[PR]

日別キーワード

第14位  薬師寺 - 2018年02月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



薬師寺
薬師寺(やくしじ)は、奈良県奈良市西ノ京町に所在する寺院であり、興福寺とともに法相宗の大本山である。南都七大寺のひとつに数えられる。本尊は薬師如来、開基(創立者)は天武天皇、道昭、義淵である。1998年(平成10年)に古都奈良の文化財の一部として、ユネスコより世界遺産に登録されている。現・管主は山田法胤である(2009年8月着任)。 薬師寺は天武天皇9年(680年)、天武天皇の発願により、飛鳥の藤原京(奈良県橿原市城殿〈きどの〉町)の地に造営が開始され、平城遷都後の8世紀初めに現在地の西ノ京に移転したものである。ただし、飛鳥の薬師寺(本薬師寺、北緯34度29分33.88秒東経135度48分0.95秒)の伽藍も10世紀頃までは引き続き存続していたと見られる。 創建 『日本書紀』天武天皇9年(680年)11月12日条には、天武天皇が後の持統天皇である鵜野讃良(うののさらら)皇后の病気平癒を祈願して薬師寺の建立を発願し、百僧を得度(出家)させたとある。 (Wikipedia:薬師寺)

薬師寺保栄
薬師寺 保栄(やくしじ やすえい、1968年7月22日 - )は、元プロボクサーでタレント、俳優、ボクシング解説者。大分県津久見市出身。2歳から4歳まで徳島県池田町に住んでいた。愛知県小牧市育ち。現役時は松田ボクシングジム所属。第23代WBC世界バンタム級王座で4度王座を防衛した。現役時代の入場曲はアース・ウィンド・アンド・ファイアーの「Let's Groove」。 アマチュアボクサーだった父親の影響でボクシングを始め、享栄高校時代は野球部の近藤真一・長谷部裕と同級生。インターハイのフライ級に出場し、ベスト16の成績を残した。高校1年の時にテレビで見たトーマス・ハーンズに憧れ己のファイトスタイルに取り入れた。高校卒業後の1987年、享栄高校の2年先輩で日本王座獲得して間もない畑中清詞が属する、名古屋市の松田ボクシングジムに入門。同年7月にプロデビューを果たした。 デビュー当時は「打ってはすぐに退いてしまう」スタイルから「臆病者」と称された。デビュー6戦目までの戦績は3勝(1KO)2敗1分と平凡なもので、中日本フライ級新人王こそ獲得したものの、周囲からは「将来、世界どころか日本王者にすらなれない」と酷評されていた。 (Wikipedia:薬師寺保栄)

薬師寺涼子の怪奇事件簿
『薬師寺涼子の怪奇事件簿』(やくしじりょうこのかいきじけんぼ)は、田中芳樹の伝奇アクション小説シリーズ作品、またこれを原作とした漫画作品である。 「ドラよけお涼」こと薬師寺涼子が怪奇事件を解決していくストーリーである。小説のイラストと漫画は垣野内成美が担当している。テレビアニメ化され、2008年7月から9月(一部の放送局では10月)まで放映された。 東大卒の警視庁キャリア官僚、加えて絶世の美女だが性格は最悪の主人公・薬師寺涼子が、部下を引っ張り回して怪奇事件を解決していくというストーリー。部下である苦労人の泉田準一郎による一人称視点で語られる。 作者自身が「ストレス発散のために書いた」と公言している通り、荒唐無稽な展開と設定が特徴である。作品が生まれたきっかけとしては「田中先生と当時の担当者との間で『近頃の作品の名探偵は皆悪びれているタイプばかりなので、そうではない、犯人に対して情け容赦ない探偵役を主人公にした話を。 (Wikipedia:薬師寺涼子の怪奇事件簿)

薬師寺 (下野市)
下野薬師寺跡(しもつけやくしじあと)は、栃木県下野市にある古代寺院跡。国の史跡に指定されている。 寺院名称は「薬師寺」であったが、旧国名を冠して「下野薬師寺」と記載されることが多く、本項でも「下野薬師寺」と表記して解説する。 栃木県南部、鬼怒川右岸に広がる広大な平野上に位置し、奈良時代に正式に僧尼を認める戒壇が設けられていたことで知られる。当時、戒壇は当寺のほかに奈良の東大寺と筑紫の観世音寺にしか設けられておらず、これらは「本朝三戒壇」と総称された。そのほか、道鏡が宇佐八幡宮神託事件ののち当寺に左遷されたことでも知られる寺院である。 下野薬師寺は衰退と中興を繰り返しており、現在は初期寺院跡の発掘調査が進んでいる。また、跡地には安国寺が設けられ、下野薬師寺の法燈を現在に伝えている。 創建 薬師如来を信仰する「薬師信仰」は、中国では敦煌、また朝鮮半島では新羅で見られる。日本には飛鳥時代までに伝来したと考えられている。日本で薬師信仰が盛んになったのは聖徳太子が用明天皇の病気治癒を祈って薬師如来像を造立して以来、天武天皇9年(680年)11月に天武天皇が皇后の病の治癒を願って大和国に薬師寺を建立してからのことである。 (Wikipedia:薬師寺 (下野市))

