[PR]

日別キーワード

第60位  ブリヂストン - 2018年02月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



ブリヂストン
株式会社ブリヂストン(英: Bridgestone Corporation)は、日本に本社を置く世界最大手の巨大タイヤメーカーおよびそのブランド。 創業地の福岡県久留米市ではムーンスター、アサヒコーポレーションとこの会社とで「ゴム三社」と呼ばれている。元々は1930年(昭和5年)、日本足袋株式会社(にほんたび。現在の株式会社アサヒコーポレーション)のタイヤ部門として発足したのが会社の源流で、1931年(昭和6年)に「日本タイヤ株式会社」(にほんタイヤ)として独立分社化、その後、1951年(昭和26年)に「ブリヂストンタイヤ株式会社」に社名変更し、1984年(昭和59年)に現在の社名となる。 2005年(平成17年)、フランスのミシュラン社を抜き世界シェアトップとなる。 生産拠点数は25か国178拠点(2012年(平成24年)現在)。 売上高のおよそ2割はタイヤ以外の多角化事業での売上。同ブランドのスポーツ(ゴルフやテニスなど)用品事業と自転車事業はグループ子会社。 主な事業内容 タイヤ部門 乗用車用/トラック・バス用/建設・産業・農業車両用/航空機用/二輪自動車用のタイヤ・チューブほか。 (Wikipedia:ブリヂストン)

ブリヂストン・プレゼンツ・ザ・チャンプ・カー・ワールド・シリーズ・パワード・バイ・フォード
『チャンプカー』より : チャンプカー・ワールド・シリーズ (Champ Car World Series) は自動車レースの1カテゴリーである。単にチャンプカー(Champ Car)と呼ばれることもある。フォーミュラカー(オープンホイール)を使用した四輪レースであり、アメリカ合衆国を中心として開催される独自のフォーミュラカーレース。2003年に、経営破綻したCART(カート、Championship Auto Racing Teams )を引き継ぐ形で始まったが、2008年の1レースの運営をもってシリーズを終了した。 レースによっては1イベントで20万人もの観客を集めることもあり人気が高かった。日本でも1994年から2002年まではNHK-BSで、2003年までG+ SPORTS & NEWS(現・日テレG+)で放送されていた。その後は日本でのTV放送はされていないが、公式サイトで年間契約の課金登録をする事により、英語放送のストリーミング中継や、2001年シーズン以降のアーカイブ映像を視聴する事が可能だった。 (Wikipedia:ブリヂストン・プレゼンツ・ザ・チャンプ・カー・ワールド・シリーズ・パワード・バイ・フォード)

ブリヂストンタイヤ
『ブリヂストン』より : 株式会社ブリヂストン(英: Bridgestone Corporation)は、日本に本社を置く世界最大手の巨大タイヤメーカーおよびそのブランド。 創業地の福岡県久留米市ではムーンスター、アサヒコーポレーションとこの会社とで「ゴム三社」と呼ばれている。元々は1930年(昭和5年)、日本足袋株式会社(にほんたび。現在の株式会社アサヒコーポレーション)のタイヤ部門として発足したのが会社の源流で、1931年(昭和6年)に「日本タイヤ株式会社」(にほんタイヤ)として独立分社化、その後、1951年(昭和26年)に「ブリヂストンタイヤ株式会社」に社名変更し、1984年(昭和59年)に現在の社名となる。 2005年(平成17年)、フランスのミシュラン社を抜き世界シェアトップとなる。 生産拠点数は25か国178拠点(2012年(平成24年)現在)。 売上高のおよそ2割はタイヤ以外の多角化事業での売上。同ブランドのスポーツ(ゴルフやテニスなど)用品事業と自転車事業はグループ子会社。 主な事業内容 タイヤ部門 乗用車用/トラック・バス用/建設・産業・農業車両用/航空機用/二輪自動車用のタイヤ・チューブほか。 (Wikipedia:ブリヂストンタイヤ)

ブリヂストン・モールトン
ブリヂストン・モールトンは、アレックス・モールトンの第1世代型のデザインを踏襲し、アレックス・モールトンと日本のブリヂストンサイクル ブリヂストンサイクル株式会社の共同開発による、17インチ小径タイヤを履いたスポーツ自転車。
Mini ミニのサスペンション設計者であったアレックス・モールトンは、新しい交通機関としての自転車に注目し、自らモールトン社を興し、1962年に小径ホイールと高圧タイヤを用いたシリーズ1という自転車を発表した。大人気を博した同シリーズの製造権をモールトンは、製造能力に限界のある自社では発展に限界があるとしてラレー社に譲渡する。しかしモールトンとメーカーの思惑の違いは製造権・商標・特許等の問題がこじれる対立に発展し、遂に1974年に製造中止となり、その後のモールトン社は、自社の職人達による超高級自転車AMシリーズにシフトして自転車業界で独自の地位を築いた。
(Wikipedia:ブリヂストン・モールトン)

