[PR]

日別キーワード

第40位  司馬遼太郎 - 2018年02月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



司馬遼太郎
司馬 遼太郎(しば りょうたろう、1923年(大正12年)8月7日 - 1996年(平成8年)2月12日)は、日本の小説家、ノンフィクション作家、評論家。本名、福田 定一(ふくだ ていいち)。大阪府大阪市生まれ。筆名の由来は「司馬遷に遼(はるか)に及ばざる日本の者(故に太郎)」から来ている。 産経新聞社記者として在職中に、『梟の城』で直木賞を受賞。歴史小説に新風を送る。代表作に『竜馬がゆく』『燃えよ剣』『国盗り物語』『坂の上の雲』など多くがあり、戦国・幕末・明治を扱った作品が多い。『街道をゆく』をはじめとする多数のエッセイなどでも活発な文明批評を行った。 生い立ち 1923年(大正12年)8月7日、大阪府大阪市浪速区西神田町(現・塩草)に、薬局を経営する父・福田是定(薬剤師)、母・直枝の次男として生まれた。兄がいたが2歳で早世し、姉、妹が一人ずついる。乳児脚気のために3歳まで奈良県北葛城郡當麻町(現・葛城市)の母の実家に里子に出されていた。 1930年(昭和5年)、大阪市難波塩草尋常小学校(現・大阪市立塩草立葉小学校)に入学。 (Wikipedia:司馬遼太郎)

司馬遼太郎記念館
司馬遼太郎記念館(しばりょうたろうきねんかん)は、大阪府東大阪市下小阪にある作家、司馬遼太郎の業績を伝えるために自宅敷地に設立された大阪府の登録博物館。運営は、公益財団法人司馬遼太郎記念財団。 6万冊に及ぶ多くの蔵書、資料、執筆に使用した書斎が晩年に使用した時のまま残されており、書斎は庭から見学することができる。その庭は司馬遼太郎が好んだ雑木林をイメージしたものである。 記念館開設にあたり新たに設けられた安藤忠雄の設計による展示室には、蔵書のうち約2万冊、及び多数の自著が高さ11mの書架に納められている。他にも直筆原稿、自筆の絵、色紙、加えて、眼鏡、万年筆、バンダナなどの身の回り品も展示されている。他にホールがありNHKの映像を編集したものを上映している。 施工は、錢高組が担当した。管理、運営する司馬遼太郎記念財団は1996年(平成8年)11月1日に設立された。なお、偶然ではあるが展示室の建物奥のコンクリートの天井には作品にもなった坂本龍馬の肖像を思わせるシミが浮き出ている。 (Wikipedia:司馬遼太郎記念館)

司馬遼太郎賞
司馬遼太郎賞(しばりょうたろうしょう)は、財団法人・司馬遼太郎記念財団が主催する文芸・学芸・ジャーナリズムを対象とした賞。第8回までは人やグループに対して授与されていた。第9回より小説・評論を対象とした著作に授与されている。 毎年年末に発表され、翌年2月12日(菜の花忌:司馬遼太郎の命日)に菜の花忌シンポジウムの会場で授賞式が行われる。選考は、 最初に、報道機関関係者・作家・学者・文化人にアンケートをして候補作品を選び、 次に、司馬遼太郎記念財団を構成するマスコミ11社の候補選定委員会がアンケート結果から候補を選定し、 最終的に、選定作品の中から選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として懐中時計、副賞として100万円が授与される。 選考委員 2016年(平成28年)の選考委員 井上章一 後藤正治 辻原登 柳田邦男過去の選考委員 青木彰 井上ひさし 関川夏央 陳舜臣 ドナルド・キーン 松本健一 養老孟司 ほか 受賞者一覧 第1回から第8回まで 第9回から 脚注 外部リンク 司馬遼太郎記念館 司馬遼太郎賞 菜の花忌 司馬遼太郎記念財団。 (Wikipedia:司馬遼太郎賞)


司馬遼太郎 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

司馬遼太郎 - アマゾン検索


「司馬遼太郎」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す