薬師寺 (南河内町)
『薬師寺 (下野市)』より : 下野薬師寺跡(しもつけやくしじあと)は、栃木県下野市にある古代寺院跡。国の史跡に指定されている。 寺院名称は「薬師寺」であったが、旧国名を冠して「下野薬師寺」と記載されることが多く、本項でも「下野薬師寺」と表記して解説する。 栃木県南部、鬼怒川右岸に広がる広大な平野上に位置し、奈良時代に正式に僧尼を認める戒壇が設けられていたことで知られる。当時、戒壇は当寺のほかに奈良の東大寺と筑紫の観世音寺にしか設けられておらず、これらは「本朝三戒壇」と総称された。そのほか、道鏡が宇佐八幡宮神託事件ののち当寺に左遷されたことでも知られる寺院である。 下野薬師寺は衰退と中興を繰り返しており、現在は初期寺院跡の発掘調査が進んでいる。また、跡地には安国寺が設けられ、下野薬師寺の法燈を現在に伝えている。 創建 薬師如来を信仰する「薬師信仰」は、中国では敦煌、また朝鮮半島では新羅で見られる。日本には飛鳥時代までに伝来したと考えられている。日本で薬師信仰が盛んになったのは聖徳太子が用明天皇の病気治癒を祈って薬師如来像を造立して以来、天武天皇9年(680年)11月に天武天皇が皇后の病の治癒を願って大和国に薬師寺を建立してからのことである。 (Wikipedia:薬師寺 (南河内町))

薬師寺泰蔵
薬師寺 泰蔵(やくしじ たいぞう、1944年(昭和19年)8月5日 - )は、日本の政治学者。慶應義塾大学名誉教授。専門は、政治学、国際政治理論、とくに科学技術と国際政治の関係。奈良県生まれ。 1944年(昭和19年)8月 奈良県に生まれる。 父の転勤に伴い、福岡県戸畑市(現・福岡県北九州市戸畑区)、東京都大田区などで育つ。 大田区立大森第七中学校、東京都立雪谷高等学校を卒業。 1968年(昭和43年)3月 慶應義塾大学工学部電気工学科卒業 1970年(昭和45年)3月 東京大学教養学部教養学科卒業 1970年(昭和45年)-1972年(昭和47年) フルブライト奨学生としてミネソタ大学大学院に留学。 1972年(昭和47年)-1975年(昭和50年) マサチューセッツ工科大学大学院政治学科博士課程 1977年(昭和52年)4月 埼玉大学大学院政策科学研究科専任講師 同年6月 マサチューセッツ工科大学政治学大学院博士課程修了(政治学博士) 1979年(昭和54年)9月 同大学大学院政策科学研究科助教授、同大学助教授 1984年(昭和59年)9月 カリフォルニア大学バークレー校東アジア研究所・政治学部研究員 1987年(昭和62年)5月 埼玉大学大学院政策科学研究科教授、同大学教授 1991年(平成3年)4月 慶應義塾大学法学部教授 同年7月 ドイツ国際問題研究所、IFRI(パリ)各客員研究員 1994年(平成6年)-1996年(平成8年) 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授を兼務 1997年(平成9年)-2001年(平成13年) 学校法人慶應義塾常任理事 2000年(平成12年) 財団法人世界平和研究所研究主幹 2003年(平成15年)1月 内閣府総合科学技術会議有識者議員(非常勤) 同年4月 - 2009年(平成21年)1月 内閣府総合科学技術会議有識者議員(常勤) 2010年(平成22年)3月 慶應義塾大学を定年退職 同年 慶應義塾大学名誉教授 その他、経済企画庁経済研究所、国際大学グローバルコミュニケーション・センターなどで客員研究員、慶應義塾大学客員教授、政策研究大学院大学客員教授、公益財団法人世界平和研究所理事研究顧問(非常勤)などを務めた。 (Wikipedia:薬師寺泰蔵)

薬師寺村 (栃木県)
薬師寺村(やくしじむら)は栃木県の南部、河内郡に属していた村である。 地理 河川:田川 1889年(明治22年)4月1日 町村制施行により、薬師寺村、成田村、町田村、田中村、仁良川村、下文挟村、谷地賀村が合併し河内郡薬師寺村が成立する。 1955年(昭和30年)4月29日 吉田村と合併し南河内村となる。 教育 薬師寺村立薬師寺中学校 薬師寺村立薬師寺小学校 薬師寺村立薬師寺小学校 仁良川分校現在、薬師寺小学校仁良川分校は廃校となったため存在しない。仁良川分校の跡地は仁良川コミュニティセンターとなっている。また、薬師寺中学校も河内郡吉田村との合併で南河内村となった後、同村内にあった吉田中学校と本校を統合し、南河内中学校となったため廃校となっている。薬師寺中学校は同村内の薬師寺小学校に隣接する場所にあった。 名所・旧跡 下野薬師寺跡 関連項目 栃木県の廃止市町村一覧。 (Wikipedia:薬師寺村 (栃木県))