ブリヂストン・クロスファイヤー
ブリヂストン・クロスファイヤー(”BRIDGESTONE CROSSFIRE”)はブリヂストンサイクルから販売されているクロスバイク、マウンテンバイクである。
主に通学通勤やサイクリングなど幅広く使用することを目的としたビギナー向けの自転車で、オフロード走行を前提とした自転車ではない。
小柄な人にも乗れる仕様にもなっている。
弟分の車種としてクロスファイヤージュニア、クロスファイヤーキッズがある。
この車種に限らず「CROSSFIRE」と言う名前は他の物にも使用されており、クロスファイアーと表記され曖昧な点があるが、ブリヂストンサイクル公式HPではクロスファイヤーと表記されているため、公式HPに則って記載する。
キャッチコピー「ゆったりのんびり快適ライド 新しいスタイルの大人のバイク」
(Wikipedia:ブリヂストン・クロスファイヤー)

ブリヂストン・アルベルト
ブリヂストン・アルベルト(ALBELT)はブリヂストンサイクルから販売されているシティサイクルである。
従来の自転車のチェーン駆動の代わりにベルトドライブ ベルト駆動を採用したシティサイクルである。
ベルト駆動であれば、チェーン駆動のように注油をする必要も無い上に軽く踏み込むことができる。
ブリヂストンの自転車の中で唯一CM放映されている車種である。
ALBELT - アルミフレームとベルトドライブを採用したことからの造語。
アルベルトには、アルサスと言う改良(バージョンアップ)モデルの兄弟車が存在する。
これは、アルベルトのフレームを基として、リアにサスペンションを設けたものである。
初期は駆動方式にチェーンドライブ方式を採用していたが、のちにアルベルトと同じベルトドライブ方式を採用した。
(Wikipedia:ブリヂストン・アルベルト)

ブリヂストン招待選手権
WGCブリヂストン・インビテーショナル(WGC-Bridgestone Invitational)は、世界ゴルフ選手権の一戦として、毎年8月に開かれるゴルフの大会である。会場はアメリカ・オハイオ州アクロンにある「ファイアストーン・カントリークラブ」で行われる。以後2005年まではNECインビテーショナル(WGC-NEC Invitational)という大会名であった。 この大会は元々1962年にメジャー大会優勝者による非公式大会としてスタートした。9月にジャック・ニクラス、アーノルド・パーマー、ゲーリー・プレーヤーのBIG3により36ホールで争った。1人の選手がその年に複数のメジャー優勝がいた場合、補欠としてカナディアン・オープンやウェスタン・オープンの優勝者が参加されていたこともあった。1975年を最後に4人による大会が終了し、1976年からPGAツアーの公式戦となり、現行の方式となった。1984年からは日本電気(NEC)のアメリカ現地法人がスポンサーとなりNECワールドシリーズ・オブ・ゴルフとなる。 (Wikipedia:ブリヂストン招待選手権)

ブリヂストン・インビテーショナル
『ブリヂストン招待選手権』より : WGCブリヂストン・インビテーショナル(WGC-Bridgestone Invitational)は、世界ゴルフ選手権の一戦として、毎年8月に開かれるゴルフの大会である。会場はアメリカ・オハイオ州アクロンにある「ファイアストーン・カントリークラブ」で行われる。以後2005年まではNECインビテーショナル(WGC-NEC Invitational)という大会名であった。 この大会は元々1962年にメジャー大会優勝者による非公式大会としてスタートした。9月にジャック・ニクラス、アーノルド・パーマー、ゲーリー・プレーヤーのBIG3により36ホールで争った。1人の選手がその年に複数のメジャー優勝がいた場合、補欠としてカナディアン・オープンやウェスタン・オープンの優勝者が参加されていたこともあった。1975年を最後に4人による大会が終了し、1976年からPGAツアーの公式戦となり、現行の方式となった。1984年からは日本電気(NEC)のアメリカ現地法人がスポンサーとなりNECワールドシリーズ・オブ・ゴルフとなる。 (Wikipedia:ブリヂストン・インビテーショナル)

ブリヂストンサイクル
ブリヂストンサイクル株式会社(Bridgestone Cycle CO.,LTD. )は、埼玉県上尾市に本社をおく自転車の製造・販売を行う会社。 1949年10月3日、アサヒコーポレーションのタイヤ部(現ブリヂストン)から自転車部門が分離・独立して「ブリッヂストン自転車株式会社」として設立された。1951年10月25日にブリヂストン自転車株式会社に改称。 関連会社だった「ブリヂストン工機」(1953年大谷機械工業として設立。1978年に社名変更)を1997年に合併しているが、2007年に工機部門(工機事業本部)とブリヂストンエンジニアリング東日本株式会社、ブリヂストンエンジニアリング西日本株式会社を統合しブリヂストンプラントエンジニアリング株式会社を設立した。 1959年1月、自転車の販売業務を親会社ブリヂストンタイヤに委譲した。マーケティングやコンセプトづくりを担うブリヂストンタイヤの自転車部門から、ワークオーダーを受けるという仕組みになり、1960年に「ブリヂストンサイクル工業株式会社」に社名を変更する。 (Wikipedia:ブリヂストンサイクル)

