 セルゲイ・エイゼンシュテイン (Sergei Eisenstein、Sergej Ejzenštejn) - 映画監督。 (Wikipedia:ラトビア人一覧)

ラトビアの歴史
ラトビアの歴史(ラトビアのれきし)では、バルト三国の一つ、ラトビアの歴史について記述する。 前史 インド・ヨーロッパ語族のレット人(バルト語族)が今のラトビアの地に移住し始めたのは紀元前2000年ごろと言われている。紀元前1世紀頃には、リーヴ人(ウラル語族)が大挙して北シベリアからバルト海に面するリガ湾付近に移住し定住した。長らくこの地域は、リーヴ人の居住地と言うことでリヴォニアと呼ばれた。 3世紀初頭には、バルト地域やフィンランドに暮らす人々はゴート族に支配されていたと考えられている。このゴート人の王国は、4世紀に入ると、侵入してきたフン族によって滅ぼされることとなる。さらにスラヴ人も東方から侵入してきたため、ドニエプル川付近にいたラトヴィア人とリトアニア人がバルト地域に移らざるを得なくなった。 8世紀末以降、対岸のスウェーデン、ゴットランド島からの海賊、交易者等が一団となって、バルト海沿岸にもやって来た。この一団は、略奪や交易等の目的で北欧から東方へ向かって来たと思われるスウェーデン・ヴァイキング(ヴァリャーグ)だが、リヴォニア地域の通商路はクールラント地域であり、ダウガヴァ川を経由して黒海へ多数が向かったと推測されている。 (Wikipedia:ラトビアの歴史)

ラトビアに幸いあれ
ファイル:Latvijas Himna.gif thumb 300px right ラトビアの国歌のピアノ譜
英訳
Dievs, svētī Latviju,Mūs” dārgo tēviju,Svētī jel Latviju,Ak, svētī jel to! Kur latvju meitas zied,Kur latvju dēli dzied,Laid mums tur laimē diet,Mūs” Latvijā!
God, bless Latvia,Our dearest fatherland,Do bless Latvia,Oh, do bless it!Where Latvian daughters bloom,Where Latvian sons sing,Let us dance in happiness there,In our Latvia!
国歌 らとひあにさいわいあれ
ラトビアの文化 *こっか
bat-smg:Latvėjes himns
be-x-old:Гімн Латвіі
bg:Химн на Латвия
cs:Lotyšská hymna
cy:Dievs, sveti Latviju
da:Dievs, svētī Latviju
Dievs, svētī Latviju
el:Dievs, svētī Latviju!
Dievs, svētī Latviju!
eo:Dievs, svētī Latviju
es:Dievs, svētī Latviju
et:Dievs, svētī Latviju
(Wikipedia:ラトビアに幸いあれ)

ラトビアの国旗
ラトビアの国旗は、海老茶色・白・海老茶色の二色旗で、1990年2月27日にソビエト連邦から独立時に再制定された。もともと1918年から1940年のソ連への併合時まで使用されていた。 この国旗のデザインは1280年前後に起こった戦争についてふれた古い文献「リヴォニア年代記(Rhyme Chronicle of Livonia (Livländische Reimchronik))」に登場し、大変古いものであることが分かっている。あるラトビア兵士が瀕死の負傷を受け、白い布にくるまれた際、その布の両端が血で赤く染まった。この布が旗印として使われたという。この伝統に基づき1917年5月に国旗がデザインされ、1921年6月15日のラトビア共和国国会で制定された。 海老茶色は「ラトビアン・レッド」とも言われる独特な色で、茶色と紫色の混ざったような色である。デザインはオーストリアの国旗とよく似ている。 国旗の変遷 関連項目 国旗の一覧 オーストリアの国旗 ラトビアの国章。 (Wikipedia:ラトビアの国旗)

ラトビアの国歌
ラトビアに幸いあれ(ラトビア語:Dievs, svētī Latviju!)はラトビアの国歌。作詞・作曲はKārlis Baumanis(Baumaņu Kārlis、1834年-1904年)による。 楽曲および歌詞 ラトビアの国歌 "Dievs, svētī Latviju" は1873年に、民族主義運動に参加していたラトビア人教師Kārlis Baumanisによって作詞・作曲された。Baumanisによる歌詞は現在のものとは異なっている。Baumanisは"Baltics"という語と"Lativa"もしくは"Latvian"という語を同義的に用いていたため、"Latvia"という語は第一節の冒頭でのみ用いられていた。その後、検閲を逃れるため、冒頭の"Latvia"も"Baltics"に置き換えられた。したがって、"Baltics"という歌詞が用いられるようになったのは、1920年に正式にラトビアの国歌に選ばれたときであると考えられる。 (Wikipedia:ラトビアの国歌)

ラトビア人
ラトビア人(Latvieši; Latvians, Letts)は、ラトビア共和国(ラトビア)の基本住民を形成する民族。
9世紀のころから民族形成の過程は始まるが、12世紀 12~13世紀のドイツ人(東方植民)の侵入によってその過程は遅らされ、15~16世紀になってようやく終結した。
著名なラトビア人に関してはラトビア人の一覧を参照。
バルト語派
バルト人
リトアニア人
プルーセン プロシア人
ラトビア
バルト系諸族
bat-smg:Latvē
be:Латышы
be-x-old:Латышы
bg:Латвийци
cy:Latfiaid
Letten (Ethnie)
Latvian people
et:Lätlased
fi:Latvialaiset
(Wikipedia:ラトビア人)

ラトビア関係の記事の一覧
ラトビア関係記事の一覧(ラトビアかんけいきじのいちらん)
ヴァイラ・ヴィチェ=フレイベルガ
インドゥリス・エムシス
欧州連合
北大西洋条約機構
クールラント
ソビエト連邦
ドイツ騎士団
アイザイア・バーリン - バルト海 - バルト三国 - バルト帝国
フィンランド湾 - プロイセン
北方戦争
民族浄化
ラトビア - ラトビア語 - ラトビアの国歌 - ラトビアの国旗 - ラトヴィア人一覧
ロシア帝国 - マーク・ロスコ
各国関係記事の一覧 らとひあ
(Wikipedia:ラトビア関係の記事の一覧)


ラトビア - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ラトビア - アマゾン検索


「ラトビア」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す