薬師寺道代
薬師寺 道代(やくしじ みちよ、1964年5月3日 - )は、日本の政治家、医学者、医師。参議院議員(1期)、無所属、元みんなの党総務委員長。本名は齋藤 道代(さいとう みちよ)。 福岡県久留米市出身。父親は、医師で久留米大学の学長を務めた薬師寺道明。福岡教育大学附属久留米小学校、福岡教育大学附属久留米中学校、福岡県立修猷館高等学校を経て、1989年に東京女子医科大学医学部を卒業。同年に医師免許を取得。1996年に博士(医学)を取得した。また、九州大学大学院の専門職大学院にて医療経営・管理学を専攻、2005年に卒業し、医療経営・管理学修士号取得した。 2003年に、愛知みずほ大学大学院の特任教授に就任。また、内閣官房構造改革特別区域推進本部において評議員を2003年から2010年まで務めた。 1989年 東京女子医科大学医学部 卒業 1989年 医師免許 取得 1996年 医学博士号 取得 2003年~2010年 内閣官房構造改革 特別区域推進本部・評価委員 2003年~2013年 愛知みずほ大学大学院 特任教授 2005年 医療経営・管理学修士号 取得 2005年~現在 NPO法人 からだとこころの発見塾 理事 2005年 九州大学大学院医学系学府医療経営・管理学専攻(専門職大学院)卒業 2013年 参議院愛知県選挙区当選 政治活動 過去の選挙活動はすべて所属先であるみんなの党の公認を得て出馬している。 (Wikipedia:薬師寺道代)

薬師寺 (下野市)
下野薬師寺跡(しもつけやくしじあと)は、栃木県下野市にある古代寺院跡。国の史跡に指定されている。 寺院名称は「薬師寺」であったが、旧国名を冠して「下野薬師寺」と記載されることが多く、本項でも「下野薬師寺」と表記して解説する。 栃木県南部、鬼怒川右岸に広がる広大な平野上に位置し、奈良時代に正式に僧尼を認める戒壇が設けられていたことで知られる。当時、戒壇は当寺のほかに奈良の東大寺と筑紫の観世音寺にしか設けられておらず、これらは「本朝三戒壇」と総称された。そのほか、道鏡が宇佐八幡宮神託事件ののち当寺に左遷されたことでも知られる寺院である。 下野薬師寺は衰退と中興を繰り返しており、現在は初期寺院跡の発掘調査が進んでいる。また、跡地には安国寺が設けられ、下野薬師寺の法燈を現在に伝えている。 創建 薬師如来を信仰する「薬師信仰」は、中国では敦煌、また朝鮮半島では新羅で見られる。日本には飛鳥時代までに伝来したと考えられている。日本で薬師信仰が盛んになったのは聖徳太子が用明天皇の病気治癒を祈って薬師如来像を造立して以来、天武天皇9年(680年)11月に天武天皇が皇后の病の治癒を願って大和国に薬師寺を建立してからのことである。 (Wikipedia:薬師寺 (下野市))

薬師寺長忠
薬師寺 長忠(やくしじ ながただ)は、戦国時代の武将。細川氏(京兆家)の重臣で摂津守護代。 父元長の死後、薬師寺家当主の座と摂津守護代職は共に兄の薬師寺元一が継いでいた。しかし元一が永正元年(1504年)に細川政元の養子の一人である澄元を擁立すべく挙兵した際にこれを鎮定し、その功によって守護代職と家督は長忠が跡を継いだ。 永正4年(1507年)6月23日、香西元長・竹田孫七らと謀って政元を暗殺する(永正の錯乱)。そして政元の養子である細川澄之を擁立した。これは長忠が政敵である三好之長を排除するため、之長を重用する政元を殺害して細川家の権力を握ろうとしたとする説が有力である。 しかし約40日後の8月1日、細川高国方に属していた甥(元一の子)の万徳丸(薬師寺国長)に茨木城で攻撃を受けて敗北し、澄之や香西元長らと共に討死した。 注釈 参考文献 長江正一 『三好長慶』 吉川弘文館〈人物叢書〉、1968年(新装版、1989年4月、ISBN 978-4-642-05154-5)。 (Wikipedia:薬師寺長忠)

薬師寺村
薬師寺村(やくしじむら) 薬師寺村 (栃木県) - 栃木県河内郡にあった村。1955年4月29日、合併により南河内村(現:下野市)となる。 薬師寺村 (岐阜県) - 岐阜県羽島郡にあった村。1897年4月1日、合併により八剣村(現:岐南町)となる。 (Wikipedia:薬師寺村)


薬師寺 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

薬師寺 - アマゾン検索


「薬師寺」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す