ブリヂストンオープンゴルフトーナメント
ブリヂストンオープンゴルフトーナメント(Bridgestone Open Golf Tournament)は、タイヤメーカーのブリヂストンの主催、日本ゴルフツアー機構(JGTO)公認の男子プロゴルフトーナメントの一つであり、毎年10月下旬に千葉県千葉市緑区の袖ヶ浦カンツリークラブ袖ヶ浦コースを舞台にして行われている。1972年に「ブリヂストントーナメント」としてスタートし、1991年から現在の名称になった。テレビ中継は日本テレビ系列で放送している。優勝者には翌年のWGCブリヂストン招待の出場権が与えられる。2015年現在、賞金総額1億5000万円、優勝賞金3000万円。 大会歴代優勝者 出典 外部リンク ブリヂストンオープン公式サイト。 (Wikipedia:ブリヂストンオープンゴルフトーナメント)

ブリヂストンオープン
『ブリヂストンオープンゴルフトーナメント』より : ブリヂストンオープンゴルフトーナメント(Bridgestone Open Golf Tournament)は、タイヤメーカーのブリヂストンの主催、日本ゴルフツアー機構(JGTO)公認の男子プロゴルフトーナメントの一つであり、毎年10月下旬に千葉県千葉市緑区の袖ヶ浦カンツリークラブ袖ヶ浦コースを舞台にして行われている。1972年に「ブリヂストントーナメント」としてスタートし、1991年から現在の名称になった。テレビ中継は日本テレビ系列で放送している。優勝者には翌年のWGCブリヂストン招待の出場権が与えられる。2015年現在、賞金総額1億5000万円、優勝賞金3000万円。 大会歴代優勝者 出典 外部リンク ブリヂストンオープン公式サイト。 (Wikipedia:ブリヂストンオープン)

ブリヂストン美術館
ブリヂストン美術館 (ブリヂストンびじゅつかん) (英称:Bridgestone Museum of Art)は、東京都中央区京橋にある、西洋美術、日本近代美術を中心とした私立美術館である。公益財団法人石橋財団が運営している。 ブリヂストンの創業者である実業家石橋正二郎の収集した美術品を展示するため、1952年、東京・京橋に新築されたブリヂストンビル内に開館した。石橋は昭和のはじめ頃から日本の近代絵画の収集を始め、西洋美術の収集に本格的に乗り出したのは第二次大戦後のことであった。石橋は、戦前にすでに日本にもたらされていた西洋美術のコレクションを、戦後まとまった形で入手し、美術館開館までのわずか数年間に日本有数の西洋美術コレクションを形成した。 石橋正二郎は美術館の開館後も収集を継続した。1956年には財団法人石橋財団が設立され、1961年には美術品も財団へ移管された。同じ1956年、石橋の郷里の福岡県久留米市には石橋文化センターが設置され、センター内には姉妹館の石橋美術館が開館したが、2016年、委託中止により石橋美術館の閉館が決定。 (Wikipedia:ブリヂストン美術館)

ブリヂストン・アルサス
ブリヂストン・アルサス (ALSUS)はブリヂストンサイクルから販売されていたシティサイクルである。
ブリヂストンサイクルから発売されているアルベルト、ブリヂストン・ラクロス ラクロスなどと同じく通学車に位置づけられる。
シティサイクルでは珍しくサスペンション(ハイパーサスペンション)を採用 そのため全長が従来車に比べてやや長い上、サスペンションを採用したため、従来のフレームとは異なった形をしている。
都市部の開発が進んでいるが、歩道等などの段差のショックはまだまだ多くシティサイクルにサスペンションを付けるのはコスト面で抑えられていたが、軽量アルミ素材を使用した「ハイブリッドアルミサスペンションフレーム」を採用し、価格も3万円から4万円前半と普及価格に設定したため
(Wikipedia:ブリヂストン・アルサス)

ブリヂストン/クロスファイヤー
『』より : (Wikipedia:ブリヂストン/クロスファイヤー)

ブリヂストン/アルベルト
『』より : (Wikipedia:ブリヂストン/アルベルト)

ブリヂストンサイクルアルベルト
『』より : (Wikipedia:ブリヂストンサイクルアルベルト)


ブリヂストン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ブリヂストン - アマゾン検索


「ブリヂストン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す